『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近落語を扱ったミステリ小説を読み、落語に興味を持ちました。

CDを出してらっしゃる方で、初心者でも楽しみやすくて聴きやすい噺家さんを教えて下さい。CDのタイトルや発売元なども、わかる範囲内で良いのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

落語と言うとどうしても歌舞伎と同様に難しい言葉や古い言葉がある為か、敬遠されがちですよね。


上方落語(いわゆる関西の落語)の噺家さんですが、
「桂吉朝」さんをオススメします。
初心者から玄人まで落語情緒を堪能できる数少ない噺家さんの一人だと思います。
CDは参考URLを見て頂けたらいいと思います。

私のブログでも取り上げたことがあります。
参考までに…
「ほんま、チャーチャーと・・・」http://blog.goo.ne.jp/bombaye22/e/881f45adea777b …

参考URL:http://www.toshiba-emi.co.jp/st/rakugo/kichou/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてお聞きしたお名前でしたが、bombaye22さんのブログを拝見してとても興味が湧きました!おすすめとして名前の挙がっていた「地獄八景亡者戯」と「河豚鍋」は是非とも聴いてみたいと思います。

お礼日時:2005/03/15 23:53

CDでオススメ.



 1)五代目柳家小さん 「御慶.強情灸」
 2)三代目古今亭志ん朝「火炎太鼓」「子別れ(下)」
    ちょっと上級なら「文七元結」
 3)二代目桂枝雀   「代書」「宿替え」
 4)六代目三遊亭円生 「寝床」「がまの油」
    ちょっと上級なら「鰍沢(かじかざわ)」
 5)十代目柳家小三冶 「初天神」「大山まいり」
    

 すこし毛色の変わったところで
 1)十代目柳家小三冶 「めりけん留学奮戦記」
 2)春風亭小朝  「ジョークは世界を救う」
 3)三遊亭歌之介 「B型人間」
 4)三代目桂米朝 「いろはにほへと」
 5)柳家喬太郎  「夜の慣用句」
   ちょっと上級には
    三遊亭円丈 「悲しみは埼玉に向けて」

ほかに,5代目古今亭志ん生,立川談志はすべをオススメしますが,聞く人によって好き嫌いがあるかもしれないので,ここにはあげません.
また,林家三平さんは音があまり残っていない上に,
すべて廃盤になってしまっているはずなので,やはりここには書きません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味を持つきっかけとなった本に出てきた噺が挙げられていて、なんだか嬉しいです!ちょっと上級者向けのものまで教えて頂きありがとうございます。いずれこれらの噺も聴きこなせるようになりたいです。
皆さんが下さったご回答を参考に、たくさん落語を聴いてみて、自分のお気に入りの噺家さんを見つけようと思います! 

お礼日時:2005/03/16 00:23

なにがなんでも桂文楽(八代目)と古今亭志ん生(五代目)という昭和の双絶をまずはお聴きあそばすべきです。

飛び抜けた名人であり、全く対照的な芸風でそれぞれに絶大な人気を集めました。と過去形で言う必要はなく、今もそうだし、これからもそうでしょう。鴎外と漱石みたいな二人です。

文楽はいつでもどこでも何度やっても全く同じ、完璧に磨き上げられた語りを一字一句狂わず(実際はほんの少し変動はあったけど)寸秒の違いもなくやってのける(と言われていた)、演目は絞り込まれて少ないんだけど、どれもとにかくもう完璧、これ以上は考えられない、晩年にはもし記憶に裏切られて絶句したときの挨拶まで練習していて、現実に記憶が飛んで言葉が途切れて絶体絶命、それでもかねて準備のその挨拶だけはきっちり済ませて、それで二度と高座に上がらずほどなく鬼籍に入ったという、いったいこれなんと言っていいのか、至高の名手です。生まれて初めてしくじった老人は平伏して、勉強し直して参ります、と詫びて去ったのです。だけどね、堅苦しさなんて毫もない、ほんとに明るくて軽くて色っぽくて楽しい、あーもー、なんとも筆舌に尽くしがたい、二度とこんな人は出ませんよ。

志ん生はね、これはもう一番人気でしょう。この人より面白い噺家なんているはずないですね。そりゃまあ爆笑ってんじゃないですけどね、なんかねえこの人はしっかりと可笑しいです、とにかく。と言って笑わすばかりじゃないんですけどね。ほんと文楽と正反対、無茶苦茶というか天衣無縫というか、呑んだくれで人格破綻してて出来不出来の差は激しかったそうですが、調子のいいときは当たるところ敵なしという手の人で。小林秀雄もこの人が大好きだったみたいで話し方が瓜二つ。こんな人も二度と出ませんよ、と言いたいけど、出そうだった。倅の志ん朝がねえ、もうちょっと生きてたらねえ、なんてことだ、もう。長生きも才能のうちですよね。


とは言いながら、私がいちばん好きな落語家は三遊亭圓生(円生)なんですけどね。この人だって大名人です。露伴に喩えたっていいくらい。まあでも、客観的に見たら、文楽と志ん生のほうが一段か二段、上ってことになるんでしょう。

落語のCD(カセットテープも)は図書館にけっこう揃ってます。二三ヶ所まわれば随分と聴きたいものは聴けると思います。とくに東京なら期待していいと思います。

あとは柳家小さん、桂三木助、林家彦六、を私は愛聴してます。でもまずは文楽か志ん生か、ですよ。間違いなし。聞き合わせるなら落語の広さがわかります。両極ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初心者にとって「まずはこれ」という指南はとても助かります。mannequincatさんの熱烈な推薦文を読むと、やっぱりまずは文楽さんか志ん生さんを聴いてみるのが良いかもしれませんね。面白い推薦文をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/16 00:12

もう亡くなった方ですが、古今亭志ん生さん。


CDはたくさん出てます。古典落語をじっくり楽しく味あえます。同時代の方で、三遊亭圓生さんも、また違った風格があります。

現役ばりばりで個人的おすすめは、柳家喬太郎さん。この方の新作落語が抜群です。噺家さんになるために生まれてきたような方です。

ほんとにいろいろな噺家さんがいるので、最後は聞く人の好みですね。東京あるいはその近辺にお住まいでしたら、ぜひ寄席に行ってみてください。新宿、上野、浅草、池袋、それぞれ雰囲気が違います。特に、池袋は小さい所で人気の噺家さんが出る日は立ち見も出てムンムンする熱気があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は地方に住んでいるので寄席に足を運ぶのが難しく残念です。新作落語は全くの未知の分野ですので、「噺家さんになるために生まれてくたような方」という柳家喬太郎さんの落語が非常に気になります。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/16 00:04

柳家小三冶師匠、春風亭子朝師匠、立川志の輔師匠てとこでいかがでやんす?


そうすると、4月からのTBSドラマ「タイガー&ドラゴン」も見逃せません!林屋亭どん兵衛師匠の落語も早く聞きたいですね。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/TandD/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。このお三方のCDも探してみますね。そしてドラマの情報も助かりました!このドラマは落語を取り扱っていたんですね。知りませんでした。開始が楽しみです。

お礼日時:2005/03/15 23:42

残念ながら故人ですが(人間国宝「桂米朝」さんの弟子だった)「桂枝雀」さんの落語でしょうか。



参考URL:http://www.toshiba-emi.co.jp/st/rakugo/sijaku/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

桂枝雀さんはお名前だけは存じていました(なんといってもこれから落語を聴こうかという人間ですので、この程度の認識しかなく‥‥)。CDを探して聴いてみようと思います。早々に回答を頂きありがとうございました!

お礼日時:2005/03/15 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング