教えて下さい。

自分の死後、何十億年の無我、を信じる事が出来ません。

A 回答 (13件中1~10件)

>「このばか、まだわからないか。

ダメだなこりゃ」
と言われそうで......

そんなこと言いません。皆んな仲良く生きましょう!!
peikanさんの疑問は壮大なもので、僕もたいへん興味深いです。

しかし、あまりにも根源的で壮大であり、
僕達地球人の思考能力ではとても理解できないと思います。

ただ、諦めずに一歩でもお互い協力して進めたいと思います。

さて、peikanさんの使用しておられる言葉の概念
(無、時間、絶対、無我、有我、等)を
より深く吟味し、
全体的、相対的に少しずつ新たな認識を加えなければ、
単なる言葉の遊戯に終始し、
意図する結果には至らないと思います。
そこで、まずは、

>時間......。
アインシュタインは出さないで下さい。いまは感覚的にどちらかといえば情緒的に話を進めようと思っていますので、・・

ということですので、
新たな「時間」の概念について理解を深めたいと思います。
(新たな、といいますのは地球上で発達した概念ではなく、
 宇宙情報による概念を
 僕が理解した範囲でお伝えします。
 これから宇宙時代を迎える地球に必要な概念です。)

何か、peikanさんがすでに潜在意識で知っているようで、
不思議ですが、(実は不思議でなく、過去に知っていた)
宇宙次元の「時間」の概念は、感覚的で情緒的なのです。

◆地球時間

 本来、地球の自転周期を基準にして、
 それを人間に便利なように細分し、
 1秒を定めていたと思いますが、
 地球の自転周期自体が一定とはいえないようになったため、
 「セシウム133原子の・・・」と何だかわからない、
 つじつま合わせの定義をして1秒としています。

 いずれにしても、
 地球で「不変」とおもえる現象の周期律から
 万人に共通の(本当はそんなものはない)
 固定的不変の物理的時間というものを定めたわけで、
 人間の感覚とは独立で、
 「宇宙いたるところで通じるもの」とした訳です。
 
 アインシュタインさんのは、
 おっしゃる通り僕にも奇妙で不可解ですので省きましょう 
 
◆宇宙時(間)

 これは一言で言えば「固有時」で、
 ある星において、
 その星の住民の平均的情報処理能力に応じて、
  (人間をはかる、第一の尺度は愛の心の大きさで、
   愛の心が大きくなるに従い、
   情報処理能力が高まるようになされている)
 空間と共に密接不可分に「設定」されるもので、
 各人が瞬間、瞬間(今)に感じる「時のはやさ」をいいます。
 主観です。情緒的でしょう!

 数十年前と今のコンピューターの情報処理能力と
 地球人と進化した星に住む人の情報処理能力を
 対比して考えると面白いと思います。

 要するに、地球人が一生涯かけて体験し、学習する内容を、
 例えば、ある進化した星の住民は一日で学習する、
 ということです。

このように、時間・空間は個々の星、固有の様式であり、
その星の住民がより進化するに従い、
時間はより速くなり、空間はより短縮される、
相対的様式をとるものです。


それと、「永遠の無」というのはない、ということを知るためにも、まず、

人間は100年足らず生きて後、死ぬ、儚い肉体ではなく、
人間は魂の進化向上のために生きる、永遠の生命である。

ということを洞察しなければならないと思います。

 
 
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんありがとうございます。

yoh001さん、たびたびありがとうございます。
行間を読むと更にその奥がある文面、深いです。
まだ完全に理解していません。しばらく時間を下さい。

「無」と言うことばを完全に理解出来ていなかった様です.
「無」に付け足す語句など無いのですね(だから「無」であり、始ま
り.終り.などと言う時間の概念が有るはずもない)無は無であって、こ
こに概念の入り込む余地などは全くない。 「無」に対し一生懸命、
意味を見つけようと、考えたり論ずることがすでに「無」をはなれて
「有」を論ずる事になる。 「無」を論ずる勇気の有る人、それは宗
教者しかいない?。宗教で言う「無」論には説得力があるから困惑。
反論を試みようとするが、自分がばかに思えてくるので止めてしま
う。  ......禅問答になってきた(笑)

