イオンチャネルの勉強をしている大学生です。
イオンチャネルの性質として、内向き整流性とか外向き整流性といった言葉が
出てくるのですが、意味がよくわかりません。
電流・電圧関係のグラフから導き出されるようですが、カチオンチャネルと
アニオンチャネルの場合でどう違うのかがよくわかりません。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 チャネル」に関するQ&A: チャネルの意味

A 回答 (1件)

イオンチャネルに関して詳しく勉強した事はないのですが


神経伝達に関して勉強した事があるので若干アドバイスを。
役に立てばいいのですが。。。

イオンの電荷は、電気の性質と同じですから
カチオン(+)の流れが外向きながら内向き整流性で
内向きなら外向き整流性ということではないですかね

ちなみに正電荷の流れる向きと電流の方向は逆です、確認のため。

また整流性を持つといいますが濃度に関する表記がないとなんともいえないのです。
おそらくグラフから読み取れるのでしょう。
カチオンの場合とアニオンの場合で比較しつつグラフとにらめっこしては
いかがでしょうか

例えば神経細胞内のカリウムイオン濃度は約145mMなのに対して
細胞外カリウムイオン濃度はおよそ5~15mMなので電位差が生じます。
ですがイオンチャネルを通れるイオンもあればそうでないものもあるので
ドナン平衡という特殊な平衡状態を作り出します。
そしてもしナトリウムイオンが中に入ってくると
電気的な平衡が崩れるためカリウムイオンは流出。
一方塩素イオンが流入してくると同様な理由で今度はカリウムイオンが流入します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすごく困ってます。イオンチャネルの解析での、ゲート電流とノイズ解析についてわかりません。

初めまして。私、文系の大学3回生なのですが、もういちど理系の大学に進もうと思っている者です。今、神経科学を学んでいる最中なのですが、イオンチャネルの数とコンダクタンスの統計的解析について全くわかりません。ゲート電流から求める方法とノイズ解析から求める方法をわかりやすく、どなたか教えていただけないでしょうか? お願い致します。

Aベストアンサー

ゲート電流を使う方はトリビアルだが、ノイズの方はWiener-Khinchinの定理を使っている。どんな回路であろうが、入力すると出力が得られる系の、周波数に依存する複素インピーダンスの逆数は、電流自己相関のフーリエ変換で表すことが出来る。これは非平衡統計の基礎となる定理なので、まともな教科書ならどれにでも載っている。逆に、これの書いてない教科書はトンデモなので気を付けること。ともかくこの定理を使えば、自己相関をとる電流はノイズで良いので、ノイズから複素インピーダンスを求めることが出来る。コンダクタンスもわかる。

Q電位依存性イオンチャネル

電位依存性イオンチャネルは,膜内外の電位差を感じとって,開閉するらしいですが,外に対して正になるか負になるかは関係ないのですか。電位差というのは絶対値で,例えば,-30mVが閾値なら,+30mVでもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ということは,静止電位から過分極して-90mV以下になっても,動作はしないということでしょうか?

-------
最初の例では、作動原理として仮想的なチャネルを考えて説明しましたが。まず、電位依存性チャネルには、いくつかの種類があります。有名なのはNaチャネルとKチャネルでしょう。活動電位の説明で、脱分極が7mVを超えた(つまり、静止電位を-70mVとして-63mV付近)ところでNaチャネルが活動しはじめ、Naの流入に寄与します。また、脱分極が50mV付近(-20mV付近)からKチャネルが開き始めます。これらの他にClチャネルもあるし、同じKチャネルでも何種類かのタイプがあって、それぞれで動作の様子(開閉が早い、遅い)が違っているのです。
立体構造解析から、電位感受性の仕組みが見えてきましたが、少なくともタンパク質が膜に挿入されている方向で規定されるので、膜電位の方向が感じ取れるのは間違いありません。

