『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ムエタイ選手のスネは一体どうなってるのでしょうか?
ビデオとかで試合見てますけど、思いっきり蹴った
らスネの痛そうな所がモロに相手のヒザに激突
してたのにも関わらず、その後も蹴りの威力を
ほとんど変えずにバンバン蹴りを入れてました。
実際は我慢しているのでしょうか?
また、あの強靭なスネが作れるとしたら
どのような鍛錬で作れるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

鍛錬の仕方を現役の人間に聞いた事があるので紹介します。



1まず、2人一組でお互い脛の皮が剥がれるまで思いっきり蹴り合う、毎日。
2サンドバックをスタミナが切れても蹴り続ける、毎日。
↑これを毎日休むことなく何年間も続けるとムエタイ戦士に少しは近づけますよ。
日本ではビール瓶を使って鍛えているという間違ったやり方が認識されてますが、
自分で鍛えてるとどうしても楽なほうに行きますからビール瓶じゃ効果は薄いです。
ムエタイでは肘・膝と同様に脛も大切ですから。
    • good
    • 6

ムエタイ選手はもちろん小さい時から鍛えていますが、


それとは別に試合の時はタイでは麻酔をひそかに打ったりして麻痺した状態で試合に臨む事も多いそうです。
タイでは試合に勝つイコール生活に直結している事が多く勝つためには様々な事をしています。
    • good
    • 3

痛くなくなる原因は軟骨です。


骨には周りに軟骨と言うのがついています。砂を入れた袋を蹴る事により、
この軟骨をあえて骨折させてるわけです。あくまで、骨本体を折るわけではない
ので、本人の生活等には全く支障はないのです。
で、骨と言うのは骨折した跡はもっと太くなりますよね?
軟骨も同じで、骨折を繰り返すうちに太く、頑丈になっていくんです。
この軟骨が骨本体のプロテクターとなり、痛くなくなり、怪我も防げるという
しくみなんです。
鍛錬としては、いきなりサンドバッグを力いっぱい蹴ると本当に骨が折れてしまう
ので、初めはゆっくりゆるく蹴っていき(初めはこれで十分痛いです)、それから
徐々に強く蹴っていくという鍛え方をします。半年もすればある程度効果がでますよ。
    • good
    • 1

私が教わったスネの鍛え方は、「硬いものでスネをたたく」でした。

ビール瓶なんかにビニールテープを巻いて(破損時の飛散防止)スネをコツコツとたたくんだと教わりました。

ただ、はじめはすごく痛いので、たたくのではなく、ビンをスネの上で転がすことからはじめなさいと言われました。

実際にやってみましたが、転がすだけでも相当に痛いです。
    • good
    • 5

タイの貧しい地方に行くと、将来のムエタイ選手を目指す人が沢山いるのがよくわかります。

チャランボの練習で膝が真っ黒になり変形している幼い子供達も沢山います。
日本でいえば幼稚園位の頃から練習をしているのが大半ですから、18歳でデビューしたとしてもキャリアは13~14年もあるのですネ。
それ位の期間、毎日蹴り続けていれば痛みを感じないように変形等が起こっているのは当然のことです。
そこだけ強くしたいと思って、急に強い力を連続して与えるのは良くありません。逆に非常に弱い力でもいいので、連続して継続して刺激を与え続けてくださいネ。
勿論、ランニングや基礎的なストレッチも欠かさずに。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

自分は小学校から大学、社会人まで空手をやっていました。


今は残念ながらやっていませんが。

すねの所をさわると普通は骨みたいのがあるんですけど、
鍛えていくうちにそこに筋肉が外側から覆い被さるように付いてました。
(外側っていうのは内股側でなくってことです)
だから、別に蹴っても痛くなかったんですけど。
拳とかも鍛えていくと拳ダコが付いて痛く無くなるし。

ぱっと思い付くのは、
片足に重しをつるして上げて甲を伸ばしたり縮めたりとか、
蹴りの練習をする、立って踵の上げ下げをする
位しか思い付かないですが、
道場に通って一通りの鍛練をし5年もすれば作れると思います。

そこだけを鍛える方法となると、専門家にお任せします。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨を鍛えることは可能ですか?

 打撃系の格闘技をしているものです。

 空手やキックボクシングでは、自分のスネを使って、相手に加撃します(サッカーボールを蹴るように、足のこうを使う場合もあります)

 しかし、人間のスネは、もともと急所なので、砂袋(砂利と砂を詰めた麻袋)を蹴ったり、ビール瓶でスネを叩くなどして「スネを鍛える」鍛錬があります。

 質問は、このことについてなのですが、本当に「骨を鍛える」ことはできるのでしょうか?
 私の実感としては、これらの練習を繰り返すと、最初は内出血が酷いのですが、すぐに内出血しにくく(?)なります。アザが簡単には出来ないようになります。 さらに、痛みの感覚も鈍くなるのか、そうとう強く叩いても、痛みを感じにくくなります。
 この「スネの鍛錬」を長年にわたって続けている方は、スネの骨の部分が少し盛り上がる状態になっています(皮膚の下に、骨とは別の、固い肉のような組織が覆いかぶさっている感じです)。

 わたしは、この鍛錬が必要だと思っているので、これからも続けていくつもりですが、後輩を指導する立場でもあるので、もし、医学的に問題があったり、間違いがあるようでしたら、教えていただきたいと思います。

 よろしくお願いします。

 打撃系の格闘技をしているものです。

 空手やキックボクシングでは、自分のスネを使って、相手に加撃します(サッカーボールを蹴るように、足のこうを使う場合もあります)

 しかし、人間のスネは、もともと急所なので、砂袋(砂利と砂を詰めた麻袋)を蹴ったり、ビール瓶でスネを叩くなどして「スネを鍛える」鍛錬があります。

 質問は、このことについてなのですが、本当に「骨を鍛える」ことはできるのでしょうか?
 私の実感としては、これらの練習を繰り返すと、最初は内出血が酷いのですが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
骨の発達には在る程度の「衝撃」が必要なことが医学的に証明されています。
剣道などで足の踏み込みで骨密度が上昇するなど、実際の測定値でも明らかですね。

かかとの骨が硬いのは歩くからと考えられます。

当然空手やキックボクシングなどでそういう形で衝撃を与えればその部分の骨が鍛えられることは間違いないでしょう。
もちろん筋肉や皮下組織の適応、発達も同時にあるとは思いますが。

なお、骨全体の発達を促す(長さではなく)には、骨の長軸方向の衝撃の方が効果があるそうです。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~ikedama/kiso/hone.htm

Qスネの怪我への対処法

キックボクシングのスパーリング中に脛を打撲し2週間近く経ちましたが、痛みは少なくなってきたものの、なかなか完治しません。
試合前なのでキックの練習ができずに困っています。
骨には異常は無いそうです。
とりあえず痛めた部位は使わずに最初の三日間は時々冷やし、それ以降は入浴で温めるという方法をとりましたが、怪我してもそのまま蹴り続けて治るものなのでしょうか?
打撲した場合に早く治る対処法や、スネの強化方法があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 フルコンの経験しかありませんが、怪我をしないために砂袋を一生懸命蹴って臑を鍛えたので、相手の膝や肘に当たらない限り痛めることはまずありませんでした。それでも一回痛めるとなかなか回復しないので直るまでやらない方が良いようです。臑の強化法は1にも2にも砂袋です。ビール瓶も使用しましたが、ビール瓶だと表面だけ堅くなると言われました。本当かどうかは定かではありません。

Qミットを蹴ると足首が痛いです

押忍。痛まない様になる稽古か蹴り方のコツをご指導頂きたいです。
自分は空手を始めて1ヶ月の38歳男です。中段回し蹴りでキックミットを
蹴ると足首の甲側の靭帯?に強い痛みを感じることがあります。
(最初にミットに当たるのは、足の甲か靭帯か分かりません)
その時は、以降5分位は痛みが続いて蹴れませんし、後日蹴る強さ
を加減してしまいます。
上級の方でも試合なら最初に当たる場所は足の甲のこともあるで
しょうが、蹴りで痛めることは珍しいのでしょうか?

