ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

毎日新聞にシーランディアの記事があって、興味をもってグーグルアースをみたら、南太平洋のタヒチ島を中心にした広域に直線状のものが見えて、とても気になりました。
ひっかき傷のようなもので、あちこちに見えるのですが、直線状になにかがあるように見えます。
これはグーグルアースの画像上のものであって、実際にはなにもないのか、
あるいは、何かしらの地形や地殻構造に関わるものなのでしょうか。

「南太平洋にみえる直線状のものはなんでしょ」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 質問文と画像が不適切でした。海溝の濃青の太い線ではなくて、また海山列や珊瑚礁列でもなさそうで、縦横斜めに引かれた線のようにみえるもののことです。
    南太平洋の線のうちいくつかは、何となく放射状になっているようにも見え、その放射の中心がタヒチのように見えたのです。
    ただ放射状に見える線は少なくて、多くの線は適当に引かれたような具合で、交差していることが多いです。

    「南太平洋にみえる直線状のものはなんでしょ」の補足画像1
      補足日時:2017/02/23 10:38
  • どうやら 画像処理の過程で偶然が重なって出来たパターンみたいです。
    断層や地殻の割れではないと思います。
    最初に示した画像の直線部分を拡大すると、なにやらトランスフォーム断層のような縞々が直線状に並んでいるみたいですが、他の場所では、広幅の未舗装に轍がたくさんみえるようなものになっていたり、幅9km長さ100kmの滑走路がたくさん並んでいるようだったりしました。
    海表面から2~2.5kmの水深がある海底ですから、地形調査結果を図示したというよりも、単純に画像処理の過程で「生じてしまったパターン」のようでした。 お騒がせしました。

    「南太平洋にみえる直線状のものはなんでしょ」の補足画像2
      補足日時:2017/02/23 13:52

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

海底地形の探査は、調査船の船底から音波を発信してその反射で行います。

昔は船の真下しか計れず、その点あるいは線データから補完して海底地形図を作っていました。いわば少ないデータから解像度が低い海底地形図を作っていたわけです。
30年ほど前から進行方向の両側に扇状に音波を発して船の航跡に沿ったある幅の範囲の地形が詳細に分かるようになりました。その幅は数km程度で、調査船の航跡に沿って帯状に高解像度で海底地形が分ります。帯は、調査船の航跡沿いに地形が高解像度で分かっている部分の帯です。拡大すると周辺地形はのっぺりして低解像度なのに、帯部分は細かい地形が記録されているのが分かるかと思います。

海底地形は、陸上と違って密度濃く調査された高解像部分とそうでない低解像度部分が共存するのは普通です。データのつなぎ目や補完処理で地形様ノイズがでる事もよくあります。日本近海にも同様の“地形”はありますので探して見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大部分は「のっぺりと塗られた感じ」、線状に見える部分が「精密に凹凸を描いたよう」でした。
「調査船の航跡に沿って幅は数km程度の帯状に高解像度の海底地形が」「周辺は適当に推定で補完した」のであれば、そんなふうなのかなと、なんとなく思いました。
しかし、調査船での深度探査の結果であると、Google Earthが取り込んだ調査結果データの場所が調査の計画性とか地域的重要度と関係が薄そうで、理解しづらいものがあります。
日本の近海にならないかもしれませんが、N31E145をほぼ南北に走る2本の平行線、その他「精密に凹凸を描いたような模様が見える場所」が多いところやあまり見えないところの関係が、よくわかりません。
ただ、線状に見える部分は詳細精密に描かれている個所であり、線状が見えない部分はのっぺりであって、その差は地形そのもののさというよりは画像作成合成処理での扱いの差である可能性が高いのはわかりました。

お礼日時:2017/02/24 07:22

No.2です。

No.2にちゃんと書きましたよね?

>海の中に、直線状の「ひび割れ」のように見えるのは、見た通りの「地殻のひび割れ」です。プレートの「境界」ではなく、プレートの表面にできた細かい「ひび」、つまり「断層」ということです。
    • good
    • 0

衛星写を合成する際の合わせ目とか諸々の事情で該当部分だけ解像度の違う写真を使っているとかでしょう。


拡大するその辺の事情がわかるのでは?

参考まで。
    • good
    • 0

地図や地球儀もそうですが、海の色の薄いところは浅いところ。

濃いところは深いところです。
添付された画像の中央にある深い青い線の部分はケルマデック海溝、トンガ海溝です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB …
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3 …

参考まで。
    • good
    • 1

宇宙から海底は撮せないので、画像処理上の問題ではないでしょうかね。

    • good
    • 0

海の中の青の濃淡ですか?



日本付近を見れば分かるように、青の濃い部分は水深の深い「海溝」です。
白っぽいところは、大陸棚などの水深の浅いところ。
白っぽいところが連なっているのは、陸地でいえば「山脈」、海の中では「海底山脈」です。海面上に顔を出せば、日本列島や琉球列島のように「島の連なり」になります。

こんな「地震発生のしくみ」「プレート」のような記事と照合してみると、よくわかると思います。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/a …

海の中に、直線状の「ひび割れ」のように見えるのは、見た通りの「地殻のひび割れ」です。プレートの「境界」ではなく、プレートの表面にできた細かい「ひび」、つまり「断層」ということです。
    • good
    • 0

砂漠地帯でよく観察しても陸地には直線が無い事や直線を拡大して見ると山や谷(光と影)が有る事や画像上とは感じが異なる事から地形等断層

ではないでしょうか(◎-◎;)?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電波暗室でラジオの電源を入れるとザーという音は消えますか

ラジオを放送局がない周波数に合わせると
ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。
そこで質問ですが、電波暗室では、こういったノイズも聞こえなくなるのでしょうか。

Aベストアンサー

>ラジオを放送局がない周波数に合わせると
>ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
>これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。

それは、おそらく一部であり、ほとんどのものは「地上の電気機器などから出るノイズ」および「ラジオの中で発生する雑音」に由来すると思います。

なので、電波暗室でも聞こえます。「ラジオの中で発生する雑音」に由来するノイズがあるからです。
下手な回路設計では、あちこちで「局部発振」します。電子回路の中には熱雑音が発生します。電源からは「ハムノイズ」が乗ります。
「静かな、ノイズのないアンプ」を作るのは、オーディオマニアの夢ではないでしょうか。

Q138億光年前の光

望遠鏡などで遠い星を見るとその距離(光年)に応じた年数前の光を見ていることになると思います。
現在もっとも遠くの銀河は138億光年のかなたにあるといわれており、これは138億年前の光であるということになります。
しかし、138億年前はビックバンで宇宙は1点に集まっていたはずです。
このビックバンの時に放った光が、何故今見えるか不思議です。

Aベストアンサー

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。クエーサーが観測されているけど、それが出来始めた時代。

そうやって、ようやく地球に今光が届いた。
僅か数ミクロンの距離を137億年も掛けて旅した訳です。

「でも、光速度は一定値Cでは無いですか?」という疑問も湧くかも。

[光は、そこの無重力系に対して一定値C」という重要な命題があります。

宇宙膨張で膨張するのは座標系、物理的に言うと、無重力系がお互い飛んで膨張してます。

だから地球から遥か遠い空間は、地球からみて光より速い速度で膨張しています。が、その場所の座標に対してはCで進みます。

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。...続きを読む

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.

Qロケットと重力と大気の関係について教えてください。

①ロケットを宇宙に向けて発射するとき、テレビなどで見ると、
かなりのスピードで空気の線?が見える程ですが、
なぜあれほどのスピードが必要なのでしょうか?

②大気圏に突入するとき、すごいスピードで
マッハ21.8にもなると、温度も断熱圧縮で1300度?
と、どっかの回答で見かけたのですが、
なぜ、それほどのスピードと温度になってしまうのですか?

飛行機から物を落としても、たかだか数百キロですよね?
空気の薄いとことなら、空気の圧縮もなく…。と思ってしまうのですが。
隕石なんかは、周回軌道もないのに…なぜ、すごいスピードと温度になるのですか?

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

No.2&3です。

>たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

はい、そのとおりです。「徐々に加速」していくと、空気の抵抗で「一定の速さで頭打ち」になります。「終端速度」というようです。
スカイダイビングの場合には、180~200km/h の速さのようです。
http://lumens.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?
>たまたま、地球の自転速度と同じ隕石が、ちょうど良い角度で、ぶつかってきたら、熱は発生しないんでしょうか?

最初から空気中で「徐々に加速」する場合には、上記のように「終端速度」を超えることはありませんが、空気のない宇宙から、地球の引力で加速して大気圏に突入する場合には、大気圏突入時の初速度がかなりの大きさになっています。

例えば、国際宇宙ステーションは、地上からの高度が 400 km です。これが周速度ゼロに減速して自由落下すると、大気圏が高度 100 km として(この高度でも大気はほとんどないようですが)、大気圏突入時の鉛直方向の速度は、単純な自由落下の計算(重力加速度は一定で近似)で
  v ≒ 2.4 km/s
になることが分かります。大気圏突入までに、地球の引力で十分に加速されてしまうということです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

それから、水平方向にしても、赤道上で
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・国際宇宙ステーションの周回速度:27,700 km/h ≒ 7.7 km/s
の速度差があります。

赤道上の静止衛星は、地上 36,000 km とかなり高いところ(地球の半径の 5倍程度)に軌道があるので、「静止して見える」といっても周速度では約6倍、相対速度にすれば
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・静止衛星の周回速度:3.1 km/s
の差で約 2.6 km/s あります。
http://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/sts99/earthkam_01_2.html

つまり、宇宙から地球の大気圏に飛び込むときには、鉛直方向にも、水平方向にも、初速度が大きくなるということです。大気は「だんだんに濃くなる」ので、大気がそこそこ濃くなったあたりで、ちょうどうまく「水平方向にも、鉛直方向にも、速度ゼロ」の状態を作るには、相当にうまく「速度制御」をしてやらなければいけないということです。

No.2&3です。

>たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

はい、そのとおりです。「徐々に加速」していくと、空気の抵抗で「一定の速さで頭打ち」になります。「終端速度」というようです。
スカイダイビングの場合には、180~200km/h の速さのようです。
http://lumens.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?
>たま...続きを読む

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

Q今、空を見上げたら次の近くにめちゃくちゃ光る星が一つあるんですけど…あの星はなんですか? 四方八方に

今、空を見上げたら次の近くにめちゃくちゃ光る星が一つあるんですけど…あの星はなんですか?
四方八方に光を放ってるように見えます。
あれってUFO⁇ 凄く気になります。

Aベストアンサー

金星

左上に暗めだけど赤いのがあるのは、火星ですよ

Qこの珍回答に どう返事をしていいのか 困っています みなさんは どう思われますか? 前回の質問の続き

この珍回答に
どう返事をしていいのか
困っています

みなさんは
どう思われますか?




前回の質問の続き(長文です)

Amazonで、ある海外の出品者から
iPadの防水ケース(1800円程度)を
注文しました

到着予定日から3日遅れ、
注文から20日以上経って
手にした商品でしたが
実際は防水ではなかったので
返品を希望の連絡を入れたところ
30%返金するので
返品はやめてくださいという
答えが返ってきました

防水でなければ手元にあっても
使うことがない為お手数ですが
返品対応おねがいしますと
再度連絡を入れました

それに対して今度は
なら50%返金するので
返品はやめてくださいという
予想もしない答えが返ってきました


金額は大きくないですが
不要なものに無駄なお金は
使いたくありません。

勉強代だと思ってこのまま
条件をのむのが正解なのか。
Amazonサポートに相談するべきか。
粘り強くこの業者に不要の旨を
訴え続けるべきなのか。

このまま連絡を
取り続けるのだとすれば
なんと言えば
納得してもらえるのか。



みなさんだったら
どうしますか?

この珍回答に
どう返事をしていいのか
困っています

みなさんは
どう思われますか?




前回の質問の続き(長文です)

Amazonで、ある海外の出品者から
iPadの防水ケース(1800円程度)を
注文しました

到着予定日から3日遅れ、
注文から20日以上経って
手にした商品でしたが
実際は防水ではなかったので
返品を希望の連絡を入れたところ
30%返金するので
返品はやめてくださいという
答えが返ってきました

防水でなければ手元にあっても
使うことがない為お手数ですが
返品対応おねがいしますと
再度連絡を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

自分だったらAmazonサポートに連絡して,その対応次第で返品ですね.
そもそもこの業者の対応って質問者さんが買いたいものを提供せずに,必要ではないものを売りつける行為をしていますよね.それは正当化されるべき事ではありません.
メッセージに書かれている"国際返送"といってもそれは業者の都合の話であって,サービスを受ける側である質問者さんには関係の無い話です.

一応こういうメッセージのやり取りをしているという事は今現在において返品可能という事ですよね?
例えば期限や開封状態で返品不可という事もあり得るので,その部分には注意が必要そうです.

参考
http://www.nissankyo.or.jp/auction/information/informationshopping2.html

Q地球って

地球は宇宙空間の中に本当に浮いてるんですか?

太陽のまわりをまわっていて重力が無いにしても、宇宙空間の下の方に落ちてはいかないんですか?

そもそも宇宙空間の最下部ってどうなっているんですか?

Aベストアンサー

宇宙に上も下も横もありません。

あなたは何か勘違いされているみたいですが、地球の重力は中心に向かっています。

宇宙空間の最下部?宇宙の果ては科学者の推測は色々ありますが、誰にもわかりません。

重力は距離が遠く成れば影響は弱まります。
因みに地面よりスカイツリーの展望台の方が極々僅かですがモノは軽くなります。

赤道では地球の自転による遠心力が強くなるので重力は一番弱まります。逆に遠心力が殆どの働かない北極南極は重力が強いです。

重力の影響は弱くても物凄く遠くまで及びますから、地球も天野川銀河の中心にあるブラックホールに徐々に引き寄せられています。とてつもな僅かですが。

そして更に、銀河同士も引き寄せ合っています。銀河の大衝突と言うのもあります。

浮いているのではなく物凄く遠くのブラックホールに向けて何万億年かそれ以上掛けて落ちているのです。

Q南極越冬隊とはどういう事ですか? 南極に春夏秋冬なんてないのに…

南極越冬隊とはどういう事ですか?
南極に春夏秋冬なんてないのに…

Aベストアンサー

南極にも春夏秋冬があることはすでに回答のとおりですが、それでも夏は寒いので、四季がある日本から見れば南極に行くと常に越冬になってしまいます。なので、南極の春夏秋冬に関わらず日本から見れば彼らは越冬隊です。

Q潮汐は何故一日二回あるの ?

「月の引力」と聞いたことがありますが、
これだと一日一回となります。
「遠心力」とも聞いたことがあります。
これだとすれば、一定だと思います。
一日のうちでも変わるし一年(春夏秋冬)でも変わっています。
釣り好きなど素人です。教えて下さい。

Aベストアンサー

>ゴムボールを一方向に引っ張ると引っ張った方が伸び、反対側はゴムボールのままの形と思います。
いいえ。そんなことにはなりません。ゴムボールを引っ張る方法でも、ゴムボール全体が引っ張られるわけですから、
ゴムボールを横に引っ張った場合、横方向に全体が伸びた形になります。
さらに、万有引力は近ければ強く、遠ければ弱く働きます。
海水が月に引っ張られれば、月に近い側は強い力で、中心付近は中くらいの力で、反対側は弱い力で月に引っ張られます。
そのため、海水は岩石に比べて扁平な楕円となります。

で、海水が引っ張られるのと同様、地球だって引っ張られますから海水の楕円の真ん中ほどに地球が来るのは自明のことと思うのですが。


人気Q&Aランキング