遺跡に残らないので、定説はないのかもしれませんが、稲作に限らず、いったん種から苗を育ててから、植え替えるという農業方法はいつ頃始まったのものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

田植え前の稲苗はたしかに残らないかもしれませんが、まわりの状況が育苗している事を表しているようです。


おそらく一番の根拠は水田の痕跡自身が田植えを示しているのでしょう。
なぜなら、水の溜まったところに直に籾を播いても、酸欠で芽は簡単には発芽しません。
大昔は灌漑などがあまり発達していないと思いますので、田んぼは温暖な湿地の河口域にあったでしょうから、ますます直播は難しいと思います。
現在でも省力化のために、直播を行う方法がありますがこれも乾いた状態で籾を播いています。

おそらく最初は直播だった思いますが、発芽の安定性や管理面などから育苗に変わっていったのだと思います。
他にも器具などからも田植えが行われていた証拠となるようです。
その中でも大足(おおあし)といわれる田下駄が出土する事が一つです。
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/shousha/qa/qa-3. …
http://www.chida.co.jp/chiiki/ijin-siseki/minzok …

これらから田植えは紀元前1世紀頃から3世紀頃に始まった推測されるようです。

参考URL:http://www.yuzawasabo.net/fm/chishiki/rekishi-14 …

この回答への補足

「!」登呂遺跡のあの復元図は、根拠のあるものだったのですね。
現代からの推測・憶測じゃないかと疑っていました。

日本列島に水稲作が導入された時点で、田植システムは確立されていた!という事のようですね。

ご指摘の内容の内容から検索したら

http://www.chida.co.jp/chiiki/ijin-siseki/minzok …

などでは、もう田植システムがあったように書いてあります。

いつ始まったのでしょうか?
始まってから、日本に導入されたと言うことのようなので。

補足日時:2005/04/09 08:12
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q稲作は朝鮮より日本が早い?

稲作の伝来は、以前は朝鮮半島を経由して伝わったと教わったのですが、この事は間違いであると最近聞きました。

1)朝鮮半島の稲が伝わる以前から、既に大陸から伝来していた。
2)稲は熱帯の物なので寒冷である朝鮮から日本に伝わるのは不自然である。
3)朝鮮半島よりも早く、日本で稲作が始まっていたようだ。

これらは、正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

様々な時代に、様々な種類の稲や耕作技術が入って来たんじゃないか? ってことでは。

「稲のたどってきた道」
http://www2.athome.co.jp/academy/botany/bot06.html

Q南京大虐殺の具体像についての「学会」の「定説」?

南京大虐殺もしくは南京事件の具体像についての「学会」の「定説」?part2

この問題について私は否定派です。

”南京大虐殺”に関する重要かつ不可欠な13のポイント
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n12499

”南京大虐殺”肯定派への反論 『日本側は無罪』
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n10585

”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-258.html

私の考えは以上の通りです。すくなくとも最初のリンクだけはお読み頂ければ幸いです。

このような私に対して、中間派と思われる方から
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1078408520
このような質問を受けました。

彼は何らの根拠も示さずに以下のような返事をしてきました。

「とりあえずラーベの報告した49人、という数字には同意できない事だけは言わせていただきます。
また学会において「肯定説」が定説になっており、これを覆すには、専門家を納得させるだけの学説が必要です、現在「否定説」は専門家の大多数から相手にされていません。」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1378445928

肯定派がよく使う逃げ口上に 『学会において「肯定説」が定説』 というのがありますが、
この点についてどこの学会でどのような具体像が「定説」になっているのでしょうか?
いったいどんな歴史家がどんな根拠をもって「定説」になっているのでしょうか?

こういった質問は私自身何度もしてきていますが、だれ一人満足な回答をよこしません。

このような論争の根幹となる最重要論点の説明もできずに「肯定する」などどうしてできるのでしょうか?
もしこのようなことも説明できないまま、たとえ1万人であっても虐殺を肯定するなど「バカ」か「特亜」にしかできません。

肯定派の方も否定派の方もどなたかご存じでしたらおしえてください。

Q)どこの学会のどんな歴史家がどんな根拠をもってどのような具体像が「定説」になっているのでしょうか?

わたしが示した13のポイントとの整合は取れているのでしょうか?

ちなみに中国の学者ですら真実に気づき始めていますが。(3:00くらいから)
http://youtu.be/wJSKyqyQuWI?t=3m

南京大虐殺もしくは南京事件の具体像についての「学会」の「定説」?part2

この問題について私は否定派です。

”南京大虐殺”に関する重要かつ不可欠な13のポイント
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n12499

”南京大虐殺”肯定派への反論 『日本側は無罪』
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n10585

”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-258.html

私の考えは以上の通りです。すくなくとも最初のリンクだけはお読み...続きを読む

Aベストアンサー

NO,8、NO,10です。お礼を拝見いたしました。

日中歴史共同研究の定説?

あれは「諸説ある」っていう結論でしたよね。なんだかな~

まあ虐殺はあったということにはなってますが、基本的に戦地で普通に起こる虐殺レベルですからねぇ。

49人がなんたらかんたらというリンクに関しましても、あの報告書(?)の内容は、これって中国人がやったんじゃねぇの?っていうような内容なので信憑性に欠けますね。

っていうか、大虐殺はなかった、というのが定説になりつつあると私は感じますよ。

Q「予定説」の原語について

デカルトの『哲学原理』を読み直していたら「神の予定」という言葉が出てきました。
第一部40節です。原語があげてあります。ラテン語で「praeordinatio」とあります。
カルヴァンは、「praedestinatio」を使ったかと思います。定かではありませんが、「予定説」を平凡社の哲学辞典で引くと、英語表記では「predestination」とありますので。
デカルトの哲学原理は、カルヴァンの約百年後です。また、デカルトはカトリックに属したはずですので、カルヴァンとは違う語を使った、もしくは、カトリックでは古来「予定」を「praeordinatio」としていた、のでしょうか。
先の二つの語は、歴史的にはどう使われてきたのでしょうか。
カルヴァンの「予定説」としてはどちらでも良いのでしょうか、それとも術語的には、「predestination」に限定なのでしょうか。

Aベストアンサー

古典ラテン語の辞書はありますが、中世ラテン語、近世ラテン語の完備した辞書などというものはないので神学用語の歴史的用法をさぐることは一般的にはたいへん困難です。
ただ英語のpredestinationという語の語源ならすぐわかります。たとえば、online etymology dictionaryで検索すると
http://www.etymonline.com/index.php?search=predestination&searchmode=none
これを読むと、praedestinatioという語は神学用語としてはじめてAugustinusによって使われ、やがてCalvinが好んで使うようになったことがわかります。
praeordinatioの語の歴史の方は、ちょっと調べてみたのですが、
AugustinusにDe praedestinatione sanctorumという著作があり、この作品でpraedestinatioという語が神学的意味で使われているのですが、一節にpraeordinatio futuri iudiciiとあって、praeordinatioもpraedestinatioと同意味で用いられているようです。したがって、中世の神学者の間でpraedestinatioもpraeordinatioも同義語として用いられてきたと考えていいのでは。ただ、作家によって単語の好みが違うので、Calvinの予定説としてはやはりpraedestinatioと言うべきでしょう。こちらの方がラテン語として意味が明瞭ですしね。

古典ラテン語の辞書はありますが、中世ラテン語、近世ラテン語の完備した辞書などというものはないので神学用語の歴史的用法をさぐることは一般的にはたいへん困難です。
ただ英語のpredestinationという語の語源ならすぐわかります。たとえば、online etymology dictionaryで検索すると
http://www.etymonline.com/index.php?search=predestination&searchmode=none
これを読むと、praedestinatioという語は神学用語としてはじめてAugustinusによって使われ、やがてCalvinが好んで使うようになったことがわかりま...続きを読む

Q弥生時代、日本列島に稲作を伝えた人びと。

日本列島に稲作が伝わったルートの一つに、
中国・長江の上海あたりの河口から東シナ海を北東に航海して九州西部・北部に達するルートがあります。

質問1.なぜ、住み慣れた土地を捨て、日本列島に来たのですか。
たとえ戦乱から逃れるためであったにせよ、農耕民が、なぜ大海を渡る決断をしたのか疑問です。
遣唐使船でさえも多くの遭難事故が起きています。
造船と航海の知識をもつ漁民を誘って船出したのでしょうが、沿岸伝いに他の地を選ぶこともできたと思うのですが…。

質問2.弥生時代の舟で東シナ海を渡ることができるような舟の出土例はありますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>質問2.弥生時代の舟で東シナ海を渡ることができるような舟の出土例はありますか。

 準構造船の全体がわかる船の出土例はまだありませんが、滋賀県守山市赤野井浜遺跡などから舳先(へさき)や舷側板の一部が出土しています。
   http://www.yoshinogari.jp/ym/episode04/traffic.html

 対馬海峡や日本海などを航行できる船(丸木舟)であれば、先史時代(旧石器時代から縄文時代)の遺跡などから多数の発掘例は有るようですが…。
 (遺跡などの出土品から朝鮮や中国やロシア等と交易を行った事を伺える出土品も出ています。)

 あと、遣唐使船は朝鮮半島との関係悪化により危険な航路を通らなければ成らなかったのと、元日朝賀に唐の都へ入京する必要があるため、天候と海流が危険な季節に日本を発たねば成らなかったという説が有ります。
 (朝鮮半島との関係が悪化する前は、殆ど被害を出していない。)

Q大和地方(奈良盆地)の水田稲作

この地方の稲作は、いつ頃始まったのですか。
遺跡の名を教えてください。
古代、このあたりは「奈良湖」という湖だったそうですが、弥生時代でも、まだ湖あるいは湿地帯だった、というネットの情報もあり分からなくなりました。
また、山の辺の道は山裾を縫うように通っていますが、それは湿地帯を避けたから、という話も聞きました。
よろしくお願いします。

奈良湖
http://web.joumon.jp.net/blog/2008/09/000591.html

Aベストアンサー

#1です。
稲作の件を記述しておりませんでしたので、回答いたします。

奈良湖が想定されている地域ではありませんが、
2011年11月、奈良盆地南部の御所市において、
弥生前期の大規模な水田遺構が発見されました。
http://www.infokkkna.com/ironroad/2011htm/iron7/1112gose.pdf

弥生時代には、環濠集落を中心とする盆地底湿地帯での稲作が考えられていましたが、
盆地周辺部での稲作も始まっていたようですね。
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/index.html
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/trivia/nature03.html

山地から湧出する水を用い、計画的な灌漑・排水施設を持った水田耕作方法が生き残り、
そこの有力者が豪族として力を蓄えていったのでしょうか。
それとも稲作方法の異なる外来勢力との衝突があり、盆地周縁の勢力が生き残ったのでしょうか。

※奈良盆地全体が湖であったのは、数百万年も昔のことです。
 縄文~古墳時代にかけての海進期に、一時的な湖沼があった可能性は考えられます。
 水深が5m未満の浅い沼沢池程度でしょうが。
 大和川下流の亀の瀬地すべりが活動し、一時的な堰止湖ができた可能性も考えられます。
 いずれも大和川の氾濫に伴い、短期で消滅したと思われます。

#1です。
稲作の件を記述しておりませんでしたので、回答いたします。

奈良湖が想定されている地域ではありませんが、
2011年11月、奈良盆地南部の御所市において、
弥生前期の大規模な水田遺構が発見されました。
http://www.infokkkna.com/ironroad/2011htm/iron7/1112gose.pdf

弥生時代には、環濠集落を中心とする盆地底湿地帯での稲作が考えられていましたが、
盆地周辺部での稲作も始まっていたようですね。
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/index.html
http://www.maff.go.jp/ki...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報