Aベストアンサー

キックミットだと、持ち手の上手さもあると思います。上手な方とそうでない方では全く違うと思うのですが、誰に受けてもらっても同じ様な症状でしたら、やはり何か欠点(古傷などを除いて)があると思います。ミットの位置、軸足を確認してミートポイントを同じに蹴る、鏡を見ながら自分の思い描くイメージ通りに蹴れているか、などなど。予想ですが、イメージとミートするポイントがずれていると思います。軸足の位置がミットより遠い、軸足が返ってない、腕の使い方が悪い、等で本来、ミットに当たる時点で全ての体重・力がスネに乗ってぶつかる現象が僅かにずれているのではないでしょうか?インパクトの瞬間に足が伸びきっていれば正にその通りで、ひょっとしたら甲から当たっているかもしれません。やはり、一発一発単発で、コンビネーションなど使わずに確認しながら蹴って覚えるのが良いと思います。私も疲れてくるとフォームが崩れて、足だけの蹴りになってしまい爪先から蹴ってしまう事があります。まだまだ練習足らずです。

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Qパンチ力と体重の関係について

ボクシングの1階級の差は体重2~3kgくらいですよね?

よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが、
2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

また、ミニマム級の世界ランキング選手とヘビー級の格闘素人では
素人のほうにも勝率があるのでしょうか?

Aベストアンサー

小さなボクシングジムを経営しています。

>2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

本来はハンデとなります。
衝撃が全く違ってきます。

>よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが

それは、選手がきちんとシフトウェイトが
できる選手に限った話です~
腕力だけに頼っている選手、とても多いのですが
パンチに体重を乗せられない人は
成長も止まってしまいますね。
そこをのばすのが、私たち、トレーナー
コーチの役目です。
パンチの質、全然違います。
体験する機会があればいいですね
(いや、、?^^;)

>素人のほうにも勝率があるのでしょうか?

ないと思います。
ヘビーウェイトの人は、動きも緩慢ですしね
その上、素人となれば
ミニマムのランキングボクサーに
かなうはずがないですねー
たとえば、
4Rやったと仮定すれば、
パンチはかすりもしないと思いますよ。
現実的に、ボクサーが素人を殴る事は
できないので、何とも言えませんが
ミニマムの選手が、攻撃に出た場合
アッパーでジョー(アゴ)をねらわれて
三半規管を揺すられ、足に来たところを
機敏な動きで、ボディをしつこく打たれるかで
ヘビー級の素人はダウンでしょうね。
大きいと体力があるけど、4R以内には
倒せると思いますが

万が一のラッキーパンチも考えられますが
利いてしまう事は少ないと思います。

小さなボクシングジムを経営しています。

>2~3kgの体重差でもハンデとなるのでしょうか?

本来はハンデとなります。
衝撃が全く違ってきます。

>よく体重の重いほうがパンチ力があると言われていますが

それは、選手がきちんとシフトウェイトが
できる選手に限った話です~
腕力だけに頼っている選手、とても多いのですが
パンチに体重を乗せられない人は
成長も止まってしまいますね。
そこをのばすのが、私たち、トレーナー
コーチの役目です。
パンチの質、全然違います。
体験す...続きを読む

