最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

FTR223に乗っています。
先日信号待ちしていたところ、誤ってエンストさせてしまいました。
そのあとエンジンをかけようとセルを押したところ、「カチッ」といってメーターのディスプレイが真っ暗になりその後エンジンがかからなくなりました。
その時は押しがけでことなきを得たのですが、帰ってからバッテリーの電圧(12.79Vありました)、メインとサブフューズの通電、レギュレーターの断線の有無などを確認したのですが、正常のようでした。
先ほど改めてバイクをばらして配線の接続の有無を確かめたのち再度電源を入れるとメーターのディスプレイに通電が確認できたのでセルを押したところ、また「カチッ」という音とともに電源が入らなくなってしまいました。
原因と自分で直す方法をご存知の親切な方、どうか修理の仕方を教えてください。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

バッテリーにテスター接続した時にごれだけドロップしてるか見れば判りますが、おそらく(内部断線により)バッテリーが死んでると思います



バッテリーは内部で6セル(部屋)に分かれてるのですが、無負荷で6セル繋がってても負荷をかけると断線すること良くあります
    • good
    • 0

バッテリーの寿命。


セルモーターは回転直前に励磁電流と言って、一瞬ですが100A近い電流が必要?。
それを流した瞬間にバッテリーが空になり他の電装品も動きません。
空といっても電解液に触れている電極の表面部分が空。
放置すれば電極内部で化学変化が拡散して表面が活性化して12Vの定格電圧は測定可能です。
寿命のバッテリーも充電すれば12Vは測定可能ですが、ヘッドライトバルブ数秒点灯すれば空になります。
    • good
    • 0

バッテリー交換です。

    • good
    • 1

セルフスタータのヒューズは別のところにある

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング