インストールできなくて困っています。

 ショップブランドPC互換機に
 Solaris8 Free版 for Intel をインターネットからバイナリで落として
 CDに焼きました。

 http://www.sun.co.jp/software/solaris/binaries/g …

 CDからブートしてインストールをします。
 ブートは無事にされます。
 ところが、どのメディアを使ってインストールするか
 選ぶ場面(disk , CD , netと普通は3つあると思いますが)
 なぜかCDが選択肢にありません。
 フロッピーからブートした場合も同様です。

 どうすればインストールできるがご存知でしたら教えてください。

 デバイス一覧ではちゃんと以下のようにSCSIアダプタ認識されています。
 PnP ISA : ADP 1542
 Port 330-333
 IRQ 10
 DMA 7
 Memory CC000-Cffff

 ISAのSCSIカード : Adaptec1542
 CD-ROM : Panasonic LF-D100 DVD-RAM

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Solaris8ってインストールに2時間近くかかってたなぁ、と


1年前のことを思い出します。

さて、CDの選択肢が現れないとのことですが、

CD-ROM : Panasonic LF-D100 DVD-RAM

と言う部分が、ひっかかります。
このドライブにSolaris用のドライバが用意されているでしょうか?

私がインストールしていたときは、「1世代前くらいの古さで信頼性の
高いもの」を念頭においてました。新しいモノにはSolarisへの
対応が間に合っていない場合が多い、という事情があるようです。

ほかにも、対応が間に合っていない機器があるかもしれませんので、
Solarisをキーワードにして検索してみることをお薦めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDOSでPCMCIA・SCSIカードの認識したいのでAdaptec SCSIインストーラ for Windows 3.1/DOSがほしいです。

DOSでPCMCIA・SCSIカードの認識したいと思っています。
カードはメルコのIFC-SCDですがAdaptecのAPA-1460Aと同等品だそうですのでそのドライバを使おうと思っています。
そこでAdaptec SCSIインストーラ for Windows 3.1/DOSがほしいのですがどこにありますか?Adaptecのサイトでも見つからなかったのです。
ついでにドライバは1460Dのものでもいいのでしょうか。
あと、もし、上記のソフトが無いのであれば無くてもできる方法を教えてください。
ハードはDELLのlatitudeXP475Dです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

先に示した参考URLから support->cardware->technical support->downloadと進んで
許諾条件を読み、無料で試用できるのは15日間なんだなと納得してからproduct download
へと進むと http://www.tssc.de/download/prods/trial.htm に出ます。

CardWare for DOS / Windows 3.x version 6.00.013というのがふつ~のドライバでしょう。
ず~っと下のほうを見ると、APA-1460 Enabler for CardBus adapter っていかにもな名前で
APA-1460用のドライバがありますね。こいつとASPIドライバがあればDOSからSCSIが見える
ようになりますから、後は接続する機器のドライバがあればオッケ~でしょう。

参考URL:http://www.tssc.de/download/prods/trial.htm

QFreeDOSのインストールCDがブートするパソコンとしないパソコンがある。

FreeDOSのISOイメージを手に入れてから、それをCDに焼いてインストールをしようとしました。これです。
http://www.freedos.org/freedos/files/

不思議なことにあるPC(NEC VersaPro)ではブートレコードが見つからないとなりCDからブートできずインストールできません。でもあるPC(IBM ThinkPad)ではCDからブートできてインストールできます。両方ともCDからのブートを一番にしています。

不思議で仕方ないのですが、どうしてこんなことが起こるのですか?

Aベストアンサー

CDのブートセクタの情報の相違によるものです。
この情報の違いはOSが違っていれば発生します。
(OSによってブータブルCDの構造が違っているということ)

また、機種によっても発生します。問題となるのはこちらの場合でして、
合わない場合はその機種専用のイメージを用意する必要があります。

DOS/V機の多くは共通だと思いますが、一部に独自仕様があります。
NECは長いこと独自路線を来ましたから、何かあっても不思議ではないです。

徹底解明する意味もあまりないと思われますが、
原因を追及したいのならばISOイメージとNEC製のリカバリCDのイメージを
バイナリエディタで解析にかけて比較します。

Qrestore b: a: /s /pができません。

FDがA,固定 DISKがBとして
restore b: A: /s /pをしたいのですが、
肝心の固定ディスクがフォーマットされてしまっています。この状態で以上のコマンドを実行する方法はあるでしょうか?
ちなみにMS-DOS3.3DのFDは持っているんですがメニュー画面を立ち上げても、インストールする方法がわかりません。やっぱり固定ディスクにMS-DOSをインストールしないと固定ディスクにFDのファイルをリストアすることは出来なのでしょうか?よろしくお願いします。ちなみにマシンはPC9801NS/Aです。

Aベストアンサー

状況がよく解りませんが、

> restore b: A: /s /pをしたいのですが、
固定ディスクb:に有るバックアップファイルをフロッピーディスクa:に復元しなさいと言う意味ですよね。

HDDはフォーマットされているのでしたらバックアップファイルは無いので無理でしょう。
と、ここまで書いて来て下の文面を読んで行くと、
> 固定ディスクにFDのファイルをリストア
と有るので、FD起動した場合、
restore A: b: /s /p
で行けるのでは?
ただ、FDの起動ディスクとバックアップファイルを納めたFDとは違うと思うのでrestoreコマンドの動きがどの様に動くかちょっと失念しているので一度試してみて下さい。

これとは別に、今後HDDから起動させたいのであれはリストア前に、HDDへMD-DOSのOSをインストールする必要は有ります。FDからの起動限定であれはその必要は有りませんが。

Qkernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
kernel: md: export_rdev(hda9)
kernel: md: considering hdb8 ...
kernel: md: adding hdb8 ...
kernel: md: adding hda8 ...
kernel: md: created md5
kernel: md: bind<hda8,1>
kernel: md: bind<hdb8,2>
kernel: md: running: <hdb8><hda8>
kernel: md: hdb8's event counter: 00000078
kernel: md: hda8's event counter: 00000078
kernel: md: RAID level 1 does not need chunksize! Continuing anyway.

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
...続きを読む

Aベストアンサー

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>


[UU]となっているので、両系で動作しています。

md1はhda1/hdb1です。
md2はhda2/hdb2です。
md3はhda3/hdb3です。
md5はhda5/hdb5です。


mountコマンドで確認すると、以下です。

# mount

/dev/md1 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md2 on /var type ext3 (rw)
/dev/md3 on /usr/local type ext3 (rw)
/dev/md5 on /home type ext3 (rw)

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]
...続きを読む

Qscsiディスクを増設後のブート時のエラー

vine2.6+updateを使っております。
scsiディスクを増設して、パーティション作成、ファイルシステム作成、マウントポイント作成して、マウントができること確認しました。その後、fstabにマウントポイントを記述して再起動を行ったところ、以下のようなエラーが出てしまいました。

fsck.ext3:No such device or address while trying to open /dev/sdb1 /dev/sda1:clean, 121196/5003712 files, 4357120/10004470 blocks [FAILED]

このエラーの後に、ルートのパスワードを入力すれば、rebootできるとメッセージが出ているのですが、Linuxを入れてるマシンの都合で、ブート時にキーボードが使えません。

この状態から、回復するにはどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

VineのCD-ROMからレスキューモードで起動して、fstabファイルを編集
してみてはいかがでしょう。

CDROMから起動できたら
boot: linux rescue <enter>

質問に適当に答えていくと
#
でコマンド入力待ちになります。

# mount -t ext3 /dev/hdaX /mnt/XXX <enter>
などで、/etc/のあるパーティションをマウント

# vi /mnt/XXX/fstabファイルを編集する。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報