Qムエタイ 俺は強くなれますか。

一月の初めからムエタイジムにプロ志望で通い始めました。
ジムワークは一回1時間から1時間半で週5~6です。
基本的なメニューは以下の通りです。
1、柔軟体操
2、縄跳び3ラウンド
3、柔軟&シャドー
4、ミット打ち3ラウンド
  (攻撃もボチボチされます)
5、柔軟
6、腹筋100回、腕立て50回
7、サンドバック2~3ラウンド
以上を殆ど毎日やっています。
ジムが休みの日は
お風呂上がりに柔軟と腹筋、腕立てのみやっています。
一ヶ月ほどやって見た目的に一番変わったのは上腕です。
明らかに筋肉がつきました。
まっすぐ立っているときは今までへこんで中って部分がへこんできて
ホンの少しだけ腹筋も見えてきました。(座ると全くですが・・・)
僕は普段、町中で喧嘩なんかしません。
というかそう言う状況になりません。(ふつーなりませんよね?)
実践をしたことがないのでどの程度成長したのか全くわかりません。
1、質問なんですが少しは強くなったんでしょうか?
2、好き嫌いが激しく食生活がかなり偏ってます。
  コンビニ弁当、マック、ファミレス。。。etc
  野菜、とか魚が大嫌いです。トマトとかは好きですけど。
  こんな僕でも食べられるお勧めの食事とかあったら教えてください。
3、損傷した筋肉を補う&筋肉を付けるためにプロテインを飲んだ方が
  いいでしょうか?
4、重たく早いパンチ&キックが出来るようになりたいです。
  どんな風に練習すればいいでしょうか?
  ジムに行くと自分より細い人が物凄いキックをしてたります。
  どうしたらあんな風になれるんですか?
5、毎日全身使ってジムワークを行い
  汗だくになって思いっきり体力を消耗してますが
  ここ最近は全く筋肉痛になりません。
  これって筋肉が鍛えられてないって事ですか?

以上、とにかく強くなりたいです。
よろしくお願いします。

一月の初めからムエタイジムにプロ志望で通い始めました。
ジムワークは一回1時間から1時間半で週5~6です。
基本的なメニューは以下の通りです。
1、柔軟体操
2、縄跳び3ラウンド
3、柔軟&シャドー
4、ミット打ち3ラウンド
  (攻撃もボチボチされます)
5、柔軟
6、腹筋100回、腕立て50回
7、サンドバック2~3ラウンド
以上を殆ど毎日やっています。
ジムが休みの日は
お風呂上がりに柔軟と腹筋、腕立てのみやっています。
一ヶ月ほどやって見た目的に一番変わったのは上...続きを読む

Aベストアンサー

ムエタイは判らないのですが、程度問題はあるにせよ、強くはなっているはずです。
ただ、試合をしなければ、実戦的な即応力や感を養う事は出来ないので、試合経験を積むのも大切です。
プロ志望であるなら場外での実戦は厳禁です。優秀な人は自制心も高く、町で実践などしません。
うちに治療に来たプロボクサーは町で酔っ払いに絡まれましたが、喧嘩すればライセンス剥奪される、そうなれば息子をプロに鍛える夢が消えると我慢しました。その時に歯を折ってしまい、治療する前に30分ほど悔し涙を流していました。
もう一人は私の所属する合気道協会の理事ですが、その方はオヤジ狩に遭い、向ってしまえば勝てても、相手が怪我をすれば自分が犯罪者になると、腹部と顔面だけをじっと守っていたそうです。
どんなに大勢でも、攻撃には必ず波があります。この二人は全く別の事例ですが、僅かに激しさが消えた瞬間を捉えて、立ち上がり、全霊を込めて大きな声で威嚇したら、相手が逃げていった事が共通しています。
練習時の精神集中は、威圧感となって現れるのではないでしょうか。

筋肉痛は修復時の痛みや筋肉内に溜まった乳酸が原因です。
充分なストレッチをしていると筋肉痛は最小限に抑えられます。
それに、回復力が高まれば、それまで翌日に痛んだものが一晩で治ると言ったように短時間&小さな痛みで済むようになります。
また、乳酸は無酸素運動で多く発生します。筋肉が出来上がってくると例えば心拍数100で無酸素運動に切り替わっていた人でも、120まで有酸素運動でできるようになります。
激しい運動でも有酸素運動で行なえるようになれば乳酸は少なくなりますから筋肉痛も出なくなります。
ある程度出来上がってきた感があったら、プログラムを再考してみるのも一つの手だと思います。

