【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

私には山を動かすほどの信仰心がありません。
神様に祈っているときも神様は与えてくださるのか教えてくださるのかと疑いながら祈っています。
また毎日与えてください教えてくださいと同じ内容を祈り続けていると神様に与えてほしいという心が少しづつなくなっていき神様は本当に与えてくださるのか?教えてくださるのか?という疑いの心がめばえてしまいます。
山を動かすほどの信仰心を持つにはどうすればいいでしょうか。
また神様は答えくださるのか教えてくださるのかと疑っていても神様は答えてくださるでしょうか?

A 回答 (7件)

聖書で信仰心にもっとも関係する箇所はダビデの詩編です。


毎日読みましょう。
リヴィング・バイブルの詩編の訳は素晴らしいし、わかりやすいのでお薦め。
    • good
    • 0

1. 《信じる》というのは あたかも経験世界を超えるというかたちで得られるものです。



1-1. 感じる(感性の原野)と考える(思考の緑野)とが 経験世界であり これをあたかも超えて 信じる(非思考の庭)が成り立ちます。

2. すなわち 聖霊によってあたえられるものであり そのあたえられたチカラをみづからのものとする意志行為でさえ 聖霊によるハタラキによって促されたものであると捉えられていると思います。



3. ★ 神様に祈っているときも神様は与えてくださるのか教えてくださるのかと疑いながら祈っています。

☆ ① 《うたがう》という行為は 《考える(思考の緑野)》に属します。したがって 《考える・考えない あるいは うたがう・うたがわない》に関係なく 《信じる》は成り立つものです。

4.② 《いのる》という行為は 人間のおこなう(人為的な・そして時には作為的な)意志行為です。要するにのぞみや願いを神につたえようとするわけですが じつはそういった祈りの中身について神は すでに・つとに知っています。したがって 祈りは 実際にはあまり意味のないものです。

5.③ 言いかえると祈りは 《神よ われはここにいます》というふうに言って 《これからおこなうわが思いとその実行について みそなわしたまえ》と述べているものです。



6. ★ ・・・神様は本当に与えてくださるのか? 教えてくださるのか? という疑いの心がめばえてしまいます。
☆ そういった《考える》領域での心のゆれについてこれも神は すでに知っていますから そのままの姿をあらためて見てもらうかたちとすれば よいのです。

6-1. 心をすべてゆだねます。じたばたしない。



7. ★ 山を動かすほどの信仰心を持つにはどうすればいいでしょうか。
☆ 問題があればそのつど問題に応じて 解決への道やあるいはそのための考え方を――ヒラメキにおいて・あたかも世界のあらゆる出来事のどこかにメールを差し挟むかのようにして送ってくれるかたちで―― あたえてくれます。

7-1. 必要なときに必要なぶんだけヒントをあたえてくれます。ふつうは そうです。

7-2. そのようなヒラメキが得られれば その状態は 《信仰心が篤い》ということになっています。



8. あなたは 神の全知全能をただちにそのままぜんぶ あなた自身のものにしたい・・・とでも思っているのですか?
    • good
    • 0

祈りを続けましょう。

必ず答えてくださいます。

予想していたのとは全く違った形で、祈った内容が実現されます。私にもありましたし、同じ教会内の信者の多数が経験していることです。

貴方自身の努力もありますが、運命に似たものが、めぐりめぐって、不思議な結果が出てきます。最初に、とんでもない試練がやってくるかもしれないけれど、振り返ると、祈ったことが実現されてゆく。試練が、人間を成長させます。忍耐が必要なことが多いです。

信じて、祈りながら、待ちましょう。
    • good
    • 1

国民の90%以上がクリスチアン、それもカトリックの国に住んでおり、私も一応カトリック教徒ですが、正常者で山を動かすほどの熱狂的な信仰心のお方などに出会ったことはないです。



神様は、何かご利益を求めたり教えてもらう対象じゃございません。本音で感謝の気持ちを伝えるためです。

苦難の解決を求めたり、お願いを達成祈願、人の道を教えてもらうのは、ご先祖様であり、親であります。それで、希望通りになれば、神様、ご先祖様、父ちゃん、母ちゃんをよろしく、って感謝の気持ちを伝えに行きます。

何か、勘違いをされているようですな。
    • good
    • 0

    • good
    • 0

違いますよ、、、。



神様が何かを与えてくれるのではなく、あなたが誰かや何かに対して、自分の出来うることをしてあげることによって、人の姿をしたその人達から愛や何某かのものを受け取ることが出来るのです。

信仰とは祈ることではなく、自らの心の声(良心)に従って生きることです。

自らの心の声(良心)に従って生きることは、それ自体が祈りであり、信仰であるからなのです。

また、すでにあなたは、あなたにとって必要なものを受け取っています。

それは神様は私達が欲しがるものではなく、私達にとって本当に必要だと思えるものを、常に与えてくださっているからなのです、、、。
    • good
    • 1

信仰でも山は動かせません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング