最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

私が心配することはないのですが、ある人が、仏教の戒を守り、行をし、やがて窮極の目的である解脱に達したとします。
その人は、死後どこへ行くのでしょうか?

質問は、仏教の戒を守り、行をし、やがて窮極の目的である解脱に達した人は、死後どこへ行くのでしょうか?

A 回答 (5件)

知識として知ってる内容では、解脱を達成された方の行く世界はインドの言葉で「ニルヴァーナ」だと聴いてます。



日本語では「涅槃」ですね。煩悩を破壊した状態だそうです。

もしくは、他の魂も解脱へ導くために、まだニルヴァーナには入らないで、輪廻転生を繰り返すそうです。

インドの言葉で「ボーディ・サットヴァ」、日本語では「菩薩」と呼ばれる方々のたどる道だそうです。

解脱し苦しみを滅尽したニルヴァーナに入る方も、解脱しつつも他のために輪廻転生をされる聖者も素晴らしいと思います。

丁度よかった答えやすい崇高な質問、ありがとう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
<日本語では「涅槃」ですね。煩悩を破壊した状態>なのですね。
心安らかに涅槃に入るのですね。
釈迦の入滅を描いた大般涅槃の絵(様子)を思い出しました。

お礼日時:2021/11/02 06:39

輪廻から解脱するわけです。



すなわち、消滅します。
それが究極の願いです。

涅槃は境地であり、場所や、実体ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
<輪廻から解脱>→<消滅>ですね。

お礼日時:2021/11/03 16:56

何処にも行きません。



お釈迦様は、天国地獄など一言も
言っていません。

そんなのは、布教の為に後世の人間が
造ったものです。

だから布教などしない神道には
天国、地獄はありません。
黄泉の国があるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
<何処にも行きません>ですね。
釈迦の教えはそれとして、敢えて問いたのです。

お礼日時:2021/10/31 16:19

それは誰も分かりません。


理由は死後どこへ行ったのか確認する術が無いからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<それは誰も分かりません。>ですね。

お礼日時:2021/10/31 11:31

まず仏教とは何なのか?ということは私はあなたに問いたいです



仏教とは本来釈迦の教えて伝えるものでどうしたら苦なく生きることができるかということです

釈迦は本来、天国とか神様とか死後の世界とかそんな話はしていなかったはずです

今の仏教は釈迦の死後数百年が経ってから僧が己の利益や思想の為に各々に釈迦の気持ちを勝手に代弁したものにすぎません
それが宗派というものです

その各々の宗派の長が、多くの経典、日本で最も有名な般若心経の意味すら解らないのが現状で各々が勝手に解釈をしたものです

そんな物ですのであなたが解釈したものが正しいと思えばよろしいのだと思います

死後の世界など無いので今を生きるというのが私の解釈です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
釈迦の教えはそれはそれとして、敢えて問いたのです。
<死後の世界など無い>のですね。

お礼日時:2021/10/31 11:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング