ドコモの携帯を子供にも足せています。
最近は、迷惑mailの内容も、露骨な
性描写的なものが多くあります。
NTTのサーバーには、相手を特定できるような
ログも残っているはずですよね。
ピンクチラシと、同様に取り締まることは出来ないのですか?
車上荒らしより、被疑者を特定しやすいと思うのですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 迷惑メール対策については、現在のところ、メールアドレスを長く、しかも類推されにくいものにするしかない、というのが多くの人の意見のようです。


 ドコモ自身が、大切な収入源である迷惑メールに対策を立てようとはしていないようなので、さしあたっては自衛しかありません。

 また、取り締まりについてですが、それが明らかに売春を誘引する内容のものであれば、売春防止法第5条の規定により、取り締まりが可能です。
 ピンクチラシについては、(No.1の人の回答とは異なりますが、)上記の規定により取り締まりを行っているようです。
 ただこの場合、私たちが思う“明らかさ”と裁判における“明らかさ”には、かなり大きな隔たりがあり、実際に取り締まりを行うには、そのピンクチラシによって実際に売春が行われているかどうかを確認する必要があります。
 あのピンクチラシが他の何の目的に使われるというのか?売春以外あり得ないではないか?と思われますが、その程度の容疑では検挙できず、事前にそのピンクチラシを利用した客から事情聴取したりして、実際に売春が行われていることを証拠化した上で検挙します。
 つまり、私たち一般人がこれは取り締まれるのではないかと思う内容でも、立件が困難な場合も多いようです。
 

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/baisyun.htm
    • good
    • 0

被害者が訴えないからとりしまれないんじゃないですかね。

この場合被害者は受信する側だから、あたしたち使用者が団結して訴えないとだめなんじゃないのかな 田中やすお知事が訴えてくれればいいのにね。sarasbatyさんがいうようにドコモが訴えるわけないからね。迷惑メールでもうけてるんだし。
    • good
    • 0

別にNTTDoCoMoの味方をするつもりはありませんが…、


どうして迷惑メールを、皆さんは「DoCoMoのせい」にするのでしょうか?

そもそも、メールは電話とは違います、
受信する側にも、それなりのリスクは承知で使わなければならないのではないでしょうか、
そもそも、メールは受信(勝手に送られてくる)するものではなく、
メールサーバーへ取りに(迎えに)行くものなんです、
無言電話や、しつこい勧誘電話は、こちらに非はありませんが、
メールに関しては、こちら側で工夫をすれば、いくらでも防御する方法はあります。

たとえは違いますが、
車を運転するときは、いくら注意していても「もらい事故」「飛び出し」など、
それなりのリスクを負うことは承知のうえで運転してるのではないでしょうか…。

ただし、i-modeのように、受信すると着信音が鳴るのは、
ついつい電話と勘違いし、メールそのものの意味がなくなってしまっています、
これはDoCoMoにも反省してもらいと思いますが…。

要するに、メールは電話ではありません、
受ける側にも、それなりのリスクはあると言うことです。
    • good
    • 0

最近はインターネットやメールに関係する犯罪が


頻繁に発生しているのでmori-rinさんも、
子供さんのことご心配ですね。

迷惑メールはアドレスを変えてもくるのですが、
最近アドレスを数字や記号を含めた18文字くらい、
しかも意味のないアルファベットの羅列にしてから
今のところ迷惑メールは来ていません。3週間くらい
の実績だからまだわからないけど。

子供さんの携帯もご心配ならなるべく長い、数字や
記号を含むアドレスに変更されてはどうでしょう。
これまでメールしてた人には子供さんの携帯から
メールすればアドレス帳の変更も簡単だし。

本当に危ないことの多い世の中なので大変ですよね。
直接の答えにはなってませんが、頑張ってください。
    • good
    • 0

ピンクチラシの場合は電話ボックスなどの管理者の許可を得ないで貼ったという理由で取り締まりをしているようです。

ピンクチラシそのものがわいせつ文書にあたるとか違法性があるということではないのです。迷惑mailの場合ですが、露骨な画像でも送られてきたら別でしょうが、今の世の中、文章だけで取り締まりをするのは無理だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車上荒らしに遭いました

友人が車上荒らしに遭いました。
昨日、コンビニの駐車場に停め、鍵をかけて車を離れた時のことだそうです。
鍵を壊され、車の中のジャケットの財布の中からカードだけを抜き取られました。
ローンカード(日本信販マイベスト)で200万円の借り入れ、キャッシュカードでも100万円引き落とされてしまいました。(どうやら推測できる暗証番号にしてしまっていたようですが、誕生日や電話番号ではないそうです。)
警察には連絡してあり、盗難届けは火曜に提出に来てくださいと言われています。
日本信販に『盗難に遭った分も支払い義務があるのか』と問い合わせたところ、残念ながらある、との返答だったようで落ち込んでいます。
でも本当でしょうか?
こういう場合会社は保険をかけているのではないでしょうか?
このまま泣き寝入りするしか手立てはないですか?
よい策があればさずけてください!