Qイオンチャネルの選択性

イオンチャネルの特異的透過性についての質問です。
カリウムイオンチャネルがナトリウムイオンよりも大きいカリウムイオンをはるかに透過させやすいのはなぜですか?
イオン半径だけでは説明できないのは分かりますが、なぜだか分かりません。
あと、ナトリウムイオンチャネルはカリウムイオンチャネルよりも半径が大きいのにカリウムイオンは透過させにくいのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
この選択的透過性はカリウムチャンネルの構造に関係があります。同じような大きさのK+とNa+において、K+の方が透過しやすいのは、簡単に言えば、カリウムチャンネル内の=Oグループと透過するイオンとの距離が適切か適切でないかということになります。K+はイオンチャンネル内で四方向の酸素原子から均等に同じ距離(同じ強さ)で引かれている(つまりイオンチャンネルの中心にある)と思ってください。 Na+はイオンの直径が小さすぎる(酸素原子からの距離が遠い)ため中心ではなく少しずれてしまい二方向の酸素原子からのみ引かれていると思ってください。これがNa+が透過しにくい理由です。

<追加>
両イオンともチャンネルに入る前は水分子とくっ付いているわけですが、K+の場合その水分子との結合力がチャンネル内で酸素原子との結合力にそのまま置き換わることができます。しかしNa+の場合はいくつかの結合力が無駄になってしまいます。そのためカリウムチャンネルはK+に適した構造となっています。

おそらくこの説明では分かり難いと思います。図があればよかったんですが、とりあえず参考程度にお願いします。

こんにちは。
この選択的透過性はカリウムチャンネルの構造に関係があります。同じような大きさのK+とNa+において、K+の方が透過しやすいのは、簡単に言えば、カリウムチャンネル内の=Oグループと透過するイオンとの距離が適切か適切でないかということになります。K+はイオンチャンネル内で四方向の酸素原子から均等に同じ距離(同じ強さ)で引かれている(つまりイオンチャンネルの中心にある)と思ってください。 Na+はイオンの直径が小さすぎる(酸素原子からの距離が遠い)ため中心ではなく少...続きを読む

Q心臓や筋肉や脳から出る電流は同じ性質のものでしょうか。

心臓や筋肉や脳から出る電流は同じ性質のものでしょうか。
これらはすべて一個の細胞から出る活動電位が総合されたものによるものなのでしょうか。説明によっては細胞が活動するから出てくるというように因果関係が逆のようなものもあります。ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

細胞の活動によって発生する膜電位ですから、基本的には同じ性質と考えていいと思います。


>>これらはすべて一個の細胞から出る活動電位が総合されたものによるものなのでしょうか。説明によっては細胞が活動するから出てくるというように因果関係が逆のようなものもあります。

意味不明です。因果関係が逆とはこの文章からは読み取れません。
細胞が活動(化学反応)をしなければ電位が発生しようがありません。


それとも、電位が発生するから細胞が活動すると考えられているのでしょうか?
だとすればそれは間違いですね。
細胞から発生する電気は細胞内の各化学反応によって発生します。

Q電気泳動、定電流がいいのか定電圧がいいのかどっちでもいいのか?

よく話題になるのですがSDS-PAGEを行う際、定電流派と定電圧派がいますよね?議論はするんですけど結論が出なくて困っています。どなたか理解している方教えてください。

Aベストアンサー

定電圧設定:発生する電流は徐々に低下する。熱発生も抑えられる。再現性が得やすい。泳動時間が長い。

定電流設定:電圧が徐々に上昇する。発熱量が増加する。再現性が難しい。泳動時間が短い。場合によってはゲル板が割れることもある。

結果に関して:
定電圧: 高分子側の移動が早い。低分子側の移動が遅い。
定電流: 上記の逆。

 どちらも、一長一短で、使用する泳動槽、扱うタンパク質によって、これらを使い分けるのが賢明かと思います。

(参考:電気泳動なるほQ&A 大藤道衛 編 羊土社)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報