痔になりやすい生活習慣とは?

しばらくテニスから遠ざかっていたので、ついこの前まではナブラチロワが使っていたヨネックスのR22を使っていましたが、

最近ピュアドライブに変更しました。

最近のラケットは厚ラケで飛びが良いと思っていましたが、予想に反してまったく飛びません。

プロがあんなにラケットを振り回している理由がようやく分かりました。

慣れればどおってことなさそうですが、どうして今のラケットってこんなに飛ばないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中級レベルであればピュアドライブはよく飛びが良い部類です。


VitaminBBさんにして見ればR22と比べ飛ばないというのだから事実
そうでしょうが....

ただ客観性の欠けるのではないかと思います。
違うラケットで飛ぶ飛ばないのは判断するには基準を持つ必要が
あります。
この場合は同じガットを同じテンションで同じ店で張ったという
条件なら客観的な比較が可能です。

と言いますのは
R22は20年前のラケットで経年変化による素材劣化が起き
その結果反発力低下やフレームが剛性低下をきたし
いわゆる”腰が抜け”た状態かと思われます。
その状態ではガットを強く張ることはできません。(良心的な店)
つまりガットを弱く張ることになります。
結果ボールは飛びやすくなります。

R22からして見ればピュアドライブは中厚で振りぬきも良く
反発力もあるので同じ条件であれば飛びはピュアドライブに
軍配が上がるような気がします。

それがR22の方が飛ぶと言うのは
ガットのテンションが低い。
ガットの張りがだいぶ前に張り緩んでいる。
張るマシンが手動でだった。同じポンドでも電動に比べ低くなる。

ラケットメーカーは毎年ニューモデルを出していますが
新しい素材やフレームの改良により飛びが良いとか
スイートスポットの拡大、振り抜きの良さ、軽量化など
が向上していると謳い文句にしています。

確かに敷居の高かったプロスタッフやプレステージなどの
競技者向けのラケットも従来に比べれば飛ぶ傾向です。

その意味ではラケット全体は昔に比べれば操作性が良く
飛びが良くなっている事は間違いないです。
それは最近のプレースタイルが昔の重いラケットで押す
フラット系スタイルから厚く当てながら弾く振り回す
フラットスピンのスタイルが増えているからです。

ただ最近の風潮としては反発力が高く軽量化のあるラケット
が多くを占め、それがテニス人口の拡大化と力差を埋める
ハンディキャップとしてテニスが楽しめるようになっております。

ラケットのカテゴリーも初級、中級、上級、競技向けと
色々ありますからその目的に合ったラケットを選択する事です。

個人的にはピュアドライブは良いラケットです。
そのラケットを使ってエッグボールなどの強烈なスピンを
打つ人も結構います。
モノにすれば自分の技術がUP出来るラケットです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まさにおっしゃる通りだと思います。
そして、R22はテンションも低いです。
でも、私の感じでは、あまりにも飛びに違いがあります。

いまさら、ピュアドライブのテンションを下げて比較するわけにもいかないし。

いずれにしても、昔のラケットより今のほうが飛ぶのは間違いないのですよね。

お礼日時:2005/03/10 21:18

ピュアドライブめちゃめちゃ飛びますよ!!そして激しくスピンがかかります。


まぁ、僕が大学生で力があるのでという話ですが‥。VitaminBBさんはどのような方かはわかりませんが、ピュアドライブが飛ばないようなら、ウイルソンの厚ラケを使ってみたらいかがでしょう??かなり飛びますよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ウイルソンの圧ラケも持っていますが、確かにこれは飛びますね。
でも、その他色々なラケットを試打しましたが、ほとんど飛びません。

知りたいのは、昔のラケットより明らかに飛ばなくなってる理由です。

テニスのスタイルが変わったということに尽きるのでしょうかね?

お礼日時:2005/03/08 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QヨネックスR-22の値段

ヨネックスR-22の値段っていくらか
覚えている人いたら教えてください。

Aベストアンサー

R-22は私の愛用した、今でもすばらしいラケットだと思っています。
といっても定価はおぼろげで明確には記憶していませんが、下記のURLをみて確信した感じです。
確かにこういった「わかりやすい」値段だったと思います。

参考URL:http://ohara.susono.com/tennis.html

Q古いテニスラケットは使える?

15年ほど前に使用していたテニスラケットが
その後使われないまま置いてあったものですが、
今また使うことに支障はありませんか?
ガットは硬くなってるので、張り替えようとは思いますが、それは可能で有効なのでしょうか?
初心者が使うのですが、練習に差しさわりがありますか?

Aベストアンサー

15年間ラケットも使われていないし、貴君もテニスをやっていない状況かと思いますが、

それなら遊び程度ならそのままでよいでしょうし、張替えは有効です。 使っていない予備ラケットでも半年から1年程度で張り替えています。

>今また使うことに支障はありませんか?
⇒ラケット自体は支障はありませんが、打ったときの感覚だけでなく、腕の保護なども考えると
スクールでも入るなら、すぐに買い換えることになると思いますよ。 
ラケットの進歩も早く、同じメーカーの同じシリーズでも打った感じは毎年違いまして(それだけ進歩している)、かなり打ち心地が違う場合が多いので、同じ感じのが出たときに買い換えていますが、それでも3年から5年に一回は買い換えています。

特に初心者だと上記様に腕・肘などへのダメージがたまりますので、テニス肘防止のためだけを考えても、新しいのを購入されることをお勧めします。

Qラケットの不思議

お世話になります。テニス初心者です。数ヶ月前にスクールに入り、現在初心者クラスです。(友達には、初心者クラスにいるのは、おかしい。もっと上のクラスにいてもいいはずと言われるレベルです)
使用しているラケットなんですが、ウィルソンのTRIAD 4を使っています。ですが、スクールに入る前に遊びでテニスをしていたとき(数年前)は、10年以上前にに購入したヨネックスのR-24を使っていました。
現在TRIAD 4を使って、スクールに行っているのですが、なんとなく、昔の遊びでやっていた時の方が、打球感が気持ちよく、実際に打った球の軌道もよく、力もよく伝わっていた気がするのです。
っで、つい先日、たまたま遊びテニスをするときに、R-24を使ってみたら、やはりこちらの方が、何となく安定しているのです。ラケットの性能だって日々進歩していると聞きますが、なぜ私は新しいTRIAD 4でうまく打てないのかがわかりません。またこの先、テニスをうまくなろうとした場合、ラケットを買い換えた方がいいのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

1.いわゆるスイートスポットは、基本的にはフェイスの形によって位置が決まり、フェイスの面積によって大きさが決まります。 もちろん小さい方が狭いです。 初心者の方だと面積が広くてスイートスポットで捉えやすくなりますが、R-24を感触が良いと言えるくらい打てるような方では110平方インチもあるようなTRIADでは広すぎるという事ですね。

2.フェイス面積が広いとスイートスポットも広くなります。 そうなると、いわゆる芯の部分がぼやけてきてしまうんですね。 それが真ん中で球を捉えてもボヨ~ンとなってしまい『いいところ』で当たってる気がしない理由なんです。 R-24はフェイス面積が小さいので球を捉えるのは難しいですが、捉えた時はシャープな良い球が出るようになります。
前にも書きましたが、フェイスの面積・ラケットの硬さ・ラケットの重さ・ラケットの長さ・そしてスイートスポットの大きさなどはガットの張りでどうこうできる物ではないので、ガットを強めに張ってもR-24に近くなる事はありません。

3.R-24の良さを継承しつつ、さらに使いやすくなったと考えられるラケットとなると難しいのですが、ヨネックス独特の四角いフェイス形状を持つのはヨネックスの製品だけなので、ヨネックスから3点推奨しておきます。 ちょっと難しいラケットですがR-24が使えるのならばいけると思います。 いずれも試打できるかと思いますので試してみて損は無いと思いますよ。

NANOSPEED RQ7 TOUR
http://www.yonex.co.jp/tennis/products/racket/nsrq8v.html#7t

RDX500 MID PLUS
http://www.yonex.co.jp/tennis/products/racket/rdx500.html#midplus

ULTIMUM RD Ti77MP
http://www.yonex.co.jp/tennis/products/racket/urdt77.html

No.2です。

1.いわゆるスイートスポットは、基本的にはフェイスの形によって位置が決まり、フェイスの面積によって大きさが決まります。 もちろん小さい方が狭いです。 初心者の方だと面積が広くてスイートスポットで捉えやすくなりますが、R-24を感触が良いと言えるくらい打てるような方では110平方インチもあるようなTRIADでは広すぎるという事ですね。

2.フェイス面積が広いとスイートスポットも広くなります。 そうなると、いわゆる芯の部分がぼやけてきてしまうんですね。 それが真ん中で球を...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Qお勧めのテニスラケットは?ガット(ポンド)は?

テニス歴学生時代に結構本気に7年(高校&大学)、その後社会人になり10年間ラケットを握っていませんでしたが、最近再開してその面白さにまたはまりつつある者です。

実力の自己評価は難しい所ですが、中上級~上級の下という辺りだと思います。

先日テニス仲間に私のラケットを見られ、「今時こんなラケット使ってる人はいないよ!」と言われてしまいました。
私が使っているラケットはプリンスのグラファイト(オーバーサイズ)です。私の学生時代は名器と呼ばれ、初心者は恐れ多くて持てない、というような代物だったと記憶しているのですが、どうやらすでにそんなラケットは存在していないようです。

周りの皆さんのラケットを見せてもらったのですが、どれも全て軽くて振りやすく、曰くサーブやボレー等の打ちやすさが昔のラケットとは格段に違うとの事でした。

学生時代はグラファイトを65~70ポンドで張り、ベースラインからバシバシ強打していたのですが、ダブルスしか実質やれない社会人になると、そんなプレースタイルよりも、確実にサーブ、リターンを返し、ボレーを決めるプレーが求められるようです。(個人的にはシングルをまだまだやりたいのですが・・・)

そこで2点質問です。
(1)今ラケットを買うとすればどういったものを買えばいいのでしょうか?
テニスから離れて久しいので、全く最新情報知りません。よってメーカーへのこだわりも全くありません。周りを見渡した所、私が学生時代には誰も持っていなかったバボラのラケットの評判が良かったようですが、どうなのでしょうか?

(2)ポンド数はどれ位がいいんでしょうか?
周りの方は50ポンド前後で張っているようです。40ポンド代の方もちらほらと。
私の感覚から言うと、40ポンド代なんて沢松菜穂子やエバートみたいな当てて返すプレースタイルの特殊な人が張る緩さ、というイメージだったのですが、ガットとラケットが進化した今、60や70で張るのはバカだ、という風に言われました。これってほんとなんでしょうか??

また、最新のラケットに変えると、テニスエルボー等の負担も減ると聞いています。最近急に始めたので、肘が痛く、これが今のラケットの原因ならすぐに替えたいと思っております。

長文になってしまいましたが、どうか教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

テニス歴学生時代に結構本気に7年(高校&大学)、その後社会人になり10年間ラケットを握っていませんでしたが、最近再開してその面白さにまたはまりつつある者です。

実力の自己評価は難しい所ですが、中上級~上級の下という辺りだと思います。

先日テニス仲間に私のラケットを見られ、「今時こんなラケット使ってる人はいないよ!」と言われてしまいました。
私が使っているラケットはプリンスのグラファイト(オーバーサイズ)です。私の学生時代は名器と呼ばれ、初心者は恐れ多くて持てない、というよ...続きを読む

Aベストアンサー

プリンスから今年の9月にグラファイト系のニューモデルが発売されました。
http://www.daiwaseiko.co.jp/tennis/products/rackets/exo3/iexo3gra100.html
フェースは100インチでダブルスをやるには一番適していると思います。

