大学二年、女です。
東京の大学で、生け花の小原流を習っているサークルがあれば入りたいなと思っています。
情報をお持ちの方、
連絡先をご存知の方よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

私は、小原流の本部教室(表参道)で行われているビギナーズスクールに通っていました。

でも、puluさんは大学のサークルをお探しなんですよね。
そうしたら、本部に問い合わせてみるといいかと思います。下のHPに問合せ先が掲載されていますので、ご参考になさってください。
いいサークルが見つかるといいですね。

参考URL:http://www.ohararyu.or.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q華道を習いたいです。小原流と池坊に関して。

最近、お花を習い、極めたいと思うようになりました。(幼い頃は習いなさいと言われるのが苦痛だったのですが・・・)HPで調べて小原流と池坊が主観で特に美しいと感じました。

もう若くないので、カリキュラムをさくさく進めて、なるべく早めに師範免状が取れたらいいと考えております。
また祖母が小原流師範で華道に金銭面でだいぶつぎ込んでいたこともあり、不安です。別の流派の方からも「小原流は派手だからね、お金がかかる」と聞いた事もあります。

小原流と池坊を学ぶにあたっての金銭面のお話とカリキュラムに関し、ご教授いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

小原流に関しては知識がないのですが、
池坊の免状を持っています。

中伝ですら下ろしていただくのに約3万ほどかかった記憶があり、週一で約3年ほど稽古をしました。

免許をおろしていただくには、やはりそれなりの時間とお金はかかります。
師範免状ということでしたらなおさら2つを覚悟して始めなくてはいけないのではないでしょうか?

流派の選び方は人によると思いますが、
単純に自分に合うと思った流派を選んでよいと思います。
ご存知かもしれませんが、流派によって、「禁花」も違ってきますので。

蛇足ですが、
池坊は比較的自由な造形表現ができることで有名らしいです(先生談)


浅い知識で申し訳ありませんが
少しでもお役にたてれば幸いです。

Q生け花のそれぞれの流派の特徴のわかる本ご存知ないですか

昨日、生け花の展覧会へ行ってきました。
色々な流派の達人の方たちのお花が沢山展示されていたのですが、
華道のたしなみのない私には、最後までどの流派はどんな特徴がなど全く判断がつきませんでした。

展覧会出口の即売所で、
「華道初心者でもわかるそれぞれの流派にはどんな特徴があるみたいなHOWTO本ありませんか」
と伺ってみましたが、現在は取り扱っていませんとのこと。。。

どなたか良い本ご存知ないですか?

Aベストアンサー

日本橋高島屋のいけばな芸術展に行かれたのでしょうか。
私も先生のお手伝いで行きましたが、毎年見ごたえありますよね。

同じ花材だけを瓶に生けている流派以外は、席札を見るまでどこの
流派かわからないことが多いと思います。

華道の歴史は池坊から始まっていろいろな流派に分かれたようですが、
基本の教え方や進級のシステムに違いがあるだけで、
あとは流派に関係なく生け手によって作品も様々なので
これと言って特徴を挙げるのが難しいから
そういう本の取扱いがないのかもしれません。
せっかくさまざまな流派がそろって展示会をするのですから
そういう総合的な本を売ればいいのにと思いますけど。

お答えにならずに申し訳ありませんが、個々の流派のHPで、
流派の説明があると思うのでそちらで確認するとか、
生け花の歴史が書かれている本を読むと、ある程度書かれているかもしれません。

Q大学サークルで小原流

大学二年、女です。
東京の大学で、生け花の小原流を習っているサークルがあれば入りたいなと思っています。
情報をお持ちの方、
連絡先をご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、小原流の本部教室(表参道)で行われているビギナーズスクールに通っていました。でも、puluさんは大学のサークルをお探しなんですよね。
そうしたら、本部に問い合わせてみるといいかと思います。下のHPに問合せ先が掲載されていますので、ご参考になさってください。
いいサークルが見つかるといいですね。

参考URL:http://www.ohararyu.or.jp/

Q名古屋で石洲流を習いたいのですが

私は新潟で四年間石洲流の茶道を習ってきました。

今は名古屋に住んでおり、再び茶道を習いたいな、と思うようになりました。

やはり習っていた石洲流を続けたいのですが、名古屋で教えてくださるところはご存知ないでしょうか。

もしくは、流派に限らずいい茶道教室があれば教えてください。私と同い年(23歳)の女
性がたくさんいるところなら、なおさら嬉しいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名古屋の地元流派は、松尾流ですね。

各地方で、地元流派があると思いますが、石洲流の名古屋のけいこ場は存じません。

新潟の流派に、お弟子さんで、名古屋で教室を開いているところを聞くか、石洲流の古流と新流があると思いますので、作法が近いところで、そちらにするかですか?

石洲流の系図は、存知あげてないので、コメントできなくて、すみません。

千家系は、全国どこでもありますが・・・・。

松尾は、細かい泡を立てること(ソフトクリームみたい?)と、おじぎするとき、手を畳に着けないで、腿の横に添えると言うのが、千家系と大きく異なりますが、
石洲流の特徴って、わからないので、ちょっと、似た作法の流派も、わかりません。
きっと、茶道の先生が、回答してくださると、思いますが。・・・・・

Q小原流の資格について

生け花の小原流を始めようと思っています。
HPなどでは准教授のお免状を取ると指導者の資格になるとありますが
実際、准教授の資格で教えてる方、いらっしゃいますでしょうか?
形としてこれは指導の入口で、実はまだまだ先の資格を取らないと指導できない。。。などということはないでしょうか?

Aベストアンサー

小原流で生け花を習っている者です。

結論から申しますと、同じ資格でも個人の能力は様々ですので教えてはいけないとか、指導ができないというわけではありません。
教えたいという気持ちがあれば、初心者の人に教えることはできるでしょう。友人や職場の人に教えている、という人はいるかもしれませんが私の身近には准教授で教えているという人はいません。

准教授に進級する時は講習会があり、節目を感じますが准教授ではまだまだ教わっていないことがたくさんあります。
その点ではおっしゃる通り、指導の入り口ということになります。

ここから先は参考までに読んでいただければと思います。

小原流では毎月、月例研究会という試験があり、そこで取得した点数が規定に達すると進級できます。
地区別教授者研究会という年に数回行われる試験で優秀な成績をおさめていると早く進級できるようです。
地区別教授者研究会や、デパートで行われる花展の参加資格は家元三級からです。准教授→家元四級→家元三級まで進級するには数年かかります。准教授ではまだ得られない資格があるということです。

小原流に認められて指導者として活動できる資格としては講師になることです。
教室の先輩で講師試験に落ちた人がいましたが難関のようです。でも講師の先生の中には20代で合格された先生もいらっしゃいます。

他の仕事をせずに生け花一本で職業としてお花の先生をするのはかなり大変のようです。生徒を集めるだけでなく、個展を行って作品を発表して活動の実績を作ったりしなければいけませんので。

生け花はやればやるほど奥が深いのですが、人に教えることも勉強になりますし、続けていかれるうちに新たな目標が見えてくるかもしれません。
まずは生け花の楽しさを一日も早く味わっていただければと思います。頑張ってください。

小原流で生け花を習っている者です。

結論から申しますと、同じ資格でも個人の能力は様々ですので教えてはいけないとか、指導ができないというわけではありません。
教えたいという気持ちがあれば、初心者の人に教えることはできるでしょう。友人や職場の人に教えている、という人はいるかもしれませんが私の身近には准教授で教えているという人はいません。

准教授に進級する時は講習会があり、節目を感じますが准教授ではまだまだ教わっていないことがたくさんあります。
その点ではおっしゃる通り、指...続きを読む

Q生け花のコツってありますか

会社で生け花当番があるんです。受付に置く生け花です。直径20センチくらいの剣山に活けるのですが、初心者でして・・・。生け花のコツ、きれいに見えるコツってありますか?ちなみに、花は会社が用意してくれるそうです。

Aベストアンサー

多分、どなたでも言われる一般的なことですが・・・
・一番ステキなお花をメインとして中央垂直やや手前気味に少し長めにすえる。
 この時、お花の向き(一輪持ってクルクルまわすと表情がかわるのわかりますか?)を下にも真上にも向けないようにしてください。お花の表情が皆にみてもらえなくなります。特に下向きの花は悲しそうな印象になります。無難なのは生けている自分にお花の顔があうところかしら。
・残りの花をメインの花を引き立たせるように意識しながら、一輪をメインの花より少し短くしてメインの花を見上げるようにすえてみたり、もう一輪をメインの花のすぐ根元からすえて、根元の色をつけたり・・・
高低さと色の配分、お花の向きに気をくばってみてください。
横や縦に一列に並ばないほうが自然に見えるようです。
剣山の刺し方はメインの花が中心位、その他もその根元に集中させてください。そのほうが、根元が引き締まって良く見えます。
剣山は余った花・葉などで隠してください。

キレイにできるといいですね☆ 頑張ってください。

Q小原流・研究会のメリット

こんにちは。

小原流を習い始めて3年ほどになります。
現在25歳独身会社員で仕事終わりに教室に通っています。
お華を続けられる環境にいるうちは続け、お免状も取っていきたいと思っています。
研究会には今年から参加するようになりましたが、刺激になり参加してよかったと思っています。

しかし、研究会が重荷になりそうで困っています。
仕事上夏から年末まで忙しくなるので、8月以降の研究会は辞退させて
いただこうと思っていたのですが、前回までの研究会で良い点を取って
いてもったいないから、どうにかして参加した方がいいと言われました。
先生がおっしゃるには、全研究会でいい点数だと表彰してもらえる、商品券をもらえる、ということでした。

他に何かメリットがあるのでしょうか?
表彰状や商品券目当てには、ちょっと頑張れない忙しさです^^;
年配の先生で、それ以上聞くのは下品なことかな、とあまり深くまで聞けない状態です。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小原流で生け花を続けている者です。
研究会は習い始めてしばらくしてから
先生に強く勧められ毎月行っています。

同じ教室でも研究会に参加していない人は2人だけです。
そのうちの一人いわく、お花を続ける為に無理に参加しないそうで、
先生も理解はしていますがやはり先生的には参加して欲しいのが
本音みたいです。

さて、研究会のメリットをあらためて考えてみました。
1.研究会がなかったら真剣に覚えようとしなかったし
決められた時間内にまとめるという緊張感がいい刺激です。
(時にはプレッシャーになっていますけど。)
2.教室に同資格の人がいないので同じ花材での違う生け方、
上手な方の作品を見ることができます。
3.普段教わっていない先生の講評をお聴きする機会も得られます。

あとは試験会場の近くのカフェに行く楽しみとか。

とはいえ、去年は皆勤賞はいただいても優秀賞はいただけず
情けない結果でした。
質問者様の支部は商品券をもらえるんですか、いいですね。
私の支部は花器ですので毎年もらえる人は押入れの中に
入りきれなくなると思いますよ。

さて、話がそれてしまいましたが、そんなに先生が研究会を
勧めるのかってズバリ、先生自身の成績に関係するのではないかと
推測します。あそこの社中は何名研究会に参加している、
いい点数を取っている、という1年間のデータにより新年会の
居心地が違うとか?
まあ、純粋に、質問者様がいい成績をとっていらっしゃるから
素質を見込まれて研究会に出られるよう勧めているのかもしれませんが
現代の勤め人は忙しいということを理解してもらいたいですね。
一昔前の腰掛で仕事をしている女性とは違うのですから。

とにかく無理はしないようにしましょう。
先生も教室を辞めてしまうよりはそれでいいと言ってくれるのでは?
本当に続けられなくなった時がきたら教室を辞めることを考えればいいですし。

小原流で生け花を続けている者です。
研究会は習い始めてしばらくしてから
先生に強く勧められ毎月行っています。

同じ教室でも研究会に参加していない人は2人だけです。
そのうちの一人いわく、お花を続ける為に無理に参加しないそうで、
先生も理解はしていますがやはり先生的には参加して欲しいのが
本音みたいです。

さて、研究会のメリットをあらためて考えてみました。
1.研究会がなかったら真剣に覚えようとしなかったし
決められた時間内にまとめるという緊張感がいい刺激です。
(時に...続きを読む

Q茶道の生け花について

生け花には流派が有ると思いますが、茶道にふさわしい流派というのがあるのでしょうか?お茶とお花と両方教えておられる方は未生流が多いようですし、お花を教えておられないお茶の先生でも未生流の資格をもっておられることもあるようです。未生流が茶道に一番あっているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
茶道・華道を習っている者です。
私どもの先生の華道流派は嵯峨御流です。この流派の基本は「天・地・人(三才ともいいます)」で、お茶花の生け方にもそれを基本として生けてます。先日も「花寄せ」という茶道の行事に参加してきました。これはお茶室に置いた様々なお茶花の花器に順番に花を生けていくというものです。生ける際もやはり天・地・人を意識します。

No.1さんが書かれているようにお茶花は「野にあるが如く」が基本だということは私の先生も常々おっしゃっています。お花の自然な形を活かすように生けます。
そういった教えからは、お茶にふさわしい華道流派というのは特に考慮すべきでない、と思います。なので単純に未生流が茶道にあっていると捉えることには疑問ですね。それに未生流の元は嵯峨御流だと聞きます。

Qいけばなについて教えて下さい。

いけばなを習おうと思っています。
会社近くの小原流と自宅近くの草月流のどちらかに通おうと思っているのですが、流派の違いは何なんでしょうか?各々のHPで歴史などは見たのですが、いまいちよく分からかったもので…
あと、お道具で花鋏は絶対必要だろうと思っているんですが、何を基準に選べば良いんでしょう?また、お道具類はどういうお店に売っているんですか?いけばな専門店があるんでしょうか?
たくさんの質問ですが、一つでも良いので回答頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

華道暦19年です。流派は、小原流です。

流派の違いというのは、簡単に言ってしまうと、お花の取り合わせ方とか、お花をいけるときの基本の形の差や空間のとらえ方くらいかな。

小原流と草月流、どちらかがより良いということは、ありません。はっきりいうと、同じ流派でも直接習う先生によって、ずいぶんと違ってきますので、1度見学させてもらっては、どうでしょう?

鋏は、刃物を扱っているお店(デパートの包丁コーナーなど)で、売ってますが、各流派の売店で、お買いになった方が、より良いでしょうね。
他に、先生経由で、買った方が安く手に入る場合もあります。

いけばな、楽しいですよ。
いい先生に、出会えればいいですね。

Q生け花の花材で、これは何と言うのですか?

生け花の花材で、
籐のうな素材で、くるくると巻いたものや、のびた枝とか。
また銀とか金とかを塗った枝など

生花でないのがあります。
何と言うものなのでしょうか?

花屋で手に入らないのですが、どこで販売しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ストローバイン、カーリーモスをはじめとする「モス」の類、晒しつる、ハートカズラ等は、
アレジメントを得意とする花屋、ドライフラワーやシルクフラワーの販売店、ブリザーブドフラワーの販売店、大型の手芸店等で購入できます。


人気Q&Aランキング