「教えて!ピックアップ」リリース!

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44673.html
徴用工問題の支援者やマスコミがねつ造したイメージは捨てて、訴えを起こした原告自身の言葉にハッキリと向き合って、
・自分の意思で日本に渡った
・その時期は1944年9月乃徴用工制度以前です
・日本人と同じ労働環境で、同じ賃金で働いていた
・日本語が不自由だったので、受けた指示が分からず、管理者からドツかれたことがあります

こういうことは、「徴用工 証言」で検索すると、原告のお爺さんたちは割と正直に経験を語っていたのに、周囲の支援者やマスコミが、「徴用工」、「強制徴用」、「強制動員」、「奴隷労働」など、事実に反するイメージを付け加えて歪めてきたことがわかりますね。

韓国側が自分たちの嘘を排除するところから始めないといけませんね

A 回答 (2件)

賛成です。


想像ですが日韓関係が悪い方が得をする(=例えばお金を得ることができる)輩が韓国にいるんじゃないでしょうか?
普通に考えて「無理筋なことを言っている」と感じている韓国人の方が多い様に思います。
現実に、日本人の慰安婦問題・徴用工訴訟に対する考え方は二分されているように思いませんが、彼の国では意見が二分されているとも聞こえてきます。
    • good
    • 0

過去の出来事は関係ない。


日韓請求権協定で全て解決済み
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング