お台場で高級ホテルの建築が始まりました。2棟のタワーを最上部で結合する珍しい構造です。完成予想写真は下記URLに掲載されています。建築の専門家の方に教えていただきたいのですが、この建物は地震国 日本に適合する構造でしょうか?
http://www.resorttrust.co.jp/news/05_press/0405/ …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

概観パースを拝見しました。


いきなり回答に入りますが、この建物は当然日本の耐震基準・法令に遵守した建物の構造になっています。
(当たり前の事ですが、建築基準法・大臣評定・評価を取っているはずです)
門形の構造は超高層(60m以上)あたりでも結構採用されている形式です。
おそらくは、地震より耐風対策による効果が大きいと思われます。
又、上部のブリッジ部は、縁切りされていると思いますが。(ジョイント部は可動支承等で・・・)
この部分を、強引にツイン部分と剛接にもっていっても
あまりメリットがないような気がするのですが・・・。
その理由は、このブリッジ部が応力を伝達出来るだけの「剛床」にはなってないと思われるからです。
ムリに剛接にして理屈通り行かないより、縁切りして
「力」をイメージし易い方へ誘導するのが「設計」と思うのですが・・・・。
それと、最近の超高層あたりは「制震」を採用しているのでは?と思います。
(あまり制震は効果が低いと言われてるので、何ともいいがたいのですが・・・)
まあ、この建物はこの建物を設計した「人々」しか知り得ない情報を多分に含んでいます。
外野で議論する事には限界があります。
どちらにせよ、静的解析+動的解析(数種の地震波でシュミレーションされています)で十分な検証はなされているはずなのでご安心を・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たいへん参考になりました。私もタワーとブリッジは縁切りしてあると思います。

お礼日時:2005/04/13 23:02

もちろん今日の建築物、まして高層ビルともなると地震国日本独特の厳しい建築基準法や、その他種々の関係法、および東京都の各関係条例や、その他の基準や規定、規則やその細則といった非常に多岐に亘る諸条件をすべてを満たすものでなくては着工できませんので、当該工事においても既にそれらを満たしているものと考えられます。



 また当該建築の予想図(パース)を見る限り2棟のタワー部分は当然それぞれ柔構造による耐震構造であり、それを上層階部分でつなぐ部分(もはやブリッジという一般的な表現には相当しない構築物ではありますが)の剛性をやや強めることによって2棟それぞれの振動の伝播や共振をこの部分で相殺するさせるように計算されているかに見えます。
 このような門型の建築は一般的に外力に対して強く、また内部での揺れの感じ方が軽減されることから、大阪、パリをはじめ世界の多くの都市で例が見られます。現役の建築家ではありませんがお答えさせて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私は神奈川県在住なので大阪に類似したビルがあるのは知りませんでした。

お礼日時:2005/04/13 23:00

写真だけでは到底構造まではわかりませんが、実際に建つからには日本の建築基準法に適合するように設計されているはずですから、適合する構造といえると思います。

この回答への補足

質問の内容が漠然としていて申し訳ありません。補足説明させていただきます。同じお台場にあるフジテレビビルは2棟のタワーを接合する橋梁部分が柔構造なので耐震性は良いと思います。一方,建設中の東京ベイコートクラブは完成予想図から推察すると橋梁部分が剛体に近いように見えます。タワーとの接合部の応力集中を低減する技術を教えてください。なお、東京ベイコートクラブは会員制ホテルで、会員になるとホテルの建物を不動産として共有することになるので、耐震性を危惧しています。

補足日時:2005/04/12 12:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したい

東京、又はその近辺で、耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したいのですが、どこか良いところはありますか。

Aベストアンサー

イベントならいかがでしょう?

メーカーさんのブースに行って撮影を許可してもらえれば大丈夫かと。

近いスケジュールなら「住まいの耐震博覧会2012」が東京ビッグサイトで2012年3月31日(土)・4月1日(日)東1~3ホールで開催されます。入場は無料。

ただ震災後で注目が集まっている時期ですから混雑はある程度覚悟がいるかも。撮影するにも手早く済ませないといけないかもしれませんね。実施されるかわかりませんが、メーカーによっては実演コーナーもあるようです。

参考URL:http://www.nicefair.com/index.html

Qhttp://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/21000

http://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/210000

このサイトのようにコンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか? できるようになるとしたら何年後でしょうか?
また できたとしても本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?

Aベストアンサー

>コンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか?
もう出来ているかも知れませんが、結構メンドイ。
>本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?
これは簡単で天才数学者アラン・チューリングが定義した「チューリング・テスト」というのがあり、面倒ですが手続は既に決まっています。

Q「制震」と「免震」のメリットとデメリット

マンションに住んでいるのですが、コスト以外の性能の部分では、「制震」よりも「免震」がすべていいものだと思っていたのですが、建築会社に聞いたところ、「どっちがいいか一長一短で優劣がつけられない」と言われてました。もしかして、地震の種類によっても違ってくるのでしょうか。制震と免震のメリットとデメリットを教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>地震の種類によっても違ってくるのでしょうか
それもあります。
建物に入ってくる地震の振動は、地震の振動周期が建物の固有周期と同じとき(共振状態)が最大で、周期がずれるほど小さくなります。
免震構造は、固有周期をうんと長くして、地震の周期とずらすことで、地震力をへらすものです。
が、最近話題になっている(3.11地震もそうですが)長周期地震では、効き目がないか、かえって揺れがふえるのではないかといわれています。そう考えると、確実に振動エネルギーを吸収する制震構造のほうが安心という見方もあります。
また、木造住宅では、(建物が軽いので)地震力と台風による風圧力とが同じぐらいになって、地震には効くが風には効かない(かえって揺れる)免震構造より、どちらにも効く制震構造のほうがお勧めかもしれません。
もちろん、コストを考えると、制震構造のほうが、だんぜん有利でしょう。100年に一度、もしかしたら、一生来ないかもしれない巨大地震のために大金をかけるべきか? です。

免震構造のデメリットばかり書いたので、メリットも書いておきます。
免震構造は、地震の時にもあまり揺れません。したがって、タンスの転倒などの心配はほとんどなくなります。
免震構造は、床下に付くものなので、上部の建物形状に影響が出ないのもメリットです。制震や耐震(普通の構造)で地震に強い家を作ろうとすると、すじかいがたくさん必要で、出入り口、窓の大きさが制限されます。

>地震の種類によっても違ってくるのでしょうか
それもあります。
建物に入ってくる地震の振動は、地震の振動周期が建物の固有周期と同じとき(共振状態)が最大で、周期がずれるほど小さくなります。
免震構造は、固有周期をうんと長くして、地震の周期とずらすことで、地震力をへらすものです。
が、最近話題になっている(3.11地震もそうですが)長周期地震では、効き目がないか、かえって揺れがふえるのではないかといわれています。そう考えると、確実に振動エネルギーを吸収する制震構造のほうが安心という...続きを読む

Q74LS05互換IC

3.3v出力を5.0vICの入力端子に接続するためにオープンコレクタの
LS05を利用しようと思いましたが最近のICで同様に使える部品は有りますでしょうか。
LS05の電源を5vとして電圧変換するために2回路を1組として2組使っています。
出来ればDIPタイプもあるチップがよいのですが。

Aベストアンサー

動作スピードが必要ないのであればデジトラを使う方法があります。

3.3VのCMOS出力ならばTTLの入力に繋いでも問題なく動作します。

Qタワーマンションの免震、制震に詳しい方教えてください。

新築のタワーマンション購入を考えています。候補が2軒あり(AとBとします)、場所も近く、どちらも30数階建てで、支持層は40m位のところです。Aマンションは制震構造で3階の部屋が候補、Bマンションは免震構造で10階の部屋が候補です。Aマンションの方が安いので、そちらにしようかなと思うのですが、(1) 制震構造は、高層階の揺れの軽減が目的で、3階くらいだとほとんど地震の揺れ軽減の効果が無い。 (2) 免震タワーマンションも長周期の揺れに対してはあまり研究されておらず、倒壊の危険がある。 (3)免震タワーはちょっと強い風でも揺れて気持ちが悪くなる。と言う話を聞きました。本当なのでしょうか?高い買い物なので心配しております。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

