【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

イギリス大英博物館は世界最大の略奪品展示場と言ってもいいのですか?

A 回答 (4件)

そうですね。


収蔵品には大英帝国時代の植民地から持ち込まれたものも多く、その殆どが独立した現在では、文化財保護の観点や宗教的理由から国外持ち出しが到底許可されないような貴重な遺物も少なくないようです。
ロゼッタ・ストーンはエジプトが返還を求めています。エルギン・マーブルは大英博物館が損壊したともいわれています。
他にも、しばしば収蔵品の返還運動も起きています。
『パルテノン・スキャンダル—大英博物館の「略奪美術品」』という本も出版されています。
イギリス国内においても「泥棒博物館」や「強盗博物館」などと批判する人は少なくないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

エジプトに返すしかないですね

お礼日時:2021/09/05 11:12

そういう今の基準だけを念頭に置いた単純な理解では判断を誤ると思います。


発見当時は「見つけた人が持って帰る」のは当たり前だったというのが大きく、それを今の基準だけで見ると窃盗や略奪と思うかもしれませんが、当時の考えでは所有者がハッキリしない物を見つけた人が自由に扱うのは普通・・・というのがあったわけで。

ちなみに第2次世界大戦以降は持ち出された国が持ち出し品を現在所有している所に対して返還を求める・・・というのも一般的になっていますね。

参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

別に責めてるわけじゃないよ

お礼日時:2021/09/05 11:12

昔からそう言われてますね。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

お礼日時:2021/09/05 11:13

まあ世界から「私たちの先祖の作った(or見つけた)ものを返せ!」って言われてるのは確かです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

お礼日時:2021/09/05 11:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング