gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

 一般に中国史で、満州族と漢民族の違いのような表現が
 出てきますが、われわれ日本人にとってはなかなかぴんときません。
 そこで質問です。
 いわゆる満州族とはどんな容貌の特徴があるのでしょうか? 
 漢民族はどういう特徴があるのでしょうか?
 もちろん個人差はあるでしょうが、それを度外視して
 いちがいに言って「こういう容貌」と言えるような特徴をご存知の方が
 あれば教えていただきたいと思います。
 (たとえば日本人から見れば、韓国人は(一概に言って)肌が薄く色白で
 体毛が薄くうりざね顔の美人系というような特徴です)
 さらに
 歴史上の部族、たとえば突厥、女真、鮮卑族などの容貌の
 特徴についてもご存知の方があれば、教えていただきたいと思います。
 よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

wikiに少し載ってましたよ。



満州民族の最も顕著な(人種としての)特徴は、顔立ちがはっきりしており、目が小さく、一重瞼であるか二重であっても判別できないくらいのものである。眼の間隔が比較的近く、直鼻型、長方瞼型の人が比較的多く、肌の色は比較的浅い。もう1つの特徴は、B型の血液型が特に多いことで、総人口の40%前後を占める(漢族人中のB型の比率は、人口の20%強しか占めない)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E% …
    • good
    • 3

まず確認しておく事は、民族と人種は異なる事であるということです。


満州民族と漢民族の最大の違いは、言語集団が全く別という事です。

漢民族の場合、シナ・シャム語族に属しますが、満族の場合、ウラル・アルタイ語族のツングース語族に属します。
日常生活で、どちらの言語を話すかで、本来は、両民族は区別されるのですが、現在の中国では、その人の自主申告に基づいています。
人種的には同じ北方モンゴロイドに属するため、際立った外見の違いはありません。

漢民族も、古代より幾多の民族を飲み込んできた関係上、多様な形態があります。
北方では、モンゴル人(ウラル・アルタイ語族のモンゴル語族)などと外見上差が無いのに、南部では、タイ人などと良く似た外見の人もいます。

女真、鮮卑族は、現在の満州族の直接の先祖となります。(ツングース系)
突厥は、ウラル・アルタイ語族のチュルク系語族となり、民族的には、トルコ人となります。
現在のウイグル族の直接の祖先となります。
ただ、トルコ民族と一口で言いましても地区により顔つきはだいぶ異なり、カザフやキルギスなどは、日本人やモンゴル人に近い顔つきをしていますし、トルコ人などの顔つきは、完全にコーカソイド(ヨーロッパ人やアラブ人)の顔つきをしています。
それを一番感じるのは、ウズベキスタンで、東のウズベク人は、日本人などと差が無い顔つきなのに、西に行くとコーカソイドと同じ顔つきになります。
それでも同じウズベク民族です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

言語が違うと言うことですね。
 容貌は同じ北方モンゴロイドで同じ。
 そうなると、いちがいに・・・と言うことはまったく
 言えなくなりますね。困ったなあ。

お礼日時:2006/10/25 15:44

満州族は、辮髪という特殊な髪型をしていました。


現在、辮髪は見かけませんが。

参考URL:http://images.google.com/images?q=%E8%BE%AE%E9%A …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング