出産前後の痔にはご注意!

結婚を機に、以前から使ってみたかった
フィスラー社のフライパンを購入しました。

ステンレスということで、使用するときには十分温めるなどの注意を受けたのですが、
どうしても焦げ付かせてしまいます(泣)…

もちろん上手くいくときもあるんですが、
ハンバーグはほぼくっつきます。

焼そば、炒飯は麺やご飯の膜が覆いかぶさります。
餃子は焼くまではいいのですが、水を入れ蒸したりするとくっついてしまいます。

洗うときはかなり手荒に扱っても大丈夫なんですけどね。
あたしには無理なんでしょうか??いい方法があれば教えてください。

あと、油を引くタイミングが悪いのでしょうか?
時々、ひいた油が焦げ付いたりするときもあります…
(これが結構落ちにくいんですよね~)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

使い方はdontamaさんのアドバイスで良いと思います。


使った後の洗い方なのですが、鉄製と同様で食器用洗剤で洗うとなじんだ油がなくなってしまいますので、軽く熱を通して洗剤なしで洗うとくっつくにくくなるでしょう。扱い方は鉄のフライパンとほぼ一緒で良いと思います。ただステンレスのフライパンは使いこなすのは非常に難しいと思います。
余談ですが、もともとフィスラーはドイツのメーカーです、ドイツの料理では米や麺を焼く習慣はあまりないので(どちらかというとスープと一緒に調理する)日本の料理に全て対応するのは難しいですね。
一枚肉などはフィスラーのもので良いと思いますが、炒飯や焼きそばなどは、フッ素樹脂加工のいため鍋やフライパンという感じで、使い分けるのが近道だとおもいますが・・・。
一応フィスラーは私の同業です。的はずれな答えですみません。
    • good
    • 4

私はフィスラーのフライパン大好きです。


ずっと憧れててやっと手に入れました。
好きなプロのシェフもよく使っているので…。
フッ素加工は便利だけど、ぬるい感じがして、それに寿命もあるし。
IHかガスかによっては初めの温めは異なると思いますが、私はガスで24cmのフライパンを持ってますが、中火で4分は何も入れないで温めます。4分って長いですよ~初めはタイマーで計ってみてください。
水滴を落としてビーズのように水滴が転がり、なぜか蒸発しないでいつまでも鍋の中で転がってます。
で火を止めてからオイルを入れます、この時に鍋中の縁に油の波模様が縦に入れば(ポイント)OKです。それから濡れ布巾に10秒くらいのせて調理します。全くくっつかないですよ。
くっついてしまうのは初めの温めが不十分か、火が強すぎるかです。でも汚れてもクレンザーと金タワシでガンガン磨いちゃってます。プロ使用だから丈夫なのも良いです。
私は天ぷら揚げたり、魚煮付けたりもしてます。
鉄だと錆びるし、手入れも大変、魚煮るなんてとんでもない。ステンレスは清潔でスキです。是非使いこなして欲しいです。頑張ってください。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

本当にお礼が遅くなってしまい、
申し訳ございません。
謝っても謝りきれません~~(>_<)

フライパンの使い方は、店員さんによくきいたつもりでしたが、
まだまだ理解不足ですね~。
4分ですか??うちはせいぜい2分でした…
油の波模様が縦???
よく観察してみます。

最近は少し上手になってきたみたいです。
うちも煮魚します。いいですよね。
2人分の煮物ならフライパンで十分ですもんね。

炒飯も大丈夫ですか??
餃子はどうされてますか???

汚れ…クレンザーで落としきれないこげをつくってしまいました。
「そのうちこすればいいか~」と、こげの落としきらずにいたせいでしょうかね。

すごく参考になりました。ありがとうございます。

お礼がおくれてすいませんでした。

お礼日時:2005/05/24 16:51

私も同じ経験をしました。


フタだけでも5千円とかするのに、使いこなせず、無駄な買い物をしたかも・・・・と思いました。

でも、デパートの売り場の人にアドバイスを受けて、今ではだいぶん上手に使いこなせるようになりました。


ご存知だとは思いますが・・・・
(1)フライパンが充分温まったら、火を止めて油をなじませます。
(2)濡れ布きんに乗せるなどして少し温度をさげます。
(3)具材を入れて調理を開始します。

でも、この通りやってもなかなかうまくいかないんですよね。


ポイントは、
(1)具を入れてからは中火以上にはしないこと。
(2)材料をすぐにひっくりかえしたりしないこと。
の2点だと思います。

実際何度かやってみないと加減がわからなかったりしますが、だんだん加減がわかってくると思います。
ということは、ポイントその(3)は
『せっかく高いフライパンを買ったのだから、使いこなせるようがんばる!』
ということになるかもしれません。
(私も焦げ付かせたりしながら、加減を覚えました)

でも、どうしても、フィスラーのフライパンと相性の悪い料理もあるように思いますので、それは
他のフライパンで作るようにしています。

それから、
フィスラーの売り場で『ステンレスフライパンの使い方』というリーフレットをくれますので
まだお持ちでなかったら、是非もらってください。
そこに、今回書いたようなことが書いてあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も無駄な買い物をしたかも…と一人悩んでいました。
店員さんのアドバイスを守っているつもりでも、
つい、濡れふきんで温度を下げたりしないこともあったし(めんどくさいですよね~)、再び温めるときに中火以上にしたりと、
いい加減なこともよくしていました。

>どうしても、フィスラーのフライパンと相性の悪い料理もあるように思いますので

そうですよね!餃子なんて難しいですよね、水入れる場合。
なので、手ごろなテフロン加工のフライパンを購入しようかと思います。
使い分けですよね。決してフィスラーから逃げてるわけじゃないですよね(笑)

昨日は肉じゃがをフライパンで作りました。カレーもよくつくります(2人だから十分)。ちょっと煮込んだりする料理とにはいいですよね。

私もフィスラーを「いいフライパン☆」と自慢したいので、
使いこなせるようにがんばります!

本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレスフライパンで焼きそばを上手に作る方法

ステンレスのフライパンで焼きそばがこびりついて上手に作れないんですが
どういう風にやるのがいいんでしょうか。

鉄のフライパンで作っても少しこびり付くんですが、ステンレスだとかなり酷くて
そばの1/3くらいはもう駄目になってしまいます。

ステンレスフライパンは高温の調理には向いてないでしょうか。

Aベストアンサー

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これを怠って冷蔵庫なんかを往復していると焦げ付きます。
2,フライパンを熱して,油を多くして(最低でも今の倍ぐらい)少し煙が出るくらいまで熱して。待ってる間に麺をほぐして。
3,肉を入れてくっつかなくなる程度火を通し,野菜を入れる。
4、キャベツ(もやしが水分多く出ますのでお勧め)を入れると水が出てきますからそこで,弱火にして具材の上に麺投入。蓋をしちゃって下さい。慣れたら蓋や水はいりません。あとは混ぜつつ調味料入れるだけ。

慣れると野菜をしゃっきりさせたい!とか欲が出るはず。
やっている内に自分なりの手際が出来るでしょうから,蓋をしなくても自然と出来るようになると思いますよ。
色々楽しんで下さい。

ところでフライパンを撫でてみて下さい。
黒い焦げが残っていたり,ザラッとしてませんか?そこから焦げ付きやすくなります。
その時は,ナイロンスポンジかスチールウールに目の細かいクレンザー使って軽く撫でるように,しっかり落として下さい。
鉄も一緒です。
意外と今時の樹脂加工が焦げ付きだしても,下地が出てなければ割と復活します。

細かい傷は平気です。
その程度で表面がどうにかなるぐらいなら,鉄のへらなんか使えません。
わざわざ油がのるように,鉄だとファイバーライン加工やエンボス加工してある物も有るぐらいですから。
ステンレスだと多層でしょうから,そういった加工は普通しませんが。
ステンレスで細かい傷が気になるなら,ピカールでも使って磨いて下さい。

なぜか樹脂加工も鉄も使った後に洗剤使うな!と良く言いますが,カスが残っていると焦げ付きやすいので普段から洗剤付けてしっかり落として下さい。
洗剤使った方がナイロンたわし使っても攻撃性が低いです。
普通,説明書きにもちゃんと書いて有りますが、都市伝説みたいな物ですかね。
その後火に掛けて水気飛ばして薄く油塗っておくと良いですよ。

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これ...続きを読む

QビタクラフトとWMFの鍋、オススメは?

近々結婚することになり、両手鍋と片手鍋のセットを購入したいと思ってます。
探してみたところ、ビタクラフトとWMFの二択で悩んでおります。
下記、悩んでいるセットなのですがどちらがお勧めでしょうか?

・ビタクラフト
全面5層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手ナベ1.7L(17cm、深さ8.5cm)
- 両手ナベ4.0L(21cm、深さ11.5cm)
http://item.rakuten.co.jp/fresca/3410080-81

・WMF
底面3層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手鍋  1.5L (16cm、深さ13cm)
- 両手鍋(1) 2L (16cm、深さ15cm)
- 両手鍋(2) 2.5L(20cm、深さ15cm)
- 両手鍋(3) 5.4L(24cm、深さ18cm)
http://item.rakuten.co.jp/kai/018wf9344

見た目はどちらもオールステンレスで似ているのですが、全面5層構造と
底面3層構造では調理の際に大きな違いがありますか?
WMFのセットの方に惹かれているのですが、層による違いが大きいなら
ビタクラフトにしようと思ってます。

両社ともステンレスのフライパンが付いたセットもあり、その方がお得なので本当なら
そちらを購入したいところですが・・・お料理初心者なので、うまく使いこなせるか不安です。
なのでフライパンだけはフッ素樹脂のものを別に購入しようかと思ってます。
(それともステンレスのフライパンでも調理は難しくないでしょうか?)
圧力鍋は持っています。

いろいろと質問してしまいましたが、アドバイス頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

近々結婚することになり、両手鍋と片手鍋のセットを購入したいと思ってます。
探してみたところ、ビタクラフトとWMFの二択で悩んでおります。
下記、悩んでいるセットなのですがどちらがお勧めでしょうか?

・ビタクラフト
全面5層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手ナベ1.7L(17cm、深さ8.5cm)
- 両手ナベ4.0L(21cm、深さ11.5cm)
http://item.rakuten.co.jp/fresca/3410080-81

・WMF
底面3層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手鍋  1.5L (16cm、深さ13cm)
- 両手鍋(1) 2L (16cm、深さ15cm)
- ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

この選択肢ならビタクラフトをオススメします。
ただ
両方持ってて使い比べてはじめて実感するだけで
一方しかなければ違いは実感できないわけですから、
惹かれているほうを買うのが一番だと思います。

気に入った道具を使うと調理に意欲が湧きます、私の場合。


まず
3層、5層にかかわらず
多層鋼は“底面”だけのものより“全面”のほうが熱効率いいです。
特にガスでなくIHクッキングヒーターをご利用ならば
どこのブランドのものでも全面多層鋼を選んだほうがいいと思います。

あと
蓋について、
ビタクラフトは蓋より鍋のフチのほうが径が大きいので
鍋が温まると、蓋がピタッと吸い付く感じになります。

WMFは鍋本体の重さに対して蓋が薄くて軽いです。
私が使い方を間違ってるのかもしれませんが・・・
沸騰すると蓋がカタカタいいだします。湯沸しには便利ですけど。
ビタクラフトに比べて出来上がりに差があるので煮込み料理や炊飯のときは使わなくなりました。


最後に
ステンレスのフライパンについてですが
ビタクラフトのメーカーサイトに記載されている通り、よく熱してから使えば焦げ付きません。
鍋のように煮炊きしたり、
空焚きのような使い方をしても安心なのでフッ素樹脂加工のものと使い分けています。

でも、
見た目はWMFのほうが好きです。
調理器具を扱ってる大型ショッピングセンターや百貨店など
ご自宅近くで実物を見られてからネットでご購入されたほうが後悔しなくていいかもしれません。
(同じブランドならシリーズが違っても大きな差はないと思うので)


ご参考になれば幸いです。

こんにちは

この選択肢ならビタクラフトをオススメします。
ただ
両方持ってて使い比べてはじめて実感するだけで
一方しかなければ違いは実感できないわけですから、
惹かれているほうを買うのが一番だと思います。

気に入った道具を使うと調理に意欲が湧きます、私の場合。


まず
3層、5層にかかわらず
多層鋼は“底面”だけのものより“全面”のほうが熱効率いいです。
特にガスでなくIHクッキングヒーターをご利用ならば
どこのブランドのものでも全面多層鋼を選んだほうがいいと思います。

あと
蓋につい...続きを読む

Qバイオタン・ルールどちらのフライパンがオススメ?

深型フライパンの購入を検討中です。有害物質・長期使用の観点から、バイオタンかルールに
しようと思っています。この2つのフライパンについて、使用感(特に長期使用)や良い点悪い点を
教えてください。

 ・テフロン加工は有害物質が流出すると聞き、安全なフライパンを探したところ、この2種類の
  フライパンにたどり着きました。

 ・スイスダイヤモンド・スキャンパンも検討しましたが、バイオタン専門店での耐久度比較から
  バイオタンが優れているとのテスト結果を見てバイオタンに心が動きました。

 ・深型フライパンを探しています。

 ・炒め物をよくします。鶏肉などを甘辛く絡めるときには強火にしています。

 ・家事に時間をかけたくない派なので、例えば鉄鍋などのような手間がかかることは出来ません。

 ・ネットの口コミは、使ってから数ヶ月のものが多く、長期使用をした場合の焦げ付きや使用感が
  どうなのか気になります。

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

バイオタンかルールのフライパンどちらがいいか?
両方共に良いフライパンですが、甲乙付けるとすればバイオタンが多分上でしょう。

ルールのフライパンはGSW Gaenzeの製品かと思われます。ダイヤモンド・ナノコンポジット・コーティングはスイスダイヤモンド社で開発されましたが、ダイヤモンドコーティングの耐久性に問題があり、最近ではチタンコーティングに逆戻りしています。一方、ルールのフライパンもダイヤモンド・ナノコーティングをうたっています。これら2社の製品を比較してみて、本体の形と柄はスイスダイヤモンドとルールは全く同じであることに気付かれた人は少なからずいらっしゃると思います。コーティングの見栄えや色は比較的簡単に変えられるものです。このような比較をすると、スイスダイヤモンドとルールは同じ工場の製造設備を使って作られている可能性が高いです。フライパン業界ではブランド名だけ変えてOEM生産されている場合が多いからです。又、コーティングのみコーティング専門会社に外注する場合が多いです。

バイオタンサイトのページの下の方にあるコーティング比較表:
http://eurokitchen.jp/SHOP/GSTFRP17226A.html
にはGSWやルールは掲載されていませんが、バイオタンとスイスダイヤモンドは掲載されています。この表に掲載されているメーカー、ブランドはヨーロッパで著名なものばかりです。性能が優れているか、知名度が高いかのどちらかです。GSWは大きな老舗の金属加工メーカーですが、ブランドとしては表にあまり出てきません。ルールのコーティングは御影石状の表面なので、スイスダイヤモンドのコーティングと見掛けは少し違いますが、性能的にスイスダイヤモンドの延長線上に位置すると考えられるので、バイオタンとルールの性能の差はこの表のスイスダイヤモンドとの差に近いと思われます。

私はバイオタンの愛好者ですでに3年使っています。8年前スイスダイヤモンドを使ったことがありますが、約1年半でコーティングがだめになりました。ルールはまだ使ったことがありませんが、スイスダイヤモンドの延長線上にあると考えられるので、改めて使う気にはなれません。

バイオタンサイトの表を見てもその耐久性を比較すると、スイスダイヤモンド34~42点、バイオタン14~22点。点数の少ないフライパンほど耐久性の高いコーティングなので、軍配はバイオタンだと思います。

参考URL:http://eurokitchen.jp/hpgen/HPB/entries/2.html

バイオタンかルールのフライパンどちらがいいか?
両方共に良いフライパンですが、甲乙付けるとすればバイオタンが多分上でしょう。

ルールのフライパンはGSW Gaenzeの製品かと思われます。ダイヤモンド・ナノコンポジット・コーティングはスイスダイヤモンド社で開発されましたが、ダイヤモンドコーティングの耐久性に問題があり、最近ではチタンコーティングに逆戻りしています。一方、ルールのフライパンもダイヤモンド・ナノコーティングをうたっています。これら2社の製品を比較してみて、本体の形と柄はス...続きを読む

Qステンレスのフライパンで卵料理

ステンレスのフライパンはくっつきやすく焦げ付きやすいものなのですが、友人の主婦はうちと同じフライパン(ビタクラフトのテフロン加工もしてないステンレスパン)でオムライスとか卵焼きとか作るらしいのです。卵料理以外にも、焼きそばや焼きうどんなどもこのフライパンで作ってしまうそうで、相当焦げ付くのかと思いきや、鉄よりはやりにくいけど、それほどはくっつかないとのこと。

僕はこのフライパンで作ると、とにかくくっついてターナーで剥がし剥がしの大忙しで、出来たものはオコゲまじりのぐちゃぐちゃ。フライパンもガビガビの悲惨な状況。鉄のフライパンだとくっつかないので上手く作れるんですが・・・

その友人にコツを教わったところ、弱火でやるぐらいで別にとくにコツは無いと思うけど、というお答え。僕も弱火でやってるんですけどね・・・。ちなみに実家の母親もステンレスのフライパンで卵焼きとか作ってたように思います。

やはり主婦のテクニックはそれほどに卓越したものなのでしょうか。僕も料理は好きでいろいろやるんですが、どうしてもステンレスパンで卵料理や焼きそば焼きうどん等は、何度やっても上手くいきません。鉄だと簡単なのに。

それなら鉄のフライパンで作ればいいじゃん、と思われると思いますが、なんといいますか料理好きとしては悔しいんですよ。彼女たちに出来て僕に出来ないわけはないと思うのです。
どなたかステンレスパンで卵料理や焼きそば等を作るコツを教えてください。
お願いします!

ステンレスのフライパンはくっつきやすく焦げ付きやすいものなのですが、友人の主婦はうちと同じフライパン(ビタクラフトのテフロン加工もしてないステンレスパン)でオムライスとか卵焼きとか作るらしいのです。卵料理以外にも、焼きそばや焼きうどんなどもこのフライパンで作ってしまうそうで、相当焦げ付くのかと思いきや、鉄よりはやりにくいけど、それほどはくっつかないとのこと。

僕はこのフライパンで作ると、とにかくくっついてターナーで剥がし剥がしの大忙しで、出来たものはオコゲまじりのぐちゃ...続きを読む

Aベストアンサー

私もあまり意味が無いと思いますが、
どうしてもステンレスでやるというなら、
もっと弱火で、
尚且つ均一に火が当たるもので、
加熱するに尽きるでしょう。

その他考えられることは、
質問者のフライパンが、
既に傷だらけになってしまっているということが、
挙げられます。

ステンレスの熱の伝わり難さは、
実感として我々が抱いている以上に、
スザマジイものです。
まったくもって、
フライパンに向いている素材ではありません。
それで多層構造にして、
中にアルミや銅を巻き込んでごまかしているのです。

そうそう、予熱もしてはいけません。
空焼きは部分的に高温になる原因です。

Q皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ず...続きを読む

Aベストアンサー

#4です

私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。

Qフライパンの大きさは?26or28

フライパンを購入しようと思っています。
家族は3人です。(ゆくゆくは4人になるかも!?(笑))

人の好みによりけりだとは思うのですが教えて下さい

今までは26センチを使っていたのですが、レシピによっては少し小さいかなと感じる事もあります。
今回28センチにしようかと思うのですが大きすぎて使いにくいと言う事はありますか?

皆さんお使いのフライパンは何センチですか?
又26か28センチのどちらかを購入するとしたらどちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

私は今一人暮しです。
そしてゆくゆくは5人が希望です(うふ)

私は28cmのフライパンです.
大きくて使いにくいと思った事はありません.
このフライパンで私がしていることは、
・ほうれん草等々青葉モノの茹で
 (少ないお湯で簡単に出来ます)
・魚の煮物
 (いわしもカレイも形崩れなく出来ます。何より取りやすい)
・油を入れてサンマのから揚げ
 (頭を取ると丸ごと出来ます)
・ポテトチップ
などなど裏技的な事もしますし、
チャーハンや油いためも具材に接する面積が広いので
火の通りが速いと思います.
逆に30cmにすればよかったなと思っているほどです.

あ、1つだけ。
あんかけ作る時焦げやすいのでその時は鍋で作っています.
あ、もう1つ。
オムレツもちょっと大きすぎるのでこれも鍋で作っています.

poteto88さんのメイン料理が何かわかりませんので断言できませんですが、和食が多いのであれば断然大きいのがおすすめです.

QIH + ステンレスパン + 焼きそば、スクランブルエッグ

お世話様です。

最近新築してIHコンロになりました。合わせて鍋やパンも全てステンレス製にしました(ジオプロダクト)。

ところで、何度やっても失敗する料理があります。

1つ目が焼きそばです。

こんな手順でやっています。

・フライパンを中火で充分余熱(適温計を利用)
・油を投入
・さらに1分くらい油を熱する
・野菜投入
・炒める
・野菜を上げる
・油投入
・そば投入
・炒める
・水投入
・炒める
・パンにそばがはりつく
・再び野菜混ぜる
・ソース入れる
・焦げ付く
・出来上がり

もう一つ上手くできないのがスクランブルエッグ

・フライパンを中火で充分余熱(適温計を利用)
・油を投入
・さらに1分くらい油を熱する
・卵投入
・すぐパンに卵が張り付く
・一応混ぜてみる
・焦げ付きそうなので弱火に
・さらに混ぜる
・スクランブルエッグじゃなくて、そぼろ卵の出来上がり

餃子も上手く行きませんが・・・

ステンレス製の鍋類はかなり具合が良いんですが、フライパンがどうにも上手く使うことが出来ずに困っています。

張り付いたり焦げ付いたりするのは余熱温度が低いんでしょうか?それ以上予熱すると、フライパンの底が焦げてくるので、ちょうど良いくらいまで予熱しているつもりなんですが・・・・?

教えて頂けるとありがたいです。

ちなみに、引っ越し前はテフロン加工のフライパンとガスコンロでどれも上手く作ることが出来ていました。
焼きそば、餃子は時々焦がしたかな~?でも、とき卵は完璧に出来たのに・・・勝手がわからず悔しいです。

お世話様です。

最近新築してIHコンロになりました。合わせて鍋やパンも全てステンレス製にしました(ジオプロダクト)。

ところで、何度やっても失敗する料理があります。

1つ目が焼きそばです。

こんな手順でやっています。

・フライパンを中火で充分余熱(適温計を利用)
・油を投入
・さらに1分くらい油を熱する
・野菜投入
・炒める
・野菜を上げる
・油投入
・そば投入
・炒める
・水投入
・炒める
・パンにそばがはりつく
・再び野菜混ぜる
・ソース入れる
・焦げ付く
・出来...続きを読む

Aベストアンサー

ジオプロダクトの鍋は使ったことがないのですが、ビタクラフトを使っています。ステンレス多層鍋です。ジオプロダクトも確か多層鍋ですよね?ステンレス多層鍋は普通の鍋とは火加減が大分違いますよ。
ビタで炒めものをする時に、やはり焦げ付くことがあります。それは予熱後そのまま材料を入れてしまった時です。
正しい使い方は、中火で予熱をしてちょうどよい温度(ビタの場合は水を爪の先ほど入れて、水が玉になってコロコロと転がったら)になったら、火をごく弱火にします。その後はずっと弱火です。多層鍋は熱を蓄える力があるので、ずっと弱火で調理できるのです、それが利点です。
予熱するのが終わったら火を弱めないと、加熱しすぎになって入れたものが即焦げ付きます。スクランブルエッグの方はこれが原因ではないでしょうか?油を入れたあと1分加熱も長すぎるような…。たぶん高温すぎるのだと思います。
焼そばの方はそばを入れた段階になってはりつくのですね?そばはたたでさえ鍋にくっつきやすいです、でんぷんなので。鉄のフライパンでも。これもたぶん火が強すぎるのでは?野菜はそれ自体に水分があるので、多少は大丈夫でしょうが、そこまでのプロセスで極限まで熱されているところに、そばを入れるので焦げ付くのでは。最後に野菜やソースを戻すのも火を止めた状態で鍋の余熱程度で十分だと思います。それぐらい熱を保つのです。
使用説明書などあれば、ちょっと見てみてください。温度が上がったらあとはずっと弱火、これが基本です。
もし、すでにこのようにしているのだったら、全く的外れなので、ごめんなさい。

ジオプロダクトの鍋は使ったことがないのですが、ビタクラフトを使っています。ステンレス多層鍋です。ジオプロダクトも確か多層鍋ですよね?ステンレス多層鍋は普通の鍋とは火加減が大分違いますよ。
ビタで炒めものをする時に、やはり焦げ付くことがあります。それは予熱後そのまま材料を入れてしまった時です。
正しい使い方は、中火で予熱をしてちょうどよい温度(ビタの場合は水を爪の先ほど入れて、水が玉になってコロコロと転がったら)になったら、火をごく弱火にします。その後はずっと弱火です。多層...続きを読む

Qフライパンを熱してから油をひく原理

フライパンの使い方の常識として、「熱したフライパンに油」というのがあります。
油を入れてから熱するのと、原理としてどうちがいがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研磨剤つきのたわしでゴシゴシこすって、キッチンペーパーで水気をざっとふき取り、そのまま10分程度自然乾燥させた鍋を用意しました。火にかける前に油を投入し、よく鍋を熱してから材料を投入しました。鍋表面は火にかける前にあらかじめ油で覆われているので、酸化膜の形成はある手程度阻害されているはずです。結果は・・・、全くくっつきませんでした。

したがって、私の仮説はウソだということがわかりました。もしかすると、鍋さえ熱ければ油の有無とは関係なく十分な酸化膜が形成されるので、実際上は油を引く前に酸化膜を形成させることに神経を使う必要はないということかも知れません。

いずれにせよ、この結果は、材料を投入するときの鍋の温度が重要であることを示唆しています。そこで、もっと厳しい条件にするために、鍋を徹底的に洗った上で油を全く敷かずによく熱し、材料を投入しましたが、やはりくっつきませんでした。もっとも、豚バラの場合、自分自身が油を出すので、この結果から油の効果を云々することは出来ませんが、いずれにせよ、油を入れる温度よりも材料を入れる温度の方がずっと重要だということが示唆されます。

そこで、温度の効果を確認するために、鍋を火にかける前に材料を入れてみました。その結果、油の有無、酸化膜の有無にかかわらず、必ずくっつくことが判りました。つまり、鍋に材料をくっつけないようにするためには、上記の4つの条件のうち4、つまり、鍋をよく熱することがもっとも重要な要素であることが明らかになりました。ですから、ご質問の「常識」は(少なくとも物理的プロセスに関しては)「迷信」だということですね。これは私にとっても以外でした。

ではその背景にある科学は?というと実は良くわかりません。豚バラの場合常に油があるので、油と鍋との結合力が高温ほど強くなる、というstarfloraさんのモデルで結果は説明できそうですが、高温になればエントロピー項が効いて自由エネルギーが下がりますので、鍋と油分子との間に化学反応が起こらない限り結合が強くなることはあり得ないように私には思えます。間違っていましたらご指摘ください。私自身はたんぱく質の場合、熱が加わると変性して凝固しますが、その過程が長ければ鍋表面の微妙な凹凸と固着してしまうのではないかと今は想像しています。鍋が熱ければ、肉表面はあっという間に凝固しますからくっつきません。ご飯のようなでんぷん質の場合も、糊化したくっつきやすい状態から、表面が固まる、もしくは油で覆われた状態になりやすいため、鍋が高温の方が良いのだと思います。いずれにせよ、単なる潤滑や吸着の問題ではなく、化学反応も介在しているので事態はちょっと複雑ですね。

ちなみに、くっついたものをあまりきれいに洗わなかった場合、高温にしてから材料を入れても、油をたっぷり入れても、くっつきました。温度以前に鍋を良く洗って綺麗にしておくことは重要です。その点では「鉄鍋を洗剤で洗ってはいけない」というのは迷信だと思います。もっとも洗ったあとの表面は非常にさびやすいので、よく熱して保護膜としての酸化膜をつけ、油を薄く引いておくことは重要です。

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研...続きを読む

Qフィスラーのプロコレクションをお使いの方に質問!

安手のお鍋はガタが来たので、思い切ってフィスラーのプロコレクションを買ってしまいました~
熱効率が良い、出来た料理を鍋ごとくるんでおけば余熱で味が染みて煮込みに最適!と聞いていたのですが、いざ取扱説明書を見ると『出来た料理を長時間入れておかないで下さい』の文字が・・・・
実際に長時間料理を入れておくと何か支障はあるんでしょうか?
長時間ってどのくらいの時間を指すのでしょうか?
ご存じの方宜しくお願いします。

その他フィスラーのプロコレクションをお使いの方の様々な体験談も教えて下さい~
使ってみたらお料理の出来上がりが全然違って(ビックリ!)今後お財布と相談しながら、いくつか増やそうかなとも思っているので、色んなお話しを参考にしたいです(^^)

Aベストアンサー

この注意書きは金属性の鍋なら大抵書いてあると思います。
フィスラーのは確か18-10ステンレススチールでしたか?
これは、鉄の中にクロム18%、ニッケル10%が含まれているということで、
表面に不動態(酸化皮膜)を形成し、普通の条件でまずさびることはありません。
しかし、ステンレスでも条件によってさびますので、それがないように、ということです。製造者責任を問われないための注意書きでしょう。
実際は、普通の煮込みなら1週間ほど毎日加熱して取っておいてもまず腐蝕しないので気にせず今までどおりの使い方をすればいいと思います。

また、厚手の鍋の料理としては、スープ取り、スクランブルエッグがお勧めです。非常に良く仕上がります。

Qステンレス多層鍋の扱い方がわからん・・・・

ステンレス多層鍋を買ったんですが、扱い方がいまいちわかりません・・・
油をひいてキャベツを炒めたのですが、一生懸命混ぜていたにもかかわらず焦げ付いてしまいました。
また、キャベツを鍋から引き上げたら、焦げているところとあんまり炒まっていないところ(半分生?)があって、食感が変な感じでした。
火がまんべんなく通ってなかったんでしょうか?
ステンレス多層鍋のせいというより、私の料理の腕の問題かもしれなくもないですが
しかし実家ではテフロンフライパンでよくキャベツの炒め物をしてそれなりに美味くできてました。
いつも油少なめで炒めていたので、今回も油少なめで炒めたのですが、それが悪かったのでしょうか?
ステンレス多層鍋の場合は、多めの油で炒めるか、もしくは水を少し入れて炒めないとだめとかあるのでしょうか・・?

私が買ったのはビタクラフトとかそういう有名なブランドではないのですが、本当にステンレス多層鍋ですよね・・・?
鍋という名称ではなく、ソテーパンって書いてますが
材質は「18/10ステンレス、アルミ」で底の厚みが6.2mmで
ステンレスにアルミをサンドし熱伝導性を高めてあるそうです。
これってステンレス多層鍋と呼んでいいんですよね??↓
http://www.kitchenspeaks.com/products/cookware/0010002.htm

ステンレス多層鍋って、中性洗剤+スポンジで洗ったらいいんでしょうか?
あと少し焦げ付いてしまったらどうすればいいでしょうか?
クリームクレンザーとか使ってもいいのでしょうか?

ステンレス多層鍋を買ったんですが、扱い方がいまいちわかりません・・・
油をひいてキャベツを炒めたのですが、一生懸命混ぜていたにもかかわらず焦げ付いてしまいました。
また、キャベツを鍋から引き上げたら、焦げているところとあんまり炒まっていないところ(半分生?)があって、食感が変な感じでした。
火がまんべんなく通ってなかったんでしょうか?
ステンレス多層鍋のせいというより、私の料理の腕の問題かもしれなくもないですが
しかし実家ではテフロンフライパンでよくキャベツの炒め物をして...続きを読む

Aベストアンサー

再び参上^^ 補足ありがとうございます^^
>油も何もひかずに火をつけていいのでしょうか・・?
これはどちらでもかまいませんよ^^
油をひいて火にかけると煙が立ち上がることもありますし。でも、そこまで火にかけなくても良いし。油をひかずに火にかけて後から油を入れるとなれていないときはちょっと怖いかもしれないですし。
でも、どちらにも言えることはフライパン(鍋)の水分はキッチリ拭き取るか、熱して蒸発してから油を入れるなりしないととってもパチパチと飛び散って余計に怖いし、火傷をしてしまいます><
だから、充分熱した後に油を入れるほうが良いでしょうね。(慣れるまでは^^)
もうひとつ、ステンレス多層鍋は油が一切なくても調理が出来ます。これも慣れればできるようになると思いますので、それまでは今までよりも少ない油の量で調理することをお勧めします^^

>光熱費が安くなるのは、弱火で調理できるからでしょうか?調理時間(火をつけてる間の時間)は短くはならないですよね?
これは先に言ったようにこれまでの鍋の場合は「弱火~超強火」を使用していたと思います。
でも、これが「超弱火~中火」ですむということはガス(かな?)の使用量が違ってきます。光熱費で一番金額がかかるのは一般的にはガス代です。それが日々の調理で加算されると月単位、年単位ですと安くなるってことですね。

>あと調味料が少しですむって何故なのでしょうか・・??
これですが、ステンレス多層鍋の場合、「蒸発」という部分が少ない傾向があります。
料理本の通り調理したときに「味がない」ってことが多いのです。そんなときにステンレス多層鍋で調理すると料理本の通りで美味しく出来た^^ってことは多いですね^^
ステンレスは他の金属よりは固い部類に入るので鍋(フライパン)に吸収されることもないのでしょうね。(目に見えない部分に吸収)
もうひとつ、おまけ^^
蒸発が少ないと言いました。よって、無水調理もできます。煮物(肉じゃがなど)は無水で調理できます^^
水はいっさいいりません。水がいらないってことは水分は?になりますが、それは材料の水分で充分すぎるぐらいあるのです^^ ということは、調味料も最小限ですむ^^というわけです。
貴方のはフライパンだけなのかな?蓋はなかったのかな?
なんて思ったりしてますが、蓋があればフライパンでも煮物はできそうですよ(たぶんね^^;;;)
では、また何かありましたら聞いてやってくださいまっしぃ^^

再び参上^^ 補足ありがとうございます^^
>油も何もひかずに火をつけていいのでしょうか・・?
これはどちらでもかまいませんよ^^
油をひいて火にかけると煙が立ち上がることもありますし。でも、そこまで火にかけなくても良いし。油をひかずに火にかけて後から油を入れるとなれていないときはちょっと怖いかもしれないですし。
でも、どちらにも言えることはフライパン(鍋)の水分はキッチリ拭き取るか、熱して蒸発してから油を入れるなりしないととってもパチパチと飛び散って余計に怖いし、火傷を...続きを読む


人気Q&Aランキング