現在文学部の学部生なのですが、生物系の大学院進学を
考えています。なにか特別気をつけたほうがいいことや
勉強のしかたなど、ありましたらアドバイス下さい。
院試の選考のときに不利になったりとかはありませんか?
そもそも文学部から理系の院に進めるんですか…?
質問内容がうまくまとめられなくて申し訳ありません。
ちなみにDNAやRNAの分子進化(?)に一番興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

はじめまして。

私は都内の某国立大学修士課程に在籍しているものです。
私も学部は文学部出身で、今は質問者さんが興味があるようなDNAやRNAを主に扱う分子生物学を専攻しています。
文系から理系への転向はかなり珍しいですが、決してムリではないと思います。現に、私の大学時代の後輩も文系から理系の院に進みました。

院試ですが、殆どの大学は英語、専門、面接の3つです。専門は私の場合独学ですが、ヴォート生化学やthe cell を何回も読んでいました。生物系の院試なら十分対応できると思います。

しかし、試験を受ける前には希望する先生の研究室を訪問しないといけません。おそらく、その時は殆どの先生方がいい顔をされないと思います。
と言うのは、大学院とは研究をする場所で入学後すぐにテーマに沿った実験ができる学生を先生方は欲しがっているからです。つまり質問者さんがいかに生物の知識を教科書から学んでも、実験技術を持っていなければ何も出来ないということです。

私の場合は一年間研究生をして、実験の技術を身につけてから修士に入りました。ですので、今は普通に実験をこなしています。

いろんな意味で違う分野に挑戦することは大変だし、勇気のいることだと思います。でも、質問者さんのやろうとしていることは決して難しいことではないです。ぜひ頑張ってください。
    • good
    • 0

去年まで文系学部にいて、今年の春から生物学系の大学院に進みました。


同じ境遇なので、かなり驚いたりしてます。

選考に関して特に不利なことはありませんでしたが、今まで4年間生物学部の人とは全く別のことを専門としてきたので、勉強の仕方が分からなかったり、基本的な知識が身についていないことが大変でした。

まず私がしたことは、研究室をいくつか周ったことです。
そこで、入りたいと思った研究室の教授に、勉強の仕方を聞きました。
自分の大学に専門の先生が居ないから、それしか方法がないですしね。
遠慮せずにどんどん聞いた方がいいと思いますよ。

あと、英語は絶対に必要なので、しっかり勉強した方がいいです。

自分のやりたいことが見つかったのであれば
それに向けて、頑張ってください。

この回答への補足

せっかく回答いただいたのに、反応遅くてすみません。

文系学部から生物系の院に進学されたとのことですが、授業が始まってみて(いや、理系は実験が始まって、なんですか…?)なにか不自由を感じたりすることはありませんか?
一番不安なのが実験できちんと手が動くかどうかなのですが、そのあたりはどうでしょうか。

補足日時:2005/04/27 21:10
    • good
    • 0

ほとんどの大学は募集要項では、大学院の受験資格を学部卒としているので、理論上は可能であると思います。

ただ、受け入れる研究室しだいです。自分が何をやりたいかを決めて、研究室訪問などをして担当教官に相談したらいいかと思います。多くの大学(旧帝を除く)の院試は、英語と行きたい選考の専門だけです。専門は、行きたい研究室の先生が出すので、受け入れてくれる内諾をいただいていれば難しくありません。英語は、ある一定ラインを超えないと合格できませんので、勉強が必要でしょう。多くの農学系の地方大学の大学院は定員割れしているので、一定ラインを超えていたら合格はできるでしょう。
とりあえず、自分が何をやりたいのかを決めて、行きたい研究室を決め訪問してみることです。分子進化でも実験系のところや統計手法を用いた系統樹作成など色々あります。
私も、理系の間でしたが違う学科の院に行きましたので、知識の面などで苦労したことは多かったです。ただし、他の研究室の人とは違った面から見ることができ、参考になることもありました。
あと、研究者になりたいとのことでしたが、かなり厳しい道になりますよ。理系では、博士課程まで進めば学位は比較的容易に取れます。ただし、簡単取れるだけに学位の取得者は多く就職は厳しいです。ここ十年ほどで博士課程の定員は増えましたが、研究機関の求人は増えていませんし、大学などは減少傾向です。研究者になるには、かなりの実力と運が必要です。
    • good
    • 0

現在、生物系の大学院にいっています。

自分の研究室にも文系出身の先輩がいます。molecularをやっているラボではないですが、実験系ですよ。
入試として受かるだけなら、半年から一年ぐらい標準的なテキストでそこそこ生物学を学べば、ぶっちゃげ英語ができれば、ほとんどの大学院は受かると思います。入試に関しては、むしろ重要なのは研究室に受け入れてもらうことでしょう。
ただし、あなたは将来にたいしてどのようなプランをおもちですか?研究者としてやっていくことを前提に考えているのでしたら、他の方も書いていらっしゃるように学部で数年学んでからの方が良いとは思いますが、研究は熱意です!!
とりあえずは、熱意をアピールして受け入れてもらえる研究室を探したほうがいいと思います。がんばってください。

この回答への補足

研究者には、あわよくばなりたいと思っているのですが
学士入学で学部に入るのは年齢的に厳しいかなと思っています
(諸事情で二年遅れて大学に入学したので)。
しかしいきなり院にはいってしまうと、結局学部から理系の人に
競争で負けてしまうと最近言われてしまい、どうしたらいいのか
迷っています。しかし、個々の研究室にあたってみるというのは
有効な気がするので探してみます。
ありがとうございます。

補足日時:2005/04/16 02:41
    • good
    • 0

自分の強い興味を頼みに、畑違いの分野に進みたいとのこと、応援してあげたくなります。


楽観的なことを言えば、大学の専門課程で生物学を学んでも、大学院に来てしまえば赤ちゃんも同然で、なんにも知らない、何にもできないやつらばかりです。
多少のハンディがあるとしても、どれだけ多くのものを吸収するかしだいで取り返せると思いますよ。
アメリカあたりの大物生物学者のなかには、畑違いのところから、生物学に飛び込んできた人も少なくありませんし。

分子進化に興味があるといっても、具体的に誰のどのような研究が面白いと思いますか。
理系の大学院では、一通りのことを教える授業があったり、研究テーマは自分で自由に決めたりというようなものではありません。まず自分の興味にあった研究室に受け入れてもらわなければなりません。自分のやりたいことに近いテーマに取り組んでいる研究室はどこか、把握していますか。
院試に受かればどこでも好きな研究室に行ける、というものでもありません(建前はどうあれ)。
普通は、たとえ同じ分野出身だとしても、出願する前に、行きたい研究室のボスと面会して、研究室の取り組んでいるテーマと、自分の興味について話しあって、もし受かった場合、研究室に加わることを双方了解しておくものです(そのためには、その分野、とくにその研究室の仕事について、論文などでよく勉強しておかなかればなりませんね)。最近は、研究室のホームページなどでメールアドレスを公開している先生も多く、まずメールでコンタクトすることが多いみたいですね。
そこまで話がつけば、具体的な試験勉強の情報は、その研究室の先輩たちからもらうのが一番です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的で参考になりました。研究室をいろいろ探してみるのがいいみたいですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 14:02

私は生物系の院生ですが、これまでに文系(法学部)からの進学者はいました。

ただ、当然ながら入試は理系進学者と同じ物を受けなければならないので受験勉強は理系の人間より大変だとは思いますが、半年くらい専念すればなんとかなるのではないでしょうか?
しかし、それよりももっと重要なことは受け入れ先の研究室の教授の理解が得られるかどうかになるでしょう。先生によっては(特に大きな研究室では)バックグラウンドの異なる学生の受け入れに前向きな方もいらっしゃいます。ただ、実験系の研究室を希望されるなら(生物系の多くがそうですが)やはり最低でも博士課程までの進学を希望していないと難しいと思います。実験を全くの最初から教えて修士のうちになんとか基本的なテクニックを身につけるということになると思いますので、5年計画でないとなかなか受け入れてもらえないかもしれません。
ただ、核酸の分子進化に興味があるとのことですが、理論系(?)というか、計算処理によって研究を進めて行く場合は多少違うかもしれません.私は専門ではないのですが知人の話を聞く限りでは、実験系と異なり研究室に入ってからの手技の熟練が必要というわけではなさそうで、知識を学習した後はむしろPCに関する能力が重要だそうです。なので、もし計算処理のスキルに自信がある場合でしたら、修士だけでも取ってもらえるかもしれません。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実験系はやはり厳しそうですね…。
ありがとうございました、参考にします。

お礼日時:2005/04/13 14:05

文学部から理系大学院への進学理由は、何でしょうか?



大学院は、勉強するところではなく、研究をするところであって、将来的に研究員などの職に就くためにあるようなものです。

興味があると言うのと知識があるのは全く別ですので、受け入れてくれる大学院があって、院試になんとか通ったとしても、基礎知識が無いことによる不利は避けられないでしょう。2年での修士課程修了も難しいかもしれません。

私(農学博士取得)の意見では、大学3回生への編入学により2年間勉強する方が現実的だと思います。その上、さらに勉強や研究がしたければ、院への進学を考えてはいかがでしょうか?ただし、就職のことも考えると、卒業時の自分の年齢にも気をつけるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しいご意見ありがとうございました。
学士入学も選択肢に入れてみようかとおもいます。

お礼日時:2005/04/13 14:09

まず、進学しようと考えている大学院の募集要項で確認しましょう。

過去のものでしたら、大学院の事務課や教務課などで閲覧等できると思います。
2,3ヵ月もすると、推薦入試や一般入試の募集要項などの配布が始まると思いますので、必ず入手しましょう。それと、過去問も入手できると思いますので、傾向と対策を練ると良いでしょう。
進学できるかどうかですが、できると思いますよ。ようは、入学試験をパスさえすればいいわけですから。ただ、入学した後授業などについて行けるか、考える必要もあると思います。
私は文学専攻の院生でしたが、まわりには史学部や哲学科などから進学してきている人はいました。それと、理系から進学してきた人もいましたよ。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

基本的には、無理に近いのではないかと思います。


きちんと基礎の勉強が出来ていないと、院試の専門科目を解くことが出来ないのみならず、進学できたとしても、研究もおぼつかないでしょう。

ということで、本当に生物の研究者になりたいなら、学士入学ででも生物系の学部に入りなおすことをお薦めします。

もしくは、本を読んで独学と言う手もありますが、それもかなり難しいでしょう。

とりあえず、自分のやりたい分野をやっている先生を訪ねていって、相談してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系か文系

理系か文系
今、高校1年なんですけど、2年になったら理系か文系を選らばなければなりません、僕は古典がかなり苦手なので理系にしようと思います。
理系と文系どちらが簡単ですか?
理系と文系のそれぞれの授業ないようを教えてください。
あと、文系は作文などをいっぱい書くんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

人による。
数学嫌いで文転する人が多い。

なぜ「文転」と言うと関西の多くの進学校ではもともと全員が理系だから。
数学できた方が有利なのでともかく数学をやらせる。
それでも「こぼれて」しまった子が文系に転向するわけ。

とは言え、数学ばっかやっててシステムで阪大や京大の工学部に入ったところで、
本当に好き、得意なわけでもないからそれ以降伸び悩んだりもする。

ともかく数学に嫌悪感が無いなら理系の方がいいよ。
文系でも数学受験できるわけだし、有利な部分は多い。
ただし国立受けるのなら、理系でも古文からは逃げられない。

Q高校一年生物基礎です。 RNAとDNAの違いがわかりません。 DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。 糖が

高校一年生物基礎です。
RNAとDNAの違いがわかりません。
DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。
糖がデオキシリボースと
リボース。
塩基がTとUの違いくらいしかわからず、
どういう風に違うのか具体的に
知りたいです。

Aベストアンサー

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
逆に、壊れやすいというのは、そのうち壊れてくれる、ということでもあるでしょう。
メッセンジャーRNAがもの凄く頑丈だと、いつまで経っても壊れないから、もうその蛋白は要らない、というときでも作り続けてしまうかもしれない。
そんなこんなで、DNAを使っている生物では、RNAはDNAとは違う使われ方をしている、ということになります。
元本が石版で、あなたはそれをコピー機でコピーした紙で読んでいるような感じか。

後は追々、どう使われているか、全体像をしっかり捉えてください。
生物や社会は暗記科目で語句の暗記ができれば良い、なんて勉強をしている人は、語句とその意味から理解しようとして伸び止まります。
大体苦手としている奴が暗記暗記と言っていて、だから苦手なんですが。
そうではなく、教科書参考書を読み、授業を聴き、全体像をきちんと理解把握して、それで頭に入らなかった語句を丸暗記するようにして下さい。
理解把握の網に、暗記事項を引っかけていく感じ。
最初から丸暗記だと、意味の解らない言葉をただ暗記力に頼って覚えていくことになりますので、暗記力が余程優れた人で無い限り、挫折します。
また、例えばセンター試験は、丸暗記が通用しないように作られていますので、丸暗記バカは模試は良くても本番が壊滅したりします。
生物学を必要とするような専攻であれば、語句を丸暗記しただけのような人間を求めているわけでは無いのですし。

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
...続きを読む

Q理系の大学生はなぜ文系の人を見下すのでしょうか?

受験科目や覚えた教科書十数冊が理系科目か文系科目かだけの違いなのに、
外やネットの書き込みでも
なぜ日本人は理系人間・文系人間・理系脳・文系脳と区別するのでしょうか? また、なぜ多くの場合 理系の方が文系よりも有利である・優れている前提で話が進められるのでしょうか?

私が出会ったことのある理系研究者や開発者の社会人で文系を見下すような態度をとる人はあまり見たことがありません。しかし、理系学生は文系学生を見下すような前提や態度を見ることが度々あります。
理系は開発研究ができるから凄いのであって、まだ教科書や教授の意見をなぞっている段階の学生は何も偉くありません。むしろ、せっかく理系学部で文系よりも長い時間授業や実験を受けていてもその分野に就かずに文系と同じ会社・業種のサラリーマン、公務員になる生徒が多くその場合 時間の無駄だとすら感じます。
しかし、そういう学生に限って何故 偉そうな人が多いのでしょうか?

この質問をしようと思うまで学歴とか理系文系とかで人を意識したことはありませんでした。
特に私は法曹になるために理から文転した身なので文系を自ら選んだことを後悔してません。
私の大学でも(所属しているサークルや関わったことのある理系生徒の中では)理系が文系を見下す傾向がありますが、それも今まで特に気にしていませんでした。しかし、昨日無名大学理系の女(中学時代の同窓会に来た女)に見下した苦笑いながら「えー、◯◯さんってK大学なのになんだ文系なんですね おしいですね~」と言われた時はさすがにイラッとしました。


理系の学生は教科書や教授の意見をなぞっている段階で何も自分ではやっていないのに何であんなに偉そうにできるのでしょうか?

受験科目や覚えた教科書十数冊が理系科目か文系科目かだけの違いなのに、
外やネットの書き込みでも
なぜ日本人は理系人間・文系人間・理系脳・文系脳と区別するのでしょうか? また、なぜ多くの場合 理系の方が文系よりも有利である・優れている前提で話が進められるのでしょうか?

私が出会ったことのある理系研究者や開発者の社会人で文系を見下すような態度をとる人はあまり見たことがありません。しかし、理系学生は文系学生を見下すような前提や態度を見ることが度々あります。
理系は開発研究ができる...続きを読む

Aベストアンサー

プロフィールに全て書きましたが私は理系、だって暗記物が苦手なんだもの、私の周りでは特に文系が見下ろされる風潮は無かったな、だって文系は広いし非常に厳しい。理系の学生が誇りたくなるのは、地獄の生物、化学、物理の午後一杯の演習。あきれたことに学部に進学したらまた午後は毎日演習。「あのー、確かに実験が好きだから選んだんですが、授業より演習が長いのはやりすぎじゃ無いでしょうか???」でも院に進むと博士課程前期の午前以外は実験ばっかり、いやもう研究ではあるんだが、助手・講師・准教授・教授に「文献の読み方が浅い」「その叢書は全部読め」「最新の学術雑誌読んでない」だから図書が閉まるまで冬でも油汗流して欧文誌を読み終電で帰る、その代わり朝は十時前は誰も居ない、いや教授・准教授は8:30から授業があるから来ている。アホな理系が誇るとしたら「この苦悶、お前ら知らねーだろー」と言う事だと思う。だけど理系は研究上どこへ行こうと新しい分野だから本当は楽、もちろんキチガイ教授が「おいそれ十九世紀に解決済みだぞ」と言いたくなるテーマを振ってくることもある。文系は非常にツライだろう、だって「こんなテーマ絶対もう誰か考えたぞ」というテーマを他の視点やITが無きゃ出来なかった、いやITが来ちゃったから嫌でも見直す必要が出ちゃったという仕事もある。
全く違う視点もある、就活だ、企業は「文系型就職」には厳しい、他の学生との差なんてあるのか無いのか自分だって分からない、だけど理系は自分でも分けの分からない術語で試験官を煙に巻いて潜り込むことが出来る、これが偉いと誤解している、試験官に少し理系の大物が居ると赤恥かく、私も赤恥グループ、専門の内容を充分咀嚼していなかったので、つまんない質問に愕然としてしまった、後でなんであんな高校生でも知ってる質問に答えられなかったのか、泣いた。
てなところで、文系をバカにする理系は自分が分かって居ないドアホだ、悔しかったら、お前の専門中坊に説明して見やがれ、と言ってやれ。
学会の泰斗ならちゃんとやるぞ。

プロフィールに全て書きましたが私は理系、だって暗記物が苦手なんだもの、私の周りでは特に文系が見下ろされる風潮は無かったな、だって文系は広いし非常に厳しい。理系の学生が誇りたくなるのは、地獄の生物、化学、物理の午後一杯の演習。あきれたことに学部に進学したらまた午後は毎日演習。「あのー、確かに実験が好きだから選んだんですが、授業より演習が長いのはやりすぎじゃ無いでしょうか???」でも院に進むと博士課程前期の午前以外は実験ばっかり、いやもう研究ではあるんだが、助手・講師・准教授...続きを読む

QRNA、DNAについて。

自信がないので、正しいかどうか教えていただけますでしょうか。
正しいものを選ぶ問題です。

1.高等真核生物ではRNAのほとんどはtRNAではなくmRNAである。
2.高等真核生物では遺伝子の転写調節はcoding regionで行われることが多い。
3.DNAとRNAのヘテロダイマーは高等真核生物には存在しない。
4.高等真核生物のDNAは単鎖の分子として存在することが多い。
5.コドンは三つのヌクレオチドの配列で構成される。

自分の考え
1.RNAの細胞内での多さはrRNA>tRNA>mRNAなので、間違い。
2.転写調節は、coding regionよりも離れた場所から関与するので、間違い。
3.よく分からないのですが、チミンダイマーは存在するので、あると思い、間違い。
4.DNAは二本鎖なので、間違い。
5.その通りなので、正解。