テンションは50前後が主流だと思います。
また60ポンド以上は多くのラケットでは保証外となり、
ガットを張るショップも、ストリンガー(ガットを張る機械)が
壊れる恐れがあるため、高テンションで張ってくれるところはほとんどないです。

上記のラケットであれば、私なら縦55~56ポンド、横52~53ポンドくらいで張ると思います。

そういえば、あのフェデラーでさえも47ポンドという話です。

Qフレームが柔らかいラケットを探しています。

フレームが柔らかいラケットを探しています。
硬式テニスのラケットですが、フレームが硬いラケットは肘などへの衝撃が大きく、
柔らかいラケットは衝撃が小さいと聞き、柔らかいラケットを探しています。
ラケットメーカーのHPやカタログを見ると、厚さや面積は具体的にスペックとして
確認できますが、フレームの硬さについては分かりませんでした。

フレームが柔らかいラケットを選ぶためのポイントを教えてください。
あるいは具体的にフラームが柔らかい製品をご紹介いただければ助かります(メーカー問いません)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フレームが柔らかいラケットというのは フレームの厚みが薄いラケットということでしょうか。
フレームの厚みというのは 普通ラケットを横から見ての厚みを言います。
よく言う「薄ラケ」「厚ラケ」というのは その厚みで判断されます。
厚みが薄いラケットは フレームがしなり、その意味では柔らかいラケットではあるかと思いいますが
質問者さんが考えられている物とは少し違うのではないかと思います。

ラケットのカタログを見ていただけたら判るのですが フレームが薄いラケットというのは ほとんどが上級者用のハイスペックなラケットです。
ラケットの厚みが18mm~22mmのラケットというのは、フェイス面積も98~93in ラケット重量も315g~330gでスイングスピードの速い、コントロール性を重視した上級者向けのツアーモデルです。
薄ラケはガットの推奨テンションが高く設定されています。
ガットのテンションが高いということは ガットの反発性が低く つまりラケットのしなりを利用してボールを飛ばすということです。
私はブリジストンのX-BlADE3.25という フレームの厚みが18mmのラケットを使っています。
フェイス面積は93in 重さは325g
しっかり振り切り、スイートスポットに当てないと 思うように飛んでくれません。
またスイートスポットを外れるとフレームにけっこう衝撃が来ます。
飛ばないラケットを使うと ボールを飛ばそうとして余計に腕や肩に力が入って 体への負担が大きくなるのではないかと思います。

肩や肘への負担を軽くするには 反発性があり軽めのラケットのほうが良いのではないでしょうか。
薄ラケよりも厚ラケのほうがボールが良く飛びます。
厚ラケはフレームの剛性が高く 推奨テンションが低めに設定されているので ガットの反発性を重視しています。
スイートスポットが大きく ボールの衝撃を緩く張ったガットで受け止めるためにフレームに伝わり
にくくなっています。
またラケットだけでなくガットにも気を配るべきです。
ガットもコントロール系やポリガットを選ぶのではなく 衝撃の少ないソフト系を選んでください。

バボラのラケットには 不快な衝撃を吸収する「コアテックスシステム」が搭載されたモデルもあるので
選択肢の一つとしてあげるのもどうでしょうか。

肩痛やテニスエルボーを防ぐためには ラケットだけに頼るのは不可能です。
まずフィジカル面で筋肉を鍛えること
ストロークでの肘に負担の掛かるうち方を変えること
障害が起こったときの迅速な治療と療養
でしょか

フレームが柔らかいラケットというのは フレームの厚みが薄いラケットということでしょうか。
フレームの厚みというのは 普通ラケットを横から見ての厚みを言います。
よく言う「薄ラケ」「厚ラケ」というのは その厚みで判断されます。
厚みが薄いラケットは フレームがしなり、その意味では柔らかいラケットではあるかと思いいますが
質問者さんが考えられている物とは少し違うのではないかと思います。

ラケットのカタログを見ていただけたら判るのですが フレームが薄いラケットというのは ほとんどが...続きを読む

Qラケットの傷の修復

すみませんがラケットの傷の修復について
教えていただけませんでしょうか?

