週に4~6hくらいプレーする週末プレーヤー(30男)です。
最近スクールの初級から中級に上がりました。
しかし、ボレーがまったく上達せず悩んでいます。
決めるボレーというよりは、1stボレーで打つような、
クロスへ深く返す、つなぐボレーができません。
特にローボレーなんかは絶望的にヘタクソです。
ミスが多いのはもちろん、中途半端に短くなってしまうので、
逆に前に詰められてピンチになったりします。
ダブルスしかやらないので、ボレーができないとお話になりません。
ミックスではペアのおば様にイヤミを言われまくる始末・・・。

 いろいろな上級者の方(コーチ含)に教えてもらうんですが、

「手よりも足でボールを迎えに行く感じ」
「面さえ打ちたいほうを向ければ足はどんなでもいい」

「手首の角度はどんなときも90度」といわれれば、
「90度では力が入りずらいので135度くらいがいい」
「ローボレーのときはラケットヘッドを下げたほうがいい
角度を意識して腰を落としすぎると次の準備が遅れる」

「グリップはチェンジする暇はないから常にコンチネンタルで」
「フォアとバックで少し厚めに持ち替えないと力が入らない」

「当たった瞬間だけ力をいれその後ラケットは止めなさい(これでスライスもかかる)」
「当たる瞬間に上から下にラケットを動かしフライスをかけなさい」
「当たる瞬間に前に押し出すと同時にラケット面を上に向けスライスをかけなさい。」

もう、見事にバラバラなんです・・・。

 テニスをやっていると、特にサークルなどに所属しているといろいろな方からアドバイスを
いただける機会も多いと思いますが、その場合何を基準にして、これは取り入れようとか、
これは感心だけして聞き流しておこうなど、皆さんなりのご意見を伺いたいです。
もちろん、ボレーのコツや、上達法などのアドバイスも頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今回の質問はユニークな内容で興味深いです。


見事なまでボレーの基本が書かれていながら、上達がままならない
からです。そこには何らかのズレがあるのですがその原因は
分からないのが現状だと思います。
回答者の方も色んな角度から見てそれぞれに含蓄ある回答で
私もなるほどと言う感じで読ませて頂きました。

簡単な事が出来ない。それは簡単ゆえ誤魔化しが出来ないからです。
上達の早い人は見ただけで出来てしまいます。脳の中にイメージを
作ってそれを忠実に再生する神経能力が発達しているのです。
それがなかなか出来ない人もおります。私もその一人です。
自分が思って打っているイメージと現実には開きがあり、それが
分からないからです。
人から言われるのはボレーの基本的なアドバイスであるが、それが
必ずしも的を得る手前の可能性もあるのです。   と言うのは
踵を上げ、相手が打つ前に軽くスプリットステップを踏み、ファオか
バックにボールの高さにラケット面をセットなどの基本が
出来た上でのアドバイスもあるのです。
人にはそれぞれ癖があり、力んだり、手首をこねたり、ラケットを
引きすぎたり、ボールから眼を離したりなど自分では気づかない
基本以前の問題がある場合もあるからです。
”百聞は一見にしかず”という諺がありますがまずは自分のボレー
フォームをビデオなどで研究し、自分を知る事が大切かも知れません。
言葉悪いかも知れませんが、上級者やコーチの方に教わった知識が
生かせば自分のフォームのどこに問題があるかはすぐに分かる
でしょう。
技術の上達とはアドバイスを受けながら自分なりに考え実行し
生まれるのです。壁ではありませんが、一番シンプルな考えから
ボールを飛ばすには、スライスをかけるには、打つ分けるには
と理論的に考えと実際の動きをクロスさせると実践的になります。
まずは基本の優先順位を作って、それを一つずつマスターし
ステップアップしていく姿勢が大切です。

回答にはなっておりませんが一つの考えかたとして
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧な回答ありがとうございます。
なるほどという感じでよまさせていただきました。
いろいろ受けたアドバイスの中で、共通していた事柄は、
「打点は前で」
「ラケットを引かない」
というものでした。
多分僕の場合はそれができていないからかな?と
皆さんの回答を読んでみて思うようになりました。
昨日レッスンがあったので、同じような質問をコーチに投げかけてみました。

 アドバイスを受け、それができるようになったら、一度忘れて新しいことに挑戦するのが早い上達のコツといわれました。
ボレーは、まずボールを捕まえる事。
上手くなれば捕まえたあとで、たたきつけたり、スライスをかけたり、ゆるく返したりといった
「料理」が自由にできるようになる。
そのためには打点をなるべく前にする事。
今以上に前で取るつもりで打ちなさい。
なぜなら自分ではそのつもりでも、今まで染み付いていた打ち方が邪魔して、
以前の打点と言われた打点の中間くらいでしか打っていないものだからといわれました。

 正にk-domonがおっしゃった事と同じだな思いました。
あなたは今の段階では十分過ぎるくらい良く打てていますよ、とも言われました。
もしかしたら僕はちょっと上達を急ぎすぎていたのかも知れません。
ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/13 20:33

初めまして、スコンチョと申します。

(^_^)

>>教えられ上手になるには・・・

まず、コーチも含めてテニスが上手な方は、言葉で理解
してから上手なプレーが出来るようになったわけではない
ということがポイントですね。

彼らの指導・アドバイスは、質問者さんがプレーの感覚
をつかめるように、自分の感覚を口にしているにすぎま
せん。それにより1球でも希望する球筋が出れば、あとは
良いボールの確率を高くしていく作業になります。

指導者の立場からすると、まず指導される人の現状を正確
に認識する。次に、必用な要素・修正すべき要素を探し
出す。最後に、指導される人に分かるように伝える。と、
大ざっぱに分けて3つの段階があります。これを全て的確
にこなせるのはプロのコーチでも難しい物です。ましてや
アマチュアであれば、ずいぶん古い間違ったアドバイスも
横行してたりします。(^_^;)

プロ・アマ問わず、ご自身が「なるほど」と思えない人から
は距離を取るようにしたほうが楽しくテニスが出来ると
思います。そして、一度「この人」と思った人からのアド
バイスは「カラスは白い」と言われてもやってみましょう。
上手いコーチになると、上手になる過程で、仮の教えを
伝える人もいます。これにいちいち反発していたら、楽しく
もないですし、上手くなるスピードが鈍ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 はじめまして、スコンチョさん。
ご回答ありがとうございます。

>そして、一度「この人」と思った人からのアド
バイスは「カラスは白い」と言われてもやってみましょう。
僕の場合、その人をいつも通っているスクールのコーチに決めました。
理由は、若いので、若いテニス、最新のテニスを教えてくれそうだからです。
それに、そのコーチの言うとおりにやるとうまく打てる場合が多いような気がしたからです。

 自分もまあいい歳なのですが、いつも悔しい思いをさせられているおじ様、おば様たちを、若くて美しいテニスで完膚なきまでにやっつけることが当面の目標です。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/13 19:41

中級に上がったばかりなら、ボレーはボールを止めるだけでよいでしょう。



勿論、ラケットを引いては駄目ですが(本当にボールの勢いがなくなりますから)、
ラケットに力は要りません。
来たボールに打ちたい方向にラケット面を向けて<壁>にすればよいのです。

これが出来てくれば、徐々にタイミングがつかめます。
決して、フォアなどと同じ様に引いてはいけません。
引いていないと思っても引いていることが多いので、
中級の最初なら、積極的に前にラケットを出す感じで動き、最後の時にはラケットを90度で止めるだけでよいのです。当たったボールは自動的に良い場所に行きます。

とりあえず、コレを行なえば、おばさんに文句は言われません。
出来るようになってからは、少し早めに構え、力を入れるとおばさんには取られません。(^^♪

グリップは最初からボレー用にしておけばよいのです。
慣れてくると、右手は握らずに左手で支えておき、瞬時に適切なグリップに変えられるように成ります。
これは多分、男性なら中級の上当たりでは必要に成りますが、今はまだ上記の練習で充分です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答感謝します。
おば様たちってボレーが上手い人が多いと思います。

>ラケットに力は要りません。
僕の場合はコーチからも指摘されてるのですが、
力が入りすぎなんです。
というか、特にバックボレーで打点が後ろ気味になっているせいで、
普通は打ち負ける状況でも、腕力で強引に持っていってるから、
結果として力が入るみたいです。
ボレーが短くなってしまうのもこの辺に原因があるのでしょう。
ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2005/04/13 19:33

バラバラのコーチの答えは全部正解。


その場での状況に応じて打ち方を変える物だと僕は思います。
フォアハンドかバックハンドかにもよりますし、得手不得手もあります。

簡単に言えば全部無視ですね。
言い方を変えれば「助言」「アドバイス」と受け取り、自分の打ちやすい打ち方をする。

僕のアドバイスとしては、飛距離を伸ばすときは「手首を固定したまま、肘で押す!」ですね。
角度は「90度よりちょい下向き」
足は・・・、いつも必死に玉を追いかけてるので覚えてません(笑)

こんな打ち方もあるのか、程度に覚えておいて貰えると嬉しいです。

この回答への補足

>言い方を変えれば「助言」「アドバイス」と受け取り、自分の打ちやすい打ち方をする。

 確かにおっしゃる通りなのですが、
打ちやすいと思って打っていたフォームが
みょうちくりんだった場合のことを考えると怖いのです。

補足日時:2005/04/11 20:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。
なるほど・・・全部正解ですか!(>_<)
一人ぐらい間違ったこと言ってると思ったのに。
確かに状況あわせて打ち方を変える必要はありますものね。
あとはもう経験と練習量なのでしょうか。
それともセンス無いのかも・・・。
(ボレーほど、楽で簡単なショットは無いのにってコーチは言うし)
「肘で押す」ですね。今度意識してやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • テニス肘<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    テニス肘とはどんな障害か  テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害で、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があります。  どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられます。  前者では手首を背屈する(甲側に曲げる)筋肉がついている上腕骨外側上顆(がいそくじょうか)(肘の外側のでっぱり)に、後者では手首を掌屈(しょうくつ)(手のひら側に曲げる)する筋肉がついている上腕骨内側(ないそく)...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWOW WOW 2004全仏オープンテニスのスーパープレイで使われている曲

2004年全仏オープンテニスがWOW WOWで放送されたときにスーパープレイ集などが男子シングル決勝の後に流れていたのですが、そのときに使われていた曲が気になっています。洋楽で女性ボーカルでサビでFeel so good~て言ってる明るい感じの曲です。ちなみに最近あった2005年の全豪オープンテニスにもその曲が使われていました。知っている方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ABBAの”The Winner Takes It All”でしょうか。

↓の試聴をご確認下さい…。

http://www.towerrecords.com/product.aspx?pfid=1012360

参考URL:http://www.towerrecords.com/product.aspx?pfid=1012360

Q足元を狙われた時、ローボレーORハーフボレーのどちらで処理?

サーブアンドボレーに挑戦しています。
上位者と対戦すると、必ず足元を狙ってきます。
特に、ネットに寄り切っていない1STボレーの場合
前で早く処理をするローボレーにしようか
立ち止まって、ローボレーより上体が安定した状況で
ハーフボレーしようか迷ってしまいます。
結局、迷った時点でコントロールできない返球をして
ミスが多いです。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

往年の名選手、ステファン・エドバーグ(スウェーデン)の場合。もっともこれはスクールのコーチから聴いた話なんですが…。

彼はサーブアンドボレーの名手でしたが、ファーストサーブがトップスピンなんだそうです。理由は、速いフラットだとリターンのスピードも速くなる。特に上級者なら速いフラットでもコントロールして質問者さんの足元を狙うこともできるはず。ところがトップスピンサーブだと一度大きくレシーバーの前でバウンドしますから、その間にネットに詰める時間が稼げるからなんだそうです。

ただ、トップスピンサーブの場合腰を反らさなければならないため、腰を痛め易いそうです。事実、エドバーグもナブラチロワも腰を痛めたそうですし、そのコーチも腰を痛めたので教えてくれませんでした(私は別のコーチに習いました)。

私がやるとどうしてもまだやまなりのボールしか打てず、しかもコントロールが悪いため、最近はやっていません。また、確かに腰が痛くなりました。

ただ、サーブアンドボレーにチャレンジされるなら、フラットやスライスは捨てて、相手に足元を狙われないでネットにつけるトップスピンサーブを徹底的にマスターする方が、ボレーで悩むより早道なんじゃないかと思うんですが…。

往年の名選手、ステファン・エドバーグ(スウェーデン)の場合。もっともこれはスクールのコーチから聴いた話なんですが…。

彼はサーブアンドボレーの名手でしたが、ファーストサーブがトップスピンなんだそうです。理由は、速いフラットだとリターンのスピードも速くなる。特に上級者なら速いフラットでもコントロールして質問者さんの足元を狙うこともできるはず。ところがトップスピンサーブだと一度大きくレシーバーの前でバウンドしますから、その間にネットに詰める時間が稼げるからなんだそうです。

...続きを読む

QWOW WOWで放送の2004年全仏オープンテニスで使われた曲

2004年全仏オープンテニスがWOW WOWで放送されたときにスーパープレイ集などが男子シングル決勝の後に流れていたのですが、そのときに使われていた曲がとても気になっています。洋楽で女性ボーカルでサビでFeel so good~て言ってる明るい感じの曲です。ちなみに最近あった2005年の全豪オープンテニスにもその曲が使われていました。知っている方ぜひ教えてください

Aベストアンサー

サラ・コナーという方ではないでしょうか?
リンクのページにも載っています。

参考URL:http://www.ponycanyon.co.jp/international/pop/pccy01738.html

Qテニスのサーブ&ボレーの時、スライスリターンの処理

テニスのコーチレベルの方に質問です。

テニスで、主にシングルスで自分がサービスダッシュをして、相手が(主にバックの)スライスでゆっくり沈めてきた時の処理に、非常に困ってます。

同じローボレーでも、速いリターンだと相手も戻る時間が無いのに対し、遅いリターンだと相手も充分体勢を立て直す時間があるので、どこに打っていいかわかりません。

こういう場合、僕はよく、あまり前につめず、一旦バウンドさせて、それをハーフボレーというよりはほとんどストロークのスライスに近い形で返してしまいます。(もしかしてこの対処法が根本的に間違ってますか?)でもそれが甘くなってしまうことも少なくありません。

ダブルスでこっちが2人ともネットにいれば、それでもパスを簡単に抜かれることは少ないにしても、シングルスだと、相手が好き勝手パスを打ってきます。

ゆるいスライスでリターンを沈められた場合の処理の仕方を教えて下さい。どこに、どういう球を打てばいいのか。どういうボレーの技術を身につけないといけないのか。又相手にそういうリターンを打たせないためのサーブの技術などがあれば。

例えば自分も相手も右利きで、デューコートからセンターにサーブを打って、相手のバックのスライスリターンがこっちのバック側に沈んできた場合。

アドコートからこっちがワイドにサーブして、相手がスライスリターンを角度をつけてクロスに沈めてきた場合や、ストレートに沈めてきた場合。

(ちなみに、デュースコートから相手のバックが、僕のフォアー側に沈んできた時は、そんなに苦しくないことが多いです。センターからではそんなにリターンの角度もつかないし、とりあえず相手のバック側に深く返しておけば、そんなに良いパスは打ってこれないので。それに基本フォアーボレーの方がバックボレーより得意というのもあります。でももっと良い対処法があれば教えて下さい。)


余裕があれば、ダブルスで相手が遅いスライスで角度をつけて沈めてきた場合の処理も教えて下さい。

テニスのコーチレベルの方に質問です。

テニスで、主にシングルスで自分がサービスダッシュをして、相手が(主にバックの)スライスでゆっくり沈めてきた時の処理に、非常に困ってます。

同じローボレーでも、速いリターンだと相手も戻る時間が無いのに対し、遅いリターンだと相手も充分体勢を立て直す時間があるので、どこに打っていいかわかりません。

こういう場合、僕はよく、あまり前につめず、一旦バウンドさせて、それをハーフボレーというよりはほとんどストロークのスライスに近い形で返してしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴21年の31歳の男です。
私もネットプレーを中心に組み立てるので自分の経験で意見を述べさせて頂きます。

スライスの遅いリターンということですのでローボレーを打たされる状況にはなっていますが、十分に構える時間はあるように見えます。
このような場合は私は次のように考えます。

(1)逆方向のアングルボレーで対処します。
デュースコートであれば自分から見て右側に、アドサイドであれば左側に浅く角度をつけます。
この際、浅さはネットぎりぎりではなくサービスラインと当たりでシングルスサイドライン近くであれば十分です。
あまりに甘いと踏みこまれてパスですが、そこそこの薄い当たりで打てれば相手は追い付いてもかなり低い位置で捕えることになるので次に浮いてきた球を逆サイドに入れれば良いと思います。

(2)(1)を何度か見せたうえで(1)とは逆方向に深くローボレー
(1)を何度か見せて相手が(1)を警戒している状態では相手がいるサイドに逆を突いて深く打ちます。
読まれた場合はパスかロブの餌食でしょうが、相手が(1)を警戒して動き出していれば合わせただけのロブのようなものが返ってくることが多いですのでスマッシュで決めます。

(3)デッドゾーン当たりで1回止まって、ストロークエースを狙いに行く
スライスで沈めてくるということは相手はサーブアンドボレーを警戒していますので、沈んできたリターンをしっかり踏み込んで打てるデッドゾーン当たりで待ち構えてストロークエースを狙いに行く手です。
アプローチショットとしてエース狙いのストロークを打ちこみ返球されたらボレーで良いと思います。
スライスということですのでスピンをしっかり掛けて打ちこむ必要があります。

(4)質問者さんが仰るスライス返球
質問者さんがおっしゃるスライスでの返球もありだと思います。
ただし、深く打てなければ仰る通りパスが飛んできますのでこれは深くコントロールできるように練習ですね。
センターに深くが無難と思います。

上記4つをいろいろ組み合わせてというように私でしたら組み立てます。
4つの選択肢を上げさせて頂きましたが、大切なのは対応パターンをいくつか持ち、相手にパターンを絞らせないことが最も大切だと思います。
サーブアンドボレーとステイバックでも、いつも前に出てくる相手であればリターンサイドは

・沈める

の1択ですが、前に出てきたり来なかったりでは沈めたときに相手がステイバックしていたらストロークのチャンスボールになりますから、

・沈める
・深く返す

の2択を相手との駆け引きで使い分けなくてはなりません。
「あっ、こんなこともしてくるのか」
と思わせることが大切ですので、上記4つは一個人の意見として参考にして頂き、ご自身の発想で奇想天外な選択肢を作ってみても良いと思います。

後、ダブルスの浅く角度のついたリターンですが、私はダブルスの場合に限りですが相手がリターンをスライスで構えた場合はスプリットステップを踏まずに全力ダッシュでネットに詰めて相手の後衛サイドにアングルボレーで対処します。
スライスで構えた時点で速い球は来ませんのでスプリットステップなしでネットに突っ込んでも十分反応できますし、ダブルスですので守る範囲も半面で済みますから尚更です。
相手がポーチに出る人の場合はアングルボレーかストレートの読み合いです。
ここでも相手が色々な事をしてくるとストレートも選択肢に入れなくてはならず嫌ですので、相手に多くの選択肢から選らばなければならない状況を作ることが大切です。

以上、一個人の意見としてご参考下さい。

テニス歴21年の31歳の男です。
私もネットプレーを中心に組み立てるので自分の経験で意見を述べさせて頂きます。

スライスの遅いリターンということですのでローボレーを打たされる状況にはなっていますが、十分に構える時間はあるように見えます。
このような場合は私は次のように考えます。

(1)逆方向のアングルボレーで対処します。
デュースコートであれば自分から見て右側に、アドサイドであれば左側に浅く角度をつけます。
この際、浅さはネットぎりぎりではなくサービスラインと当たりでシングルスサイド...続きを読む

Qテニス全仏オープンのTシャツどっかで買えますか?

ちょっと時期はずれですが、ローランギャロズ名物のTシャツの今年ものを買いたいと思っています。日本で買う手段手ってあるのでしょうか?あるいはフランスのどっかから直接買うのでしょうか?ご存知の方、教えてください。ちなみにサイズは日本でいうLLです。

Aベストアンサー

3年前、全仏オープンのTシャツを下記のwebサイトにあるofficial shopで購入しました。英語版があり、簡単な英語なので、クレジットカードさえあれば簡単に購入できます。
LLサイズだと、メンズのLサイズで大丈夫でしょう。LLになるとばかでかくなります。日本サイズではありませんから。品物はしっかりしたものでしたよ。まだ十分着られます。
いろいろなグッズも売っていますから、楽しんでショッピングしてください。

参考URL:http://www.madeinsport.com/fr/default.asp?Univers=rg&Langue=en&Devise=USD&idPtn=rg

Qフォアボレーの時どうしてラケットを立てる良いの?

フォアボレーの時ラケットを立てろと言いますよね。
確かにうまい人はみんなラケットを立てていて、
腕とラケットの形がVの字をしています。

質問1.どうしてラケットを立てるとボレーがうまくいくのですか?

私はラケットを立てているつもりでも、ビデオでみるとヘッドが
落ちてしまっています。
相当意識して腕が疲れるくらい手首に力を入れないとラケットが
立ちません。(ビデオで見るとそれでも落ち気味ですが)

質問2.上手な人は特に力を入れなくても手首を立てることが
できるのでしょうか?

Aベストアンサー

ボレーでラケットを立てるのは、特に女性にはなかなか難儀
みたいですね。
なぜラケットを立てた方がよいかというと、ボレーは
「ボールの落とすところをコントロールする」ショット
だからです。

では何をコントロールするかというと、主に「深さ」を
変えたいんですね。
深さを変えるためには、ボールに当たるときのラケットの
角度を変える必要があるのですが、ラケットが寝ているより
立ってる方が、深さを変えやすいのです。

あと、チカラが必要かどうかについては、筋力はさほど必要
とは思いません。
でもやはりある程度意識して手首を固める必要があります。
手首は固定するけど、グリップは、インパクトまでは緩く。
ここが最初は難しいかもしれません。
でも、「手首固定、グリップはやさしく」を毎回意識して
いれば、すぐ慣れると思いますよ。
ガチガチに固定する必要はなく、ラケットの先が、グリップ
の動きについてくる、くらいでOKですので。
私が初心者に教えるときは、最初は斜め45度くらいで
よいから、打点からかなり上に準備すること、上から下に
ラケットがついてくるように、という感じのことを言ってます。

それと、インパクトのときには、ラケットを止めること。
ここが大切で、ラケットを、ストロークのように振って
しまうと、ボレーも安定しないし、すぐ疲れてしまいます。
当たるところで「きゅっ」と止めるだけですので、
こころがけてみてください。

ボレーでラケットを立てるのは、特に女性にはなかなか難儀
みたいですね。
なぜラケットを立てた方がよいかというと、ボレーは
「ボールの落とすところをコントロールする」ショット
だからです。

では何をコントロールするかというと、主に「深さ」を
変えたいんですね。
深さを変えるためには、ボールに当たるときのラケットの
角度を変える必要があるのですが、ラケットが寝ているより
立ってる方が、深さを変えやすいのです。

あと、チカラが必要かどうかについては、筋力はさほど必要
とは思...続きを読む

Q全仏オープンコートに使われている土は?

現在全仏オープンテニスが行われているが、コートに使用している土は、どのような種類なのだろうか?

Aベストアンサー

上から、
赤レンガと石灰岩を粉末状にしたものが数ミリ、多孔質石灰岩が7~8センチ、コンクリートのスラブと砂の層が90センチ、火山岩が15センチ。
表層は水を含ませた後、ローラーで数回押し固めます。

Qボレーのラケット面

いろんな動画を参考にさせてもらっているのですが、
ボレーについてちょっとした疑問があるのでよろしくおねがいしますm(_ _)m

鈴木貴男さんのボレーは、
フォロースルーが大きい&面をこねているように見えます。
http://www.youtube.com/watch?v=Ip0j1suiS80

伊達公子さんは、インパクトでぐっとスライスをかけて、コンパクト
http://www.youtube.com/watch?v=Ip0j1suiS80

鈴木さんは伊達さんのボレーをするかもしれませんが、
伊達さんが鈴木さんのボレーはしないような気がします。

スローの映像との比較なんでなおさら違いを感じているのかもしれませんが…
プロなので、それぞれきちんと理由があるかと思うのです。


違いを考えてみたのは…
鈴木さんのほうは
1 ボールがゆっくりなので、ある程度押し出す必要がある。
2 足で踏みこんでパワーを出すほどのラリーでもないので、手で押し出している。
3 2vs1なので、左右にコントロールの必要がありフォロースルーが必要
4 並行陣の後衛のポジションなので、ローボレーが多くこうなる
5 男性でパワーがあるのでこんな風に打てる
6 超スライスをかけている

伊達さんのほうは
1 ボールが早いので、ぐっと握るタイミングだけで返しやすい
2 ストレートラリーなので、面を作って足で踏み込めばOK
3 少しずつ前進して、前衛ポジションなので 振っている暇がない
4 女性なのでこの打ち方の方がやりやすい
5 スライスはほどほどにで良い

考えてみたことを書き出してみたのですが、
当たっているのか間違っているのか
他にも考えられることがあれば幅広く教えて頂ければ嬉しいです。

いろんな動画を参考にさせてもらっているのですが、
ボレーについてちょっとした疑問があるのでよろしくおねがいしますm(_ _)m

鈴木貴男さんのボレーは、
フォロースルーが大きい&面をこねているように見えます。
http://www.youtube.com/watch?v=Ip0j1suiS80

伊達公子さんは、インパクトでぐっとスライスをかけて、コンパクト
http://www.youtube.com/watch?v=Ip0j1suiS80

鈴木さんは伊達さんのボレーをするかもしれませんが、
伊達さんが鈴木さんのボレーはしないような気がします。

スローの映像との比較...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、研究熱心ですね。

プロ(特に男子プロ)のボレーに関しては、自分もフォロースルーが大きいと感じます。
それを踏まえても、上記の鈴木貴男選手のボレー動画は、ちょっとやりすぎですね。
打点前後で、ラケットの軌跡が変わってますので、なんか意図的です。

推測ですが、「ローボレーはフォロースルーを大きく」というレッスンのために、敢えて大げさにやって見せてるのではないでしょうか?
この動画はそのくらい「やりすぎ感」があります。

あと、伊達さんの動画はURLが違ってて見れませんでしたので、動画での比較できませんでしたが、
鈴木プロ以外でも、やはり男子プロの方が、ボールの回転はかなり多いですね。
なので、鋭く振る分、フォロースルーは大きくなると思います。

フェデラーも練習ではかなりスイングしてます

http://www.youtube.com/watch?v=WU9zx2pvbRo

この、「ボレーでスイングする」という点ですが、シングルスで使うボレーと、ダブルスで使うボレーは、少々意味合いが違う気がしてます。

ダブルスはある意味、「相手の後ろ側に居る方に打たせておけばいい」という、安定的ツナギのボレーが続けられて、チャンスを待つだけでもポイントが取れるのですが、
シングルスで前に出るということは、一球で決めないと即失点につながるという違いがあります。

なので、シングルスプレイヤーのネットプレイは、よりアグレッシブに、バックスピンやサイドスピンなど駆使して、「触られない」「叩かれない」ボールを供給する必要があり、
そういう意味で、シングルスプレイヤーの方が、よりスイングが大きくせざるを得ないのかと。

もちろん速く大きくスイングして、ミスらない技量が必要になりますので、
同じスイングはなかなか我々には真似できませんね・・・

シングルスでも、少し前のサンプラスの時代の方が、より安定的なボレーのフォームだったと思うので、これもやはりスピード+パワーによる時代の変化ということでしょうか。

男子プロのボレーで言えば、ティム・ヘンマンや、ラデク・ステパネクの試合の方が、自分達のプレイで参考になった気がします。
ステパネクのボレー

http://www.youtube.com/watch?v=C85Az3AJm5U

ステパネクはダブルスも強いので、シングルス一辺倒ではないですが、試合でのボレーの安定感は抜群です。
ヘンマンの動画はちょっと見当たりませんでした。

以上、少し質問の意図とハズレてしまったかもしれませんが、自分の思ったことでした。

こんにちは、研究熱心ですね。

プロ(特に男子プロ)のボレーに関しては、自分もフォロースルーが大きいと感じます。
それを踏まえても、上記の鈴木貴男選手のボレー動画は、ちょっとやりすぎですね。
打点前後で、ラケットの軌跡が変わってますので、なんか意図的です。

推測ですが、「ローボレーはフォロースルーを大きく」というレッスンのために、敢えて大げさにやって見せてるのではないでしょうか?
この動画はそのくらい「やりすぎ感」があります。

あと、伊達さんの動画はURLが違ってて見れませんでし...続きを読む

Q全仏オープンのマイレージ問題について教えて

全仏オープンで優勝者には
賞金が二億円もらえます。

一回優勝するだけでもう4万円くらいのアパートでも借りて生活すれば
一生暮らしていけるのになんでそんなにテニスを続けたいのか私にはさっぱり理解できません

さて質問ですが
全仏オープンで優勝するために世界のあっちこっちで
出稼ぎに出かけていると聞きました。

年がら年中賞金嵐をしているそうですが
その交通手段は飛行機だと思います。


そのマイレージはどのくらいのポイントが貯めているのでしょうか?
おおよその推測で結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

強い選手は、航空会社と契約していると思いますので、お金を支払って、乗っているわけではないと思いますので、マイルはつかないでしょう。

選手は、航空券と引き換えに、宣伝活動もしているので。

逆に、予選まわりの選手は、自腹を切るか、ディスカウントチケで購入しているでしょう。こちらもあまりマイルがつくとはおもえませんが・・。

優秀賞金が出ても、それまでの経費が非常にかかっていますので、チャラとはいいませんが、かなり目減りしますよ。

Q中1です。ソフトテニスラケットの診断をお願いしたいのですが、僕は前衛でボレーとスマッシュが得意で速く

中1です。ソフトテニスラケットの診断をお願いしたいのですが、僕は前衛でボレーとスマッシュが得意で速く打つことができます。
速さで攻めるタイプです。
僕に合うラケットはありますか?

Aベストアンサー

弾くタイプの
レイザーラッシュは、どうでしょうか?YONEXです!
私は後衛ですかソフトテニスをやっています!
試合で勝ち上がるためには、ネット側に落とすボレーが、できるようになると、レベルが高くなっていきます♫
春大会がちかいので、お互い頑張りましょう


人気Q&Aランキング