以前、アメフトの選手はシャワーより先にプロテインを飲むと聞いた事があります。それだけ筋肉重視の生活なんでしょう。
プロテインも最近では様々あって選ぶのに大変ですが、多少高くても信頼出来るものがいいでしょう。
ただ、他の影響もバランスよく取れないといけません。最低でも肉1、魚介1、野菜3位の割合(指導者によって異なる)を取るべきでしょうね。
昔は好き嫌いがあると強くなれないなんて言いましたが、最近のプロアスリートには結構好き嫌いの激しい人が居るようです。きっとそれ以上に綿密に栄養計算などをしているのでしょう。
野球の古田さんは結婚後も自分で栄養計算をしてメニューを決めていたそうです。
そちらの勉強もしてはいかがでしょうか。
最近ではサプリで補給と言う事も可能なので考えてみてください。
嫌いな野菜でも、ペーストにしてカレーなどに入れれば食べられるかもしれませんので、メニューも工夫してみてください。

人には赤筋が発達しやすい人と白筋が発達しやすい人が居るそうです。
同じムエタイでも中に入ってのパンチが得意な人やキックが得意な人が居ると思います。望む技が得意になれれば嬉しいですが、それより自分の有利な点を伸ばすべきでしょう。
それに、パンチは下半身の充分な支えがあってこそだし、キックは体の軸がしっかりしていてこそです。全体のバランスとしっかりした腰を作りましょう。

ジムには指導してくれる人は居ないのでしょうか?
トレーナーが居れば、体の出来具合を見てもらい、いろいろ相談して、いちどプログラムを再考するといいと思います。

ムエタイは判らないのですが、程度問題はあるにせよ、強くはなっているはずです。
ただ、試合をしなければ、実戦的な即応力や感を養う事は出来ないので、試合経験を積むのも大切です。
プロ志望であるなら場外での実戦は厳禁です。優秀な人は自制心も高く、町で実践などしません。
うちに治療に来たプロボクサーは町で酔っ払いに絡まれましたが、喧嘩すればライセンス剥奪される、そうなれば息子をプロに鍛える夢が消えると我慢しました。その時に歯を折ってしまい、治療する前に30分ほど悔し涙を流していまし...続きを読む

Q格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただきたいのが、ウエイトトレーニングと格闘技の両立についてです。

格闘技の練習をやると、次の日まだ疲れが残っていて、ウエイトをやる気になりません。格闘技はけっこう持久系の体力も使うので、次の日も疲れが残ってしまうのです。

3ヶ月ほどそれでも無理して、毎日格闘技かウエイトをやっておりましたが、体を壊してしまったようで、2週間ほどずっと体調が悪く何もできませんでした。
オーバーワークだったようです。

そこで新しくメニューを組みなおそう!と思い、週2回か3回は何もしない休養日を設けようと思っています。

そこで格闘技が月曜日、木曜日ありますが、ウエイトをする場合格闘技の次の日に設定するのがよいのか、前の日に設定するのがよいのか悩んでいます。どちらも一長一短なのですが(^^;)

ウエイトは大きくわけて胸、背中、脚と全身鍛えています。

もしご経験あられる方でうまくいったトレーニングメニューがあれば、
教えていただけましたら、大変参考になります。

よろしくお願い致します。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただき...続きを読む

Aベストアンサー

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが多いでしょうから。打撃系の場合は、瞬間的なので、翌日に筋疲労はあまり残らないです(もちろん稽古の内容や個人差もあると思いますが)

あと、ローテーション的にどうしても仕方ない場合、日中にウェイト、夜間に格闘技の稽古という日もごく稀にあります。ウェイト当日は比較的筋肉痛が出にくいからですが、やはり疲労から稽古のパフォーマンスはかなり落ちてしまいます。とりわけ総合系の場合は、危険が大きいかもしれませんね。

うまい回答になっていなくてすみません。私自身がずっと頭を悩ませている事柄でもあるので。お互い怪我をしないように、格闘技とウェイトトレーニングの両立を目指しましょう。

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが...続きを読む

Q【柔軟情報】ハイキックが蹴りたい!ミドルすら蹴れない!【ストレッチ】

こんばんは!

自分は下半身がとてもカタイです。
なので、足が上がってくれません。
ハイキックどころかミドルキックもしんどいです。
ローキックですらぎこちなくなります

どれくらいかと言うと、立って、足を伸ばした状態で
足を前に上げると 腰にすら届きません(下から80°くらい)

横も同じです

足首も膝も股関節も全部、かたいです

自分でいろいろ調べて
PNFストレッチと言うものも試してみようと思いましたが、
パートナーが居らず断念しました・・・・・・

今からキックが蹴れる柔軟性が手に入りませんか?
今、自分は16才です

おすすめの柔軟方法、体がやわらかくなる食べ物
蹴りのコツ、アドバイス、実体験

など、柔軟と蹴りに関する情報、教えてください!

Aベストアンサー

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々にやっていくとずいぶんやわらかくなります。

もし、結構筋肉質なら、ひょっとしたら可動範囲の狭いトレーニングを強い負荷をかけてやっている可能性があります。
このようなトレーニングは筋肉はつくけど硬くなっていくということもあるので、軽い負荷で、出来る限り大きな可動域で動かすようにして行くと当たり前ですけど、やわらかくなっていきます。
例えば、腹筋運動なら少し反るくらいからはじめるとか・・・。
足は反りませんが、目いっぱい可動範囲で大きく動かしてトレーニングします。
少し蹴りの練習のコツとしては目標物を決めて蹴るというのがいいと思います。
低いところから少しずつ高くしていきます。
中国拳法とかでは、自分の手を置いてそれを蹴るという(もちろん当てる程度ですが・・)という練習方法もあります。
また、力の入れ方も重要です。
自分の足をムチのようにイメージをして蹴ると力の出すところ、抜くところがはっきり自覚できると思います。
棒のようなものをイメージすると脚を痛めます。
また、蹴りの種類によって違うかも知れませんが、最初は軸足も少し曲げて重心を安定させるということもコツになるかと思います。

PNFなども基本的に筋肉があまりないと利かないらしいので、あまり特殊なトレーニングに頼らず少しずつ慣らしていくようなトレーニングの方が実践的です。
私も始めて蹴りの練習をはじめたときは硬かったですけど、慣れですね。
まだまだ、これからなのでがんばって下さいね!

私は、昔拳法指導者をしてました。
ハイキックとかもやっていて、ここ十数年しばらくやめていました。
しかし、運動不足解消のためまたはじめると結構自分の顔くらいはあがりますよ。
ちなみに今年35歳(笑)

だから16歳だったら、まだまだ、大丈夫。

あなたの筋肉のつき具合はどうでしょうか?
もし、かなり細身ならばそのままストレッチで伸ばすのには無理があります。
十分な栄養と筋力トレーニング(脚裏はしっかり)をしながら普通の開脚や前方屈伸などを少しつらいくらいからあせらず徐々に...続きを読む

Q最近格闘技を初めたんですが、手の甲と足の甲がめちゃくちゃ痛いです!

最近格闘技を初めたんですが、手の甲と足の甲がめちゃくちゃ痛いです!
手の甲はサンドバックを打ってたら、今打てないくらい激痛が走り、足の甲は多分フットワークの練習をしていたら痛くなりました!
これって格闘技を初めたばかりの人は経験する痛みなんでしょうか!?

痛みには耐えれるのですが、自分は関節や骨が人より弱いのか?など考えてしまいます(>_<)

Aベストアンサー

サンドバックで手や手首を傷めるのは初心者では結構多いですね。正確な叩き方を知らないのにあのような重いものを叩くと弱い部分に急に負担がかかり傷めてしまうのです。思い切り叩くならある程度正確な叩き方をマスターしてからの方が良いでしょう。それと初めの頃は皮膚が薄いのでサンドバック叩いてると皮がめくれる事もありますね。

