エプソンのプリンタをずーと買い換えている者です。
PM800C以降についた
エプソンインクカートリッジの残量用ICについて、
教えてください。これがあるために、インク補充による
充填が出来ない様なのです。補充インクをPM700C時代から使っていましたので、捨ててしまうのももったいない話です。PM800C以降の機種に付いているこの残量検知(というか要はサードパーティ封じ)ICの無効化はできないでしょうか?
ご存じのかたあればお教え下さい。


愚痴になりますが、
環境保護のEPSONと大々的にTVのCMなどで言っていますが、5色インクの1色でもなくなれば、全交換でどこが環境保護なのでしょうか?
ゴミを増やしてまだ使えるカートリッジを捨てさせ、
お世辞にも安いといえないインクを買わす。
地球にも、消費者にも優しくありません。
また、PM700シリーズ時代はインクカートリッジの入れ物が
半透明の容器だったのに、消費者からまだインク残っているのに・・・全交換か?というクレームが多かったか為か、隠蔽するかのように灰色の容器に換え、何色がどれくらい残っているかを分からないようにさせるなんて、ひどすぎる。やりかた汚いよ!EPSON
EPSONの技術力あれば、純正インク補充セットというのを開発・販売すればいいこと。そのほうがEPSONの為だし、消費者と地球の為だと思いますがね・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

新しいカートリッジが必要ですが、参考URLの裏技ページをご覧ください。



参考URL:http://www.renlee.co.jp/shop/index.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。
有り難うございました。

お礼日時:2001/09/07 23:30

追記



カートリッジが半透明でなくなったのは、エコロジーのためです。再生樹脂で透明の容器を作るのはコストがかかりすぎます。

エコロジーを問うのならカートリッジは捨てずに回収に出しましょう。

各色独立型と一体型のどちらが安いかは一概に言えません。

エコロジーのためには、まだまだコストがかかるのが現状です。カートリッジのリサイクルが市民権を得るまで、安くはないカートリッジを買うのは一ユーザーの勤めくらいに考えてはいただけませんか?

この回答への補足

当方の質問の回答には全然なっていません。

当方は空インクカートリッジのリサイクルの事を
どうこう、聞いているのではありません。
ですから、純正でいいのでインク補充キット等があれば、
別にもう一度カートリッジを溶かして成形し再生しなくても、インクの補充だけなのでもっとエコロジーが出来ると思いませんか?と言っているのです。

また、カートリッジは捨てていません。だから使い回して補充しており、それが最近の機種で出来なくなり困っているのです。
また、キャノンの各色独立型の件ですが、雑誌で
読んだEPSONの説明では、<各色独立型より一体型でもインクカートリッジ値段はキャノンより安い>でした。
これは、消費者には、いいことかもしれませんが、環境には良くないですよね。

たしかに、消費者には安いことはいいことですが、それは対キャノンでの話であって、環境企業と派手に言っている割にはおかしいのでは?といっているのです。
キャノンは大々的に環境企業とはCMではいってませんよ。ISO14000くらいは取ってるでしょうけど。

>安くはないカートリッジを買うのは一ユーザーの勤め
とは、思いませんね・・・

では、いいますが、
地球に優しく、消費者に安価に良品を提供することが
メーカの勤めだと思いませんか?

また、企業としての利潤を追求するなら、純正詰め替え
インクを販売すれば、いいことでしょ?
いや、それは、微少な空気が入って・・・、インクが固化して・・・ いろいろな言い訳はできるでしょうが、
インクも顔料分散系、染色系などその気になれば、固化しにくい、詰まりにくいインクもつくれますよ。
当方も、技術者の端くれです。それが出来そうもない
会社にはここまでいいませんよ。

また、回答内容は確実にEPSON関係者としか
思えませんが・・・。

補足日時:2001/09/07 23:34
    • good
    • 0

あくまでも「うわさ」ですが、と前置きして…



一般向けのカラーインクジェットプリンタは、実は本体ではさほど利益が出ず、買い換えのインクカートリッジで利益を取るというビジネスモデルだと言うことです。携帯電話などと同じ方法です。このため、インクリボンの時代にはサードパーティー製の物に対してそれほどうるさく言わなかったメーカーも、この頃はサードパーティーに対して訴訟を起こすことがあるようです。参考URLを見てください。

