たぶん無数にある、というのが答えなんでしょうが、それでもなんらかのカテゴライズ
をした方がいらっしゃると思います。

だれがどのような分類をしたかについてなど、ご教授いただけますとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

ずばり「喜怒哀楽」でしょう。

昔から言い古され、数多い人間の感情を整理した言葉です。ある感情変化をその原因で見るのか、結果で見るのかによって更に表現は増えます。喜怒哀楽は結果論でしょう。いろいろあっても最後はこの四つに要約できると言うことです。

違った表現としては、愛、憎、恩、恨などがありますが、
愛=喜
憎=怒
恩=喜
恨=怒
に集約可能と思います。

無視=哀、感謝=喜、軽蔑=哀、などもありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

もっと細かい分類に挑戦した無謀な学者などいたら知りたいのですが・・・・・・

お礼日時:2001/09/09 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカテゴライズと

私はよくいろいろなものに対して「あれとあれは似ている!」という思考方法になります。画家のマグリットと映画監督のジャック・リヴェットが似ていると思ったり、岡本太郎と三島由紀夫が行動哲学的に似ていると思ったり、その他このラーメン屋はここと似ている(それは~系とかいう分類されていますね)とか、なんかそういう思考法があるようです。

こういうのは普通の事なんでしょうか。
物事や人の背後にある共通性を捕まえ(それが正しい捕らえ方とは限りませんが感覚的に)カテゴライズしたいという欲求はどこから来るのでしょうか?

Aベストアンサー

分類こそ知能の本質です。「分かる」とは「分けること」だからです。また、生物が外界に適応し生き延びるためには、物事を抽象し分類することなしでは不可能です。従って、カテゴライズする欲求があるのは当然で、それなしでは生きることができません。

Qあの、信じていただけないかもしれませんが…私の彼氏は二重人格なんです。

あの、信じていただけないかもしれませんが…私の彼氏は二重人格なんです。(多分)


彼が眠たくなってくるといつも『頭ぼーっとする』と言い、しばらくすると少し苦しそうに息をしだして人格が変わります。
最初は演技かと思ったんですが、口調や性格、声のトーン、味覚、記憶力や頭脳の能力まで別人のようになってしまい、主人格は記憶すら覚えていないようなので(副人格?は両方あり)信じずにはいられません。

その副人格によると彼の両親はあまり家庭を省みないタイプの人で、小さなときから寂しさでややその気はあったそうです。
が、3年前元カノに振られたときそのショックから逃れようと完璧に出来上がったみたいです。



で、一昨日に副人格の方と電話していたとき急にぼーっとして息苦しそうにしたと思ったらいきなり主人格にかわったんです。
今までこんなこと無かったから心配で…副人格は消滅したりするのでしょうか??
また、もしするなら食い止める方法は無いのでしょうか??

私は主人格の彼も副人格の彼も心から大好きなんです。
心理カウンセラーなど詳しい方もしいれば是非回答お願いします。

あの、信じていただけないかもしれませんが…私の彼氏は二重人格なんです。(多分)


彼が眠たくなってくるといつも『頭ぼーっとする』と言い、しばらくすると少し苦しそうに息をしだして人格が変わります。
最初は演技かと思ったんですが、口調や性格、声のトーン、味覚、記憶力や頭脳の能力まで別人のようになってしまい、主人格は記憶すら覚えていないようなので(副人格?は両方あり)信じずにはいられません。

その副人格によると彼の両親はあまり家庭を省みないタイプの人で、小さなときから寂しさで...続きを読む

Aベストアンサー

完全に出来上がってしまった副人格は、そう簡単には消えません。
ただ眠っているだけです。疲れたので入れ替わったって感じで、
急に主人格に戻ったりします。

主人格は副人格の行動は見えないんですよね。でも副人格は主人格の行動を監視できる。
ある意味、客観的な考察が出来るのが副人格です。
副人格が行動している時、主人格は寝ていて何をしたのか、話したのか全然覚えてません。
でも主人格が消滅する事はないようです。だた何年も寝ている事はあります。

知り合いで5重人格の方がいて、彼女の高校時代は副人格が代行したので
主人格は高校時代の事を良く覚えていないそうです。
「あいつはだらしないから、代わりに私が高校時代を過ごしたんだよね」と副人格が
言ってましたよ。

まず最初に、副人格に名前を付けて上げて下さい。副人格と話している時、
副人格自身になんて呼べばいいの?って聞いて下さい。きっと戸惑うでしょうから、
じゃあ私が名前を付けて上げるって、好きな名前を付けてあげて下さい。
またもう副人格が自分で名前を付けているかもしれませんが。

それで副人格と仲良くなってから、消える条件を聞き出して下さい。
消えるって事は副人格に取って死を意味しますから、そう簡単に消えないでしょうが、
ずっとこのままではいけないって思いも、判っているのです。
本当は死でなく、主人格と副人格の統合なんですが。

どうも私の経験から、多重人格になる人って生真面目で繊細な性格をしている気がします。
そして頭がいい。考えても見て下さい。一つの脳に違った二つの人格があるのは、
通常の人の2倍の労力を脳に掛けています。別の回路がある感じですかね。
主人格・副人格、二人に付き合っている質問者さんなら、この意味が
肌で感じられると思います。そのどちらとも大好きと言える質問者さんは、
とても大きな器の持ち主なんですね。

でも副人格は、主人格と統合した方がいいんです。
もし将来もその人と一緒にと考えているなら、子供が産まれた時に子供が戸惑ってしまう
気がしてなりません。

私は前記した友人の副人格とも接しましたが、声・目つき・表情・仕草・嗜好等、
全て一瞬で変わったのを目の当たりにして、本当に驚きました。
彼女は父親からの虐待経験がありました。それを避けるために生まれた副人格でした。

また一度副人格を作ってしまった人は、更に人格を増やす傾向があります。
自分の都合の悪いことが起きると、他人格を増やして処世するようになるようです。
ですからまだ現れていない人格がいる可能性も、排除できません。
知人の女性は同級生・32歳程度の男性・7歳の女の子・胎児・主人格の5人でした。

まだ日本ではそれ程患者数は多くないので、専門家と言っても非協力的な部分もあります。
ですがやはり処置するには、専門家の意見を聞きながらにした方がいいですね。

私は専門家ではありませんが、以前似たような質問に答えたことがあるので、
参考までにお読み下さい。また参考URLも貼っておきました。
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa4252133.html

参考URL:http://qanda.rakuten.ne.jp/qa4739761.html

完全に出来上がってしまった副人格は、そう簡単には消えません。
ただ眠っているだけです。疲れたので入れ替わったって感じで、
急に主人格に戻ったりします。

主人格は副人格の行動は見えないんですよね。でも副人格は主人格の行動を監視できる。
ある意味、客観的な考察が出来るのが副人格です。
副人格が行動している時、主人格は寝ていて何をしたのか、話したのか全然覚えてません。
でも主人格が消滅する事はないようです。だた何年も寝ている事はあります。

知り合いで5重人格の方がいて、彼女の高校時代...続きを読む

Q東京の私立大学で心理学部があるところの評判など教えていただけませんか。

東京の私立大学で心理学部があるところの評判など教えていただけませんか。

私は現在受験生なのですが、東京の私立大学の心理系に行きたいと考えています。
パンフレットを取り寄せたりしていますが、やはりいいところしか書いて無いので実際のところどこがいいのかわかりません。
やっぱり文学部心理学科よりも心理学部の方がいいのかな、とは思いますが…。

それから、諸事情でなるべく推薦で行きたいのですが、やっぱり東京の私立大となると厳しいでしょうか。
そのあたりも教えていただけると幸いです。

ちなみに私の偏差値は今は50ちょいです。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど、ならば大学院のある大学、と縛らずに選べますね。今後大学で勉強しながらでも院のことを考えるのは遅くないと思うのであせらず考えてみてください。

そうですね、レベルに関してですが…他の学部よりちょっとレベルが高いと思ったほうがいいかもしれません。これは私が受験生の時によく言われたことです。心理学科ってあまり多くないそうで、競争率が高かったりするようです。
なのでむしろ、心理学にこだわるならばもう1ランク下の大学を保険として志望校を加えたほうが安全なくらいです。受験校は偏差値が似たり寄ったりな大学ばかりを受けるのではなく、幅広く取った方が良いでしょう。その方が安全で確実です。
質問者様は明学と帝京以外にどのくらい受験なさるご予定でしょうか?


明治学院大学は心理学を学ぶ環境がなかなか充実している様ですね。私もかつて受験しました。
明学はご存知の通り、英語は英作文などもあって難しいです。でも、一番行きたいところを第一志望として勉強するのが一番やる気が出ます。なので現時点であきらめずに頑張ってください。
あと、過去問は5年分くらいは挑戦してみると良いと思います。出題傾向は各大学で癖がありますから対策が取りやすくなりますし、問題の量も劇的に変わることは少ないので時間配分にも慣れるという点でもお勧めです。

また、併願可能なら帝京も受けた方が良いと思います。というのは当たり前のことですが「とりあえずどこかの大学には行ける」という安心感があった方が良いからです。入試期間や直前期は誰もが不安でとてもストレスが溜まる時期ですから、1つでも不安の種を摘んでいける可能性があるなら是非挑戦してください。

なるほど、ならば大学院のある大学、と縛らずに選べますね。今後大学で勉強しながらでも院のことを考えるのは遅くないと思うのであせらず考えてみてください。

そうですね、レベルに関してですが…他の学部よりちょっとレベルが高いと思ったほうがいいかもしれません。これは私が受験生の時によく言われたことです。心理学科ってあまり多くないそうで、競争率が高かったりするようです。
なのでむしろ、心理学にこだわるならばもう1ランク下の大学を保険として志望校を加えたほうが安全なくらいです。受験校は偏差...続きを読む

Q日本国内における鬱病や他の心理的な病気に関する調査データの情報を提供していただければとてもありがたいです。

外国人でしかもこのような物の検索が初心者なので恥ずかしい質問で恐縮なのですが、心理学に対してとても興味が有り資料や書籍を読んでいます。特に鬱病に関して興味があるのですが日本国内における鬱病や他の心理的な病気に関する調査データが在るのではないかと探していますが、なかなかどの機関にアクセス検索しても出てこない現状です。
日本国内で心理的な病気で苦しむ方の病名ランキングーのような統計数値を手に入れ参考にしたいと考えています。
資料の検索元を知っている方がいれば情報を提供していただければとてもありがたいです。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

http://www.nhk.or.jp/heart-net/program/
「心理的な病気」精神疾患
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%96%BE%E6%82%A3
http://www.yoshitomi.jp/kokoro/seishin/index.html
もよりの都道府県の「こころの医療センター」をさがしてみてください。「こころの救急電話相談」など24時間対応の相談窓口もあるとおもいます。福祉課、保健所などにきいてみてください。
http://www.pref.mie.jp/KOKOROHP/HP/
http://www1.ocn.ne.jp/~y_kokoro/
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/kokoro/
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/050112/050112.htm

Q仕事中や勉強中にものすごく集中してくると、決まって無数の人の声が聞こえ

仕事中や勉強中にものすごく集中してくると、決まって無数の人の声が聞こえてきます(恐)

雑踏の中のような感じなのですが、それほど音量は大きくなく、密室の中から聞いている程度の音量です。

何を話しているのかは全くわかりません。
その状態に陥ると通常の数倍能率があがります。

私の頭がおかしいんでしょうか?これはなんなんでしょうか・・・?
同じような体験をしたことのある方、またはこの現象についてご存知の方の回答をぜひお願いしたいと思います。

ちなみに、聞こえてくるのは集中状態に限ってのみで、あと眠る前とかの夢か現実かわからない状況にも似ているように思います。

Aベストアンサー

集中しているときになっているんですよね。
ある種の催眠状態に近いのではないかと思います。
あるいはトランス状態というか。
集中していないときにならないのなら問題はないと思います。

むしろ、羨ましいですよ、そんな状態になれるというのは。
ずば抜けて集中力が高いのだと思います。

おそらくその声は自分の無意識内の思考ではないかと思います。
僕も半分夢を見ているときに同じような体験を何度かしてます。

自分が気になったことが耳元で何度もつぶやかれるような感覚です。
自分の心の声なのはわかりましたが、まるで他人がささやいているような感じでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報