Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

日本人の平均寿命が世界一なのは周知のとおりです。
ですが昨今、介護が必要でない健康寿命との差の大きいことが懸念されています。
日本人の平均寿命が高いのは、医療レベルの高いことが起因しているのでしょう。
健康寿命との差を縮めるのは、個々人の日ごろの努力が貢献すると思います。
この差は、世界を見渡すとどうなんでしょう。
そのようなデータはありますか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tyojyu …

世界の平均寿命と健康寿命の差 2016年3)

健康順位       健康寿命 平均寿命 差  差の順位
1位 シンガポール 76.2  82.9   6.7  5位
2位 日本       74.8 84.2  9.4  31位
3位 スペイン    73.8    83.1  9.3  30位
4位 スイス    73.5    82.9    9.8  35位
5位 フランス    73.4    83.3   9.5  32位


反対に平均寿命と健康寿命の差が少ない国はというと、ソマリア、シエラレオネ、赤道ギニアなどのアフリカの国々です。これらの国は、平均寿命(53.1~59.5年)も健康寿命(47.6~53.8年)も短いのが特徴です。


健康寿命の長い国の特徴

平均寿命が82年以上と長い
シンガポール以外は、平均寿命と健康寿命の差が9年以上と長い
シンガポール以外は先進国でOECD(経済協力開発機構)加盟国である
OECD加盟国の公的社会支出の三分の二を占めるのが年金と医療支出で、
高齢者と医療の分野にかける社会保障費が大きい
一人当たりの社会保障費がOECD加盟国全体の平均値よりも高い
高齢化率の高い国である
(日本1位、フランス11位、スペイン14位、
 スイス25位、シンガポール57位)7)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これです、私が知りたかったのは。
ところで、シンガポールって、
シンガポール共和国の首都はなし、なんですね。
なぜなんでしょう?
ありがとうございました。

お礼日時:2023/01/29 19:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!