ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

赤信号などで速度を落として、クラッチペダルを踏み込むとエンジンが止まります。ブレーキを踏んでクラッチペダルを離すと、エンジンが戻る時もありますが、そのままエンストの場合が多いです。
エンジンの回転がスーッっと下がってそのまま0になってしまう、という感じです。たぶんアイドリングをもう少し高めに調整すれば防げると思います。

昨日気温が高く、散々エンジンが止まりました。今日は寒いくらいですが、全く落ちません。気温と関係あるのか、それともバッテリィと関係あるのか、などと考えていますが解りません。

「車屋さんに見てもらうべき」という以外で、なにか原因など解らないでしょうか。
始動時やエンスト後はキーを回せば一発でかかりますのでエンジンは悪くないと思ってるのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

漏れがなく、消費でその量だと結構な量ですね。


オイルを消費している状態では洗浄作用は半減しますからもう少し早いスパンでオイル交換した方が良いでしょうね。

恐らく代替はお決めでしょうから、費用を掛けずエンストを回避するにはやはり回転数上げるしか打つ手はなくなっちゃいますね。もしホースからのエア吸いを見つけたら1本ずつ落ち着いてやればご自身でも出来なくはないですが、大して費用は掛かりませんから車屋さんで直して貰ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

オイル交換はだいたい4000Km弱でしてますが、汚れをみてもう少し回数を増やします。
エア吸いのチェックはやはり私の手に余るようですので、エンジンオイルを入れる時に見てもらいます。
回転数を上げることも相談してみます。ガソリンが上がってる時期でちょっと痛いですが、走っててエンストするのは危険すぎますので。
何度も丁寧に回答していただき、とても感謝しています。
ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 20:39

補足ですが、手順としてまず点火系が良ければ、燃料が濃いのか薄いのかチェックします。

濃いと薄いでは採る策が違います。オイル消費があるならプラグチェックをして、良ければキャブのチェックにかかりましょう。



キャブでエンジン回転を変化させるネジは2つある筈です。機能としてはスロットルのストップ位置を変えるネジと、スローポートのバイパス量を変化させるネジがあります。後者の場合、どっち方向に何回転したかは重要です。

エア吸がないのに薄い場合はポートの詰まりが疑わしい。その場合、キャブ清掃またはオーバーホールです。

負荷運転中にアクセルOFFしたときにスロットルを急激に全閉にしない装置もあり、一見、それも臭いのですが、アイドリングの不調が基本原因そうなのでこれは後回しで良いと思います。
    • good
    • 0

補足からすると、ご自身で回転を上げられていますが、どんなネジをどちらの方向に何回転くらい回されましたか?



ブレーキを踏んでエンストが促進するのは、空燃費は薄い状態の可能性があります。既にエアを吸っている状態であればブレーキでのエンストは考えられます。

エア吸いは初期の軽い状態ではアイドル回転は上がります。エア吸いの有無は専門家であれば音でも判りますが、普通はバキューム計で判断します。貴方にやれそうなチェック方法としては、目視でバキュームホースの破れ、外れを見ることと、アイドリング中にパーツクリーナー等の揮発性アルコールスプレーをキャブ周辺にかけて回転数の変化を見ることくらいかな。

エアを吸っている個所にスプレーがかかると薄い状態であれば回転が上がります。キャブのボデー、ホース、連結部にくまなくかけて見て下さい。ただし!!マフラーにかからないように注意してください。強燃性ですから。

あとオイルを補充されてますが、継続的に減るのですか?白煙等の症状を言われてないので強烈な減りではないのでしょうが、オイル消費があるのならプラグは消耗している可能性高いですよ。

この回答への補足

回転数の調整は車屋さんにして貰ったものです。
言葉が足りなくてすみません。私には知識も技術も工具もありません^^;
オイルは、1200キロ/1リットル位のペースで減ります。
交換の時残ったオイルを継ぎ足しますが、汚れるのでほぼ4000キロくらいで交換してます。
車屋さんの話では「燃えちゃってる」そうです。それもあって排気が臭うのだと私は考えているのですが。

エア吸いのチェック、自信ないですが、なんとか見てみます。

補足日時:2005/04/16 00:32
    • good
    • 0

エンストの条件は他にありませんか?


アイドリングでの回転数変動や無負荷でレーシングした後、電気負荷の変化があった時などはどうですか?冷間始動・暖気時再始動のクランキング回数差、平均燃費の変化、排ガスの色と臭い等出せる限り情報をくれれば何とかできる気もしますが。

気温変化と空気密度は当然関係がありますが、装置が健康な状態であればエンストに至るほど致命的な条件ではありません。特に昨日・今日程度の差では。何らかの異常があるでしょう。

回転数を上げると言っても現車の状態によるので原因追求が先決。濃くして上がる場合も薄くして上がる場合もありますし、点火時期でも上下させられます。濃い場合、薄い場合で対処法が違います。知識がなければやはりプロの領域ですよ。

まずは負圧値やCO濃度を計って見たいところですね。

この回答への補足

遅くなってごめんなさい。
止まる直前にメータを見る余裕が無いので、回転数の変化を確認するのに手間取りました。なぜかこの質問をして後エンストしません。今日は1度、エンストしました。
エンジンオイルを1リットル継ぎ足した以外、変わったことはありません。

朝の始動時は1700から徐々に2000超に上昇し、その後さがりますが、900(現在の調整値)まで落ちるのは待てずに発進します。走行中の停車時のアイドリングは今日は900でしたが、昨日、1昨日は500~600でした(メーカ推奨値は600)。
走った後の再始動はアクセルを少し踏むのでウワンと上がって、即アイドリング状態に落ち着きます。
以前アイドリング回転数を1000以上に調整しました。エンスとはしませんが燃費ががた落ちしたので、今は900にしています。
燃費は徐々に悪くなっていますが、急激な変化はありません。

エンストするのは比較的急な減速時です。距離をかけて減速するとエンストは回避できます。短距離で止まろうとして、ブレーキを踏み込むと大抵エンストします。

質問では「ブレーキを踏むと回転があがってエンスト回避」と書きましたが、今日見ていたら、むしろ「ブレーキで下がってクラッチ踏むと少しあがる」ようでした。走行中にメータばかり見てることができないので、必ずそうなのかは解りませんが。

排気ガス濃度は、一応車検は通っていますが、かなり×だと思います。時々臭い時があります。後続車の冷たい視線を感じる時があります。黒煙噴きながら走ってるわけじゃないと思うのですが。

オイルとフィルターの交換は定期的にしています。
あとしばらくの間、危険なく走りたいのですが、やはりプロの手を借りる外はないのでしょうか。

補足日時:2005/04/15 19:46
    • good
    • 0

補足の回答です。



キャブなんですか?ブレーキを踏むとアイドルアップするのはEFIの特徴だったのですが・・・。

その車種ですと、PGM-CABなのですが、デュアルキャブとシングルキャブの2つがあります。シングルはダウンドラフトタイプ、デュアルはサイドドラフトタイプですがどちらも可変ベンチュリータイプで、キャブが詰まったりすることはバイクと違いあまりないです。キャブの清掃で以前直ったということであれば、もう一度その作業をすればいいのですが、その前にこの車の特徴的なエンストの原因を挙げておきます。
●スローカットソレノイドバルブ不良
●エアベントカットソレノイドバルブ不良
●アイドルアップソレノイドバルブ不良
●EACV不良(プログラム不良)
●バキュームアドバンサ不良
●イグニッションコイル不良
●ディスキャップ、ローター不良
●フロートレベル不良
などです。

原因特定は実際に拝見しないとわかりませんが、簡単に改善するのはEACV不良です。

EFIと違ってこの場合のEACVはアイドルコントロール制御というよりも排気ガスをより綺麗にする為の2次空気を制御しているもので、自己学習機能でコントロールしていますが、時によってプログラムが正常に働かない場合があってボンネット内のハザードヒューズを10秒以上抜き差しするだけで調子が良くなる時があります。あとの原因はプロの方の診断が必要です。

ご参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

排ガスがあまり綺麗じゃなくて臭い時があります。ハザードヒューズというの、探して試してみます。
他の項目は難しそうですが、一応頭に入れておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 21:49

補足を含め読ませて頂きました。


「H3年式、ホンダシビック、MT、2WD、キャブレター式です」と言う事はPGM-CABですね。

このキャブもインジェクション車(ホンダの場合PGM-FI)と同様、エンジンの各部にセンサーが付いていてこの情報を元にしてECU(コンピューター)でキャブレターを制御しています。

おそらくキャブ内で、走行中~アイドリングの制御が上手くいっていなくてエンスト起こすのだろうと推測されます。
以前も同様の症状でキャブを清掃したそうですけど、今回もキャブを清掃or修理すれば直ると思いますね。

>気温で混合気が濃くなるってことがあるのですか?

ありますよ、上記に書いたようにセンサーが付いてますので、気温や水温によって補正をしていますので、気温が低いと濃くなる事(回転数を上げて)はあります。
また、キャブですので暖機が終了するまで、チョークが効いていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古いから、コンピュータはついてないと思ってました。けっこう賢い車だったのですね。
やはりキャブのクリーニング、ですか。お財布と相談します^^;
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 21:41

こんにちは。



貴方の車がキャブレターかEFIで変わってきます。

再始動が可能ならば、主にアイドリングの不具合を改善すれば、症状は治まりまると考えていいと思います。

恐らく貴方の車は

>ブレーキを踏んでクラッチペダルを離すと、エンジンが戻る時もありますが

の症状から、EFIの車と察します。電子制御燃料噴射装置(EFI)の場合、インテークマニホールドの負圧を利用してブレーキペダルの踏力をアシストしていますので、ブレーキペダルを踏むと「アイドリングが上がる」という特徴があり、正に貴方の車はその症状の為、エンストしかかってる状態からある程度復帰できるものと思われます。

となると、アイドリング制御に不具合がある可能性がありますので、エンジンチェックランプが点灯していれば、その点灯箇所の不具合を点検すればいいと思います。点灯していなければ、わざとアイドルスピードコントロールバルブを故障したようにさせて変化があるかどうか確認します。変化があればその場所が何らかの不具合がある可能性が有ります。

それからアイドリング制御を疑う前に、基本的なエンジン点検をしましょう。
●プラグの状態
●エアクリーナーの状態
●点火時期の状態
●燃圧の状態
●ブローバイ還元装置の状態(PCVバルブの点検)

この点検が不具合ない状態で初めて上記の診断が可能になります。

原因を特定するにはいくつかの不具合の点検をして初めてどの故障か判断しますので、原因は上記のすべての箇所の不具合が基本的に考えられます。

あと、各メーカーの車の弱い部分などもあるので、そういう情報は貴方の車の
●車種
●年式
●タイプ
●AT.MT
●2WD,4WD
などの特徴を書いていただけると、貴方の希望の情報が得られると思います。

基本的な不具合はこれで解決できると思います。

ご参考までに・・・
    • good
    • 0

電子制御エンジンなら、センサーの異常かアイドリング制御機構の故障です。



特定の部位を清掃する事で直るケースがありますので、まずは車種を書いたらどうでしょうか。

この回答への補足

すみません。#3の方への補足も兼ねてこちらに書きます。
H3年式、ホンダシビック、MT、2WD、キャブレター式です。(電子制御ではない? すみません、あまり詳しくないのです)

補足日時:2005/04/11 22:49
    • good
    • 0

車種は何ですか?どんな車か分からないので推測での回答になりますが。

。。
混合気が気温が上がることによって濃くなり、俗に言う”かぶってる”という状態になっているんだと思います。燃料噴射系もしくはキャブレターの設定が必要となり、素人ではほぼ不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シビックです。
以前同症状があった時、キャブレターの掃除をしてもらって消えていました。気温で混合気が濃くなるってことがあるのですか。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラッチを切るとエンスト...

こんにちは.

実は私の車(MT車),クラッチペダルを踏み込むとエンジンの回転数が必要以上に下がってしまい,最終的にはエンストしてしまうことすらあります.

これって何故なんでしょうか?

最近頻発して,運転するのが恐いのですが^^;

Aベストアンサー

Remark拝見しました。状況を考えると、先に回答なさった方が言うようにクラッチブースターつきの車種で、クラッチブースターの不良による、エアの吸い込みの可能性が大きく思われます。先の方が述べられている通り、クラッチの踏力を軽減するためにエンジンの発生する負圧を利用した装置(基本的にはブレーキブースターと同じ)ですが、この装置に不良がおきると、場合によっては過剰なエアの吸い込みがおきます。ここで吸い込まれたエアは燃料噴射量を制御するために計測された量には加味されないので、この装置が不良で大量のエアを吸い込んでしまった場合、空気と燃料の比率が適正値を大きく外れアイドリングの不安定や低下を起こす可能性は十分考えられます。

負圧もれがあるかどうかは簡単な試験で確認できますので、できるだけ早い時期に検査を受けることをお勧めします。先の方が述べられている通り、同じく負圧を利用したブレーキブースターに供給される負圧まで失われると、ブレーキの利きが非常に悪くなり危険です。年式によっては無償修理の対象になるかと思います。

Qクラッチ切るとエンストします

クラッチを切るとエンストします。

マツダプロシードキャブプラス平成9年式13万キロに乗ってます。
走行中にクラッチを踏切り、ブレーキを踏むと回転数がストンと下がりエンストしてしまいます。

ギアが2速、3速に入ってるときに発生し、自分中での対処法としてクラッチを切ったらすぐニュートラルに入れるようにしてます。

Aベストアンサー

実際に見てないため想像でしか有りませんが他の方が言われるようにフルードを用いたクラッチなら漏れなどのタイミングで起こっている可能性、ワイヤー式でも有る一定の頻度で成る可能性が有るのであれば私は内部のクラッチカバー当たりのトラブルも疑いますがこちらは一度成ると症状は激しくなるばかりなので違うかもしれません。

実際にワイヤー式では過去に成ったことも経験していますがその時にはきちんと調整して数回はクラッチも切れるのですが何回か踏んでいる内に切れにくくなってきて最後は全く切れなくなります(最初はこれも調整で切れるように成ります)最後には全く切れなくなって(調整もしてもすかすかになった)多分レリーズベアリングの押すところが無くなったと判断してノークラシフトをして帰りました。

その後他の方が分解したので中は見ていませんが後で聞いたらカバーのレズーズベアリングで押すところがばらばらに成っていたそうです(初めて聞いた)今回の質問者とは少し違う気がしますが一度きちんとクラッチの点検はワイヤーにしろフルード式にしろ漏れなど無いか点検しておくべき(異常が無ければ他の部分に不具合が有ると言うことですから)放置していても完治することは機械物には無いので出来るだけ早めにプロの手にゆだねるのが結果的には安く修理できます。

クラッチ以外だとECUやセンサー当たりに問題が有ることも想定することになると思います(こちらはキャブ時代の知識しか無いので詳しいことはディーラーに)

以下は違うかもしれませんがエンジンブレーキを掛けたときの燃料をストップする機能などに不具合がありクラッチを切ってもきちんと復帰してないなど(クラッチの位置やミッションの位置など感知して居るはず、キャブ車の燃料カットでもそうなっていましたから)もちろん正常なら有る回転行きまで下がれば燃料カットは自動で停止します(それ以前だとクラッチ切ったタイミングやニュートラル時など)今回はこちらの可能性が高いかもしれません。

ただしECU等は私はほとんど知りませんからあくまで想像です、きちんとディーラーの診断機に繋いで見ればエラーなどの記録が有れば簡単に解ると思います(コンピューターかセンサーかその辺りにトラブルが有りそうです、ICV辺りは関係なさそうですが・・・
あくまで参考程度に一度プロに見て貰ってください・・・

実際に見てないため想像でしか有りませんが他の方が言われるようにフルードを用いたクラッチなら漏れなどのタイミングで起こっている可能性、ワイヤー式でも有る一定の頻度で成る可能性が有るのであれば私は内部のクラッチカバー当たりのトラブルも疑いますがこちらは一度成ると症状は激しくなるばかりなので違うかもしれません。

実際にワイヤー式では過去に成ったことも経験していますがその時にはきちんと調整して数回はクラッチも切れるのですが何回か踏んでいる内に切れにくくなってきて最後は全く切れなく...続きを読む

Qクラッチを踏んでもエンストするのは車がおかしいのか?

 最近、車庫入れのときに、クラッチを
踏んでもエンストするときがありました。

 バックで挿入していて、ちょっと位置修正で
ローギアーにぶち込もうとし、クラッチを踏んだら
エンストしました。

 以前は、クラッチを踏んだら絶対にエンストなんか
しなかったんですが。

 近所に迷惑をかけないように、できるだけ回転数を
あげないで挿入しようとしたため、エンストしたのですかね。

 とりあえず、ギアをニュートラルにしたときとくらっちを
踏んでるときはエンストはしないと思ってたので、
なんかショックでした・・・。

 そのときは、レンタルビデオを返しに行っただけで、車に
10分ぐらい乗っただけでした。別にエンジンの始動に
問題は無かったし、バッテリーも変えたところです。

Aベストアンサー

エンストの原因がどこにあるのかによって
回答がまちまちとなります。(あたりまえか・・・)
あなたの運転技術についてはおいておいて

クラッチを踏めばエンジンが止まらないという先入観があるんですね
考え方としてはクラッチを踏めばギアが入っていても
無負荷状態ですから基本的にはエンジンはストールしません。
しかしクラッチが切れにくくなっていたらどうでしょう?
ギアが入ろうとすればエンストしますね
また エンジンの不調があれば
このタイミングで止まるということは
十分あります。

この状況で考えられる事は
低回転における回転数の上下運動(うまい言葉が見つからないので)
ではもともとのアイドル回転数が低かったり
アイドル時の空燃費がうまく調整できていなかったり
という事があげられます
これについては 基本的なエンジン調整でOKです。

あと あまり件数としては無い(ほとんど今では聞かない)
事ですがクランクシャフトのスラストメタルが減ってくると
クラッチを踏んだときにシャフトが移動しようとして
エンジンの回転を下げるケースがあります。


暖気後のアイドル回転数や
無負荷においてエンジンを空ぶかしして
何処まで回転が落ちるか良く見てみるのもいいと思います
あきらかに止まろうとするのであれば
アイドル時に空気が流入するポートの清掃とエンジンの調整
をしてもらいましょう。

現在のE車は プロでもアイドル回転数の調整は
わからない場合が多いものです
というのも車種によってやり方が違い
これは経験とかいうものではなく「情報」の部類に入ります。
よってディーラーに頼むのがいいでしょう。
自分でどうしてもやってみたい場合は
ディーラーにお願いしてみて
調整方法を教えてもらうのもいいでしょう

すべてのお店が教えてくれるかはわかりませんが

エンストの原因がどこにあるのかによって
回答がまちまちとなります。(あたりまえか・・・)
あなたの運転技術についてはおいておいて

クラッチを踏めばエンジンが止まらないという先入観があるんですね
考え方としてはクラッチを踏めばギアが入っていても
無負荷状態ですから基本的にはエンジンはストールしません。
しかしクラッチが切れにくくなっていたらどうでしょう?
ギアが入ろうとすればエンストしますね
また エンジンの不調があれば
このタイミングで止まるということは
十分あります。
...続きを読む

Qクラッチを入れるとエンジンが停止

今朝クラッチを入れたら「スコン」とした感じでエンジンが停止してしてしまいました。
その後何回かやりましたが同じく停止。
ニュートラル状態では停止しません。
かかりも問題なく一発でかかります
アイドリングは安定してます
バイクはKLX250ESです

*ガソリンタンクを満タン、キャブのガソリンは抜いて2年間乗らなかった

*その後、オイル交換をして特に違和感を感じないエンジンの状態だったので普通に乗ってました

Aベストアンサー

サイドスタンドウォーニングの配線のどこかにショート等のトラブルが有るのでは?通常ならサイドスタンド出してる状態でギアを入れるとスコンとエンストするアレです。以下は他の方にアドバイスしたのと同文ですが…

後輩のバイク(カワサキ・バルカン)が似たような症状になった事が有ります。プラグ・キャブ・エアクリとチェックしましたが問題は無く、原因はサイドスタンドウォーニングでした。

簡単な確認の方法はクラッチレバー根元付近に、ブレーキスイッチとそっくりなパーツが有りますので、それをハンドルから外します。でも配線はそのままにします。つまり、スイッチが押されてない状態で、左ハンドルからブラブラしてる状態にします。走行中落とすとマズいので、テープか結束バンドで仮固定して下さい。こうする事によりクラッチをつないでも、車体にはクラッチが切れてる信号が流れます。これで走ってみて異常が無ければ、サイドスタンドウォーニングのどこかに問題有りです。

質問者様のKLXが同じ症状かどうかわかりませんが、同じカワサキと言う事もあり、疑った方が良いかもです。

Q減速するとエンストしてしまいます。

減速するとエンストしてしまいます。

個人売買で購入したバイクなので、これまでのトラブル歴はわかりません。

症状としては、交差点などで止まる時に
シフトダウンしながら減速していくと
停止と同時に、エンジンが止まってしまいます。

毎回ではないですが
気温の高い日、ある程度スピードを出したあとに
止まることが多いように思えます。

7月にこの症状に陥った時は
エンジン下のホースから冷却水が噴出してしまい
その日は、だましだまし帰りました。

その後、カワサキのショップに預け
クーラントの交換やエンジンオイル関係の交換をし
試乗してくれたところ、そう問題はない、という回答でした。

しかしながら、納車の日に乗ってみると
前回ほどひどくはないですが、2回エンストしてしまいました。

一度、エンストすると、すぐにはエンジンがかからず
ちょっと時間をおいて、チョークを思い切り引くと勢いよくかかる
という感じです。

何しろ、入手してから3回しか乗っていないので
個人的観測では、古い燃料がどこかに残っていて悪さをしている、とか
あとは、冷却系の何かトラブル?とか考えていますが
素人の意見なので、あまり参考にしないでいただければと思います。

ただ、外見から見ると、前オーナーは特に最近は
あまり走らせてなかったように見受けられます。

このような症状で何か思い当たる経験、対処法など
お持ちの方、いらっしゃったらぜひ教えてください。

バイクは、カワサキ・エリミネーター400LX
エンジンは、水冷4発で、シャフトドライブのバイクです。

減速するとエンストしてしまいます。

個人売買で購入したバイクなので、これまでのトラブル歴はわかりません。

症状としては、交差点などで止まる時に
シフトダウンしながら減速していくと
停止と同時に、エンジンが止まってしまいます。

毎回ではないですが
気温の高い日、ある程度スピードを出したあとに
止まることが多いように思えます。

7月にこの症状に陥った時は
エンジン下のホースから冷却水が噴出してしまい
その日は、だましだまし帰りました。

その後、カワサキのショップに預け
クーラントの交...続きを読む

Aベストアンサー

キャブレターなら洗浄やキャブレターの調整、インジェクターなら詰まりないか?
空気フィルターかえました?出来る原因は潰していかないと
これっと言う原因がわかってない限り現車見ないとわかりません。

燃調、調整したりキャブや燃料ラインや燃料フィルターが詰まってるとか、
キャブが詰まってるかもね?
点火系ならプラグやプラグケーブル、点火コイル、バッテリーうたがう所はたくさんあります。