私が「有」(何でもありの世界)を意識出来るのは2歳ごろから今日
までです。多分私が「有」を保持出来るのはあと40年でしょう。  
 そして今、将来に想像を巡らせているとします。
ところが、ここで突然死んだとします。突然の「無」です(わたしは
死後を「無」と考えます)。死の直前まで将来の40年に想像を巡らせ
ていました。これは「有」なのか「無」なのか。← (本題からちょっ
と離れました。)
う~ん?。 ”家族子孫に思い出を残した。”これは「有」です。
      ”遺伝子を残した”これも「有」です。     
またあやしくなってきました(恥)。    ←      peikan

無を論ずる事は出来ない。なぜなら無に対面して無を思考しはじめた
ときそれは無ではなくなる。        ←     peikan


宇宙は無限であるか有限であるか。最近は「有限である」、の学説に
傾いているようです。無限なら絶対の「無」を私は認めます。有限な
ら「無」をみとめることが出来ません。  

人間は「端から端まで幾千億光年の宇宙全体を”見下ろす”イメージ」
を心の中で造り上げる事ができます。
有限だからです。ここには「無」はないのです。なぜならイメージ出
来るから。 宇宙が無限だとこのイメージは不能になります。絶対に
イメージ出来ません。    「無」です。
光、時間、空間、物質全ての始まりに「有」「無」をいわせるのか。 
yoh001さん 宜しくお願いいたします。

お礼日時:2005/04/10 15:24

自分の死後というものがあるからこそ、今というものが大切に思えてくるのではないでしょうか?単純な繰り返し、日常の出来事、些細なこと…。



こう考えるのはどうでしょうか?私はすでに死んでいる、と。今いるのは死後の世界なんだと。私はある時期そう考えていました。というよりも、そう考えることで死の恐怖から逃げていたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難うございます。

>私はすでに死んでいる、

う~ん。  「有」と「無」を考えていました。
死後は「無」であるとようやく自分を納得させたところです。
 死後の自分を意識出来るとは「有」、”有限”と考える事が出来ます。
「無」のなかに時間が入り込むと、お話が元に戻ってしまうの
です。

お礼日時:2005/04/18 20:04

 死んでも死に切れないと感じるのですか?心残りなことがあるのですよね。

よろしければ、少しでも別の方面に書いてみてくださいね。真っ向からの悪意など、向けられたらご注意ください。
 哲学は、生きるための方便に使われることもあります。人に押し付けるものではありません。そういう考え方が、あなたの気持ちを楽にして、社会のためになるのなら、いいと思います。とりあえず、暴行、脅迫、強要という犯罪が癖になった集団を駆逐して、身の安全が守られるのが一番です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

貴重な御時間を頂きご回答いただきました。

お礼日時:2005/04/18 19:47

もう少しだけ、宇宙時(間)について補足したいと思います。



地球には時計というものがあります。
これを使って例えばどんなことをするかといいますと、

○待ち合わせの時を決めるのに使う。
○仕事の期限を決めるのに使う。

これらは、
よく考えるとすごく束縛や強制を感じさせませんか?

宇宙間の優良な人達が住む優良星では、
全ての人が精神感応能力(以心伝心)を備え、
大地自然と共に生きているため、時計は不要ということです。

例えば、作物の収穫時になると、
どこからともなく集まれる人々が集まってきて、
豊作の賛歌とともに作業が進むそうです。
仕事は他の生命への奉仕であるということを熟知するために、
お金の存在も無く、
まして、期日を区切るということも無いようです。
また、労働時間はわずかだそうです。
お金、時計、支配、強制、差別・・等、
個人の自由を縛る一切のものは無いそうです。
自己に相応しいことを自発的にするわけです。
損得勘定はありません。

優良星では、
「今」という瞬間の時感覚の連続が時間であって、
窮めて個人的です。
個人的にも当然早くなったり遅くなったりします。

本来は、地球人もそのことを知っているはずです。
それをただ、本来の正しいものと思い出すのみです。

  腹時計。
  あっという間に楽しい時はながれる。
  イヤイヤする仕事の時間は長く感じる。
  感謝と奉仕のためにする仕事の時間は短く感じる。
  草原に寝ころびリフレッシュのための
    すがすがしい時間はゆっくりながれる。
  危険に遭遇したときスローモーションビデオのように
    現象が推移する。(魂に刻み込むため)