制震マンションですが、鹿島以外の制震は、「名ばかりの制震」で制震効果は
ほとんどありません(せいぜい数%の改善)。
これは、マンションの殆どはコンクリート系の構造であることによります。
制震とは、ダンパーを付加することによって建物の減衰力を高める構造ですが、
そもそもコンクリート系の建物はひび割れによる減衰力が大きいので相対的に
付加減衰力の効果が小さくなるのです。
また、大地震時のひび割れの程度も、免震に比べて遥かに大きくなります。

風に対する居住性は、コンクリート系のタワーマンションでは平面の
大きさと高さが決まれば、免震でも制震でも殆ど同じになることが
知られています。
ずんぐりむっくりは、揺れにくく、スレンダーなものは良くゆれます。

長周期地震に対して免震はゆれやすいとのことですが、制震でも良くゆれます。
免震の場合、固有周期がはっきりしないので、特定の条件で敏感にゆれが
大きくなる事はないのですが、鉄骨超高層は固有周期が明確なので、
「あたればでかい」のは事実です。
マンションはコンクリート系が普通ですので、鉄骨よりはずいぶんましです。
いずれにしても、倒壊の危険は、考えなくとも良いレベルです。

免震は定期点検が必要なのですが、その費用は1住戸あたり月数百円程度が
積立金に加算されます。
その代わり、大地震後の修理代は安くつきますので、保険と考えれば
そんなものではないでしょうか?

制震マンションですが、鹿島以外の制震は、「名ばかりの制震」で制震効果は
ほとんどありません(せいぜい数%の改善)。
これは、マンションの殆どはコンクリート系の構造であることによります。
制震とは、ダンパーを付加することによって建物の減衰力を高める構造ですが、
そもそもコンクリート系の建物はひび割れによる減衰力が大きいので相対的に
付加減衰力の効果が小さくなるのです。
また、大地震時のひび割れの程度も、免震に比べて遥かに大きくなります。

風に対する居住性は、コンクリート系の...続きを読む

Qμ mol/g/時間

μ mol/g/時間
とはどういう意味でしょう?

Aベストアンサー

例えば薬品のラット体内における代謝や排出の単位として、毎時、体重1gあたり、何マイクロモルが処理されるかといった例に当たります。

Q制震、耐震

家の建て替えを考えています。

制震の機能を付けようと思っていたのですが、費用が80万円ほどかかるといわれ、迷っています。

耐震の等級を3にしておけば、わざわざ制震をつけなくてもいいものなんでしょうか。

なお、

建物内部、家具などは自分で固定してなんとかしようと思っていますので、心配しているのは、建物自体の損傷です。
東海地震の被害を受けうる地域に居ます。

ぜひ、ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

荒っぽい書き方ですが、制震は2階の揺れを制震装置が吸収する事で家全体の破損を小さくするものですので、耐震等級3であれば正直どちらでも良いと思います。
※通常、1階よりも基礎から離れている2階部分が大きく揺れるので、それに引っ張られて家全体が破損しやすくなります。

もちろん無いよりは有った方が良いですけど、予算とご自身の満足度で導入を決めて下さい。

それよりも地盤がしっかりしていなければ、免震だろうと制震だろうと意味をなしません。

QLC/MS/MS

社会人大学院生で、大学でのサンプルを会社のLC/MS/MSで測定していましたが、
会社の研究所が閉鎖になってしまい、測定場所がなくなってしまいました。
大学にLC/MS/MSはありません。
どこかLC/MS/MSを貸してくれる施設はないでしょうか?
委託分析は高くて無理なので、器械だけ借りて自分で測定できればと思っています。

Aベストアンサー

近くの産業技術センターや近隣の大学等には有りませんでしょうか?
MSMSをもっている産業技術センターもあるようです。
講習受けると自己分析も可能なようです。
tomarin_21 さんの近県の産業技術センターに問い合わせてはいかがですか?

参考URL:http://mac.tec-lab.pref.gunma.jp/detail.php?id=450

Q耐震マンションと免震マンションの違い

現在、新築マンションの購入検討をしているものです。年齢は45歳の会社員です。

春頃に住宅を購入したいと思っております。物件候補は二件あるのですが、片方は免震構造のマンションとPRしていますが、もう片方は普通の耐震基準のようです。

基準を満たしている以上、どちらでも良いのかも知れませんが、将来売却する時の事を考えると、どちらが良いのか迷っています。

立地は、二物件とも5分くらいの距離ですので、大差ありません。

耐震マンションと免震マンションでは将来の評価に大きな差が生じるでしょうか?宜しかったらアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

建築構造屋です

「免震」を強くお勧めいたします。
耐震性能は両者同じではありません。
「免震」の方が断然、耐震性能は高いです。
耐震構造の場合、大地震で大破し住めなくなる可能性が大きいのですが、
免震構造の場合、大地震の1.5倍の地震が来ても安全であるように計算で確かめることになっておりますので大破する可能性はとても低いといえます。計算内容についても学識経験者などの評定委員会により審査されますので、偽造の可能性は皆無といえます。(評定委員会が審査しない場合もあります。売主にご確認ください)
また、
耐震構造の場合、地震の際に家具の転倒などで命を落とすことも考えられますが、免震の場合は家具が転倒することはほとんどありません。

というわけで、実は私も免震マンションか戸建て免震の物件を探しているところです。
私のように免震にこだわって物件を探す人間もいますので、耐震構造より価値は高いと思います。

強いて免震構造の欠点を挙げるとすると、免震ゴムの耐久性でしょうか。
ゴムメーカの話では、ゴムは経年劣化で60年が限界なので、60年を過ぎるとゴムを取り替えなければならなくなるかもしれません。
なのですが、海外には100年以上品質低下せずに使われている免震ゴムの例がありますので、実際は100年は持つ、と思っています。

建築構造屋です

「免震」を強くお勧めいたします。
耐震性能は両者同じではありません。
「免震」の方が断然、耐震性能は高いです。
耐震構造の場合、大地震で大破し住めなくなる可能性が大きいのですが、
免震構造の場合、大地震の1.5倍の地震が来ても安全であるように計算で確かめることになっておりますので大破する可能性はとても低いといえます。計算内容についても学識経験者などの評定委員会により審査されますので、偽造の可能性は皆無といえます。(評定委員会が審査しない場合もあります。売主に...続きを読む

QA/D変換、D/A変換の分解能について

A/D変換、D/A変換の分解能についてお伺いしたいことがあります。
例えば、あるA/D変換器の分解能が8bitで、出力が±10Vである場合には、
入力のアナログ信号が、20V/2^8 = 0.078125 V 変化すると出力が1段階反応することになる、
つまり分解能が0.078125Vってことですよね?違ってたらすいません。

私がわからないのは、D/A変換器の分解能についてなんです。
D/A変換器の分解能ってのはどういう考え方なのですか?
D/Aですから、元のデジタル信号をアナログに変換するわけで、
その分解能が8bitとか書いてある場合にはどういう考え方するのでしょう?
教えてください。

Aベストアンサー

ADを図にすると、
アナログ入力があって、反対側から8本のデジタル出力が
ありますね。(8bitの場合)

DAはその逆になりますから、
デジタル入力が8本あり、反対側にアナログ出力があります。
8bitのDAには8bitまでしか入力できないという
ことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報