最近テニスを始めてラケットを購入したのですが
自分の不注意で、テニスコートの壁のセメント部分に
ラケットを強くこすってしまいまして
ラケットのフレームのところに
大きく目立つ傷が数箇所ついてしまいました。

ウイルソンのラケットなのですが、不注意なので
保証はつかないとおもっています。

傷を目立たなく補修してくださる業者さんや
補修するいい方法をご存知の方が
いらっしゃいませんでしょうか?
大変申し訳ござませんが、
情報をいただけませんでしょうか?
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あえて、お答えさして頂きます。
まず、傷だけなら修理は出来ます。
フレームに、罅が入っていなけば大丈夫です。

酷なお話しですが、スポーツ用品は消耗品です。
どれくらいの頻度で使用されるか又どの様なスタンスで
取り組んでおられるのか解りませんが、
傷ぐらい気にせず伸び伸びとプレーをして下さい。

一本のラケットを長く使用する必要は有りません。

本題に戻します。ご自分でカー用品か家庭用品のお店に行き、パテとそのフレームに有ったカラーのペイント
と紙やすりを買って修繕されれば充分だと思います。

3ヶ月も使えばどうしても傷が付いて汚れてきます。
どうしても、完璧を求められるのなら、テニスショップで相談されれば宜しいかと思います。

Qテニスラケットのバンパーってどこのこと?

テニスをされてみえる方、またはテニスラケットを扱うお仕事の方などにお聞きしたいのですが、《テニスラケットのバンパー》といったらどの辺りのことを指すのでしょうか?教えていただきたいです。

当方テニスは学生時代に6年程、部活動などでの経験がありますのである程度の話はついていけると思うのですが…。

実はオークションで中古のラケットを購入しました。
出品者様のコメントでは『使用期間は5ヶ月(実使用は2~3ヶ月)、バンパーに傷ありですが、本体には目立った傷も無く、美品』という品物です。
私はこの説明を【バンパー=ヘッド部分】と解釈して、グリップ部分を下向きにしてラケットをみた場合、ガットの上の部分に傷があり、他の部分は目立った傷の無い品物と思い、入札・落札しました。
本日品物を受け取り確認したところガットの上部は普通に使用した程度の傷はあり、それに関しては納得しているのですが…。
その部分以外に、左右両サイド全体(グリップの上にあたる三角の空洞部分以外のすべてのフレーム)にかなり目立つ傷・塗装のはげ・スレがある品物でした。

バンパーと説明を受けた部分を私が間違えて解釈しているのか、それとも出品者の説明が間違っていたのかが分からなくなってしまいました。

バンパーとはヘッド部分ではないのでしょうか?

ちなみにオークションでの添付画像はラケット全体を写したものと、傷がほとんど無いグリップ上の三角の空洞部分(ラケットの型番やロゴが確認できる画像の2枚で、両サイドの傷は確認できない画像でした。)

テニスをされてみえる方、またはテニスラケットを扱うお仕事の方などにお聞きしたいのですが、《テニスラケットのバンパー》といったらどの辺りのことを指すのでしょうか?教えていただきたいです。

当方テニスは学生時代に6年程、部活動などでの経験がありますのである程度の話はついていけると思うのですが…。

実はオークションで中古のラケットを購入しました。
出品者様のコメントでは『使用期間は5ヶ月(実使用は2~3ヶ月)、バンパーに傷ありですが、本体には目立った傷も無く、美品』という品物で...続きを読む

Aベストアンサー

一般的にはバンパーとはフレームフェースのヘッドに
覆うように被せている黒い樹脂製のものです。
フェースの中央にガットの通す穴に連続した細い樹脂製
のものをグロメットと言います。
最近のラケットは上部がバンパーとグロメットが合体して
います。
昔のラケットは連続したグロメットでなく穴一個に対し
一個の樹脂ピース状のものでした。

