入院補償はいらないので生命保険の金額だけ3000万円保証として掛け金の安いのはどんなものがありますか?
また、掛け金の上がらないタイプではどんなものがありますか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

3000万円の保障として掛け金が安いもの。


まず、期間設定が問題です。
それと、加入者の年齢。
ちなみに、10年更新型は、ご存知の通り10年後に
保険に再加入する形ですので保険料は上がります。
だだし、上がり方は年齢によって違いますので一概に悪いとはいえません。
例えば25歳で加入した場合、更新は35歳。
35歳であれば、さほどあがりません。
それは、35歳では死亡率が低いので保険料は高くないのです。
定期保険でも、年齢が高ければ死亡率も高くなりますので保険料は高いのです。
3000万円の保障が30年ほしいと思ったら、はじめから30年の期間で保険を組めば更新型より総支払い保険料は安くなります。

会社で団体保険というものがあれば、それは安いです。1年更新ですが、還付金もあります。
個人で保険に加入するよりは安いはずです。

一生涯保障がほしいのであれば(保険料も上がらない)終身保険。終身保険の中で保険料が安いのは、変額終身保険。
変額終身保険は、解約返戻金(解約した時に戻るお金)が確定でない分、予定利率は通常の終身保険より
高くなっています→保険料は安い
一生涯の保障がメインと考えるのであれば、変額終身保険がいいですね。
この保険は、解約返戻金の保証はありませんが、死亡保険金は契約した保障額が必ず支払われます。
ただし、掛け金は安くないでしょうけど。

3000万円という高額の保障は安く入るためには、
必要な保障期間だけ定期保険に全期型(30年なら30年の期間で設定すること)で入ることですね。
そうすれば、保険料は上がりません。
それと、今は非喫煙保険(煙草を吸わない人は保険料が更にやすくなる)とかありますのでそのあたりも調べてみたほうがいいでしょう。

でも、全期型で100歳までの期間となると終身保険と保険料は変わらなくなってしまいます。
それは、終身保険の保険料は100歳~105歳程度を命の限界として保険料を算出していますので。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
回答を拝見しました。
私としては働き盛りの間だけ(40から60くらいまで)保障があればあとは葬式代で良いと思っていますので無駄は有るとは思いますが、全労災あたりに入ろうかなと思っています。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 12:01

>私としては働き盛りの間だけ(40から60くらい まで)保障があれば・・・


家計保障定期保険(あんしん生命)や収入保障定期保険(ソニー生命)などがおすすめです。保障金額が減って(逓減)いく商品です。一般的な更新型の定期保険のおおよそ1/4ぐらいの保険料となります。(月々の保険料ではなくトータルの払い込み保険料合計額です)どちらも保険料は途中で上がりません。

>あとは葬式代・・・
終身保険で200~300万円ご用意されたらいいと思います。
終身保険で安いのは、変額終身です。(解約金にこだわらない場合)取扱い会社はソニー・プルデンシャルなどなど複数社あります。
貯蓄性を求めるのであれば、あんしん生命の長割り終身がおすすめです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
そうですね。自分の収入の保証という観点で見るのもよさそうですね。
とりあえず各サイトで保険料も調べてみます。
お世話様でした。

お礼日時:2005/04/12 08:56

オリックス生命のダイレクト定期保険が安いです。


契約期間を5年きざみで5年~35年で選べ、その間は掛金は上がりません。

ほとんどの保険会社の生命保険は10年契約です。10年間は変わりませんが、10年後には10年後の年齢での再契約になるので、保険料がぐんと上がります。


余談ですが
掛け金の安い保険は「定期保険」ですが、定期保険はある一定期間の保険です。
期間を決めて、その間の保障になります。

掛け金が一生上がらないもしくは死亡するまで保障、となると「終身保険」という種類になります。

人間必ず死ぬため、終身保険の保険料は非常に高額で、3,000万円を貯蓄するのと変わりません。
(定期保険は、期間中に生存するか死亡するか、集団のなかでは確率の問題なので、保険料が安くなります)

貯蓄の場合は死後残るお金はだんだん増えていきますが、保険だと死後残るお金は最初から3,000万円、
貯蓄は引き出せますが、終身保険は引き出しにくく解約すると損をすることがある(数十年後にならないとほとんど損)、というところが違います。
いまは低金利時代で予定利率が低いので、終身保険はあまり有利ではありません。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/teiki/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご返事頂きありがとうございました。
内容も気づかないところまで教えていただいて、
こんなところまで無料で教えていただけるこのサイトにも感謝です。
早速確認してみることにします。お世話様でした。

お礼日時:2005/04/05 17:08

俺も死亡の時だけの保険金!を考えました。


自分なりに調べた結果チューリッヒが安い気が
したので、チューリッヒにしました。
当然、掛け金は一定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございました。
さっそく調べてみます。お世話様でした。

お礼日時:2005/04/05 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q54歳、男性、掛け金の安い終身保険を教えて下さい。

宜しくお願いします。

54歳、男性です。

現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。
主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。
定期保険特約、500万円で、2021年更新
三大疾病特約、300万円で、2021年更新

あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新
がん入院特約、日額10,000円 終身

という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。

終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。

そして、新たに、終身保険に入りたいのですが、54歳ということもあり、なかなか掛け金の安い終身保険が見つかりません。

そこで、死亡保険は、500万円で、NKSJひまわり生命の「低解約返戻金型終身保険」というのが、1ヶ月の掛け金、13,370円であったのですが、どうなのでしょうか?
多分、解約することないと思うので、普通の終身保険でいいのですが、普通の終身保険で掛け金の安い保険会社の終身保険はどこでしょうか?

なお、医療保険とがん保険は、別に入りますので、終身保険のみについて、宜しくお願いします。

宜しくお願いします。

54歳、男性です。

現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。
主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。
定期保険特約、500万円で、2021年更新
三大疾病特約、300万円で、2021年更新

あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新
がん入院特約、日額10,000円 終身

という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。

終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

終身保険が500万円というのはどこからでてきたのでしょうか?

保険金額が少ないより多い方がいいですが、保険料はそれだけ高くなります。

家族構成がわかりませんが会社員なら
「遺族基礎年金」+「遺族厚生年金」があります。
下の図を見てください。
そもそも終身保険500万円の目的がわかりません。
お子様が経済的に自立してないなら、掛け捨ての死亡保障も必要です。
葬儀の費用としては500万円は不要です。

それでも、終身保険の保険料を安くしたいなら、方法はありますが、優先順位としては全く違いますので、ここには書きません。
人が「死ぬ」のをだまっているよりは、先に見直す部分がたくさんあります。

会社員であれば、入院日額は普通は1日5000円ですみます。

がん特約だけ終身保障というのは「生きる力」かもしれません。

今は先進医療の重粒子線治療の約300万円より「抗がん剤治療」の方がお金がかかり、確率も高いです。

根本的に見直しをおススメします。
おそらく「命」を守れない保険に何百万円も支払っていると思います。

また、転換自体も保険業法違反の場合がほとんどです。

なぜなら、転換せずに、加入した方が得だったからです。

日本生命以外も同じようなものです。

参考になれば幸いです。私はこれ以上はここに回答しません。

終身保険が500万円というのはどこからでてきたのでしょうか?

保険金額が少ないより多い方がいいですが、保険料はそれだけ高くなります。

家族構成がわかりませんが会社員なら
「遺族基礎年金」+「遺族厚生年金」があります。
下の図を見てください。
そもそも終身保険500万円の目的がわかりません。
お子様が経済的に自立してないなら、掛け捨ての死亡保障も必要です。
葬儀の費用としては500万円は不要です。

それでも、終身保険の保険料を安くしたいなら、方法はありますが、優先順位としては全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報