アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

天皇のY染色体は、遅かれ早かれ、明らかに成るでしょう。我々、日本国民は、その時の心の準備をして置かなkれれば成りません。

天皇のY染色体が、ハプログループD1a2aであった場合と、そうでない場合です。ハプログループD1a2aは日本人特有のY染色体です。ですから、もし、天皇陛下がハプログループD1a2aを継承されていれば、多くの国民も天皇のY染色体を継承する事に納得する」でしょう。

では、天皇のY染色体が、大陸に多い、ハプログループO2の場合はどうするのか?

それに対して結論を出す前に、そもそも日本人とは何なのか?

天皇とは何かを問う前に、日本人とは何かを問うべきでしょう。

日本人とは何かという問いの答えは、大陸の韓国人や中国人との比較で答えを出すしか有りません。大陸の韓国人や中国人と日本人とは何が違うのでしょうか?

それは歴史に答えを求めるしか有りません。人類の起源はアフリカです。そして、Y染色体ハプログループDもアフリカで誕生したと思われます。

そして東アジア、中国、韓国、日本に最初に到達した種族は、Y染色体ハプログループDの種族でした。その後、Y染色体ハプログループO2の種族に追いやられ、最終的に、Y染色体ハプログループDが生き残ったのはチベットと日本列島だけです。現在、大陸の中国人や韓国人はY染色体ハプログループO2です。

言いにくい事ですが、大陸のY染色体ハプログループDを持つ者は、Y染色体ハプログループO2の種族に皆殺しにされたと思われます。

いわゆる民族浄化ですね。これは何も珍しい事ではないです。最近でもよくある事です。例えば、南北アメリカ大陸や、オーストラリア、ニュージーランドでも起こりました。現在はウクライナで起こっているようです。

しかし、不思議な事に、日本ではY染色体ハプログループD1a2aとY染色体ハプログループO2が共存しており、そのような民族浄化は起こりませんでした。もちろん全くなかったとは言えません。北海道では民族浄化に近い事が起こったようです。

しかし、結果的に日本では、Y染色体ハプログループD1a2aとY染色体ハプログループO2が共存しています。これこそが求めていた答えです。すなわち、日本人とは何かという問いの答えであり、大陸の韓国人や中国人と日本人とは何が違うのかという問いの答えです。何故、日本では民族浄化が起こらなかったのでしょうか?

それは天皇の存在が大きかったと思われます。天皇がY染色体ハプログループD1a2aの種族と、Y染色体ハプログループO2の種族をまとめる働きをしたと思われます。

つまり、天皇がY染色体ハプログループD1a2aであろうと、Y染色体ハプログループO2であろうと、天皇がY染色体ハプログループD1a2aの種族と、Y染色体ハプログループO2の種族をまとめる働きをした事に違いは有りません。

従って、我々日本国民は、例え天皇がY染色体ハプログループO2であったとしても、これを「神武天皇のY染色体」として、これからも継承して行くべきですよね?

そしてこれは天皇は何故、男系でなければならないのかの答えでも有ります。今まで男系の天皇を継承する事で、神武天皇のY染色体を継承して行く事ができたからです。

質問者からの補足コメント

  • それについては、図を見れば分かります。最初に東アジアに到達した人類の種族は、ハプログループDの種族だと考古学的に確認されています。

    それがなぜ、現在では、日本列島とチベット高原に偏って住んでいて、中国の平原部や朝鮮半島には、ほとんど居ないのか?

    大規模な民族浄化の結果と見るのが自然です。

    「天皇のY染色体が、大陸に多い、ハプログル」の補足画像1
    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/12 09:23
  • 問題は、最初に日本列島に到達した民族はY染色体ハプログループDの種族だったという事です。

    そしてDの種族が、現在も日本には残っているということです。

    中国大陸や朝鮮半島には、ほとんど残っていません。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/12 09:52
  • 私は天皇陛下のY染色体が、どのようなものであれ、天皇陛下への忠誠は変えるべきではないと言っているだけです。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/12 09:55

A 回答 (4件)

遺伝子情報の解析が行われ出したのは、つい最近のことですが、昔の人は直感的にY染色体の継承を覚っていたように思います。


江戸の将軍家も言い方は悪いのかも知れませんが、女は借り腹ということで、出自にはそう拘ってはいません。勿論、嫁す前には、しかるべき家の養女とすることで、身分の垣根を越えさせていましたが。
ともあれ、次代の天皇は確実に天皇家の血を引く、旧宮家から迎えるべきだと思います。
    • good
    • 0

皆様へ。


履歴の閲覧をお勧めします。
「質問の主旨」より「質問の目的を見抜く力」の方が重要な場合がありますね。

あなたの質問ですが、天皇を支持する愛国者を気取って日本の文化や国益を語る内容が多いように思います。
しかし、その結論は政府(自民党)への批判や中央と地方の対立を煽るものばかりのように思えます。



A:>日本人とは何かという問いの答えは、大陸の韓国人や中国人との比較で答えを出すしか有りません。大陸の韓国人や中国人と日本人とは何が違うのでしょうか?

評価
日本人とは という民族や文化を含む大きなテーマ をY染色体という生物学の矮小な分野で語ろうとしている。
(今までにも、「ここ」でうんざりするくらいされている、見飽きた誘導)


B:>天皇がY染色体ハプログループD1a2aの種族と、Y染色体ハプログループO2の種族をまとめる働きをしたと思われます。

~と思われる って便利な言葉ですね。
私の回答(No3)からは、「天皇」という存在が生まれるほどに進んだ時代では、交配が進んで一つの民族という認識になっていた という可能性もあるのでは?