もちろんインクカートリッジには、インクリボンの時代に比べて比較にならないほどの技術が投入されています。開発費もかかっています。ですので、特許などでそれは保護されていますが、確かにランニングコストは高くつくし、環境には優しくないですよね。ただ、使用済みのカートリッジは店頭で回収しています(下記URL)ので、一応企業としての言い訳は出来ます。
http://www.i-love-epson.co.jp/products/toner/

また、補充インクでのカートリッジ再生はかなり困難になってきています。インクカートリッジは超精密機械ですので、ゴミや、乾いたインクのかけらなどが混入した場合はノズル詰まりを起こし、カートリッジ自体やプリンタヘッドがダメになるためです。それをユーザーの取り扱いミスとして、有償修理にするのはユーザーが納得しないでしょう。「マニュアルに書いてある通りにしたのになぜ壊れるんだ!」と言われてしまえば、メーカーは文句が言えません。印刷品質を保つためには、カートリッジ交換は仕方がないと言えます。

ということで、残りインクの無駄が気になるのであれば、Canon製に乗り換えるのも一つの手です。各色分離型カートリッジはインクの無駄が出ません。

また、質問のメインである「ICの無効化」は、不可能ではないかも知れませんが、それを行ってもし本体に不具合が出た場合は修理できない可能性がありますので、お勧めしません。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/news/0009/27/epson.html
    • good
    • 0

エプソンの者ではありませんが、インクをユーザーに補充させると印字不良が多発してトラブルの問い合わせが殺到して仕事になりません。

「環境に優しくない」以上の悪評をもたらすのです。純正インクであっても補充と言う行為をするとかなりの高確率で不具合が発生するのです。あなたはプリンターの構造をそれなりに理解していらっしゃるのでしょうが、すべての人が理解しているわけではありません。

カートリッジにICを組み込むのも、サードパーティー封じも当然あるのでしょうが、ユーザーの使い勝手を良くするためにも必要であったのです。インク使用量を積算していって残量を計算する方式は、使用法においてかなりの制限をユーザーに与えます。

補充インクを使い、それによるトラブルをメーカーに持ち込む。実際かなり有ることなのです。エプソンほど大量にプリンターを売っている会社なら、それによる損失は計り知れないものでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエプソンプリンタのCD-R印刷について

エプソンのプリンタの購入を検討している者です。

エプソンのプリンタにCD-R印刷機能がついていますが、通常はプリンタブルCD-R(一般に印刷面が白いやつ)に印刷するようになっています。

エプソンのプリンタでプリンタブルCD-Rでない普通のCD-Rにうまく印刷ができるのでしょうか。
この疑問を、CD-R印刷機能がついたエプソンのプリンタ所有者に聞いてみたいのです。
所有者の中には、試しに普通のCD-Rに印刷してみた人がいると思います。

質問は
1) 印刷が可能か
2) 可能としてどの程度きれいに印刷できるのか(リンタブルCD-Rと比較して)
3) 耐久性は大丈夫か(印刷面を指でこすったりして剥がれないか、再生時の遠心力でインクが剥がれないかなど)
です。

他にも「画像の印刷は見られたものではないが、テキスト印刷くらいなら大丈夫」など情報があったらお願いします。

Aベストアンサー

エプソンPM-900Cを使用してます。
1)印刷は可能です。
2)黒字しか印刷しませんでしたが、見た目が薄く見えます。
3)指でこすりましたが、とれませんし、にじみません。再生しても変わりません。

使用したのは、Victor DVD-R for VIDEO 4.7GBです。
ディスク表面の文字やデザインでないところは、上記の通りですが、文字やデザインの上に印刷された部分は文字が目立たず、印刷されてないようにも見えます。
文字やデザインのないところへ印刷すれば、薄いものの実用レベルです。

QEPSONのPM-G800の印刷機のインクを100円インク(補充用)で

EPSONのPM-G800の印刷機のインクを100円インク(補充用)で
補充したいのですが、どこにインクを注入すればよいのでしょう?
カートリッジはICC32のブラック、ライトシアンマゼンタ、イエローです。
PM-900Aのインクの補充の仕方も教えてください
ライトシアンの補充です。
どうにかおねがいします。

Aベストアンサー

エプソンの最近のインクカートリッジは、ICを内蔵していて
カートリッジ自身がインクの残量を管理するようになっています。
そのため、ただ単にインクを注入しだただけでは
「インクは空」という情報のままなので、プリンタに装着しても使うことはできません。
(別途「リセッター」と呼ばれる機械を使えば、インクの残量情報を書き換えて、「インク満タンのカートリッジ」にすることができます。)

結局のところ、100円ショップで売ってるようなインクで補充が出来るのは、ICを内蔵していないような旧機種だけです。
また、インクを補充した場合、ヘッドに目詰まりしやすくなりますので、
「どこにインクを注入すればよいのでしょう?」と言っているような初心者なら、素直に新品のインクを買った方がいいと思いますよ。

Q写真印刷にはエプソンのプリンタが良いと聞きます

写真を趣味とする者です。
まだ完全にデジタル移行出来ていないので、リバーサルで撮り続けてきましたが、空港での手荷物チャックが厳しくなって、さすがに遠隔地に出かけるときは、遠慮したくなります。

さて、パソコンのプリンタはずっとキヤノンを愛用してきたのですが、写真を自家処理する友人連中はほとんどすべて、エプソンのA3ノビが使えるプリンタを推奨してきます。

私自身、トラウマがあってエプソンのプリンタヘッドが外れないので、保守費用が高くつくというのがあったのですが、キヤノンも保守部品としてプリンタヘッドを売らなくなったので、その点は同じように思います。

キヤノン党、エプソン党の方々それぞれのご意見を頂きたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はプロラボは利用していません。
近所に無いのと中継ぎしたとしても納品まで時間がかかる。というのが理由。

インクジェットプリンターの退色についてですがキヤノンの染料インク(BCI-3)で印刷した写真を直射日光の当たらない部屋に裸のまま飾っていますが1年で退色がわかります。同じ写真をエプソンの顔料(4000PX)で印刷したものも一緒に飾っていますがこちらはまったく退色していません。すでに5年以上経っています。

エプソンの染料インク(50系)でプリントした写真も飾っていますが、こちらはラミネート加工しており、東向きの窓がある部屋に1年以上飾っていますが退色していません。
※比較対象がないと退色って認識できない場合がありますよね。


顔料インクが取り扱いにくいとありますが、そんなことを感じたことはありません。
インクカートリッジの取り扱いもいたって普通。交換するときに新しいインクは「振ってから装着してください」と書いてあるだけ。
あと、4000PXでは電源投入時のクリーニングで捨て打ちの量が多いらしく電源のON/OFFが多いと印刷可能枚数が減るらしいという情報を見たことがあるくらいかな?
今の機種ならそこまでひどいことはないと思います。


納得いくプリントまでは、L版の用紙を使用してテスト印刷を行います。
4000PXの時にテスト手順をある程度確立しているので4~5枚の印刷で完了です。
テスト印刷を行うのはプリンターを買い換えたときと初めて使うプリント用紙を使うときの最初の1回だけ。

印刷にはPhotoshopCS2を使用していますが、Photoshopの印刷ダイアログでのカラーマネージメントと、プリンターの詳細設定で用紙の種類とCMS関連の設定をしておきそれをテンプレートとして保存。用紙毎にテンプレートを呼び出して印刷するだけです。
プリント用紙はFUJIFILMの画彩Proとエプソンのクリスピアを好んで使用しています。A4写真用紙でも20~30枚入りで1500円しませんよね?A3サイズでも10~20枚入で2000円前後だったはずです。
だから、ランニングコストもA4以上の大きさならプロラボに頼むよりは安く済むと思います。

とはいえ、私がその結論を出したときはカメラのキタムラでA4プリントが1500円以上していた時ですから今はどうなんですかね?
パソコンの方もモニターはキャリプレーションしていますから、色調調整など細かい調整は全てPhotoshopを使用しています。


せっかちな方なので時間を掛けたくないというのが自分でプリントする主な理由ですけどね。同じ時間をかけるなら自分でトライ&エラーを繰り返したほうが自分の為になる。と思っています。
昔、モノクロフィルムで写真を撮って自分で現像・プリントしていたのが根っこにあるのかもしれません…
そういう作業も楽しんでますので(笑)

私はプロラボは利用していません。
近所に無いのと中継ぎしたとしても納品まで時間がかかる。というのが理由。

インクジェットプリンターの退色についてですがキヤノンの染料インク(BCI-3)で印刷した写真を直射日光の当たらない部屋に裸のまま飾っていますが1年で退色がわかります。同じ写真をエプソンの顔料(4000PX)で印刷したものも一緒に飾っていますがこちらはまったく退色していません。すでに5年以上経っています。

エプソンの染料インク(50系)でプリントした写真も飾っていますが、こちらはラミネート加...続きを読む

Q交換したインクカートリッジを読み込まない。EPSON PM-950C

インクがなくなったのでインターネットの通販でカートリッジを注文して今日届いたんですが、ダークイエローを読み込まないんです。ツタヤのクーポンを印刷したいのに~。誰か対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

カートリッジが認識されない、という感じですか?
実は、似たような経験が有ります。しばらく(1時間とか)コンセントを抜いておくと再認識してくれるときもありました。
ただ、私のプリンタ、結局ほとんどのカートリッジが認識されなくなり、あきらめました。 買い替え、です。もちろん、修理出来るとは思いますが・・・。

クリーニング、カートリッジの認識がされないのであれば、実行できないと思います。

Qエプソン製プリンタのランニングコストで困っています。

エプソン製プリンタのランニングコストで困っています。

エプソンのPM-A890を使っています。性能的にはいいと思いますが、ランニングコストが異常に高いです。

純正インクが、製造コストを著しく上回る価格でしか販売されていないからです。一時期互換インクを使用しましたが、明らかに異常な印刷が生じて、結局純正に戻しました。

インクはプリンタとはそもそも、別の商品のはずです。プリンタの専門メーカーとインクの専門メーカーも、本来別であるべきでしょう。現状は、プリンタメーカーがインクメーカーに技術情報を十分に開示しないために、インクメーカーの製造するインクの品質が純正品に遠く及ばず、多くの消費者は純正品を買わざるを得ない状況です。

プリンタのメーカーは、技術情報をきちんとインクメーカーに開示して、特定のプリンタに対して複数の対等な立場のメーカーが消費者にインクを提供するようにすべきではないでしょうか?その方が、いろいろなインクが1つのプリンタで使えて、消費者としても便利です。

Q1

上記のような、インクメーカーに技術情報を開示して、純正インクと互換インクの性能差がほとんどなくなっているプリンタメーカーをご紹介下さい。消費者として、そういう良心的なプリンタメーカーを応援したいです。もうエプソンにはうんざりです。インク1セットで5,000円以上かかるんです。

Q2

エプソンの互換インクの中で、純正品と同等に近い品質を誇るものをご紹介下さい。

エプソン製プリンタのランニングコストで困っています。

エプソンのPM-A890を使っています。性能的にはいいと思いますが、ランニングコストが異常に高いです。

純正インクが、製造コストを著しく上回る価格でしか販売されていないからです。一時期互換インクを使用しましたが、明らかに異常な印刷が生じて、結局純正に戻しました。

インクはプリンタとはそもそも、別の商品のはずです。プリンタの専門メーカーとインクの専門メーカーも、本来別であるべきでしょう。現状は、プリンタメーカーがインクメーカーに...続きを読む

Aベストアンサー

今のビジネスモデルは、どのプリンタメーカーにも共通したことで、エプソンだけがそうしているわけではありません。この方法の元祖がLexmarkという海外メーカーだったと思います。また、インクジェットのみならず、レーザープリンタ(特に安価な機種)でも同じ事が行われており、交換トナー2つで本体より高くなると言ったような、笑えない事態が起きています。

互換インクメーカーはそこに付け入る隙を見つけて商売しているわけですが、品質問題と量の問題(安いのは量が少ないから!)があり、結局は純正の方がいいということになりがちで、主流を奪うには至っていません。また、インクヘッドの動作特性に最適化したインクを供給できるのは、プリンタを作ったメーカーだけであり、そのノウハウを開示することは、自社の優位性の否定に直結するため、決して受け入れられないでしょう。このヘッド周りやインクについては、特許の塊ですよ。

まあ確かにインクは高いですが、以前はカラーインクと黒インクが一体化していて、どれか1色でもなくなったら全取っ替え…といったひどいことが普通でしたが、さすがに最近は独立タンクが主流になり、多少は改善された感じですね。