Aベストアンサー

基本的に、カードによるキャッシング被害は、被害者に過失がなければ全額保障されます。
しかし「推測できる暗証番号」というのが気になります。車のナンバー?であっても、基本的には「重大な過失」と扱われてしまいますので保障外になります。
また、カード利用者にはカードの管理義務があります。安全な場所に保管する必要があるということです。残念ながら、車の中は「安全な保管場所」とはみなされませんので、車両内にカードを放置していた場合には保障されない可能性が高いです。

もちろん盗難に備えてカード会社や銀行は保険をかけていますが、その保険の適用対象外になってしまうわけです。
もっとも、銀行に比べカード会社は割と柔軟に対応してくれることもあります。根気よく交渉すれば、活路は開けるかもしれませんが・・・?
一度「支払いを拒否してでも、裁判ででも争うつもりがある」ということを、ほのめかしてみたら、相手の態度も変わる可能性はあります。

Q出張中の車上荒らし

こんにちは。次のような場合は、どうすればよいか教えてください。
A社の仕事でB社の人(Cさん)が出張に行きました。
その時、Cさんの個人所有者でA社に来て、車をA社の駐車場に停めて、A社の社用者で出張にいきました。
その際に、Cさんの車が車上荒らしにあった場合、A社側に何らかの法的責任あるのでしょうか?
このような場合、お見舞金程度を払うのか、修理代を負担するのか、何もしないか、どうのようにすればよいでしょうか?
会社でそのような場合の取り決めをしている場合、どのように対応していますか?
A社には、そのような規定もなくA社とB社間にも取り決めがありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

B社がCさんが自己所有車でA社に行き、A社の駐車場に駐車しておく事を指示或いは了承していた場合は、B社における職務中であると考えられこの間の車上荒らしについてCさんの過失(施錠等)を考慮してB社も損害の一部を負担する。

A社がCさんが自己所有車でA社まで来て、A社の業務で出張中の間、社内駐車場に駐車することを指示、了承していた場合は、A社がCさんの過失割合を考慮して損害の一部を負担する。

AB社共にCさんが自己所有車でA社に行き、出張中に駐車場を利用することを指示、了承していないかった場合(タクシー利用が決められていたなど)は、Cさんの全額負担とする。

いずれにしても、法律的解決よりは社会常識の範囲で解決することが円満な関係の持続に繋がります。

ちなみに、私の経験では、A社が全額負担を申し出てくれましたが、損害も少額でしたのでお見舞金をいただきました。

Q車上荒らしについて

昨日彼氏の車で公園に行って散歩してたら30分くらいで戻ったら助手席のガラスを割られて私のカバンが盗まれました。カバンを置きっぱなしにしていた私が悪いと反省しているのですが、そのなかには財布など全部持ち物が入っていました。免許証や保険証は悪用されたりする可能性があるのですがどう対策したら良いでしょうか?明日免許センターに言って再発行してこようと思っています。
ちなみにHDDナビも付いていたのですがこちらは無事でした。諮問も残っておらず警察からもやはり未だ連絡ありません。

Aベストアンサー

運転免許証は、キャッシュカードやクレジットカードと違って「止める」ことはできません。
しかし、再発行をすると自動的に古い免許証(盗難に遭った免許証)の効力は、ないと思います。
あなたのいう、「悪用」というのは、泥棒があなたの免許証を使ってあなたになりすまし、何か悪いことに使うということだと思いますが、警察に被害の届け出をしているのであれば、後であなたのところに、業者等から問い合わせが来ても、きっぱりと、「盗まれたものです」といって、警察にも届け出してあることを言えば大丈夫かと思います。
早く犯人が捕まると良いですね。

Q車上荒らしでの施錠の有無について

車上荒らしにあった場合、施錠をしていたかしていなかったかによって、警察に被害届けを出した場合、被害者側の過失云々は問われることになるのでしょうか?
例えば「鍵をかけなかったんだから取られてもしょうがない」ということで、被害届けを受理されないという場合などはあるのでしょうか?
同様に、空き巣についてもお願いいたします。
どうぞお教えください。

Aベストアンサー

 被害届は受理されます。(車上狙い、空き巣共)ただ鍵をかけていなかったいじょう取られても仕方がないでしょう。もし、鍵をかけていない状態で車が持ち去られてその車が事故を起こすと事故に対する過失が問われることもあるようです。

Q車上荒らしに合いました。でも警察が・・・

半年程前に、自宅に駐車していた愛車が車上荒らしに合いました。
ドアガラスを割られ、ドアを開けて車内を物色されたのですが、幸い、何も盗まれなかったようです。
窃盗という点では被害は無かったものの、ガラスを割られているので警察に行ったのですが、警察曰く「何も盗まれていないのなら、被害届を出しても指紋の採取とか面倒なことばかりで大変だから、やめた方がいい」。
でも窓ガラスは割られ、後日修理代に数万かかる程だったので、せめて器物破損(?)だけでも届けを出せないかと食い下がってみました。
しかし「犯人が捕まっても、今回のことはあくまで窃盗の手段の為にガラスを割っただけで、ガラスを割ること自体が目的だったわけではないので、器物破損で訴えることは出来ない。ヘタしたら弁護士に逆に訴えられるかもしれないし、そうなると警察もグルだと思われる」と言われたのです。
窃盗で逮捕された犯人を窃盗以外の罪で訴えることは出来ない、ということだと解釈しましたが、でもそれだと、ちょっと極端な例かもしれませんが「いたずら&拉致目的で女の子を車で撥ねたら大怪我させてしまい、怖くなって逃げた」なんてパターンは「いたずら&拉致が元々の目的だったのだから、女の子が大怪我したことに関しては(傷害?)訴えられない」ということと同じになってしまうと思うのですが・・・。

実際に、私の車は一部壊されているわけですし、それを自腹で修理しています。
確実に「被害に合った」と言い切れると思うのですが、それでも私には犯人を訴える権利は無いのですか?
それともこれは、刑事事件に関することで、民事だと別なのでしょうか?
犯人が捕まったわけではないので実際に「訴える、訴えない」という段階ではないのですが、どうも釈然としません。
せめて、実際の法律ではどのようになっているのか、それを知ってスッキリしたく思います。
よろしくお願いいたします。

半年程前に、自宅に駐車していた愛車が車上荒らしに合いました。
ドアガラスを割られ、ドアを開けて車内を物色されたのですが、幸い、何も盗まれなかったようです。
窃盗という点では被害は無かったものの、ガラスを割られているので警察に行ったのですが、警察曰く「何も盗まれていないのなら、被害届を出しても指紋の採取とか面倒なことばかりで大変だから、やめた方がいい」。
でも窓ガラスは割られ、後日修理代に数万かかる程だったので、せめて器物破損(?)だけでも届けを出せないかと食い下がってみま...続きを読む

Aベストアンサー

 No.5さんの回答のとおり,窃盗罪に未遂罪はあります(刑法243条,235条)。通常は,窃盗のための物色行為をしたときに未遂罪は成立しますので,本件のように自動車のドアガラスを割られて中を物色されていたのであれば,窃盗未遂罪になることはまず間違いありません(このようなケースで窃盗未遂罪で立件されている例はたくさんあります)。ただ,少し気になるのは「半年程前」というところです。もし半年前の被害をこれから警察に被害申告しようとしているのであれば,それは難しいです。なぜなら,半年前の被害ということであれば,それが厳密に何月何日の何時から何時までの間の被害であるかなどといった被害の特定や,被害直後の当該自動車の状況といった被害状況の証拠化がこれからでは難しいと思われるからです(さらには「半年前の話」ということであれば,本当にそれが他者による被害なのか,本当にそのような事件があったのかということさえなかなか信用してもらえないということもあります)。窃盗や窃盗未遂の被害に遭われたのであれば,直後(遅くても翌日くらいまで)に被害届を出した方がよいと思います。なお,仮に犯人が見つかった場合のことですが,警察では「民事不介入」ということになっていますので,窃盗罪や窃盗未遂罪で検挙されたとしても,原則として,警察は被害弁償の斡旋はしません。請求したいということであれば,警察から犯人の氏名,住所を聞いて,例えば,(1)弁護士に依頼して,内容証明郵便で請求してもらうとか(その場合,修理に掛かった費用の明細書や領収書を残しておいて,弁護士に示すことが重要です),(2)簡易裁判所の支払督促手続や少額訴訟,あるいは地方裁判所の民事訴訟で請求するということが考えられます。簡易裁判所の支払督促や少額訴訟は一般の方が自分で申し立てることも容易にできるよう裁判所には申立書の書式や記載例があり,手続についても書記官から教示を受けることができます。これらの手続を利用するのであれば,とりあえず住所近くの簡易裁判所に行って,どこの裁判所に相談をしたらよいか(基本的に相手方の住所地を管轄する裁判所です)をきくとよいでしょう。なお,簡易裁判所の手続は下記の裁判所のホームページで概要を知ることができます。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_kani.nsf

 No.5さんの回答のとおり,窃盗罪に未遂罪はあります(刑法243条,235条)。通常は,窃盗のための物色行為をしたときに未遂罪は成立しますので,本件のように自動車のドアガラスを割られて中を物色されていたのであれば,窃盗未遂罪になることはまず間違いありません(このようなケースで窃盗未遂罪で立件されている例はたくさんあります)。ただ,少し気になるのは「半年程前」というところです。もし半年前の被害をこれから警察に被害申告しようとしているのであれば,それは難しいです。なぜなら,半年...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報