ガットの通るフレーム部は一般的に窪んでいるので
細長い連続したグロメットが主流となったのです。
フレームの両サイドは盛り上がっているので傷つき
やすいのです。
ゆえにプロテクターテープをヘッド部に覆って貼ったものです。
私の使っているプレステージはフェース全体がバンパー
が被せています。(ヘッドは重くなるが)

今回の場合、バンパーではなくフェース部が傷ついている
と解釈しても良いでしょう。当然はその写真は載せていなく
説明も不確かなので確信犯の悪い出品者ですね。
掛け合っても良いですが、難しいと思います。

参考URL:http://www.tennis-navi.jp/gear/tennisracket/racket_knack/001519.php

一般的にはバンパーとはフレームフェースのヘッドに
覆うように被せている黒い樹脂製のものです。
フェースの中央にガットの通す穴に連続した細い樹脂製
のものをグロメットと言います。
最近のラケットは上部がバンパーとグロメットが合体して
います。
昔のラケットは連続したグロメットでなく穴一個に対し
一個の樹脂ピース状のものでした。

ガットの通るフレーム部は一般的に窪んでいるので
細長い連続したグロメットが主流となったのです。
フレームの両サイドは盛り上がっているので傷つき
や...続きを読む

Qガットを硬く張った方が、飛びが良いという現象について

ハーネットというプリンスのラケットを使用しています。
1本はミクロスーパー1.25を56ポンド、2本目は同ガツトを54ポンドで張っています。
硬く張れば飛ばないと思っていましたが、56ポンドの方が飛びもよく、スピードも有るように感じます。
こういうものなのでしょうか? 54ポンドの方は今日初めて使用したのですが、意外な結果だったので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

一般的に感じることは、インパクトの瞬間にラケット面をぶつける勢いが弱い初心者でも、張りが緩いラケットを使い、ボールをラケット面に長く載せて(時間差)飛ばせばボールは遠くへ飛びます。 ボールと面が当たった瞬間の衝撃が小さく、ラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)する力も小さくなるが、ボールがラケット面に「 長く 」載るために、ラケット自体を振り出したスピードに面がボールを弾くスピードが加わってボールが飛ぶ。 と思います。 つまりボールがラケット面から「 離れる瞬間 」の初速が、ボールの飛びの良さに直結し、ボールがラケット面に「 当たる瞬間 」は間接的な影響になる。 ということになるかと思います。

ところで間接的な影響についてなのですが。
ボールも同じ、ラケットも同じ、その他の条件も同じ(=全く同じ)ものとして考えます。 つまり違いはテンションだけ。
体感として最も違う点は「 ボールが面に載っている時間差 」だと思います。
張りが緩い:ボールが面が当たってから、「 長く 」載るためラケット面を振り出したスピードでボールが飛ぶ
張りが強い:ボールが面が当たってから、「 短く 」載るためラケット面をぶつけた勢いがボールに伝わって飛ぶ
又、「張りが強い」という前提で考えると
1.ボールと面が当たった瞬間の衝撃が大きい
2.ボールのつぶれが大きくなりラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)して、ラケット面を後ろへ弾き、ボール自身は前へ飛ぼうとする力が大きくなる。
3.「張りが強い」ため面がボールを弾く時間差が短い = 短時間でボールを弾く。
ここまでの説明で、「張りが強い」という条件で、ボールがラケット面から「 離れる瞬間 」の初速が大きくなる理由は、「当たった瞬間の衝撃が大きく、ボールの反発も大きく 」なっているにもかかわらず、ボールがラケット面から「 離れる瞬間 」までyqr01666さんの面がボールを前へ飛ばそうとしている事。 ではないかと思います。

ボールにラケット面をいくら強くぶつけても、ボールが面から離れる瞬間にラケット面がボールを加速していないとボールスピードは出ません。 この点ではラケットが重いほうが、衝突の衝撃に面は「負け難く」なると思います。 正しくはラケット面が負け難いというより「グリップ」がボールに負け難い。 ただしラケット面の中央にボールが当たらなかった場合はどうでしょうか。 又、ラケットの重さが大きいと他にどのような影響がでるでしょうか。

試しにyqr01666さんが軽く打った場合の体感として。
「インパクトを弱め、インパクト直後にボールをラケット面で強く引っ張って」ボールを飛ばすと、張りが緩いラケットの方が良く飛ぶのではないでしょうか。 逆に「ラケットをぶつける勢いで飛ばす(=インパクト直後にボールをラケット面で引っ張っらない)」場合は、張りが強いラケットの方が今回のように飛びもよく、スピードも有る(多分、回転も強くかかる)ように感じます。 となるのではないでしょうか。

ここまでのところではyqr01666さんはラケットがハーネットで56ポンドを使う「 打力がある 」ように想います。 しかし56ポンド、と54ポンドでyqr01666さんのラッケト・スイングの軌道・インパクト角度によって「 飛ぶボールの回転とスピード 」が違うわけで、相手コートに良いボールとなるのはどちらでしょうか? 特に、実試合( ボールを待った状態で、勢い良く打てない場合が多い )でどちらが良いかは当然、御本人しか分からない事になると思います。

一般的に感じることは、インパクトの瞬間にラケット面をぶつける勢いが弱い初心者でも、張りが緩いラケットを使い、ボールをラケット面に長く載せて(時間差)飛ばせばボールは遠くへ飛びます。 ボールと面が当たった瞬間の衝撃が小さく、ラケット面から反発(ボールが元の球形に戻ろうと)する力も小さくなるが、ボールがラケット面に「 長く 」載るために、ラケット自体を振り出したスピードに面がボールを弾くスピードが加わってボールが飛ぶ。 と思います。 つまりボールがラケット面から「 離れる瞬間 」...続きを読む

Qレベルの低い人にはYONEXのラケットがおすすめですか?

こんばんは、お世話になります。

テニスをはじめたばかりの時、大型スポーツ店で試打ラケットを借りました。
店員さんに、初心者です…と話をしたところ、3本薦められて借りましたが
すべてYONEXのラケットでした。
3本つかってみてよくわかりませんでしたが、とりあえず一番良いかなと思ったものを買いました。

スクールに通って、クラスも少しずつ上がり、そこで友達になった方のPrinceのラケットを借りたところ、
すごく良い感じがしたのでPrinceのラケットを買いたいと思いました。

最初のラケットを買ったスポーツ店に行き、Princeの試打ラケットを借りたいと店員さんに話しました。
しかし、初中級ですと言ったところ、やはりYONEXのラケットばかり薦められました。
Princeの試打ラケットは上級者向けだと言われました。

やはりPrinceのラケットは上級になるまで諦めたほうがよいのでしょうか?
そして、YONEX以外にはレベルの低い人向けのラケットは無いのでしょうか?

アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなことは絶対ありません。
どのメーカーもできるだけ多くのユーザーに使われるようにまんべんなくラケットを作っています。
それにプリンスはたしか、グラファイトOSという比較的「楽」なラケットで名前を挙げましたし、そこまでシリアスなモデルは出していません。

逆にヨネックスの方がシリアスなラケットを出すことが多いです。

ではなぜ店員がヨネックスを強く勧めるのか?

実は店舗によってプッシュされるおすすめのメーカーが存在します。

なぜそこまでおすすめするかというと、そのお店にとってそのメーカーのラケットは「利益率」が高いという背景がある場合があります。

ですので、客のレベルやプレースタイルと相談…ではなく、上から「このメーカーを売れ!」と言われて販売に力を入れる店舗もあります。

ま、あくまで可能性なので参考程度にお願いします。

あと、自分がいいと思ったラケットを買って気持ちよくプレーしてください。


人気Q&Aランキング