Corr(x,y|条件式)
はどのように定式化されるのでしょうか?
どのように調べてよいのかわからないため
質問させてください。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

シグマが抜けてました。



xm = Σsi*xi/Σsi
ym = Σsi*yi/Σsi


要するに、z=aとなるデータだけで相関を取るということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
おかげさまでできました。

お礼日時:2005/05/05 11:33

Corr(x,y|z=a)



=Corr(p,q)

ただし、

pi = xi (z = a)
pi = xm (z ≠ a)

qi = yi (z = a)
qi = ym (z ≠ a)

ただし、

xm = si*xi/Σsi
ym = si*yi/Σsi

si = 1 (z = a)
si = 0 (z ≠ a)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、わかりました。
その方向でもう一度考えてまいります。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 12:47

条件式を満たすような、xとyの組み合わせについて、


相関を計算すればよいのでは?

この回答への補足

そのとおりだと思うんですが…

例えば
変量がx,y,zの場合
Corr(x,y|z=a)
のような場合、一般にどう書けますか??

補足日時:2005/04/20 19:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築条件付き、を英語で

「建築条件付き」は英語でなんというのでしょう。
英語圏の建築基準を知らないので、対応する状態があるのかどうかもわかりません。ご存知の方がおられましたら、よろしく。

Aベストアンサー

これは、例えば、分譲宅地を購入するときに、その土地の販売業者(住宅会社)の住宅を建築することを条件とする、という意味ですね?

英語国であるアメリカでは、開発業者や住宅会社などが多くの区画を買取り(または開発し)、住宅を建てて「土地と住宅」をいっしょに販売しますので、一区画だけを売ることはありません(断定は出来ませんが、ほとんどないケースと考えられる)。住宅建築を受注し一緒に販売する(buid-to-order)か、建売住宅(米国ではspec home が業界用語)として販売するかが普通です。

よって、日本で言うところの「建築条件つき」というのにピッタリの得英語表現はないので、その表現したい内容によって説明的に書くしかありません。

「建築条件付の宅地を購入した」

I purchsed a subdivision lot subject to construction of a home (by the (land) seller).

I bought a housing lot on condition that the (land) seller will
build a house for me.

「建築条件付宅地(購入)」

a subdivision lot subject to construction of a home (by the lot seller)

(the right to purchase) a parcel of land incorporating an agreement for the construction of a home by the (land) seller.

「建築条件付き土地購入契約」

a land purchse contract with home construction riders
(ridertとは契約書などでの「追加条項」といった感じです)

どのようなコンテクストでの「建築条件付」かわかりませんが、上記の例の応用では無理なら、その文全体(及びどのような文書か)を教えてください。

土地や住宅などの不動産はどの国にも長い独自の考え方や歴史があり、それをベースに来ているので、コンピュータなどとちがい、ピッタリの言葉はないことが多いですね。日本語の「所有権」という言葉にしろ、それに100%合致する英語はないようですね。日米の不動産にかかわる係争では、日英語の契約書の用語の解釈で弁護士が「日本語で一番近い概念は・・・」とかいってやってますね(→だから、国際契約では何語を正式にし準拠法は・・・が重要になってくる)。英→日ではescrowなどというのも、日本にはない考え方・システムですから、ピッタリの日本語はないのえ「エスクロー」と書いたりしているのでしょう。

これは、例えば、分譲宅地を購入するときに、その土地の販売業者(住宅会社)の住宅を建築することを条件とする、という意味ですね?

英語国であるアメリカでは、開発業者や住宅会社などが多くの区画を買取り(または開発し)、住宅を建てて「土地と住宅」をいっしょに販売しますので、一区画だけを売ることはありません(断定は出来ませんが、ほとんどないケースと考えられる)。住宅建築を受注し一緒に販売する(buid-to-order)か、建売住宅(米国ではspec home が業界用語)として販売するかが普通です。
...続きを読む

Qノルマン・コンクエスト以前の英語には未来時制と条件法はなかった?

ノルマンコンクエストの以前には未来時制(future tense) や条件法(conditional)は英語には存在しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

英語を始め、ゲルマン系は古くは現在と過去しか時制がなく、純粋な意味での未来は現在形で表していました。唯一 be 動詞だけは、ic eom, thu eart, he is, we sind (I am, thou art, he is, we are) に対して ic beo, thu best, he beth, we beon が未来として使われていましたが、もともと beon (今の be) は意味的に未来「~になる」だからです。
一方、willan, sceallan (will, shall) を用いた表現もありましたが、意志や義務の未来と解釈できることも多く、単純な未来は現在形ですますことも多く、現代のように will が多用されてはいませんでした。
条件法という言い方は英語ではあまりされませんが、フランス語のように、条件文の主節の形(would 原形)のこととすれば、条件法ではなく接続法(仮定法)を用いるのが多かったようで、これはかなり後まで残りました。具体例で書くと(古英語では分かりづらいので単語は現代のものに置き換えます)

現代語で
If he knew your address, he would write to you.
と言うところを
If he knew your address, he wrote to you.
のように表していました。ドイツ語では今でもこのやり方ですが、英語のように主節に 「wuerde 不定詞」を用いる方法もあります。

英語を始め、ゲルマン系は古くは現在と過去しか時制がなく、純粋な意味での未来は現在形で表していました。唯一 be 動詞だけは、ic eom, thu eart, he is, we sind (I am, thou art, he is, we are) に対して ic beo, thu best, he beth, we beon が未来として使われていましたが、もともと beon (今の be) は意味的に未来「~になる」だからです。
一方、willan, sceallan (will, shall) を用いた表現もありましたが、意志や義務の未来と解釈できることも多く、単純な未来は現在形ですますことも多く、現代のよ...続きを読む

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Qワーキングホリデーの参加条件(英語力)tell me

ワーキングホリデーの参加条件ってあるのですか?英語力がなくても大丈夫なのですか?
働くわけですから英語がある程度しゃべれないとダメですよね。働くとしたらいくらぐらい給料がもらえるのですか?
知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ワーキングホリデービザ自体は、英語力がなくても取れるはずです。

#1の方も書いていらっしゃいますが、自国の国民ができることを、わざわざ他の国の人を雇ってまで仕事を任せるほど甘いものではありません。「この人ではなくちゃダメ」という何かがないと現地の(日本人が経営するところ以外)会社などでは雇って貰うこと出来ません。(もちろん、英語力も必要です) それに、そういうところでは3ヶ月(オーストラリアの場合ですが)しか働けないワーキングホリデーメーカーを雇うかどうかはちょっと疑問に思うところです。
ちょっと厳しい言い方をしましたが、私が(留学ビザですが)滞在していた8年ほど前ですら、そういう現状でしたので、益々ホリデーメーカーの渡航が多くなっている今はもっと厳しいのではないかと思いますよ。

あと、勘違いして欲しくないのがワーキングホリデービザの本来の目的は、働くということが主な目的のものではなく、あくまでもホリデー つまり長い期間の休みを使ってホリデーを楽しみ、旅費が少なくなったらはたらけるというビザですので、(カナダでは何ヶ月かわかりませんが)オーストラリアでは、同じ所で働ける機期間が(私が滞在した時は)3ヶ月でした。

ワーキングホリデービザ自体は、英語力がなくても取れるはずです。

#1の方も書いていらっしゃいますが、自国の国民ができることを、わざわざ他の国の人を雇ってまで仕事を任せるほど甘いものではありません。「この人ではなくちゃダメ」という何かがないと現地の(日本人が経営するところ以外)会社などでは雇って貰うこと出来ません。(もちろん、英語力も必要です) それに、そういうところでは3ヶ月(オーストラリアの場合ですが)しか働けないワーキングホリデーメーカーを雇うかどうかはちょっと疑問...続きを読む

QX-Y平面の領域D={(x,y)|0≦x≦1,x-1≦y≦x+1}を、

X-Y平面の領域D={(x,y)|0≦x≦1,x-1≦y≦x+1}を、x/y=u,y=vとして、U-V平面での領域で表したいのですが、どうにもできません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

定義域をどう変換したら良いかわからないという意味の質問と捉えるならば、(<、>の下の等号は省略)
0<x<1 より両辺を足したり引いたりすれば、
1<x+1<2
-1<x-1<0
よってx-1<y<x+1 は -1<y<2 となり、 -1<v<2
また、x/y=uより0<x<1は0<uy<1
これから両辺に(題意としてy=v=0は定義されないので)1/yを掛ければ
0<u<1/y=1/v となりvの定義域から1/vの定義域の上限は無限大なので
0<uのみとなる。
結果、-1<v<2、0<uが領域の変換後の回答です。


 

Q英語ができるのはなぜ無条件に支持されるのですか?

いつも思うのですが、たとえば東大生が学歴を自慢したら、「学歴ばかり高くても実力が伴わなければ使いものにならない」と言われるにきまってますし、社会や理科、あるいは趣味に関する深い知識を披露したり、それに関する難関資格を自慢したら、「あいつはオタクだ」などとネガティブなことを言われることが多いですが、なぜ英語ができることを自慢したら、無条件に「すごいね~」というふうになるのでしょうか?

「英語だけできても他のことができなければ使いものにならない」とか、「あいつは英語マニアだ」みたいにネガティブに受け取られない理由は何だと思いますか?

Aベストアンサー

英語であろうが、社会・理科であろうが、
テストの点数がよければ、無条件に凄いね~って思います。

でも、テストで良い点取ることだけに執着して、その後何にも活かしてないなら
「英語だけできても他のことができなければ使いものにならない」とか、「あいつは英語マニアだ」って思います。

「会話」が出来る人は、どの国の言葉でも凄いです。
他の国の人と会話が出来る事は、素晴らしいなぁと思うからです。
流暢な日本語をしゃべる外国人さんに出会った時も、凄いなぁと思いました。

Q∫∫【D】2x|y|dxdy, D={x^2+y^2≦1,x^2+y^2≦2x}

∫∫【D】2x|y|dxdy, D={x^2+y^2≦1,x^2+y^2≦2x}
という重積分について質問です。∫∫【D】2x|y|dxdyと∫∫【D】2xydxdyってどう違いますか?

この場合では、領域がx軸に関して対称だから、前者の場合も後者の場合もたまたま答えが同じになるけれど、理屈としては、y座標が負になっている部分をx軸に関して折り曲げた結果として、図形がx軸に関して対称だったために、y座標が正の部分を2倍することになったと考えればよいのでしょうか?
言葉が下手で、伝わりにくい文章ですみません。

Aベストアンサー

>この場合では、領域がx軸に関して対称だから、前者の場合も後者の場合もたまたま答えが同じになるけれど

本当にそうなります?
2xyはyについて奇関数、2x|y|はyについて偶関数です。
前者をx軸について対称な領域で積分すると"0"に、後者を同じ領域で積分するとx軸よりも上側の領域での積分の2倍になります。

Q英語で動作を条件として箇条書きにする場合

英語で動作を条件として箇条書きにする場合、どのように書けば良いでしょうか?

例えば、「良い人間の条件は3つある。1つ目は嘘をつかないこと。2つ目は他人を貶さないこと。3つ目は自らを卑下しないこと。」という文章を英訳する場合、各条件はどのように英訳すれば良いでしょうか。

動名詞にすれば良いかと思ったのですが、自分では上手く書けませんでした。

どなたかご助力ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<訳例>

There are three conditions for a good person.
First: Do not tell a lie.
Second: Do not look down on others.
Third: Do not disparage yourself.

QD={(x,y)|0≦x≦1,x≦y≦1}

D={(x,y)|0≦x≦1,x≦y≦1}
∬[D](e^y)^2dxdy
初歩的な問題なんですがこれ答えは(e/2)-(1/2)であってますか?どなたか頼みます。

Aベストアンサー

>積分範囲がxは0からy、yは0からyにになるのがわからないです。0≦x≦1,x≦y≦1がなんでその積分範囲になるのでしょうか?

重積分する場合は、積分領域をxy座標平面にプロットして確認します。
その積分領域全体をカバーするように積分変数を1つずつ順に変化させていくことで、各変数の積分範囲が決まります。それが逐次積分法です。

今の問題の場合

∫[0,1]{∫[x,1] f(x,y)dy}dx

∫[0,1]{∫[0,y] f(x,y)dx}dy

どちらの順序で逐次積分しても、積分領域全体をカバーできます。
必ず積分領域をプロットして、積分をどの順序で行っているか確認
してください(そうすれば重積分が怖くなくなりますよ)。

なので、どちらでも積分でき同じ積分値が得られます。
しかし、積分のしやすさ(難易度)に差が出ますので、簡単に積分できる方を選んでやります。
したがって、どちらの逐次積分の順序もマスターしておき、より簡単に積分できる方を選ぶことがポイントになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報