C:天皇がY染色体ハプログループD1a2aの種族と、Y染色体ハプログループO2の種族をまとめる働きをした事に違いは有りません。

Bの「思われる」が「違いない」になっている件。


D:>従って、我々日本国民は、例え天皇がY染色体ハプログループO2であったとしても、これを「神武天皇のY染色体」として、これからも継承して行くべきですよね?

Bの可能性を、Cで確信にすり替え、Dの結論の根拠にしている。


目的
天皇=大陸系 という可能性を提示しすることで、日本人への大陸への認識を特定の方向に誘導する。
「天皇のY染色体が、大陸に多い、ハプログル」の回答画像4
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は天皇陛下のY染色体が、どのようなものであれ、天皇陛下への忠誠は変えるべきではないと言っているだけです。

お礼日時:2022/09/12 09:55

まず、染色体について。


あなたはO2系を強調していますが、以下の事をご存じでしょうか。

O系は以下に分岐します。
長江文明系
O2a:アジアの南に流れた民族(のんびりで穏やかな傾向)
O2b:アジアの北に流れた民族(O3系の分化傾向がある)

黄河文明系
O3:黄河文明を興す(利益 重視・人命軽視的な文化傾向がある)


ところで、他の系統はスルーですか?
日本人のY染色体分析ですが、↓のように多様なものになっています。

O2a系:4%
O2b系:26%
O3系:16%
C3系:1%、
D2系:45%、
N系:6%

O系:アジア
C系:パプアニューギニア/シベリア/南北米インディオ
D系:北古参モンゴロイド(チベット、日本)
N系:ヨーロッパ・エジプト

これだけの系が確認できるのは、世界でも日本だけだそうです。



拾い集めたものから理屈を捻り出しているようですが、

D1a2aは4万年前に日本列島で発生したY染色体です。
しかし、それを理由にそれのみが日本人である資格にはならないと思います。

↑はD1a2aを持つ者の元となった民族がいた という事でもあります。
それ以外の民族もいたでしょう。
その後に日本に来た民族もいたかもしれません。
そして、D1a2aを持つ者は、それらの他の者とも交配した筈です。

私は、日本人は↑のような多種多様な交配の結果、生まれた民族だと思います。
であるなら多様な染色体があるのは当然であり、それが日本人の特性であるなら、Y染色体のみを以て大陸系や半島と断じる事は無意味だと思います。
「天皇のY染色体が、大陸に多い、ハプログル」の回答画像3
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題は、最初に日本列島に到達した民族はY染色体ハプログループDの種族だったという事です。

そしてDの種族が、現在も日本には残っているということです。

中国大陸や朝鮮半島には、ほとんど残っていません。

お礼日時:2022/09/12 09:50

いわゆる民族浄化が起こらなかった?


なぜそう言い切れるのでしょうか?
大陸からの民族により、土着の日本人が淘汰された、という可能性はないのでしょうか?
天皇家も、土着の日本人というより、大陸からの血筋と考えた方が普通だと思いますが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大陸から来た民族と、土着の民族との間の戦争は、当然起こったでしょう。
_______________
坂上 田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)は、平安時代の公卿、武官。名は田村麿とも書く。

4代の天皇に仕えて忠臣として名高く、桓武天皇の軍事と造作を支えた一人であり、二度にわたり征夷大将軍を勤めて征夷に功績を残した。

また苅田麻呂は延暦4年(785年)6月に後漢の霊帝の子孫である坂上氏が忌寸の卑姓を帯びていることを理由に宿禰姓を賜りたいと上表し許され、同族11姓16名が忌寸姓から宿禰姓へ改姓、嫡流の坂上氏は大忌寸であったため大宿禰と称した

延暦十三年の征夷
桓武朝第二次蝦夷征討は延暦9年早々から準備がはじまった[23]。

新京に到着した報告によると、戦闘終了時に近いとみられる10月下旬時点での官軍側の戦果が「斬首457級、捕虜150人、獲馬85疋、焼落75処」であった[原 12][36][25]。11月8日(794年12月4日)、新京は「平安京」と名付けられる[36]。

征夷大将軍

胆沢城造営

同年1月11日(802年2月16日)には、諸国等10ヵ国の浪人4000人を陸奥国胆沢城の周辺に移住させることが勅によって命じられている

大墓公阿弖利爲の降伏

「北天の雄 阿弖流為母禮之碑」
京都市東山区清水寺

延暦21年4月15日(802年5月19日)、胆沢城造営中に大墓公阿弖利爲と盤具公母禮等が種類500余人を率いて降伏してきたことが坂上田村麻呂から平安京へと報告された

同年8月13日(802年9月13日)、陸奥の奥地の賊の首領であることを理由に夷大墓公阿弖利爲と盤具公母禮等の2人が斬られた

『日本紀略』には公卿会議でのやり取りが記されており、2人を斬るときに坂上田村麻呂らが「この度は大墓公阿弖利爲と盤具公母禮の願を聞き入れて胆沢へと帰し、2人の賊類を招いて取り込もうと思います」と申し入れた

しかし公卿は執論して「野蛮で獣の心をもち、約束しても覆してしまう。朝廷の威厳によってようやく捕えた梟帥を、坂上田村麻呂らの主張通り陸奥国の奥地に放ち帰すというのは、いわゆる虎を養って患いを後に残すようなものである」と反対した

お礼日時:2022/09/12 09:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!