格闘技はスポーツに比べてはるかに体の使い方がハードですので初めはあちこち痛くなります。耐えれるのであれば特に問題は無いですよ。

Qスパーリングで挫折しそうです

キックボクシングを始めて3ヶ月の初心者です。
先週末、始めてマススパーで初心者同士(相手は上手い)やったのですが
明らかに自分の攻撃がガードされ、一方相手の蹴りなどはハイキックは避けるに避けれず
若干は避けれたものの、ガードするだけで精一杯で次第に手と腕が悲鳴を上げてきて
さらにインローなどの攻撃にもまるで対応できず、相手の攻撃はほぼ8割方食らってしまいました(ガードが効かない)
一方自分の攻撃はと言えば、ほぼ7~8割カットやブロックされてマススパーなのに完全に惨敗してしまいました。
今までミット打ちやサンドバックなどで強くなって気でいたのですが
全然弱いということを実感して、マススパーでこれなのに
スパーリングだったら完全にサンドバックになると思ってこの先が思いやられてきて挫折しかけてきました。
今まで週3~5で通ってましたが、練習に行く気力も徐々になくなって来て、本日はサボってしまいました・・・・。

練習自体はいい運動にもなるし、楽しいのですが私は人と叩き合うのに向いていないように思えてきて仕方が有りません。
リングに立って始めて思ったのが、本気で相手を殴る蹴りたくない&殴られ、蹴られたくないのです・・・。
スパーリングが原因で退会した人は、あまりいないのではないでしょうか?
キックを辞めて、ポイント制の空手やテコンドーなどをやるべきでしょうか?

逃げてるのは甘えだと思いますが、ご回答お待ちしてます。

キックボクシングを始めて3ヶ月の初心者です。
先週末、始めてマススパーで初心者同士(相手は上手い)やったのですが
明らかに自分の攻撃がガードされ、一方相手の蹴りなどはハイキックは避けるに避けれず
若干は避けれたものの、ガードするだけで精一杯で次第に手と腕が悲鳴を上げてきて
さらにインローなどの攻撃にもまるで対応できず、相手の攻撃はほぼ8割方食らってしまいました(ガードが効かない)
一方自分の攻撃はと言えば、ほぼ7~8割カットやブロックされてマススパーなのに完全に惨敗してしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

貴方は、格闘技をやってはいけないタイプであろうと思いました。そういう気持ちでいますと、そのうち大怪我します。ガード第一主義の貴方に対しては、相手は目一杯(力一杯)の突き蹴りを放てますからね。

例えばね、野球での投手、内角に打者にぶつける勢いで放って腰を引かせることで、打者に目一杯のスイングをさせないように努めます。打者にベストスイングを許していては、とても、投手は勝てないのです。

つまりね、攻撃が最大の防御になるんです。まずは、打たれると思ったら前に出て間合いを詰めることを覚えましょうかね。間合いを潰すということですね。左足(前足)に体重をかけて、相手の右脇(右ストレート)下に潜り込む形を覚えれば完璧。総合なら、そこから、胴に腕を巻いてバックドロップになる。

それから、インローを放つ相手に対しては、直ぐに、金的を蹴りましょう。具体的には、金的ギリギリを蹴って、インローにはインローを返してくる相手、それも、下手すると金的に入るように蹴ってくる相手と思い込ませましょう。それで、相手は、思っ切りインローを蹴れなくなります。顔面攻撃は、故意に見せず、単に、技術不足に見せておいて、眼球を狙いましょう。フック系は肘を出して、相手が更に踏み込んで来ると、必然的に肘打ちになるようにしましょう。そういう「危ない奴」キャラを演じることが大切です。そういう「悪党」を演じることが出来ない場合、強くは成れないものと心得てください。

スパーリングでは悪党キャラ全開にして、それ以外の場所では、天然の好い人キャラを完璧に演じましょう。結局、そういう演じ分けのできる人だけが、格闘技を続けているのだと思って間違いありません。

貴方は、格闘技をやってはいけないタイプであろうと思いました。そういう気持ちでいますと、そのうち大怪我します。ガード第一主義の貴方に対しては、相手は目一杯(力一杯)の突き蹴りを放てますからね。

例えばね、野球での投手、内角に打者にぶつける勢いで放って腰を引かせることで、打者に目一杯のスイングをさせないように努めます。打者にベストスイングを許していては、とても、投手は勝てないのです。

つまりね、攻撃が最大の防御になるんです。まずは、打たれると思ったら前に出て間合いを詰めることを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング