女性作家の推理小説はあまり読んだことが無かったのですが、最近よく読むようになりました。なにかお勧めのものがあれば教えてください。
最近読んだものは、近藤史恵・篠田真由美・若竹七海・松尾由美などの本です。
推理小説家ではないかも知れませんが、女性作家では恩田陸や三浦しをん、高村薫、五條瑛などの作品をよく読みます。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

皆さんが薦めていない女性作家をご紹介します



永井するみ 農業ミステリー『枯れ蔵』や最近文庫化した『ランチタイムブルー』 最近はミステリーより女性心理物が多いです(『ボランティアスピリット』など)

畠中恵 時代物『しゃばけ』や少年ミステリ『百万の手』、今後が期待される新進作家

光原百合 『十八の夏』や『時計を忘れて森へいこう』、暖かい作風が心に染み入ります

青井夏海 寡作ながら『赤ちゃんを探せ』『赤ちゃんがいっぱい』の助産婦シリーズはNHKドラマ化されました

矢口敦子 家族問題や医療ミステリ等幅広い作風の作家です。最近、久し振りに新作が出た作家です

雨宮町子 ホラー系が多い作家ですが『私鉄沿線』『殺される理由』等の短編はオススメ

桐生裕狩 ファンタジー系の『夏の滴』、ノベル探偵の作品もある、これも今後注目の作家(作風は女性っぽいのですがもしかしたら男性かも)

最後にまとめてホラー系女性作家を名前のみご紹介

和田はつ子、春口裕子、新津きよみ、森真沙子

毛色の変わった作家をご所望なら、ピンクのぶたシリーズの 矢崎存美、科学系記憶ミステリの 北川歩美

PS.今回あえてご紹介しませんでしたが(既読だろうとの勝手な判断)、ミステリ・SF・ファンタジー等幅広い作風の 柴田よしき は全作品オススメです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!沢山教えていただいてこれから時間の許す限り読んでみたいと思っています。私も柴田よしきの本はついついは徹夜で読んでしまいますので、50mountさんお勧めの作家の本は今からかなり楽しみです。

お礼日時:2005/03/25 21:30

推理小説と言っていいのかな?とても読みやすい冒険推理小説だと思っていますが(個人的には)



ドロシー・ギルマンの『おばちゃまシリーズ』

はお勧めです

おばあちゃんが、小さい頃からの夢を叶えるためCIAにスパイ志願に行きます
そこからいろいろあって、念願のスパイになり冒険は始まります。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CIAにスパイとはかなり魅かれる設定です。外国の作家の作品は殆ど知らないので参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/25 21:33

読書家ではないので、質問者さまのお読みになった本の傾向と比較した上でのオススメが出来なくて恐縮なのですが…


国内でなくてよろしければ、アガサ・クリスティはいかがでしょうか?
気分転換になるかも、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。アガサ・クリスティだけはなぜか昔に読んだことがあり、好きでした。これを機にまた読み返してみたいなあと思いました。

お礼日時:2005/03/25 21:36

お尋ねの趣旨に会わないかも知れませんが


本格物はやはり英国でしょう。
P・D・ジェームスのシリーズ、リース・レンデルの作品など。
前者は格調の高い構成、後者は人情、心理に富んだ描写に特徴があると見ています。

米国のパトリシア・コ-ンウェルの検死官スカーペッタシリーズは最初頃の作品は検死技術に重点をおいた感じですが、最近の作品では心理描写が巧になってきたように思います。
サラ・パレッキーも有名ですが、最近は女流作家の紹介に力を移し、アンソロジーをいくつか出しています。 この中から好きな作家を捜すのも一策。
これらから英米の国情の違い、考え方の違いを発見するのも面白いですよ。
スエーデンのマイ・シュールバールもお勧めですが・・・  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ほとんど海外のものは読んでいないので初めて聞いた作家ばかりです。パトリシア・コーンウェルの作品はこの中で唯一読んでいるのですが、他にも面白いものはないかなと探そうにも、私にはどれが良いのやらさっぱりわからず、手つかずの状態でした。とても参考になりました。それぞれの作品をさっそく読んでみたいなと思います。

お礼日時:2005/03/19 12:53

女性作家ではただ一人、といっていい本格推理作家の司凍季氏の作品がお勧めです。



女性ならではの耽美的な文章と巧みな構成・トリックはまごうかたなき一級品。
デビュー作の「からくり人形は五度笑う」や「湯布院の奇妙な下宿屋」など傑作ぞろいです。

なぜかあまり話題にならないのが不思議な作家です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。司凍季さんという作家のことはまったく知りませんでした。本格推理物は大好きです。今から読むのが楽しみです。題名からしてなにやら魅かれるものを感じました。さっそく探してみたいと思います。

