遺跡に残らないので、定説はないのかもしれませんが、稲作に限らず、いったん種から苗を育ててから、植え替えるという農業方法はいつ頃始まったのものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

田植え前の稲苗はたしかに残らないかもしれませんが、まわりの状況が育苗している事を表しているようです。


おそらく一番の根拠は水田の痕跡自身が田植えを示しているのでしょう。
なぜなら、水の溜まったところに直に籾を播いても、酸欠で芽は簡単には発芽しません。
大昔は灌漑などがあまり発達していないと思いますので、田んぼは温暖な湿地の河口域にあったでしょうから、ますます直播は難しいと思います。
現在でも省力化のために、直播を行う方法がありますがこれも乾いた状態で籾を播いています。

おそらく最初は直播だった思いますが、発芽の安定性や管理面などから育苗に変わっていったのだと思います。
他にも器具などからも田植えが行われていた証拠となるようです。
その中でも大足(おおあし)といわれる田下駄が出土する事が一つです。
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/shousha/qa/qa-3. …
http://www.chida.co.jp/chiiki/ijin-siseki/minzok …

これらから田植えは紀元前1世紀頃から3世紀頃に始まった推測されるようです。

参考URL:http://www.yuzawasabo.net/fm/chishiki/rekishi-14 …

この回答への補足

「!」登呂遺跡のあの復元図は、根拠のあるものだったのですね。
現代からの推測・憶測じゃないかと疑っていました。

日本列島に水稲作が導入された時点で、田植システムは確立されていた!という事のようですね。

ご指摘の内容の内容から検索したら

http://www.chida.co.jp/chiiki/ijin-siseki/minzok …

などでは、もう田植システムがあったように書いてあります。

いつ始まったのでしょうか?
始まってから、日本に導入されたと言うことのようなので。

補足日時:2005/04/09 08:12
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手作業での田植えの手順について調べているのですが、どうしても田植機があ

手作業での田植えの手順について調べているのですが、どうしても田植機がある田植えの手順になってしまうのです…。

なのでどなたか詳しく教えてくれませんか!?

Aベストアンサー

昔の田植えの道具が紹介されています。
http://www.sankanya.com/tool.html

流石に、今時牛やスキをを使うところは無いでしょうが、耕耘機で綺麗に均された土の上に、田植え枠を転がして四角の筋を付け、その筋を目安に手で植えて行きます。
筋を目安にして前進しながら植えて行きますので、植えたばかりの苗を踏まないようにするのが大事です。

手に持った苗の量も制限があり、別の人が畦から一束ずつ放り投げて渡すことになります。
昔は田植えは一家総出で行なった物で、子供も引っ張り出されて手伝うことになり、畦から苗を放り投げる役目は子供の仕事だったようです。
現在は専門家が苗を育てて供給していますが、昔は苗も各家で育てていましたので、それを運んだりの手伝いもしていました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報