三番はチミンダイマーはホモダイマーになるので、ヘテロダイマーとは言わないですし、ヘテロダイマーという現象はどのような時に起こるのでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ヘテロダイマーとは、RNAとDNAが混合した分子(鎖)のことを意味しているのではないかと思います。その意味だとしたら、ダイマー=2量体なので、適切な用語ではないですが。

さて、そのようなRNAとDNAが混合した鎖が高等生物に存在するか? 答えはYes

DNAが複製されるとき鋳型DNAに対し、短い相補RNAが合成され、これがを起点にして(つまり、プライマーにして)相補DNAが伸長されていきますね。このRNAプライマーは最終的には、後ろから伸長してきたDNAに置き換えられますが、複製開始時点ではRNA-DNAが一つの鎖につながった状態です。

ヘテロダイマー、もう一つの可能性は、DNAとRNAが対合して二重鎖になった状態をさすのかもしれません。これもヘテロダイマーという語は適切でなく、heteroduplex(ヘテロ二重鎖)と表現すべきものだと思いますが。
これも、RNAの転写中や、上記のプライマーの例があるので、Yesですね。

Q文系、理系で迷っています。 現在高1の者ですが文系に進むべきか理系に進むべきかで迷っています。 僕が

文系、理系で迷っています。
現在高1の者ですが文系に進むべきか理系に進むべきかで迷っています。
僕が通っている学校では高2から文系、理系で分かれます。いろいろ先生方にも話を聞きましたがいまいちピンときません。
なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
学力は学年でも毎回10番以内には入ってて国語、数学の点数には差がないので自分でも文系か理系かも分かりません。

Aベストアンサー

文系で受験する場合、社会科(世界史・日本史・地理・公民)を多目に勉強することになります。理科(物理・化学・生物・地学)の勉強は少なくてすむか、大学によっては必要ありません(理系はこの逆です)。
社会と理科、どちらの勉強が多い方が、あなたにとって楽そう(苦痛が少なそう)ですか? 大学で専攻したい学科が決まっていない場合(たいていの高校生はそうだと思いますが)、これを基準にするのがいいと思います。

> なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
就職のしやすさなどはそのときの状況次第なので、「文系の学問」と「理系の学問」を、それぞれ研究する場合について考えてみます。

まず文系の学問のいいところは、理系とくらべてほとんどの場合、研究費用がかからないことです。理系の学問には、実験をしないと何も始まらないものが多く(数学などは別でしょうが)、設備や予算を確保できなければ、能力があっても成果は出せません。
一方悪いところは、理系にくらべて評価の基準が曖昧なことです。実際には優れた研究でも、指導教官などの気に入らなければ、発表できない場合もあります。不当性を外部に訴えようとしても、その研究が「優れている」と、客観的に証明することは困難です。
理系の学問のメリット・デメリットは、これと真逆です。つまり「優れた成果を出せば、おおむね公正に評価される」のがメリットで、「成果を出すには、先立つもの(設備と予算)が必要」なのがデメリットです。

文系で受験する場合、社会科(世界史・日本史・地理・公民)を多目に勉強することになります。理科(物理・化学・生物・地学)の勉強は少なくてすむか、大学によっては必要ありません(理系はこの逆です)。
社会と理科、どちらの勉強が多い方が、あなたにとって楽そう(苦痛が少なそう)ですか? 大学で専攻したい学科が決まっていない場合(たいていの高校生はそうだと思いますが)、これを基準にするのがいいと思います。

> なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
就職のしやすさなど...続きを読む

QDNAとRNAのどのような性質に違いから水溶性になるのか,脂溶性になるのかがわかりません.

大学の実験でノーザンハイブリダイゼーションをやったのですが,核酸を抽出するときにDNAとRNAで抽出に必要なpH条件が異なる原因がわかりませんでした.

具体的には,それぞれの核酸抽出用の生体試料に試薬を加えて遠心すると,DNA抽出ではpH9の下で上清にDNAが含まれ,RNA抽出ではpH4の下で上清にRNA,有機層にDNAが含まれる,ということです.
ウェブで色々調べたのですが,「DNAはアルカリ性で,RNAは酸性の水溶液で水溶性になる」ということだけがわかり,具体的に「どのような化学的性質の違いにより,溶け方の違いが生じるのか」ということはわかりませんでした.

また,DNA抽出では上清にRNAも含まれている気がするのですが,RNAははいっているのでしょうか?また,入っているとして,ハイブリの結果に影響はないのでしょうか?

どなたかこの辺の事に詳しい方,教えてください.お願いします.

Aベストアンサー

Chomczynskiの原著にはその辺の考察があるかもしれませんが、読んだことがないので私の解釈ですが、

水に溶けやすいか、溶けにくいあるいは有機溶媒に溶けやすいかというのは、極性があるかないかによりますね。

核酸はリン酸基を持つ弱酸です。リン酸基はpHが高ければ電離しやすく、逆に低ければ電離しにくくなります。したがって、pH4では電離したリン酸基が少なくなり、電離していないということは極性が少なくなり、水に溶けにくくなります。DNAが酸性で水に溶けにくくなるのはこれによります。

では、DNAと違ってRNAは水相に残るのはなぜかというと、一つはデオキシリボースとリボースの違いで、リボースのほうが極性の水酸基が一つ多いということでしょう。もう一つは、塩基には水素結合をしうる極性があるわけですが、DNAは二重鎖を形成しているために極性が中和されているのに対し、RNAはほとんど一本鎖で、塩基の極性が裸のまま残っているためということがあるでしょう。

DNAの精製をするときは中性付近にバッファリングしたフェノールを使いますが、中性付近ではDNAもRNAも水相にきます。pHをあげることによってリン酸基の電離が促され、RNAがより水相に残りやすくなるだけです。

Chomczynskiの原著にはその辺の考察があるかもしれませんが、読んだことがないので私の解釈ですが、

水に溶けやすいか、溶けにくいあるいは有機溶媒に溶けやすいかというのは、極性があるかないかによりますね。

核酸はリン酸基を持つ弱酸です。リン酸基はpHが高ければ電離しやすく、逆に低ければ電離しにくくなります。したがって、pH4では電離したリン酸基が少なくなり、電離していないということは極性が少なくなり、水に溶けにくくなります。DNAが酸性で水に溶けにくくなるのはこれによります。

では...続きを読む

Q文系と理系の区別

文系な人、理系な人と言う判断基準はどういうものでしょう?

一つは、学校で文系学科や理系学科を勉強していた事により、文系、理系と呼ぶ事はあると思います。
でもそれとは別に、その人の人間性から文系、理系と使われる事があると思います。

後者の場合、どんな基準があるのでしょうか?

Aベストアンサー

文系は情緒的で理系は理屈的という印象ですね。

QDNAとRNA

DNAとRNA似たような塩基配列をしているにも関わらず、「なぜDNAが生物の情報を残す物質になりえたのか」と疑問に思います。

この二つの違いとして考えられるのは、それぞれを構成している糖とらせん構造しか思い浮かびません。
糖の観点から考えて、「デオキシリボースはリボースの還元型であって、それ以上還元されないから安定といえる?」と思いましたが、それからどう発展させればいいのかわかりません。

また、らせん構造では、「らせん状態は力学的エネルギーを蓄積でき、それを利用して様々な反応を起こすことが考えられ、したがって2重らせん構造のDNAは化学的反応を起こす点で有利といえるから」と考えました。個人的にはこちらの考え方の方が正当な気がします。

しかし、文献を探してみたところ、全く探せず。
探し方が悪いのかもしれませんが、手詰まり状態で困っています。

どうかこの問について少しでも意見やアドバイスなどがあったらご回答ください。

Aベストアンサー

端的に言って2’のOHが存在することにより、RNAはDNAより遥かに化学的に不安定になっているからです。
例えばアルカリにするだけでRNAは分解してしまいます。
2’のOHと3’のリン酸が反応して環状のジエステルを形成してしまい、そこで切断されてしまうのです。

化学的に不安定ということは言い換えれば、化学的に反応性に富んでいるということもできます。
ですからセルフスプライシングに代表されるようにRNAはDNAと異なり酵素として働くこともできるのです。
RNAは自己複製と酵素反応という生命の二大特徴を持つ分子ですので、
生命の誕生はRNAであり、自己複製機能はより安定なDNAへ、酵素機能はより化学的多様性を持つタンパク質へ
と受け継がれていった結果、生命が誕生したと考えられているのです。

なおRNAが不安定であることはRNAがmRNAとして働ける理由でもあります。
mRNAが安定であれば遺伝子のスイッチのオフがなかなか働かなくなってしまいます。
不安定で速やかに分解されることにより遺伝子のスイッチのオンオフが有効になるのです。

端的に言って2’のOHが存在することにより、RNAはDNAより遥かに化学的に不安定になっているからです。
例えばアルカリにするだけでRNAは分解してしまいます。
2’のOHと3’のリン酸が反応して環状のジエステルを形成してしまい、そこで切断されてしまうのです。

化学的に不安定ということは言い換えれば、化学的に反応性に富んでいるということもできます。
ですからセルフスプライシングに代表されるようにRNAはDNAと異なり酵素として働くこともできるのです。
RNAは自己複製と酵素反応という生命の二大特徴...続きを読む

Q文系か理系か迷ったら、理系にするのが賢明でしょうか

文系か理系か迷ったら、理系を選ぶのが賢明でしょうか。
文系から理系へ移行するのは至難の業ですが、理系から文系へ移行するのは比較的容易と聞いたのですが。

Aベストアンサー

大学でラクをしたかったら文系へ
とりあえず今は何をしたいかわからないんだったら理系へ行けばいいと思います

理系から文系就職するのも昔よりラクになったらしいですし

QDNAとRNAの違いについて

親戚の高校生が生物の勉強でどうしてもDNAとRNAの違いがわからないらしく、たまたま訪れていた私に説明を求められましたが教科書を読んでもすっかり「???」でした。
どなたか、分かりやすく説明できる方いらっしゃいませんか?自信をつけて説明できるようにしてください!!
ちなみにサイト等で見てみましたが二人とも???の状態でした。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容が変更できないCD-ROMというところでしょうか。
CD-ROMが有るだけでは、中のデータを見ることはできませんよね。それといっしょで、DNAがあるだけでは、その中の情報を見ることも使うこともできません。
そこで、活躍するのがRNA達です。
「達」と言ったのは、3種のRNAがいるからです。DNA・CD-ROMは、核の中に保管されていています。そのDNAから体を作る材料であるタンパク質を作る場所が「r君(リボーソームRNA)」の庭になります。
このr君の庭まで、DNAのデータをコピーして持ってくる役目を「m君(メッセンジャーRNA)」が果たします。タンパク質を作るr君の庭に、DNAのコピーを持ってm君がやってくる。最後に、このコピーを元にタンパク質のパーツを運んでくるのが「t君(トランスファーRNA)」です。
DNAは、体を作る情報を保管する記憶媒体(CD-ROM)で、
RNAは、その情報から体を作る作業を担当する3人の小人 ですね。
----------
以上あくまでも、おおざっぱな話ですので、細かい部分は触れていません。(例えば、DNAが核以外の葉緑体やミトコンドリアなどの細胞小器官部にもある話や、真核生物と原核生物の違い(ここでは、われわれヒトが含まれる真核生物の話に特化してます)などには触れません。)

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容...続きを読む


人気Q&Aランキング