お礼日時:2005/03/19 12:41

他の方もかかれていますが、私も今宮部みゆきさんと桐野夏生さんにハマっています。



あと簡単に読むのであれば、山村美沙さんいいですね。結構読みやすいのですが、読んでいると意外と株の知識が身に付いたりと結構一般教養にいいかも・・・なんて思っています。

推理小説ではないですが、永井路子さんの作品もいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いよいよ桐野夏生さんを読まねばという気持ちになってきました。山村美沙さんはテレビドラマの原作という印象が強くて読みもせずに敬遠していましたが、良くないですね。読んでみます。
永井路子さんは最近名前を聞いて、ちょっと探してみようかな、と思っていた作家です。どんな作風なのか今はまったくわかりませんが読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/03/19 12:36

恩田陸さんのものを読まれるのなら、加納朋子さんはどうでしょう。

推理小説というよりもファンタジー寄りですが。作中に仕込まれている謎が最後に解けると、ああ~なるほど!って思います。
短編集の「沙羅は和子の名を呼ぶ」とか「ささらさや」←ちょっと泣けます。一応3部作になっている「ななつのこ」のシリーズも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。うっかり書き忘れていたのですが、女性の推理小説を読み始めるきっかけになったのは、まさに加納朋子さんの小説からでした。読みやすくて、優しくて、読んだ後なんだかすっきりしますね。

お礼日時:2005/03/19 12:30

小野不由美さんなんかはいかがでしょう。


お薦めは「屍鬼」「黒祠の島」。

ジャンルは違いますが、十二国記シリーズ(講談社文庫版)も面白いですよ。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私も小野不由美さんは大好きです。なかなか新刊がでないのがつらいところですが。私の周りでは『黒祠の島』より『屍鬼』のほうが色々な意味で良い、という人が多いのですが、私は結構『黒祠の島』も気に入ってます。ラストシーンが明るくて。

お礼日時:2005/03/19 12:23

推理小説といいますか、ミステリーと言う分野ですが。


桐野夏生さんは直木賞作家ですしお勧めです。
代表作「OUT」「柔らかな頬」
OUTは映像化されていますが、是非原作で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これまで名前はよく耳にしていましたが、なにか躊躇いがあってまだ一冊も読んだことがありません。でも映画の方も見ていないので、今なら先入観なしに楽しめそうですね。これを機にぜひ挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2005/03/19 12:15

宮部みゆきさんはいかがでしょう?


ワタシが初めて読んだのはレベル7でした。
そこからどんどんはまっていきましたよー。
彼女作品は昔のものでも古く感じないところがいいデス☆

あと、乃南アサさんの「凍える牙」なんかも♪

また文庫本にはなってないですが、日明 恩 さんの「それでも、警官は微笑う」もよかったと思います。

推理小説とはちょっと違うかもしれませんが、高村薫さんや恩田陸さんはワタシも好きなので、好み的に似ている方かなと思いまして…。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101369 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。宮部みゆきさんの本はまだ2、3作しか読んだことがありません。これを機にまた読んでみようと思いました。乃波アサさんは全然読んだことが無いので、さっそく探してみます。

お礼日時:2005/03/19 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近の若竹七海さん

こんにちは。
若竹七海さんの小説が好きで何冊か読んでいますが、最近は本を出版されていないのでしょうか。
興味のある本は読みつくしてしまったので、新刊出ないかな~と思っているのですが・・・。

・最近の若竹さんの活動状況(もう執筆活動はされていないのでしょうか)
または
・若竹さんの作品が読めるもの(雑誌での連載など)
などご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

参考になるかどうか ↓

参考URL:http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1044542375/l50

Q篠田真由美「建築家探偵」の疑問

篠田真由美さんの建築家探偵桜井京介シリーズが好きでほとんど読んでいます。(蒼が主役のは読んでません)

で、質問ですが桜井京介の母親は亡くなっているようですが、父親はどこで何をしているのでしょうか?

京介は父親を殺して死ぬつもりのようなきもするのですが・・・・

門野貴邦はなぜ彼の面倒を見ているのですか?
(神代宗は教え子だからでしょうか)

こういう事情が書かれていたような気がしませんがご存知の方がいあらしたらお願いします

Aベストアンサー

自分は蒼が主役の作品も含めて、ほぼ全部読んでいます。

ご質問の事柄はまだ作者が書いていない部分でしょう。
京介の心の影(闇)ともいえる部分だと思いますので、
かなり先まで判明しないような気がします。

Q二階堂黎人さん、篠田真由美さんが好きなのですが。

二階堂黎人さんの「二階堂蘭子シリーズ」
篠田真由美さんの「桜井京介シリーズ」が好きで呼んでいます。が、文庫で出ている上記のシリーズはほとんど読み終えてしまい、後は文庫化されるのを待つばかりとなってしまいました。
そこで、上記シリーズのように魅力的な探偵さんが出てくる日本の作家の小説を探しています。
今読んでいるのは、有栖川有栖さんの「46番目の密室」です。いろいろな回答を拝見して、綾辻ユキトさんの「十角館の~」は読んでみようと思っているのですが、他にお勧めの小説があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その系統でいくなら

島田荘司さんの「御手洗潔シリーズ」「吉敷刑事シリーズ」

どちらも非常に有名な名探偵(性格は正反対ですが)。ファンも非常に多く、作品も粒ぞろいです。御手洗シリーズだと『占星術殺人事件』『暗闇坂の人喰いの木』『アトポス』、吉敷刑事シリーズだと『奇想、天を動かす』『北の夕鶴2/3の殺人』などが候補になるでしょうか。


法月倫太郎さんの「法月倫太郎シリーズ」

作者と同名の名探偵が超がつくほどの論理的な推理を展開する、エラリー・クイーンを思わせるシリーズ。長短編どちらも構成やプロットで読ませる作品がそろっています。『頼子のために』や『法月倫太郎の冒険』などがお勧め。


笠井潔さんの「矢吹駆シリーズ」「飛鳥井シリーズ」

矢吹シリーズはかなり哲学的な内容ですが、探偵としての魅力は非常に高いシリーズです。
飛鳥井シリーズは、ちょっとハードボイルドタッチの私立探偵もの。
『バイバイ、エンジェル』や『3匹の猿』などから始めてみてください。


麻耶雄嵩さんの「メルカトル鮎シリーズ」

作品の雰囲気は二階堂さんに似ていますが、アクがかなり強い探偵なので好き嫌いが分かれます。短編向きの探偵と自分で言っているほどなので、『メルカトル鮎と美袋のための殺人』あたりが候補になります。

あたりでしょうか。

二階堂さんのゴシック・猟奇調の雰囲気が好きならば、昔の江戸川乱歩や横溝正史を読み直すのもいいと思います。

その系統でいくなら

島田荘司さんの「御手洗潔シリーズ」「吉敷刑事シリーズ」

どちらも非常に有名な名探偵(性格は正反対ですが)。ファンも非常に多く、作品も粒ぞろいです。御手洗シリーズだと『占星術殺人事件』『暗闇坂の人喰いの木』『アトポス』、吉敷刑事シリーズだと『奇想、天を動かす』『北の夕鶴2/3の殺人』などが候補になるでしょうか。


法月倫太郎さんの「法月倫太郎シリーズ」

作者と同名の名探偵が超がつくほどの論理的な推理を展開する、エラリー・クイーンを思わせるシリーズ。長...続きを読む

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q高村薫作品読む順番のアドバイスをお願いします。

高村薫先生のファンの方にアドバイスをお願いします。

「レディ・ジョーカー」を読んですごく面白かったので
高村さんの作品を全部読みたいと思いましたが
どの順で読むと楽しめますか?
出版順はWikipediaでわかるのですが
果たして出版順に読んでいいものなのかと。
作家によっては出版順が後でも
デビュー前に書いた賞を取った作品が後に改定されて出たものを
先に読んでから出版順などと言われたりあると思うので

ファンならではのお勧めの読み順を教えてください。

※「レディ・ジョーカー」は読みましたので
順番に入れても入れなくてもかまいません。

Aベストアンサー

高村さんの作品でシリーズになってるのは2種類だけだと思います。
■「マークスの山」→「照柿」→「レディ・ジョーカー」
■「晴子情歌」→「新リア王」→「太陽を駆る馬」
「マークス…」シリーズが後に「晴子…」へとつながってくるので、上記6作品はこの順番がいいと思います。

また、高村さんは単行本を文庫にする時に改稿をよくなさいます。
特に「わが手に拳銃を」は文庫化する際に大幅改稿して「李歐」になりましたし、「神の火」は単行本と文庫本は同じタイトルですが、ほとんど別の作品になってます。
これらは単行本と文庫を続けて読みくらべるのも面白いです。

ただ他の作品は独立してますので、特に順番は気にしなくても大丈夫ですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報