知人が自分が知っている住所に住んでいるか調べたいと思うのですが、そういう目的で住民基本台帳を閲覧できるのでしようか?
市役所の窓口で閲覧目的を聞かれたら(書類なのですか?)バカ正直にそう、書いても通用するのでしようか?
一般的なスンナリ閲覧できる方法はありますか?

以下の”タテマエ”は、もう飽きました。
具体的に知ってる方、市役所のかた、教えてください。

『 住民基本台帳法の閲覧の項目
 第11条第1項
 「何人でも、市町村長に対し、住民基本台帳の閲覧 を請求する事ができる」とあります。』

A 回答 (4件)

「現住の確認」だけではダメ、という市町村がほとんどでしょう。



何のために現住所を確認する必要があるのか。

これが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人で閲覧する人は少ないという事でしようか---。

お礼日時:2005/04/25 07:00

そうですね。

言葉が足りませんでした。
「こういう理由で現住の確認をしたい」
ということがはっきりしていることが重要です。
先にも述べたように、第3者に提供する
意図ではないことを明確にしないといけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/04/25 07:01

前にそんなことを自分が住んでいるところの市役所に質問したことがあるのですが、利用目的を聞かれるそうだし、また閲覧には料金がかかるとのこと。

ただこのあたりの仕組みは市町村ごとに多少異なるそうなんで、どうしても必要でしたらその市役所に相談してみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

同条の第2項はご覧になりましたよね。


つまり、自治体の個人情報保護条例に
抵触する目的でなければなんでもいい。
そう考えてもいいです。
むしろ、閲覧目的を明確にして、
(普通は書面に残します。)
それ以外の目的に使用しないことです。
ですから、正直でいいと思います。
「現住の確認」という目的はごく一般的です。

一般的な禁止事項として考えられるのは、
先に挙げた目的外利用と無許可で情報を
第三者に提供することです。
概ねこの事項に明らかに抵触するような
目的でなければ大丈夫じゃないかと・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「現住の確認」---この言葉?(用語?、文字?、文言?)を待っていました。口語体でないというか、書類的な・・・。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/04/21 03:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民基本台帳閲覧可能の意味

住民基本台帳を閲覧して母子家庭を見つけ出し、
わいせつ行為をはたらいた事件がありました。

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/050310_2.html

そもそも住民基本台帳が閲覧できることによる
住民のメリットってなんなのでしょうか?

テレビのインタービューでは区役所の職員が
『DM発送のためが最も多い』と答えてましたが
これが正しい目的だとも思えません。
メールだったら迷惑メールで
取り締まりの対象ですよ。

住民基本台帳法成立の理由、
閲覧可能による住民のメリットをご存知の方
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

補足です・・・。
せっかくなので、疑問を残さないように
してあげたくて・・・。

>法律の存在意味がないように思います。
そうですね。
法律はあくまで一般原則なんです。
この一般原則に基づいて、如何にして
運営していこうかという取り決めにを
しているが、政令や条例です。
運営している現場では、むしろ条例の方が
重要度も浸透度も高いです。
法律は、あくまでもその条例の理論と
なっているものなんですね。

要するに、住基台帳は原則公開です。
ただし、プライバシーをどうやって守るか、
各自治体で考えてね♪
・・・と、住基法には書いてあります。
(かなり意訳するとこんな感じです。)
各自治体で考えた結果条例が生まれます。
そういうことなんですよ。

>住民のメリットはないんですね。
これは、公平性を保つためだと思ってください。
監査請求などを住民が行えるように、
自治体の台帳は、住民が閲覧できる
直接請求権があります。
その必要性がある人にはメリットは
あるでしょうけど、そうでない人には不要。
でも、メリットの有無に係わらず、
誰かにだけ認められた権利はあってはいけません。
つまり、こういう言い方をすると
「そんなのいらないよ」という権利の押し売り・・・
としか私も思いませんけど、(;-;)
住民にも与えられている権利であるという点が
唯一メリットといえますよね。

補足です・・・。
せっかくなので、疑問を残さないように
してあげたくて・・・。

>法律の存在意味がないように思います。
そうですね。
法律はあくまで一般原則なんです。
この一般原則に基づいて、如何にして
運営していこうかという取り決めにを
しているが、政令や条例です。
運営している現場では、むしろ条例の方が
重要度も浸透度も高いです。
法律は、あくまでもその条例の理論と
なっているものなんですね。

要するに、住基台帳は原則公開です。
ただし、プライバシーをどうやって守る...続きを読む

Q■住民基本台帳の閲覧について

 
 ■住民基本台帳を本人以外でも閲覧できると知りました。
その取り扱いは、その都道府県での各役所で異なっていると思いますので、一応住所は、神奈川県横浜市です。

 漠然とですが、地域密着型のお店を立ち上げようと思っています。
 マーケティング会社にお願いすると、多額な金額がかかってしまって
いますので、自分の努力で地域動向を知りたいと思っています。

・知りたい情報は、開業近辺の集合住宅での実際の居住率
・その居住者の年齢層

質問として:
・こういった閲覧は受け入れられるのか?
(DM発送のための商用目的の大量閲覧は最近禁止になったと聞きました)。今回は統計的な情報を得るのが目的です。
・動向調査のために、ある程度の期間ごと(2、3月ごと)の閲覧が可能か?
・自治体により異なるかもしれませんが、問い合わせ窓口は、どこがふさわしいのでしょうか?
 
※正直、自分自身の情報もどのように登録されているかも知ってみたいです。

Aベストアンサー

住民基本台帳法という法律の第11条に『何人でも、市町村長に対し、当該市町村が備える住民基本台帳のうち第7条第1号から第3号まで及び第7号に掲げる事項 ~中略~ の閲覧を請求することができる。
とあります。
この第7条1号から3号とは『氏名』『出生の年月日』『男女の別』で加えて7号の『区域内において新たに住所を変更した者については、その住所を定めた年月日』 とこれだけを閲覧することができるだけで、設問のようなマーケティング目的の統計をとるような制度ではありません。
人口動態統計のようなものは、市町村によっては作成しているでしょうが、これはあくまで行政サービスの一環であり、必ず作らなければならないものではありません。

Q住民基本台帳の閲覧について

住民基本台帳の閲覧制度というのがありますが
閲覧を許可していない市町村はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

sabbathiowaさんもなかなかするどいですね。
〉たとえば閲覧手数料をすごく高く設定するなどの方法で
〉実質、閲覧を不許可にすることもできそうですね。
その通りです。
不許可にするという事はかなり難しいです。
これはみなさんがおっしゃっている住基法十一条の規定が
あるためです。
それに対して、個人プライバシーを守る法律と言うのは、
現時点では日本に存在しないんですよ。
ですから、「誰にでも見せてもいい」とは決めていますけど、
「適当でなければ見せなくてもいい」と決められているだけで、
「どういう時が適当でないのか…」という全国一律の規定事項は
ありません。 全て条例で定めています。 

余談ですけど、だから「住基ネット」は反対されるんですよ。
ネットワークだけ全国一律になって、個人プライバシーの
観念は自治体でバラバラってなんか矛盾してますでしょ。

と、少し話しがそれましたけど、実は閲覧の人数を制限したり、
それと、住民票を発行すれば世帯票で見られるのに、
世帯に4人家族がいれば、閲覧の場合閲覧の料金は別々に請求され、
4人分取られてしまうなどというシステムもあるそうです。
あまりむやみに閲覧されないように料金的に工夫をこらしたりする
ということは、実際にやられているんですよ。

sabbathiowaさんもなかなかするどいですね。
〉たとえば閲覧手数料をすごく高く設定するなどの方法で
〉実質、閲覧を不許可にすることもできそうですね。
その通りです。
不許可にするという事はかなり難しいです。
これはみなさんがおっしゃっている住基法十一条の規定が
あるためです。
それに対して、個人プライバシーを守る法律と言うのは、
現時点では日本に存在しないんですよ。
ですから、「誰にでも見せてもいい」とは決めていますけど、
「適当でなければ見せなくてもいい」と決められている...続きを読む

Q住民基本台帳の閲覧

数年前にバイト先で知り合った人に貸したお金を返してほしいのですが、その人の苗字と年齢、最寄り駅しかわかりません。

最初、調査会社に頼もうと色々あたって
みたんですが、かなり料金が高く、躊躇
していたところ、初恋の人の探し方、という
サイトを見て、住民基本台帳を閲覧する
方法を知りました。

早速、該当の役所に問い合わせたところ、
お金を貸したという契約書と、貸した
相手の住所、氏名が必要といわれました。

しかし相手の住所氏名がわかっていれば、
そもそも閲覧しようとは思わないわけです。

調べてみると、住基台帳は原則公開なので、
見せなければならないと書かれてあるサイトを
みつけたんですが、このあたりに詳しい方は
いらっしゃいますか?

ちなみに携帯番号はしっていたんですが、
機種変更をしてるうちに、いつのまにか
データが消えたみたいで現在はわかりません。

Aベストアンサー

>というのは、私のケースのような金銭絡みだと無理だが、通常は可能ということでしょうか?

 はい、住民票の閲覧制度がありますから、正当な目的でしたら可能です。
 ただし、利用目的を証明する書類や、利用目的以外には使用しないという誓約書の提出が求められると思います。

 請求理由で最も多いのは、ダイレクトメールの発送業務に使うというものでした。例えば、この場合でしたら、送付するサンプル資料(パンフレット)等の提出を求めていました。

 特定の個人を探すという目的は、残念ですがこの制度にはなじまないです。

Q住民基本台帳法の閲覧について

知人が自分が知っている住所に住んでいるか調べたいと思うのですが、そういう目的で住民基本台帳を閲覧できるのでしようか?
市役所の窓口で閲覧目的を聞かれたら(書類なのですか?)バカ正直にそう、書いても通用するのでしようか?
一般的なスンナリ閲覧できる方法はありますか?

以下の”タテマエ”は、もう飽きました。
具体的に知ってる方、市役所のかた、教えてください。

『 住民基本台帳法の閲覧の項目
 第11条第1項
 「何人でも、市町村長に対し、住民基本台帳の閲覧 を請求する事ができる」とあります。』

Aベストアンサー

「現住の確認」だけではダメ、という市町村がほとんどでしょう。

何のために現住所を確認する必要があるのか。

これが必要です。

Q住民基本台帳を閲覧方法

昔の友人の住所を探しているのですが、捜索方法として、市役所で住民基本台帳を閲覧して探し出す際に、

(1)性の名前の漢字を忘れた。でも読み方は覚えている。
(2)苗字が○○か△△のどちらだったと思うけど…でも苗字の頭に「(例えば)う」が付いていたのは100%間違いない!という場合。
(3)大体の地域(市)・性別・生年月日は完璧に覚えているのでそこから洗っていく手段。

以上の条件が複数、もしくは全て該当する場合、市役所は対応していただけるのでしょうか?
(3)が可能であれば一番望ましいのですが・・・

Aベストアンサー

基本的に名前などを完璧に覚えていても、閲覧自体難しいです。
閲覧できる人は、
・国または地方公共団体の機関
・個人または法人で、次に掲げる活動を行う場合
1) 統計調査、世論調査、学術研究、その他調査研究のうち、公益性が高いと認められるもの
2) 公共的団体が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるもの
3) 営利以外の目的で行う居住関係の確認のうち、訴訟の提訴、その他特別な事情による居住関係の確認として市町村長が定めるもの
に限られます。
3)が近いように思えますが、特別な事情が友人探しというのでは却下されます。

Q住民基本台帳の閲覧の仕方(大阪)

住民基本台帳って閲覧できるんですよね。大阪なのですが
、閲覧したいと思っています。どこに見に行けばいいのですか!?大阪市なら何か制約とかありますか?もちろん、ちゃんとした動機で見るのですが・・・。

Aベストアンサー

住民基本台帳に依る者ですね

大阪市役所「本庁」は住民基本台帳に関係することは住民情報課に御寄せください・
大阪市役所に連絡電話番号総合窓口受付
「06-6208-8181  内線で住民基本台帳は、住民情報課で居て下さい

www.city.osaka.jp

大阪市役所外局大阪市「各区役所」にと言わせ先地元区役所にと言わせ下さい。[住民基本台帳によることは
住民情報課にお聞きください


www.city.osaka.jp/naniwa/index.html

住民基本台帳に関することは地元区役所にある住民情報課にお聞きください

区役所によるホ-ムペ-ジ「区役所」下に他に区役所あります、そこに区役所名前あります

Q住民基本台帳の閲覧について

いつもお世話になっております。
先日主人の浮気が分かりまして相手の女性を訴える事に致しました。(主人はその後)しかし、現住所が確認出来ていません。本当は探偵等で携帯番号から調べてもらえば早いのですが、相手の女性はネットワーク関係の仕事をしていまして、多分彼女の名刺(主人から提出させました)に記載してある住所が自宅だと思います。ので、実際に住所を尋ねに行こうと思っています。(大阪→兵庫と近いので)そこでもし尋ねて居住していたならそのまま市役所まで出向いて住民基本台帳を閲覧しようと思うのですが、この場合、閲覧理由に「裁判する際の人物の特定」で閲覧は可能でしょうか?
こういう事って自分は正しい(と思うのですが…)のに何でか後ろめたい気分になってしまいますね。
とりあえず、この理由でも閲覧可能か分かる方いらっしゃいませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「住民基本台帳の閲覧」ではなくて「住民票の写しの交付」だと思いますが?

「民事訴訟のため」という理由だったら出してくれると思いますが、判断するのは市町村なので……。

訴状の送り先(送達先)は、住所が分からなければ勤務先でもいいので無駄にはならないと思いますが。

Q住民基本台帳って、どこで閲覧できる?

とても世間知らずでスイマセン・・・今色々言われている住民基本台帳はどこで見られるのでしょうか?私の夫の前妻が再婚しているか見たいのですが、どうやって、どこに申し込めばいいのでしょうか?また、私がそんな理由で閲覧することは可能なのでしょうか?どなたか詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

No2です。
一部訂正です。
住民台帳の閲覧は簡単な用紙に数行書くだけで、閲覧理由を仕事のためとでも書けば、特別な拒否理由(犯罪などに利用される虞があるなど)がない限り、誰にでも原則、公開されるそうです。他人の住民台帳がけでなく、理由によって、多数の人の台帳を同時に見て目的にあった世帯を探し出してリストアップさえできるそうです。
1回の閲覧は30分で1000円程度の手数料を取られるとのことです。閲覧者の本人確認は殆ど確認されないで閲覧させているようですが、最近犯罪に利用される事件が発生(最近TVで放映され新聞に載った、母子家庭をリストアップして母親が留守の時を狙って留守番の思春期の女の子の家に押し入る犯罪の発生など)もあって、閲覧者の本人確認をするところも出始めていますが、拒否されることは原則ないようです。

Q住民票、住民基本台帳カード

 住民票を取りに行こうと思っているものです。
いろいろ調べた結果、誰でもとれるということがわかりました。
 いろいろ悪用されるということもわかりました。
住民基本台帳カードという物があるみたいなんですが、あれは取って得をする物なんでしょうか。
取ったからといって、個人情報が守られるというわけではないのですよね。
  (自分の住民票は観覧できないようすることはできないのでしょうか)
  もしできないのなら、ここまで問題になっておいて、なぜ対策を打たないのでしょうか

 記憶によればあれが作られたときに、反対する人たちがいたような気がするのですが、気のせいでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>自分の住民票は観覧できないようすることはできないのでしょうか

今年の国会で住民基本台帳法が改正され、遅くとも今年の12月16日からは、閲覧が原則禁止となります。

参考URLの「住民基本台帳法の一部を改正する法律 (平成18年法律第74号) 」を参考にしてください。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/menu_04/s_hourei/new_hourei.html


人気Q&Aランキング