電球にはアルゴンなどの気体が入っていると聞きましたが、その他どのような気体があるのでしょうか。そしてその理由はなぜなのでしょうか?二酸化炭素でもフィラメントが燃えないという意味ではいいような気がするのですが、なぜダメなのでしょう?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

二酸化炭素は高温に熱せられると酸素と一酸化炭素になってしまうので使用できません。

昔は窒素を使用していたようですが、現在では他の物質と非常に反応しづらい不活性ガスで入手の容易なアルゴンが使用されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。単に物を燃やす手助けをしない気体なら良いというわけではないのですね。勉強になりました。

お礼日時:2005/04/15 22:56

他にも不活性気体なら良いと思いますが、アルゴンは空気中で窒素(78%)、酸素(21%)に続く3番目に多い(1%)気体なのでよく使われているんでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。そうでしたか。どれだけ手に入れやすいかもポイントになるのですね。

お礼日時:2005/04/15 22:59

補足です。


気体が封入されている理由はタングステンフィラメントの蒸発を防ぐ為です。
最近では蒸発したタングステンをフィラメントに戻す為に
少量のハロゲンガスが添加されているそうです。
(参考URL)

参考URL:http://www.ss.teen.setsunan.ac.jp/light.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

豆電球などは真空のようですが真空ではダメなのでしょうか・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二種類の気体を一つの容器に詰め込んだとしたら、それらの気体は均一に混じ

二種類の気体を一つの容器に詰め込んだとしたら、それらの気体は均一に混じるんですよね…?(この時点で勘違いしていたらごめんなさい)
例えば、0℃1気圧で、22.4lの容器に1molの気体Aと0.5molの気体Bを詰め込んだとしたら、気体Bはどのような状態になるのでしょうか?
アボガドロの法則の、『標準状態では1molの気体は22.4lを占める』というのは、混合気体では全ての気体の分子数を合わせて1molということですか?
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

『標準状態では1molの気体は22.4lを占める』
^^^^^^^^^^^^^
 この標準状態では!!!というところが理解できていませんね。
 標準状態とは、今の高校までの教科書で採用されている定義は、
STP、すなわち、温度 0℃、気圧 1atm(気圧)=101325 Paの状態です。
 化学の世界では (1997年以前に使われていた定義で、2度の変遷を経て今は異なります。

Q>例えば、0℃1気圧で、22.4lの容器に1molの気体Aと0.5molの気体Bを詰め込んだとしたら、
 この時点で標準状態ではなくなってしまいますね。!!!当然圧力が変わります。

 標準状態における気体の体積を覚えるときは、あわせて気体の状態方程式を一緒に理解しておかないとだめです。
 PV=nRT ・・・ P:圧力、V:体積、n:物質量、R:気体定数、T:温度(熱力学温度,絶対温度)

 体積そのままで、気体を詰め込めば圧力が上昇します。高圧になります。
☆このとき、単純に詰めていくと温度が上昇しますから、標準状態になるまで冷却するとします。

Q燃焼末期の一酸化炭素・二酸化炭素について教えて下さい。

 こんにちは。
 
 あるバッチ式焼却炉についてのことですが
私の手元に、このように書かれた資料があります。

ガス化燃焼が終了した後の焼却物は、赤熱した炭素分が僅かに残る状態になるが、赤熱した炭素が燃焼に十分な温度を持っていた場合、適当量の空気を炉床(焼却炉の下部)から送り込むと完全燃焼して一酸化炭素をほとんど発生させない。

 読むともっともらしく書いてありますが、
実は、私はこの資料は間違っているのではないかと思っています。

 ガス化燃焼終了した後でも、空気の供給があれば
焼却物は、完全燃焼を維持することは可能だとは思います。

 ですが、せっかく完全燃焼させて生成した二酸化炭素が
赤熱した炭素分に触れると一酸化炭素になってしまいますよね。

 だから焼却炉から排出されるガス中の一酸化炭素濃度は
おそらくですが、数百~数千ppmm程度になってしまうと考えます。

 私のこの考えは、はたしてあっているでしょうか?。

 また、灰が舞い散ってしまわない程度に、供給される空気量を
10倍にすると、いったいどのようなことが考えられるでしょうか?。

 私の知識レベルは無知な中学3年生程度と思って
本当になんでも良いので皆様の考え、また、アドバイスをください。

 宜しくお願い致します。

 こんにちは。
 
 あるバッチ式焼却炉についてのことですが
私の手元に、このように書かれた資料があります。

ガス化燃焼が終了した後の焼却物は、赤熱した炭素分が僅かに残る状態になるが、赤熱した炭素が燃焼に十分な温度を持っていた場合、適当量の空気を炉床(焼却炉の下部)から送り込むと完全燃焼して一酸化炭素をほとんど発生させない。

 読むともっともらしく書いてありますが、
実は、私はこの資料は間違っているのではないかと思っています。

 ガス化燃焼終了した後でも、空気の供給...続きを読む

Aベストアンサー

文章の解釈の違いでしょう。挿入分を除いて

ガス化燃焼が終了した後の焼却物は、赤熱した炭素が燃焼に十分な温度を持っていた場合、適当量の空気を炉床から送り込むと完全燃焼して一酸化炭素をほとんど発生させない。
の「適当量の空気を炉床から送り込む」の意味です。「完全燃焼して一酸化炭素をほとんど発生しない」状態に「空気を炉床から送り込む」という意味です。条件が゜はずれていれば、ご指摘の通りです。

焼却炉ですから、多くの場合に条件が外れて、かなりの一酸化炭素が出るでしょう。

Q気体の膨張率は気体の種類で違うのか?

気体の膨張率は気体の種類で違うのか?との質問ですが、1度温度が下がる毎に、絶対零度に近づき、1/273.15づつ体積が小さくなるのだから、全て気体の膨張及び、縮小率は同じと私は思います。しかし私が説明しても職場の人は??違うといいます。

 私が間違っているのでしょうか?
 皆さご教授を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問されている方がどういう場面でこの話をされたかが分かりません。どういう職場かも分かりません。気体の膨張率の話が出るというというのはどういう職場なんでしょう。。これが分からないと答えようがありません。
私は単に話がかみ合っていないだけのように思います。どちらが正しいとか間違っているとかの話ではないと思います。職場の方達が質問者様の話の何処に納得が行かなくて引っかかったのか解きほぐす必要があります。正しいことを言っているから分からない方がおかしいという立場だと相手のこだわりが分かりません。
解答されている方は理想気体の話をされています。でも気体の状態方程式は皆知っているというレベルの場面ではないと思います。だから理想気体を持ち出す必要のないところに問題があったのではないかなと思っています。普通の職場で理想気体と実在気体の食い違いが問題になる事があるでしょうか。

シャルルの法則は18世紀の後半(1787)です。
内容は2つあると思います。
(1)「種々の気体は同じ膨張係数を持つ」
(2)「膨張係数の値は1/273である」

(1)の方が(2)よりも測定しやすい内容だと思います。同じ割合で増加するというのは証明しやすいです。この割合が気体ごとにバラバラな値ではなくてほぼ同じになるというのは新しい法則の発見として受け止められたと思います。有効数字4桁とか5桁の話ではありません。2桁から3桁あれば充分です。

温度測定がはいってくると難しくなります。273を出すのでもかなり難しいです。300が出ればまあ成功でしょう。
273.15という現在の絶対零度の値を出して法則を押し付けると反発が来ます。何でそんなに細かいところまで言えるんや?となります。有効数字5桁で成り立つという事は無理です。これになると基準系としての理想気体という考えが必要になってきます。

でも法則というのはそこまでの数値の精度がいつも求められているものでしょうか。
ある出来事の結果を幅1割の範囲で予想出来るということがあったとします。これは普通の意味で言うと凄いことです。1%の範囲で予測できるというと普通は神業です。でもそれが出来るというのが法則です。
確かさの表現として「十中八九」とか「九分九厘」とかがあります。うえの10%、1%に対応します。有効数字で2桁から3桁の精度です。

普通の気体で普通の温度、圧力の近くで用いる限り、ボイルの法則もシャルルの法則も充分この精度で当てはまります。常温で気体の物質を加熱していくとき(此処で冷やすを持ち出すといけません)にシャルルの法則は有効です。圧力も10気圧程度までだったらかなり安心して使えます。ボンベに加圧して入れるなんて事を想定する必要はありません。よく「温度が高いとき」とか「」圧力が低いとき」とかの注が載ります。でも実用的に用いるとき「どれくらい温度が高蹴ればいいのか」、「どれくらい圧力が低ければいいのか」の目安を与えている本は少ないです。こういう事を曖昧に聞かされると「役に立たないことを教えられている、こんな事やっても仕方がない」と投げ出してしまう生徒が出てきます。

気体の法則ですから気体である範囲でしか使えないという前提は必要です。だから「高温とは気体が液体になる温度に比べて」ということになります。「1気圧は低圧だ」と考えてよいでしょう。

ボイルの法則に比べてシャルルの法則の方が馴染みにくいです。「圧力が2倍になれば体積が半分」という表現に比べて上に書いた法則(1)(2)の内容は難しいです。「温度を2倍にすれば・・・」だったら楽なんですが「絶対温度を2倍にすれば・・・」ですからちょっとハードルがあります。
でも「ピストンの付いた容器に気体が入っている。室温から何℃くらいまで加熱すると体積が2倍になるか。100℃、150℃、・・・と50℃刻みの値で答えよ。」だと答えやすいのではないでしょうか。

質問されている方がどういう場面でこの話をされたかが分かりません。どういう職場かも分かりません。気体の膨張率の話が出るというというのはどういう職場なんでしょう。。これが分からないと答えようがありません。
私は単に話がかみ合っていないだけのように思います。どちらが正しいとか間違っているとかの話ではないと思います。職場の方達が質問者様の話の何処に納得が行かなくて引っかかったのか解きほぐす必要があります。正しいことを言っているから分からない方がおかしいという立場だと相手のこだわり...続きを読む

Qアルゴン気流による炭素熱還元について

 赤鉄鉱石を炭素によって熱還元するのですが,普通なら電気炉内を一酸化炭素で満たすのですがアルゴンガスを利用すると,反応式は変化するのでしょうか?

 アルゴンガスは不活性ガスなので反応しそうにもないのですが,調べてみると高エネルギーになると反応すると書いているのでさっぱり分からなくなりました。
 自分なりに考えてみるとアルゴンガスはMIG溶接のように不活性ガスで鉄の酸化を防ぐ為にあり,反応式自体には変化をあたえないような気がするのですが…。そうなると一酸化炭素が少なくなってしまい反応が起こりにくくなるような。
 もしかすると一酸化炭素が少ないからできる鉄が海面状になるのでしょうか?

Aベストアンサー

酸化鉄の還元をした事が有りません。
PV=mRT より.特定の温度の時の1モルあたりのエネルギーが見当つくので.反応温度でのアルゴンのもつエネルギーと反応中間体のエネルギーを計算して反応が進むかどうか検討してみてください。

なお.私が行ったのは700-800度で窒化物が生成する条件でのアルコンを使用によって.窒化物を作らないようにした事だけです。X線回折による同定では目的生成物以外のぶしつを検出できませんでした(めったする人がいないので子細はご勘弁ください)。

Q学校の科学の宿題で、「有色の気体を10種類あげなさい」というのが出たの

学校の科学の宿題で、「有色の気体を10種類あげなさい」というのが出たのですが、教科書等で調べてもさすがに10個もわかりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

基本的に、有色な元素はN殻のd軌道をもつものに多いです。
それらは原子量が大きく気体とはなりにくいです。
従って、有色の気体は特殊な分子軌道で色が付いているものが
多いように思いますが、10個は難しいですね。

まず、
F2:黄色 Cl2:黄緑色 Br2:赤褐色
NO2:赤褐色 くらいで、高濃度のオゾン O3は淡青色です。

ちょっとごり押しですが、ヨウ素 I2 は加熱すると
赤褐色の気体になります。

ということで10個は無理でした。 <(_ _)>
答えがわかったら教えてください。

Q白熱電球のフィラメントを加熱した場合

白熱電球のフィラメントを外から加熱した場合ソケット部分に少しは電流が流れるのでしょうか。

Aベストアンサー

異種金属を接触させて熱を加えると電圧を発生するゼーベック効果があります 原理上発生します
元々それを目的としていないので少しばかりは出るでしょう 

白熱電球はフィラメントと支柱二本を通してねじ込みの電極に繋がっており計3,4種の金属で直列接続と見られます
フィラメントと支柱二本での発生は接触点が二箇所で極性が逆転しますからこの部分では相殺されるでしょう
支柱二本と ねじ込み電極との接触点でも発生するはずですが半田も使われていて複雑で果たしてどうなるか?
計った事はありませんのでどの位かは解りませんが極微量でしょう

温度センサー等は電圧が小さい為に極微量でも問題になる事があり それなりの注意しなければなりません mV~数10mV程度です
例えばテスターのテスト電極を接触させても発生しますが通常テスターで計れるレベルではありません

熱伝対素子はこれを利用したもので高周波の電力測定に使われております 高周波で加熱し発生する電圧&電流で高周波電力を計るのです
高周波電力計を使った事あります 内部にガラス管封じの熱伝対素子が納まっておりました
ガラス管を使うのは熱が逃げないようにする為です 詳しくは検索を

ぺルチェ効果は それの逆現象で電流を流すと熱を発生又は逆電流では熱吸収しパソコンのCPU冷却に利用されてます

異種金属を接触させて熱を加えると電圧を発生するゼーベック効果があります 原理上発生します
元々それを目的としていないので少しばかりは出るでしょう 

白熱電球はフィラメントと支柱二本を通してねじ込みの電極に繋がっており計3,4種の金属で直列接続と見られます
フィラメントと支柱二本での発生は接触点が二箇所で極性が逆転しますからこの部分では相殺されるでしょう
支柱二本と ねじ込み電極との接触点でも発生するはずですが半田も使われていて複雑で果たしてどうなるか?
計った事はありません...続きを読む

Q気体と水の溶解度に関する英語の論文が読めません。

気体と水の溶解度に関する英語の論文が読めません。

水にどのくらい空気が溶けるのか知れベておりまして、
http://psyhosting.info/Ionium/Rhodium/pdf/chemical-data/solubility_gases.pdf
このような文献を見つけました。
IUPACの論文からデータだけ持ってきて羅列してあるのですが、"Solubility (X1)"の単位が分かりません。
この"Solubility (X1)"の列が溶解度だと思うのですが、これはモル分率なのか体積なのか分からないので教えてください。

例えば H2 1.510 × 10^?5 というのは、100gの水にどれだけ溶けますか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

mole fraction solibirity Xi
という文章があります。
モル分率です。

Qプラズマボールの中の気体はアルゴンですが…

プラズマボールの中の気体はアルゴンなどの、プラズマが発生することで
伝導体となる気体ですよね。

プラズマボールを自作したいのですが、馬鹿な私はアルゴン=希ガス=ヘリウム!!
と思いついたわけであります。

そこで、疑問があるのですが、濃度80%程のヘリウムをガラス球に入れ、密閉し、プラズマを発生させるとヘリウムは伝導体となってくれるのでしょうか?

どなたかご回答お願いします>_<

Aベストアンサー

プラズマボール自体を製作するにはガラス細工の為の道具とスキルが必要です。
ちゃんとしたものを作るにはかなりの練習が必要でしょう。
大気圧では放電しないので真空ポンプで気圧を下げる必要が有ります。
http://www.nucleng.kyoto-u.ac.jp/people/ikuji/edu/vac/chap3/geiss.html

ガスの種類によって発行する色が違います。
ヘリウムでは黄色っぽい色になります。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0180/nonr/part4/images/j4_3_1_10.swf

お金もかかるしスキルも必要なので多分無理じゃないでしょうか。

お金をかけずにやる方法は市販の白熱電球を使う方法です。
こちらを参考に
http://kosmos5atelier.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

Q桜の種類を英語で教えてください。

アメリカ、カナダなどでも桜の木は多いと思いますが、ただの
Cherry Blossom ではなく八重桜、ソメイヨシノ、関山など
英語でもその種類ごとに違う名称があるのですか?

Aベストアンサー

 たとえば染井吉野なら「 Prunus x yedoensis 」といった
学名はありますが、学名は英語ではありません。

 一般的な英語表現では、しだれ桜を Weeping Cherry と
呼ぶくらいで、あとは日本語表現のままですね。染井吉野は
Yoshino Cherry と呼ばれ、八重桜や関山は名称自体が知ら
れていないので、Sekiyama Cherry と呼ぶほかないでしょう。

 欧米では、桜の木を実で区別します。Sour Cherry とか
Wild Cherry、Sweet Cherry といった区分です。いっぽうで
鑑賞目的での園芸技術は発展していないので、日本の名称を
そのまま使うことになります。

Q空気より重い二酸化炭素がなぜ温室効果に?

地球温暖化はCO2が地球の周りを覆い温室効果が強くなるため、と聞いていますが、そもそもなぜ空気より重いCO2が上空を覆うことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214418222
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=17966

温室効果といっても、上空に二酸化炭素がたまっているのではなくて、空気全体に分布しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報