この自然な時間感覚は、
一人一人の人間の心の向上にふさわしいように
厳しくも、暖かく
大叡智者の大愛の元に設定されているわけです。
これが本来の時間なのです。

わざわざ言われなくても、みんな知っていたことです。

それと肉体の老若は精神内容の表象ということで、
基本的に時間感覚とは無関係ということです。
ほら、地球上にもいるでしょう、歳のわりに若くみえる人。
気が若く、明るく、朗らかな人のはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

サイトの方からそろそろ閉じなさいとの事です。
yoh001 さん、貴重な御時間を頂き御回答をいただきました。
感謝いたします。 私,peikan,終わりの方では自分で自分を納得させ
たような次第。実はもっとお話が聞きたかったのです。ただ普段は
時間が取れなく、土日にお礼文を書く事になってしまう事情から
日時がいたずらに経過、途中で打ち切らざるをえくなりますた。
御詫びします。  また書かせて頂きます。
         其の時も又是非お教えを御願いいたします。
                  peikan

お礼日時:2005/04/18 19:44

多分、


「永遠の無」というのはないと思います。

過去という実在はなく、
未来という実在もなく、
あるのは
「永遠の今」の「連続」を意識する(自己)存在
だと思います。

peikanさんにとっても、
kigurumiさんにとっても、
僕にとっても、
今、我が家のねこちゃんである生命にとっても、
今、他の惑星で人間をやっている生命にとっても、
・・・
今、神々にまで進化した生命にとっても・・

それぞれがそれぞれの立場で、意識拡大し、
進化する自己存在(最終的に全ての存在が「一」に戻る)が
「今」に、あるのみだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「このばか、まだわからないか。ダメだなこりゃ」
と言われそうで......、もうしばらくおつきあい下さい。
 
 ちょっと前にこう書きました。
”ここで気が付くのですが、たぶん宇宙創世以来、私が誕生するまで、
無が続いていたのですね。
そして私が生まれ、自分の存在を意識(有を意識)し、そして死と共
に、また宇宙創世以来の無(私自身の絶対の永遠にとぎれることのな
いの無)が始まる......。”

上記の”無”を”私にとっての無の「時間」”と読み替えて下さい。
時間が入り込みます。すると時間の概念は人間が造り上げた物ですから、此れに従うと長い時間の中のほんの一瞬、有我があって又、絶対
の無に戻る。  この一瞬の有我の時間とはいったいなんなのだ。
自我意識を持つ生命そのものが実は絶対の無なのか。 時間......。
アインシュタインは出さないで下さい。いまは感覚的にどちらかといえば情緒的に話を進めようと思っていますので、すいません。
      語彙が少なくて旨く言えません。   peikan

お礼日時:2005/04/06 19:12

NO.6です。



>有限の無などは考えておりりません。
>無は無です絶対の無です。

ええ。ここで私が定義する『無』とあなたが定義する『無』は同じように思えました。が、しかし、、、


>ここで気が付くのですが、たぶん宇宙創世以来、私が誕生するまで、
無が続いていたのですね。

無が続く? その概念がわかりません。
無は無ですよね。
あなたの考えは無は存在していることになり、私の考える無とあなたの考える無が違ってきちゃいます。
あなたの捕らえる無は、例えば線路の上を走る電車が今現在はまだ東京駅に電車はいないので、東京駅内という空間限定でのみ「その列車は存在しない」という条件付の無のように思えます。
やがて東京駅に入ってきて、無から有になったような状態です。
ということは、、、それは無じゃなく常にどこかにはいる有という属性を持つものになると思います。
属性を全く持たないものが無だと思うのですが・・・


>そして私が生まれ、自分の存在を意識(有を意識)し、そして死と共に、また宇宙創世以来の無(私自身の絶対の永遠にとぎれることのな
いの無)が始まる......。       これでいいのかな。?

その無と有の境目は意識ですか?
では障害を持っていて自分の存在を意識することができない人は 存在しないことになりますか?
自分が思っていなければ他人が存在すると思っていても、無になりますか?

赤ん坊はどうですか?
ライオンはどうですか?

『永遠の無』と限定してしまったら、その無は属性を持ってしまうので、無じゃなくなると思います。
無の概念って難しいですね。
概念で定義してしまうと無じゃなくなりそうな気がするんです。
どうして?って言われても説明できませんが。
    • good
    • 0

peikanさん、こんにちは。



こんな思考実験をしてみました。
意識を目に見えるものとして表現してみます。

巨大な風船をイメージします。
その風船の表面すべては、薄く水に覆われているとします。
(地球のように・・)
さて、その風船の内側から外に向けて、つまようじで、
つきます。(破れないものとします。)
そうしますと、つまようじの先端にある風船内の一部が
水面より上に出ます。
(小島のように・・)
様々な部分が中から突付かれて、水面上に顔をだします。
(個々の人間です。)

この水面上に出ている部分が僕達の「顕在意識」で、
生活する自分とでもいうべきものです。
この水面と大きな風船の元の表面の間ではさまれた部分が、
「潜在意識」で、忘れ去った記憶が保管されている部分です。
僕達はつまようじで突き上げる前は、
元々「一」なる意識すなわち巨大な風船なのです。
これが「無我」あるいは「大我」でしょう。

ですから、自分(小我)というのはつまようじで突き上げる前は、
「無我」という存在であり、自分というのは本来無いわけです。
peikanさんも、僕も今は水面上だけを自分と認識していますが、
本来はみんなつながっていて「一」であるわけです。

また、「死」とはただ古着である肉体を脱ぎ捨て、
次元と場を移動(テレポート)するだけであり、
「一」に戻ることではないです。
まだまだ自分という意識での修行は続くわけです。
    • good
    • 0

無についてソフィーの世界ではこんなやりとりがあります。



アルベルトはソフィーと待ち合わせをして ワザと15分遅刻しました。
その後やってきて「君は喫茶店に来た時何を見た?」と聞いたところ、ソフィーは「アルベルトがいないのを見た」と答えた。

「ちょっと待って。居ないのをどうしてみれるの?」
これがアルベルトの返答です。


無いものをどうして「ある」とするの? ってことだと思います。

むむむむ・・・。
ポイントにおいて通過する際、いない状況は生まれるが、どっかにいるからその場にいないわけで。


>自分の死後、何十億年の無我、を信じる事が出来ません。
 ↑
この場合 無(無我)が存在しているように表現されているように思えるのですが、それっておかしくないですか?
有限の無?
つまり無から何かが誕生することもあり?
じゃあ 無じゃなかったんじゃないのかな?
って思いませんか?
何十億年を永遠と表現していない当たりが、その言った人は有限の無の存在を示しているように思います。
その人に「無は有限なの? どうして有限なの? 無ってどういう状態の事をあなたは示しているの?」って聞くしかない。



無の状態になるって表現も よくよく考えればおかしいです。
無があることになっちゃうので。
無は無いから無なんですよね。
0の概念以上に難しいです。
うわー わからなくなってきた ><
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

有限の無などは考えておりりません。
無は無です絶対の無です。


ここで気が付くのですが、たぶん宇宙創世以来、私が誕生するまで、
無が続いていたのですね。
そして私が生まれ、自分の存在を意識(有を意識)し、そして死と共
に、また宇宙創世以来の無(私自身の絶対の永遠にとぎれることのな
いの無)が始まる......。       これでいいのかな。?

お礼日時:2005/04/05 20:39

無我であるからして、森羅万象の実相に還るのみ。


それが、何がしかの森羅万象に作用して、別の報いとなっ
て繰り返し流転する。 この一生は、ひとつの生命の姿に
他ならず、元来の生命は、精子や卵子のように、また別の
姿に変化する。 万物流転 因果応報 そのような、時空
を超えた、森羅万象の実相を釈迦は体感していたのでしょ
う。 我々の肉体や、この世に生命のあった頃のありとあ
らゆる行いが、森羅万象に還元し、またそれが次なる生命
に宿り、生命の永遠を悟ったのかも。
    • good
    • 0

眠り「就寝......無我......起床、」この間の時間経過は意識されません。

(少なくとも私には)これが永遠に続く無我(死)となった時、起床のない永遠の時間経過。これが理解出来ません。

これはあくまでも「就寝......無我......起床、」というサイクルを基準に考えているからだと思います。

>自分の死後、何十億年の無我、を信じる事が出来ません。

無我が続くのではなく死ですべてが終わるのです。消滅するのです。ですから死によって無我という状態に移行するのではなくそこで線が消えてしまい、なにも続きません。きっと質問者は死によって無我という状態に移行し、その状態(眠っているときのような状態)が永遠に続く、しかし眠っているような状態を無我だと考えているためどうしても起床という次の状態がいつか訪れる、そう無意識に感じてしまっているんだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自身で変換して作成した、MP3ファイルについて教えてください。

MP3ファイル変換ソフトを使い、PCにて作成された、MP3ファイルを、MP3プレーヤーで再生するには、この作成されたMP3ファイルを、MP3プレーヤーへ移動しないといけないと思うのですが、、、
(つまり、MP3プレーヤーにどんどん作成したMP3ファイルが蓄積されていくという仕組みなのでしょうか?

Aベストアンサー

mp3プレイヤーによっては、専用のソフトを必要とするものもあります。
ファイルを直接コピーして再生できるものもあります。(少数でしょうが)
勝手に蓄積していくと言うことはありません。
あなたが自分自身で操作して移す必要があります。

Q無我の境地とは自らが人間である事をかみしめる事だ

お釈迦さまの生きた2500年前にはインドに限らず世界中どこを見渡しても「人間」という概念がなかった。
「人」という言葉と「我」という言葉だけがあった。
現代では「人間」という言葉一つで自己を定義できるが、昔はそれだけでも哲学的に苦心しただろう。
そこでお釈迦様は無の信仰に基づいて、定義のあいまいだった我の概念について無我説を打ち出しながら、一方で自らを仏陀と名乗った。
無我説の今日の研究では、当時のインドで主流だったバラモン僧の研究でアートマンと定義された我、すなわち自己について、反論として自己はバラモンの考える我ではないと言ったということになっている。そして仏陀として自らを名乗り、無我を主張した。これらは宗教家同士の権力闘争に過ぎず、実のところアートマン説に対案を示さず、無であるという完全否定のみを主張する暴力的論争の持ち掛け方であり、一方で当の本人は仏陀であった。
この無我説は階級制度が過酷だった当時において、階級制度の否定という政治的意図をもった事柄であり、現代には階級制度の否定はおおむね、当時なかった人間という言葉をかざすことによって行われている。
お釈迦様の生きた当時はこの人間という概念が確立していなかったので、自己の存在の定義が階級制度の枠組みの中に当てはめられるアートマン説に反抗していたのだ。

それでは、仏陀が何者であったかというと、自己について人間という言葉に近い理想を持っていたのであろう。
仏という言葉を現代語訳すると、人間を意味する。


今回の質問は論理の主張と言うよりも、研究の成果をさらに先に薦めるための学問上の事柄で、何がしかのご意見やアイデアなりを募集しています。

お釈迦さまの生きた2500年前にはインドに限らず世界中どこを見渡しても「人間」という概念がなかった。
「人」という言葉と「我」という言葉だけがあった。
現代では「人間」という言葉一つで自己を定義できるが、昔はそれだけでも哲学的に苦心しただろう。
そこでお釈迦様は無の信仰に基づいて、定義のあいまいだった我の概念について無我説を打ち出しながら、一方で自らを仏陀と名乗った。
無我説の今日の研究では、当時のインドで主流だったバラモン僧の研究でアートマンと定義された我、すなわち自己につ...続きを読む

Aベストアンサー

大学教授の本を読むと、簡単に分かりますよ。下田 正弘教授のとか、めちゃ良いですよ。

Qmp3の一部を取り出したい

ある歌をmp3ファイルで持っているのですが、その曲の一部分だけを別のmp3ファイルとしたいのですが、このようなことはできるでしょうか?
また、複数のmp3ファイルを結合して1つのmp3ファイルにできるものでしょうか?
やりたいことは以下のようなものです。

曲A.mp3 ⇒ 曲A'.mp3 (曲Aの一部)
曲B.mp3 ⇒ 曲B'.mp3 (曲Bの一部)

曲A'.mp3のすぐ後ろに曲B'.mp3を結合して、曲C.mp3をつくる

これができるフリーソフトを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

分割も結合もできる。
これですね。
http://www.cdwavmp3.com/mp3/ouyou/audioeditor.html

Q何も信じられない時代 人は誰を何を信じて生きていけばいいのでしょうか?結局信じられるのは自分だけな

何も信じられない時代

人は誰を何を信じて生きていけばいいのでしょうか?結局信じられるのは自分だけなのでしょうか?

Aベストアンサー

>結局信じられるのは自分だけなのでしょうか?
突き詰めればそこでしょうね。

ただ、これまで不景気の影響や度重なる自然災害の経験を通して、「周りの人と協力すること」がいかに強力で心強いものかを目の当たりにしてきました。
おいらも含め、経験上あまりピンと来ない部分も多いですが、そういったところもできれば信じていたいですね。

Qmp3player

mp3プレイヤーとは何ですか?mp3を聞けると言うんですが、どうやってmp3に取り込むんですか?mp3CDプレイヤー
ってありますよね。あれは両方がくっついたやつと考えればいいんですか?あと、CD-RWドライブでmp3をCD-Rに焼くより、mp3を買っちゃった方がいいですか?

Aベストアンサー

MP3プレイヤーは、MP3形式のファイルを再生できるソフト、ハードをひっくるめて
呼ぶ名前です
パソコン上のWinAmpやSCMPXはMP3プレイヤーのソフト、Rio等はmp3プレイヤーの
ハードです

MP3CDプレイヤーは、MP3データを焼きこんだCD-Rを再生できる機能を持ったCDプレ
イヤーの事(RioVoltなど)

MP3CDがいいか?は、好みと所有のハード次第です
MP3CDのほうは、多くの曲を入れることが出来るし、メディアも安いですが、徐々に
減衰するし、書き換えは出来ないし、音とびの可能性があります

それに対し、シリコンオーディオと呼ばれるMP3プレイヤーは、メモリ容量が少ない
(CDに比べて1/5~1/10)ので曲数は少ないし、メモリを増設するのは高いですが、
まず消えない、書き換えが出来る、音とびの可能性は無いです

買う時の値段はシリコンオーディオの方が高いと思いますが、将来数年にわたって
使っていくと、MP3CDはランニングコストがどんどんかかります
但し、MP3CDは従来のCDも再生できるので、互換性は高いですね

MP3プレイヤーは、MP3形式のファイルを再生できるソフト、ハードをひっくるめて
呼ぶ名前です
パソコン上のWinAmpやSCMPXはMP3プレイヤーのソフト、Rio等はmp3プレイヤーの
ハードです

MP3CDプレイヤーは、MP3データを焼きこんだCD-Rを再生できる機能を持ったCDプレ
イヤーの事(RioVoltなど)

MP3CDがいいか?は、好みと所有のハード次第です
MP3CDのほうは、多くの曲を入れることが出来るし、メディアも安いですが、徐々に
減衰するし、書き換えは出来ないし、音とびの可能性があります

それに対し...続きを読む

Q死後の世界はどうなってるの?大怪我して長い間病院の中で眠った人いますか?眠って助かった人、死後の世

死後の世界はどうなってるの?
大怪我して長い間病院の中で眠った人いますか?眠って助かった人、死後の世界を経験した人いますか?
死後の世界ってどんなかんじですか?

Aベストアンサー

死後の世界って死んだら新しい世界へ行くとか言う事はありません。
死んだなら体の機能が全て停止してしまって「無」に戻るだけですからね。
よく言われて居る臨死体験で黄金の光が云々とか言うのは医学的な説明が出来る様ですよ。
死んだなら終わりですから、死後の世界を説明出来る人など存在しません。
もし存在したとしたならば、その人は死んでいないと言う事ですから死後の世界を体験していません。

QMP3→mp3

MP3→mp3

ICからパソコンに取り込んだ音声ファイルがどうしても「MP3」になってしまって困ってます。

http://webongaku.com/flashmp3/

のFlashのMP3プレーヤーを設置してweb上で音声が聞けるようにしたいのですが
それは「mp3」しか指定できないみたいなんです。

要するに、「MP3」ファイルを「mp3」ファイルにするには
どうしたらいいのでしょうか、ということなんですが・・・

よろしくお願いします。

もしくは、MP3ファイルのままでもOKな
FlashのMP3プレーヤー(無料)があれば教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

できればFirefoxでも大丈夫なものをお願いします。

Aベストアンサー

no1です
>私が紹介したFlashのMP3プレーヤーでの設定手順は間違いなくやっています。
soundフォルダの中のファイル名は正しいですか?

Q無の悟りとは方便であり、お釈迦様の無我は偽りである。

無の悟りとは方便であり、お釈迦様の無我は偽りである。
無の悟りとは無いものは無いと明白にする、有無に照らした分別の身を指します。(持論)
そこで無我について考えてみました。
煩悩を考察する例え話です。
たとえばテレビでフェラーリを見てかっこいいから欲しくなった。
冷静であればお金が無いからやっぱりやーめた。
このようになります。
ところがどうしても欲しいと、中古品の旧車で安いのは無いか、、いっそのことミニカーでも買ってみようか。
このようにくよくよします。
そのようなくよくよがなく、「そんなもんありゃしねー」とすっぱりと切るのが無です。
この場合の無とは、「我には無い」と言う意味です。
でも世の中にはフェラーリと言う車が流通しそれに乗る御金持もいます。
我には無い、されど世にはあるです。
無我に照らせばフェラーリはあるです。
我に照らせばフェラーリは無いです。
ならば無我に照らし、さらには無しとする「無」はあるのでしょうか。
世の中をあまねく照らせば全てはあるです。
無は信仰のみにしか無い。
ところがあまねく照らすアマテラスさんはほほ笑みかけます。
「私があなたを知らないわけがない」と。
そうすると想像の産物、想像の世界とは、人間にとっては無と言いうる側面がかつてあった。
しかし神に照らせば全てはある。
ならば無とは偽りであり、無の悟りとは神への反逆である。
お釈迦様は自らの信仰を他者に伝え仏教の始祖となりましたが、その信仰の内容とは無神論そのものであり、信仰の根ざす事柄は無への信仰である。
私は無我とは偽りであると主張します。
それでも無我を主張する仏教の教えについてご教授ください。

無の悟りとは方便であり、お釈迦様の無我は偽りである。
無の悟りとは無いものは無いと明白にする、有無に照らした分別の身を指します。(持論)
そこで無我について考えてみました。
煩悩を考察する例え話です。
たとえばテレビでフェラーリを見てかっこいいから欲しくなった。
冷静であればお金が無いからやっぱりやーめた。
このようになります。
ところがどうしても欲しいと、中古品の旧車で安いのは無いか、、いっそのことミニカーでも買ってみようか。
このようにくよくよします。
そのようなくよくよがなく、...続きを読む

Aベストアンサー

お釈迦様の悟りは「無」ではありません。それは、後世の大乗仏教の教祖の一部の人が言っているだけで生悟りなわけです。だから、いろいろな理屈に合わない疑問が出て来るわけです。

大乗仏教や学者たちは、お釈迦様の悟りを正確に理解しておりません。

特に、大乗仏教の歴史はお釈迦様の悟りが理解できていないことからスタートしました。だから、色々な学説が生まれて現在ような、無数の創作経典や論書や宗派が生まれました。

それぞれが、似たようなことを説いたり、まったく違うことを説いております。

これは、お釈迦様は「自分の悟りを表さなかった」ことによります。お釈迦様は自分の悟りの感想は言っていますが、「悟りとはどういうことなのか?」ということは説明していません。

ただ「ニルヴァーナ(涅槃)」というだけです。そして、自分と同じ悟りを体験しなさいということで、その修行法を生涯に渡って説いただけです。

お釈迦様は、涅槃に至る修行法とそれを助ける教えを説いただけで、「これが悟りだ」ということは言っていません。言うどころか、言ったところで理解できないから言わないと言っています。

また「無我」ですが、これは「我(アートマン)」の存在について説いたものです。「我」とは、「アートマン」、つまり「霊魂」のことです。

古代インドでは、人間の本性は霊魂(アートマン、我)であって、肉体が滅んでもアートマンは残り、それは常住不変で永遠の存在であると言われていて、そう信じられていました。

しかし、お釈迦様はバラモン教で言われているアートマンは永遠でもなければ、常住不変の存在でも「無」いと説きました。

また、バラモン教が説いているアートマンも真のアートマンでは「無」いと言ったわけです。

バラモン教が説いているアートマンは一見不変で永遠のように思えるが、それもまた因縁によって出来たものである説いたのです。

仏教で言う「無我」とは、何も無いとか、何も考えない状態とか、何も思わない状態とか、そういうことをいっているのではありません。

仏教で「無」という言葉が使われ過ぎるために誤解が生まれただけに過ぎません。

般若心経でよく「無」という言葉がでますが、あれは修行によって「有」を「無」に転ずることが出来、「無」を「有」に転ずることが出来る。あらゆるものは因縁によって「有」でも「無」でもすることが出来る。何の理由でそのようなことが出来るのか、それはすべての真理は「空」だからだと説いているわけです。「空」というものが、因縁によって色々なものに変化すると説いているわけです。

だから、本当は「無」ではなく「空」なんですね。「無」は否定語として使われているわけです。

だから「空」だけは実在なのかも知れませんね。「空」の中に、あらゆる物も命も霊も、その元になるものがあるわけです。それを仏教では「梵」「法(ダルマ)」と言いました。これは言葉が違うだけで「絶対神」のことを言っているのだと思いますね。「空」という言葉は、大乗仏教の中観派から出た言葉ですね。

お釈迦様の説法の特徴として「神」とか「霊」とか「魂」とか、他の宗教と混同して誤解されやすい用語は使わなかったのですね。お経を読めば、これは「霊」のことを言っているなというところがあるわけです。言葉が違うから説いてないという学者や僧侶がいますが、間違った解釈ですね。

お釈迦様が説いたのは「ニルヴァーナ」とそれに至るための「修行法」と「教え」のみです。それ以外は、庶民の人生相談や素朴な疑問に答えただけですね。「ニルヴァーナ」についてですが、未だに誰も理解しておりません。だから、諸説や推測が数多く出てきます。「無我の境地」もその一つでしょう。

ある程度の地位や名声のある人が、何か言ってしまったら、間違っていてもそれが通ってしまうのが世間というものです。だから、偉い人が間違うと困るのです。修正する勇気のある人が出るまでそれが真理として定着していまいます。

お釈迦様の悟りは「無」ではありません。それは、後世の大乗仏教の教祖の一部の人が言っているだけで生悟りなわけです。だから、いろいろな理屈に合わない疑問が出て来るわけです。

大乗仏教や学者たちは、お釈迦様の悟りを正確に理解しておりません。

特に、大乗仏教の歴史はお釈迦様の悟りが理解できていないことからスタートしました。だから、色々な学説が生まれて現在ような、無数の創作経典や論書や宗派が生まれました。

それぞれが、似たようなことを説いたり、まったく違うことを説いております。

こ...続きを読む

QMP3をオーディオCDで焼いたのですが、できないのがありました

ほとんどの曲は焼くことができたんですけど、同じMP3でも、焼けないものが
ありました。
調べてみるとMP3でも、いろんなMP3があるみたいです。
焼けないMP3を焼けるMP3に変えるフリーのソフトはないですか?

Aベストアンサー

No.2です。

>オーディオCDで焼くのは、あきらめるしかないですね
可能だとは思いますが、著作権の関係もあり、ここでお答えはしない方がよさそうです。
kanda09さんがお持ちのファイルがという意味ではなく、ここはいろんな方がご覧になっています。
誤解のないようにお願いします。

>MP3としは焼けるのでしょか?
MP3としてということであれば、データCDとしてということになりますので、通常のライティングが
あれば書き込み可能だと思います。

Q信じる事と騙される事って紙一重ですか?

哲学にはあまり詳しくない者です。
人を信じるという事を美しくとる事が多いですが、私はそう思いません。すべてがそうではないですが、信じる事の次には、だまされる事、裏切られる事が多いような気がします。信じるというのは、どういった利点があるのでしょうか?

Aベストアンサー

論語の一説を引用します。

>子貢が政治のことをお訊ねした。
>先生は言われた、「食料を十分にし軍備を十分にして、人民には信頼を持たせることだ。」
>子貢が「どうしてもやむを得ずに捨てるなら、この三つの中でどれを先にしますか。」
>と言うと、先生は「軍備を捨てる」と言われた。
>「どうしてもやむを得ずに捨てるなら、あと二つの中でどれを先にしますか。」
>と言うと、「食料を捨てる[食料がなければ人は死ぬが、昔から誰にも死は在る。
>人民は信頼がなければ安定しない。」と言われた。

人間が社会を形成した時、信頼は欠かせないということを、
孔子が説いた言葉です。

個人においては、人を信じて裏切られるということは、
誰でも経験するかと思いますが、より広い視点においては、
人と人との信頼は欠かせないのですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報