今のビジネスモデルは、どのプリンタメーカーにも共通したことで、エプソンだけがそうしているわけではありません。この方法の元祖がLexmarkという海外メーカーだったと思います。また、インクジェットのみならず、レーザープリンタ(特に安価な機種)でも同じ事が行われており、交換トナー2つで本体より高くなると言ったような、笑えない事態が起きています。

互換インクメーカーはそこに付け入る隙を見つけて商売しているわけですが、品質問題と量の問題(安いのは量が少ないから!)があり、結局は純正の方...続きを読む

QEPSONのPM2200Cのインクカートリッジの強制交換方法を!

 お世話になります。
プリンタウィンドの残量表示はまだ、1/3以上残っているのですがどうやらカートリッジにはないようです。
交換したいのですがカートリッジが交換位置まできません。
 強制的に持ってくるにはどうすればいいのでしょうか?
取説をDLしましたが、わかりません、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インクカートリッジの強制交換は給紙/排紙のボタンです。
長押しだったかと。
途中で電源を切ったり、コンセント抜いたりはしないでくださいね。残量が正しく認識されなく、また同じ1/3以上残っているのですが・・・になってしまいますから。

Qエプソン プリンタ LP300N のネット設定の仕方を教えてください。

エプソン プリンタ LP300N を買いましたが、インストールディスクがありません。ドライバーもエプソンのサイトからダウンロードしましたが、IPアドレスなどの設定がありません。プリンタには、LANコネクタしかありません。LAN環境は整っています。ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

No4です。
基本的はプリンタはDHCPにしないようにしてください。トラブルの元です。固定にしてください。
一応「EpsonNet Print」というソフトをインストールすればできそうですね。IPアドレスは適当ではなくてあなたのPCのアドレスに沿ったIPを振ってください。

できればメーカーサポートに直接電話して聞きながら操作したほうが手っ取り早い気がします。

QEPSON PM-900Cのインク残量

僕の家では、
プリンターをEPSON PM-900Cというものを使っているのですが、
インクがなくなり、おそらく、黒インクのほうがなくなったとかなと思い、買ってきたのですが、
新しく取り替えても、反応しません。
“えっ、カラーインクがないのかよ”と思いながら、
念のため、「印刷」から「プロパティ」で「インク残量」というものを確かめようとしたら、その部分だけ、半透明色でわかりません。
どうして、インク残量がわからないのでしょうか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

接続法法にもよりますからこの情報だけでは答えを出せませんが、ヘッドのクリーニングは実行していますか?

Qエプソンプリンタの「インク残量画面」が出ないようにするには?

エプソンプリンタの「インク残量画面」が出ないようにするには?

エプソンのPX-101を使用し始めました。
印刷を実行すると毎回「EPSONプリンタウィンドウ!3」
の画面が出てきます。
この画面を出さないようにする設定はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

プリンタの
印刷設定→ユーティリティ→ドライバの動作設定で
EPSONプリンタウィンドウ!3を使用する(D)の
チェックを外す。

あまりおすすめしませんが…

QEPSON PM-870C のインク残量

友人から頂いたプリンタを細々と使っていたのですが、ついにカラーインクが無くなってしまいました。
しかし黒インクが、残量バーで1/3程残っているようなので、黒単色で印刷しようとした所、
「カラーインクがなくなりました。」
とウィンドウが出ます。知っています。
本体のインクチェック?ボタンを押すと、点滅の仕方から
やはりカラーインクのみが無くなっている点滅です。
ちなみにそのウィンドウ、タスクマネージャーからしか消せません。

黒単色で事足りるので、インクの交換はあまりしたくないのですが、
なにか良い解決法はありませんでしょうか。
友人は残念ながら音信不通となってしまいましたので質問させていただきました。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

次のFAQには、仕様で、カラー、黒の一つでもインクがなくなった状態や装着された状態では印刷できないとありますから、「カラーインクがなくなりました」のエラーが出た場合は、印刷のプロパティで警告表示されたカートリッジは新品に交換しないと印刷不可と思います。
http://faq.epson.jp/faq/1026/app/servlet/qadoc?000284


人気Q&Aランキング

おすすめ情報