キャブや回転数低すぎてるとか。
オーバーヒートしてない?ひどいオーバーヒートすると
エンジンアルミなら歪むよ。
見た目ではわからないけど。


エリミネーター詳しいショップで見てもらうしかないですね。

Qアイドリングの回転数が低く減速するとエンジンが止まる

そろそろ暖かくなってきたなと思い動かしてみたのですが、アイドリングの回転数が低い(1000回転くらい)ことに気付いたものの、特に問題はなさそうで単なる暖気不足と思ってしました。
しかし、友人のところからの帰り道でチョークを引いたままであれば走りそうでしたが、車間距離がつまったりして減速するとエンジンが止まるようなことになり、坂道発進すら困難と非常に危険なためが停車し家路につくことにしました。
どうも具体的な原因がわからず困っています。
車種はカワサキのZL400(エリミネーター)です。

Aベストアンサー

確かに1000rpmと言うアイドル回転は少々低目かもしれませんが、正常な状態であればアイドリングが維持できないほどではないでしょう。長期間寝かせて有ったのであれば、一番疑わしいのはキャブレターを含む燃料系統でしょう。まず、簡単なところではガソリン自体の変質が考えられます。これはガソリンを抜きかえてやれば良いので簡単でしょう。近くのスタンドにでも行って頼めば出来るでしょう。

次に可能性の最も高いと思われるのはキャブレターのスロー系統のつまりが考えられます。長期間放置しキャブレター内部の燃料が蒸発してしまうと、キャブレターのフロートチャンバー内などにアルミの錆(白い粉状)が発生してしまうことがあり、これがジェットなどに詰まってしまうとエンジン不調を起こします。特にスロージェットは燃料の流路が狭くつまりが発生しやすいところです。

このような症状になった場合、キャブレターのオーバーホールが必要になりますが、多連装のキャブレターの脱着、分解、清掃、組立てという一連の作業は、それなりのスキルがないと返って状況を悪くすることも有りますので、自信がない場合はバイク屋さんに頼んだ方が無難でしょう。

完全な解決にはなりませんがキャブレターのジェット部分にエアガンなどでエアを吹き付けるとごみが取れる場合があります。ただし、取れたごみはフロートチャンバーに戻るだけですので、完全な解決にはなりません。

確かに1000rpmと言うアイドル回転は少々低目かもしれませんが、正常な状態であればアイドリングが維持できないほどではないでしょう。長期間寝かせて有ったのであれば、一番疑わしいのはキャブレターを含む燃料系統でしょう。まず、簡単なところではガソリン自体の変質が考えられます。これはガソリンを抜きかえてやれば良いので簡単でしょう。近くのスタンドにでも行って頼めば出来るでしょう。

次に可能性の最も高いと思われるのはキャブレターのスロー系統のつまりが考えられます。長期間放置しキャブレ...続きを読む

Q走行中にエンスト

ZRX-II400に乗っています。
大通りを走行中、クラッチを切り、アクセルも開けずに、慣性力?だけで走っていて、
そこからアクセルを開けて復帰しようとしたら、エンジンが落ちていました。
クラッチを切っているときに、信号待ちなどでエンストしたことはあるので、またそれだろうと思って、再び走り始めました。
今度は坂道を、クラッチを完全につなげて、アクセルは開けずに、サードギアで走っていました。するとまたエンジンが落ちていました。
タコメーターは、2千回転弱だったような気がします。
クラッチを切っている時のエンストは、「エンジンが温まっていない」で済みそうですが、2つ目のパターンは初めてで、次乗るのが少し不安です。
チョークを引っ張ってエンジンをかけると、いつもは4千回転くらいまでしかあがらないのが5千回転まで上がるくらいだったので、エンジンは温まっていたと思うのですが・・・
考えられる原因はありますか??
思いつく限りで教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大通りの件はスピードとギアの関係もあると思います。
具体的に何キロくらいで何速か書かれておられないので推測ですが、20キロ5速ならエンストしてもおかしくありませんし、坂道も上りなら3速で2000rpmならこれもエンストしてもおかしくないような気が・・・・・
リッターのアメリカンなどなら大丈夫だと思いますが、ZXR-II400なら、トルク不足によってエンストしたと思います。
通常の走行時はエンストしますか?

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Qプラグがかぶるとは?

「プラグがかぶった」という言葉をよく聞きますが、「プラグがかぶる」とはプラグがどういう状態になっているのでしょうか?あと、プラグがかぶった時の対処法を教えてください。

Aベストアンサー

「かぶった状態」はすでに複数の回答がある通り、プラグが燃料(2ストであればさらにオイルなども含まれる)で湿った状態ですが、これによって点火しない原因は「ガソリンが絶縁体だから」ではありません。絶縁体があると点火しないのなら空気中でも真空中でもスパークしない事になりますよね。実際にはプラグの中心電極と周辺電極との間が燃料などで湿った状態になると、そこに付着するカーボンなどの不純物(汚れ)などにより絶縁性がなくなり、漏電してしまう為です。漏電すると火花を散らすのに必要な電圧にならないので、スパークしない、あるいはスパークが弱くなってしまいます。
この状態になったら、とりあえずプラグを乾かす必要があります(取り外して拭く、自然に乾くのを待つなど)。
あと、特にかぶりやすい場合はプラグの熱価が合っていない場合があります。

Qインジェクションバイクに乗っている方、教えて下さい。

07年式のエストレヤに乗っています。
エンストが多発するため、アイドリングを上げたら、アイドリングが1200~1600回転くらいをうろうろ。
不安定になりました><。
アイドリングをあげる前は、1200回転くらい安定していたのですがで、調子が悪いと1000回転くらいになり、エンスト。。。
今、メーカー側のアドバイスにより、アイドリングを1500回転くらいに上げていますーー;(でも。エンストは変わらずする。。。)
アイドリングの不安定は、暑さが和らげばなくなるとの、メーカー側の言い分ですが。。。
夏場、インジェクション車はアイドリングが不安定になりますか?
前に乗っていたキャブ車は、アイドリングは1年を通して安定していたのですが、インジェクション車のアイドリングが不安定なのは、しかたがないとメーカー側の言うことは、ホント???
教えてください。お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

十数年ぶりに2年前に復帰したおやじライダーです。現在、最新のドカティに乗っています。参考になるか分かりませんが、私の経験を書きます。
結果から言いますと、エンストします。アイドリングが不安定になる事は有りませんが、突然エンストします。首都高でギアチェンジの際にアクセル戻しただけでエンストしました。
ディーラーの話では、「排ガス規制のせいで混合気が薄くなっているためエンストしやすい。」とのことです。ある程度は調整できるそうですが、エキパイのセンサーで濃すぎると判断された場合は自動的に薄くされてしまうそうです。
貴殿のバイクのアイドリング不安定の原因が、低速時の希薄な混合気であれば、コンピューターに細工する以外ないと思います。バイク店でもキャブと違い何も出来ないと思います。
私自身は、違法行為になりますがマフラー(スリップオン)とコンピューター(レース用)を交換しました。これにより、低即時の混合気を濃くすることができエンストは殆ど無くなりました。
20前のドカティは、アイドリング安定しないため混合気はかなり濃かったです。逆に濃すぎるために、カブってエンストすることもありました。これも直しようが無かったので、諦めて乗ってました。正直、その当時に比べればましです。貴殿の場合も、ディーラー(メーカー)で「直せない。」と言われるのなら、
1.乗るのを止める(他のメーカーまたはキャブ車にする)
2.我慢して乗る
3.自分で直す(出費を覚悟)
の三者択一だと思います。自分で直すのなら、インジェクションを調整できるサブコンの利用(インジェクションが原因の場合)が簡単だと思います。

参考URL:http://www.blr-jp.com/

十数年ぶりに2年前に復帰したおやじライダーです。現在、最新のドカティに乗っています。参考になるか分かりませんが、私の経験を書きます。
結果から言いますと、エンストします。アイドリングが不安定になる事は有りませんが、突然エンストします。首都高でギアチェンジの際にアクセル戻しただけでエンストしました。
ディーラーの話では、「排ガス規制のせいで混合気が薄くなっているためエンストしやすい。」とのことです。ある程度は調整できるそうですが、エキパイのセンサーで濃すぎると判断された場合は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング