プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

以前 たまたまネットで読んだ下記URLの講演記事(USAスタッフォード大学教授アニル・セス氏)によれば、『生命の意識は広大な宇宙意識の一部』であり「死を恐れる必要はまったくない」と最後の部分で述べています。

https://lifeskills.amebaownd.com/posts/3771556

『 個々人の意識はこの広大な宇宙意識のわずかな一部分を占めているにすぎない。人間以外の生物も、すべてが宇宙意識の構成要素となっている。これは、宇宙と個人の意識のどちらが主従ということもなく、あくまでも宇宙の構成要素であり、その意味で死を恐れる必要はまったくない。たとえ生物学的な死が訪れようと、すでに我々は宇宙の一部分であることに変わりはないからだ』と。

自分はこの話を読んで 或る宗教家の話を思い出しました。その宗教家は『我々個々の生命は大海の中で小さな盃に汲み取られたいっぱいの海水のようなものであって この器が壊れて中の海水が大海にこぼれ落ちれば 我々の生命はこの広大な大海の一部となって宇宙の大生命とともに永遠に生き続けるのだから 死は全く恐れるものではない。』という意味の内容でした。

その時思った私の感想はこの教授に対して持った感想と同じです。“宇宙意識の一部”となり“大海の一部”となるからといって どうしてそれで死が恐ろしいものではなくなるでしょうか。少なくとも自分はそんなことはない。当たり前のことではありませんか。我々が死を恐れるのは 個の意識の消滅なのではあり大脳意識の滅落なのではあって 私は当然の事ながら そこにこだわる。一体、この優秀な大学教授は その重大な“あまりにあたりまえな重大な部分”を何と説得しているのでしょうか。

真摯で率直かつ丁寧なご返事をお待ちします。

ps:
“死後の世界”などのスピリチュアル方面は(自分も長年、相当数の書籍は何度も読み 検討を加えてきましたが)今はほぼ信じておりません。

ps2:
«教えてgoo» ■講演『意識とは何か』 質問日時:2022/02/23 関連

教えて!goo グレード

A 回答 (13件中1~10件)

下記、倭寇の風評払拭としても書かれ、原文原典が多く推薦です。


【倭寇 (日本歴史叢書) 石原道博(著)】P.1『明史紀事本末』谷応泰
「倭は勇にしてトウ、甚だしきは生死を別たない。戦の毎にスナワち赤体、三尺の剣を提げて舞い進み、これを能くフセぐ者なし」
尚、原文「倭寇勇而戇、不甚別生死。毎戦輙赤体、提三尺刀舞而前、無能捍者」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な再度のご返信、ありがとうございます。図書館に出向いた折り、探してみたいと思います。

お礼日時:2022/05/25 12:50

本当の善人は恐れる必要性は全くありませんが、



悪魔崇拝者やカルト信者や拝金・唯物・利己主義者の無神論者ら極悪人や悪人にとっては、あの世で恐ろしい地獄が待っているので、

善人以外の悪人の自覚のある連中らは、肉体の死を非常に恐れている連中が多いでしょうな。


人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ち、善行・悪行を行ってきた普通の人々?は霊界の中間である中間層に帰るという事ですね。

天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行い・言動・心の思いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。

付け加えて、この世での経験や思いや行い・言動など以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。

また、覚醒して、地球人類・日本国民の味方として良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、この世で地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力によって飴と鞭による支配構図の鞭である暗殺・冤罪投獄・首・左遷・デマ流し・民事訴訟などによる預金・財産の差し押さえ等で潰されて地獄のような経験をしようが、肉体の死後には霊界の上層である天国に向かい入れられるのも当然なのです。

これとは真逆で、地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力やこの手先や、これらに加担する闇の勢力の家畜・奴隷に成り下がっている人々が、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。

たとえ、洗脳されて、悪政・悪行・犯罪などに加担させられている事に気づかなかったとしてもです。

地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力に加担させられている事にも気づかずに、地球人類・日本国民の味方を陥れたり被害を与えても、地球人類・日本国民の味方を潰す蛮行に加担した人々は特にですがね。

わかりやすく例えれば、イエス・キリストの迫害・磔に加担した人々ですね。



また、覚醒し日々改心し良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、肉体の死後に霊界の上層である天国に向かい入れられるのは当然ですし、

真逆で悪魔崇拝者や悪魔崇拝者の手先でもあるカルト信者や無神論者・拝金主義者・唯物主義者・利己主義者(自分さえ良ければ他人がどうなろうが社会がどうだろうがどうでも良いと考えている人々)や金・物・欲望の奴隷である社畜・国畜・イエスマンらが、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。



また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで後悔し苦しみ漂い続けます。

それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。

これらを世のため人のため・人々の幸福のためなどに善用した人々が、霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。

霊界の下層の地獄で長い間反省し続けた元悪人の人々が、中間層に戻り、中間層で過ごしていた人々も含め、この世に生まれる必要があると思えば(カルマを償う事も含めて)現世に生まれてくるという輪廻転生を繰り返すのです。

下層の地獄で反省しない悪人ほど、下層の地獄に居続けるという事ですね。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。

そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。
「■死を恐れる必要は皆無??」の回答画像12
    • good
    • 0

死を恐れなかったら大概の人は死んでしまって 意識は戻らなですねえ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは言えますね。

お礼日時:2022/05/25 12:52

考えるに、この教授は単なる唯物論者であって、死後の肉体は物質に帰するだけであって、恐れたところで何にもならん。

死の恐怖とは、楽しい美しい汚いと一緒の相対的な感情(錯覚)であると、言っているだけです。結果、死後の世界は有るのか、無いのか。この大問題に対して、無いと断定し、宇宙の一部と言い切ります。しかしながら、この考え方では、生きて居る今も、宇宙の一部なので、生も状態変化でしかく、生きる意味も無いことになる筈です。

本当に、死後の世界は無いのか。無いという証明は難しく、結果的に、有ると言い切る事に対して、無いとは断言できません。
逆に、死後の世界が有って、それを信じ切る事ができれば、死の恐怖は無い筈です。歴史を見ると、約1千年前の倭寇全盛期、中国人が倭寇を捕まえて調査した記録があります。それには「倭寇とは・・・甚だしきは生死の別なし・・・・」とあります。つまり、昔の日本には、生も死も関係ない境目の無い人間が居た事になります。当然に、死の恐怖などある筈もなく、お先に行って待ってますと言う、死を左程恐れない日本人倭寇が居た事になります。
更に、逆を見ると、この日本人倭寇がもし死後の世界が無いと思っていたならば、当然に死の恐怖があった筈です。それは、自分の存在が無くなる不安から現れる、恐怖というものでしょう。
つまり、この教授は、死への恐怖を述べたのでは無く、人間の存在意義の無常さを、述べているだけと考えます。死後の世界が無いならば、人はその存在が喪失する不安を持って当然です。だから宗教では、死後の世界を説くことで、生の世界への心的充実感を持たせると思います。

p.s.この教授の哲学では、人は歴史・文化・民族を捨て堕落する様に思われますが・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご長文、ありがとうございます。不明な部分もありますが この教授の論説には総じて否定的なご様子ですね。自分もご返事を参考に後日、読み見直してみるつもりです。しかし倭寇のお話は興味深く 別件ですが後日、図書館で何冊か借り出してみたく思いました。

お礼日時:2022/05/24 02:39



この歌に出てくる
私にならねば
なあと思います。
お互いに
難題ですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>お互いに
  難題ですか。
  
 難題です。僕にはとてもそんな境地には程遠く無理だからです。

こうした考え事をしていると内容からして気が滅入ってしまうことがあります。そうした場合 僕は、独り高性能のヘッドホンでお気に入りの曲を何かYoutubeから引き出して気分を一新します。

https://www.youtube.com/watch?v=bTRr7W5ROv0&list …

お礼日時:2022/05/24 00:54

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いい歌だと思いますが «美川憲一»は、この一曲、この映像しか僕の中にはないので・・・・すみません。

https://www.youtube.com/watch?v=k1Th0_Pq9Jg

お礼日時:2022/05/24 00:37

人間は、「死ぬ」生き物です。


しかし、「死ぬ」までは、「生存本能」によって、
「生きる」生き物です。

それを、素直に認められないから、宗教にすがったりします。

「この世から、消えてしまう事」は、許容できないから、
「あの世」を創造してしまう。

取り分け、西洋のキリスト教文化は、その傾向が強い。
自然さへ「従わせようとする」精神構造の連中だ。

私は、人間の「完成形」が「死」だと、思っています。
「生存本能」に従って、一生懸命生きて、よぼよぼになって、
恍惚の中で、「死ぬ」事さへ解らなくなって、死ねたら、
いいと思っています。

勿論、あの世なんて信じていないので、物理現象、
化学現象として、生まれてきて、寿命が来て、死ぬなら、
素直に受け入れようと、思います。

宇宙の意識が何たら言ったところで、「屁のツッパリ」にも
なりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文、ありがとうございます。全文、しっかり読ませてもらいました。末尾のご同意、うれしく覚えました。我々一般人だって高名な大学教授であろうと それがどれほど緻密に体系付けられていようと 重大な胡散くささは直感的に見破る能力はあるのです。

お礼日時:2022/05/23 22:02

別に恐れる必要はないけど、本当に名残惜しいね。

    • good
    • 0

ヒトには「分からないから怖いが、分かれば怖くなくなる」と言う心理面があり


英・サセックス大学の神経科学部教授であるアニル・セス氏はその心理面を踏まえてロジックを構築されてます
つまり同氏は「死んだらどうなるかわからないので怖いんでしょうが、死んでも宇宙の一部に変わりがないつまり死んだらどうなるのかが分かったから怖がることは無い」と主張していると言うことです。
とは言え同氏のその主張がわからなければ結局は死後どうなるか?わからない事に変わりありませんし、死を恐怖する理由はそれだけじゃないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>> 死んでも宇宙の一部に変わりがないつまり死んだらどうなるのかが分かったから怖がることは無い」と主張していると言うことです。

もう一度 改めて講演内容を読み直してみますが それで回答者さんご自身はどうなのですか?主張を理解し、受け入れて怖くはなくなりましたか?

>>死を恐怖する理由はそれだけじゃないですね

回答者さんにとっては具体的にはどういう理由ですか?
_________________________________

ps:イギリスの方だったんですね。間違えて記憶していました。

お礼日時:2022/05/22 14:26

大学は学びたいから通うのではなくて、条件のいい会社に勤めたいから。


馬鹿だな。


人間は未知のものに対して恐れあるいは敵対心を持つ。
死は未知ものである。死を恐れて当然である。
その教授は自分の考え酔っているんだよ。凡人によくあることだ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング