採用が内定している企業から採用通知書をもらいましたが、雇用契約内容の中に

名目年収予定額 ●●●●●●●円
実 質 年収額 ■■■■■■■円
*上記金額から所得税・社会保険など個人が負担すべき金額を控除し、支払う

という記述がありました。
「名目年収予定額」と「実質年収額」の差異は約40万円ほどあります。
アスタリスクの位置から考えると、「実質年収額」から所得税・保険料を天引きすると読めるのですが、その場合、「名目年収予定額」と「実質年収額」の差額はどう考えたらいいのでしょうか?なお、条件面接の際に提示された額は「名目年収予定額」でした。

こういう条件提示は普通のことなのでしょうか。あわせてご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の通り、名目年収予定額は税込の支給総額で、そこから法定の所得税や社会保険料・雇用保険料などを控除した額が、実質年収額です。



通常は、名目年収予定額だけの呈示で、実質年収額 を呈示するのは親切な方法です。

なお、給与から控除されるものは、法定のものでは下記のものですが、平均して給与総額の16%程度が控除されます。

所得税(源泉税)が約3.5%
社会保険料(健康保険・厚生年金)が約12%
雇用保険料が0.8%
所得税は扶養家族の人数によって増減しますから、あくまでも目安です。

平均的には、総額から16%ほど控除されますから、支給総額の84%程度の手取りになります。
なお、翌年からは住民税も控除されます。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
そうなりますと、やはりアスタリスク以下「上記金額より所得税・社会保険など個人が負担すべき金額を控除し、支払う」という文言は、実質年収額ではなく名目年収予定額にかかると考えてよろしいのですよね!
どうもありがとうございました!

補足日時:2005/04/21 06:30
    • good
    • 0

名目年収予定額 ●●●●●●●円


実 質 年収額 ■■■■■■■円
の2つを提示してくれる会社なんて親切ですね!!
いままで5社転職したが、
全て”名目収入予定額”
のみしか提示していなかったです。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。私も最初「親切だな」とそう思ったんですが、よくよく読んでみると実質年収額から保険料と所得税を引くのかなと、もしそうなら名目年収予定額から何が惹かれて実質年収になるのかと、そう思ったものですから。考えすぎですよね。すみません。

補足日時:2005/04/21 06:39
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(気象)気温は平均のほうが、中央値(あるいは最頻値)よりも必要性があるのはなぜでしょうか? 年収は高

(気象)気温は平均のほうが、中央値(あるいは最頻値)よりも必要性があるのはなぜでしょうか?
年収は高額所得者が平均を吊り上げるため平均年収よりも中央値のほうが実態(一般人)にあっていると聞きます。
では気温も平均値よりも中央値のほうが大幅な外れ値が影響しないので良さそうに思えるのですが、実際気象庁は平均気温を出していますし、この「教えて」でも中央値をわざわざだす必要性はないようなことを言われました。
どうして中央値の気温は不要あるいは平均気温より必要性がないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。「お礼」に書かれたことについて。

>年平均ではなく年中央値のほうが異常気象のような外れ値を外せてより実際の普通の気温に近くなりませんか?

「外れ値を外す」というのは、「説明のつかない、都合の悪いデータを除外する」ということであり、それはある種の「データ改ざん」です。
それをするには、それ相応の理論的な根拠が必要ですが、その根拠をきちんと主張できますか?

「平均値」は、説明のつかない、都合の悪いデータも含めて、すべてのデータ群から「それを代表する指標」を求めるということです。
「外れ値といえるかどうか」は、「平均値」と「標準偏差」を使えば、確率の数値付きで評価・判定できます。「統計データ」はそういう使い方をします。

質問者さんは、ある種の「意図的なデータ」を求めたいとお考えのようなので、それは何らかの「仮説」を立てて、その上でその仮説に基づく「論理的」なデータ処理をされればよいと思います。

Q年収の提示額

皆さんは(過去皆さんは)面接時に、面接で落とされずに希望額を上げる方法・手段は(人材紹介会社を使わずに)どうされていますか?

又最低希望額を聞かれたら皆さんはどう答えていますか?(面接で通過を前提に)

Aベストアンサー

求人条件 480~600万円の求人の最終面接で480万円提示された時
にはその場で
「同時に進行している会社に比べて著しく年収が低いので
 お話を受けるのは難しいと思います」
とはっきり言いました。
余り駆け引きはしませんので自分が納得できない金額には納得できないと
言い納得できる場合には妙な交渉はしません。
その時は結局560万+家賃補助5万円(4年間)を提示されました。

Q平均値と中央値の関係

平均値は異常値に引っ張られ、データが大きくなったりすると聞きました。
中央値はそのような影響を受けないとも聞きました。

平均年収などは、一部の高給な人が平均年収を吊り上げているので
より現実に近いのは中央値だとも聞きました。

中央値<平均値

となるケースはあると思いますが、

平均値<中央値

となることもあるのでしょうか?

無効な数字がある場合は、除外してエクセルのaverageやMedianは
異常値をはじいて出してくれるのでしょうか?
(1,2,3,4 という数字の中に あ、か、さ、のようなひらがながある場合)

教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

データの分布が左右対称であれば、
平均値=中央値
となりますが、
不均等であれば、平均値と中央値はずれてきます。
代表的なものは年収で、大きく高年収側に偏った分布となり、
平均値>中央値
となります。

>平均値<中央値
>となることもあるのでしょうか?

当然あります。
たとえば寿命は、病気、事故などで若くして亡くなる人がいるのに対し、
長寿側は自ずと制限されます。150歳で亡くなる人は現実にはいません。
平均値<中央値
となります。

尚、エクセルはエラー以外の無効なデータは除外して計算してくれます。

Q実質手取りから希望年収を計算する方法

転職とかで希望年収を聞かれることがあります。
その年収には税金とか社会保険が入ってますので、実質手取りがすぐにわかりません。

逆に実質手取り(可処分所得)の希望額がある場合、
必要な年収を計算する方法はありますか?

控除されるものがいくつあるのかわからないのですが、
所得税
年金保険料
健康保険
雇用保険
翌年の住民税
でしょうか?

東京在住
私の見ている業界は外資が多いので、夏冬ボーナスなしの均等割で計算

だいたいでよいので、計算式を教えてださい。

たとえば400万の手取りなら、4xx万は最低必要、みたいな。

Aベストアンサー

概ね2割程度は引かれますから、月収35含みとして520万とします。
ノルマは初年度会社の利益額が1200万程度、此処からビジネスボリュームを計算すると考えて下さい。

Q中央値ってなんですか?

中央値という耳慣れぬ単語が飛びだしまして…
中央値とはどのように求められる数値なんですか?
平均値とは違うものなのでしょうか?

よろしければご回答願います。

Aベストアンサー

検索しましょう。

たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に
年寄りな人の年齢である。
ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。

中央値は平均値と類似した目的で使うが、用途によっては中央値のほうが
平均値よりも優れている。
これはたとえば年収の場合を考えてみるとわかりやすい。

貧富の差が激しい国では、一部の富裕層が平均年収をつり上げてしまっている為、
平均年収は「普通の人」の年収よりもずっと高い値になってしまう。
この為平均年収は「普通の人」の生活水準を推し測るには向かない。

一方中央値は、年収が低い順に国民を並べたときに丁度真ん中になる人
の年収を表している為、一部の富裕層の年収は中央値に影響せず、
中央値は「普通の人」の生活水準により近くなる。

実際例えばフォーブスの世界長者番付にランクインするような
億万長者が1万人の市に引っ越してくれば平均年収はつり上がってしまうが、
年収の中央値はほとんど変わらない。
ビル・ゲイツ等の大金持ちが引っ越しただけで、
「普通の人」の生活水準が変化するとはいえず、
中央値のほうがより直感に近い事が納得されるであろう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%80%A4

検索しましょう。

たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に
年寄りな人の年齢である。
ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。

中央値は平均値と類似した目的で使うが、用途によっては中央値のほうが
平均値よりも優れている。
これはたとえば年収の場合を考えてみるとわかりやすい。

貧富の差が激しい国では、一部の富裕層が平均年収をつり上げてしまっている為、
平均年収は「普通の人」の年収よりもずっと高い値になってしまう。
この為平均年収は「普通...続きを読む

Q転職時に提示された給与額について

私は26歳・理系大卒の女です。
現在転職活動中です。面接時に給与の提示があったのですが、給与テーブルがあるため交渉は難しく、20万5000円(税込み)とのことでした。
福利厚生などはしっかりしているのですが、前職よりもかなり下がってしまうので、色々と考えています。
営業事務ですと、これは妥当な給与でしょうか?

Aベストアンサー

その金額ではどちらかというと安い方ではないでしょうか。
それよりも重要なのは、その給与で貴方がこの先生活していけるかどうか、だと思いますが。

Q中央値と平均値

最近、中央値というものがあることを知りました。
アンケートの統計結果でも中央値が使われるとか、、、
平均値よりも中央値の方がよい場合ってどういう時なんでしょうか??

ちなみに統計学などは全くわかりません。
平均値は全部を足してその数だけ割る、
中央値は全部の数の真ん中にある数字、
という事しかわかっていません。
(それすら間違ってるのかな。。。)

Aベストアンサー

中央値の理解はあってます。
こういう統計量を代表値といいます。全体を代表する値だからです。
一般には平均は代表値として向いていることが多いですが、そうでないこともあります。
次のような場合です。

あるグループの平均的な所得を知りたいとします。
内訳は10000万円の人が1人、100万円のひとが9人です。
平均をとると1090万円になります。
しかし、このグループの「平均的な人」の像からはかけ離れています。
中央値を取れば100万円になるので、「平均的な人」をよりよく表せます。

こういう事態が起こるのは、ここで見たように数値の分布に偏りがある場合です。
そういう場合は、平均より一見いい加減にみえる中央値の方が頑健なのです。

マスコミの人などはそういう知識がないので、どんな中身であろうと平均を使って済ませてしまいます。平均を使う場合には、分布の広がりを表すため、標準偏差を表示すべきなのですが、それすら知りません。

Q人材紹介会社提示の給与レンジと内定時の給与額が違う場合

エグゼクティブサーチと歌っている(?)外資の人材紹介会社経由で内定を頂きました。

その人材紹介会社の募集概要での給与レンジ額と内定時の提示金額が下回っている場合、まともに考えると騙された印象もなきにしもあらず、むしろここから給与交渉なのかな?と思うのですが、紹介会社をはさんでいるため直接応募とは違う対応に戸惑っています。これってどういうことなんでしょうか?

[例]
人材紹介会社の募集要項
年棒額:800万~1100万

内定時の人材紹介会社の担当者からの提示額(役員面接の次の日に内定連絡)
720万

記載されている年棒額は目安であってあくまでも選考の結果による金額なのか、内定にも関わらず金額が違うのは違法なのではないか・・・などと考えていました。

人材紹介会社経由で給与交渉した経験のある方、人事経験のある方など、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういうときの紹介会社ですよ。
彼らも給与が高くなるほうが報酬が上がりますから、紹介会社に交渉させるべきです。

違法かどうかは専門家じゃないから分かりませんが、
掲載している給与は大体の目安で100%要件に合う人ならそのくらい出しますよってことだと思います。
ちょっと条件が足りないけど雇ってもいいなって人なら年収を下げて提示すると言う事も良くあります。

また、給与は前職の給与を基にすることが多いです。
前職の給与は、その人の仕事に対する評価ととってしまうので、年収800万円以上と言っても、前職が500万円くらいなら600万、700万位で提示されることも少なくありません。
スキルどおりなら最低額の800万円くらいまでは何とかなるかもしれませんけど、希望年収と現年収の差が大きいとよほどの売りがないと難しいです。そこは紹介会社の腕でどこまで上げられるかでしょう。

恐らく基本の年俸は提示金額から変らないでしょう。
外資系なら本社の承認が取れないと日本ではどうしようもない場合があります。特にこの不況下、本社がバジェット下げてくると言う事もあります。
下手すると採用自体が突然フリーズすることもあります。

で、年俸のベースは変らないでしょうけど、交渉次第でインセンティブで調整して、問題なければ年収800万円になるようにしてくれる可能性はあります。

まあ、いやなら蹴ってしまえばいいと思います。
自分が希望年収の3倍以上稼げる人間で、希望金額もらえる自信があるなら他にも採用企業が出るかもしれませんし。

そういうときの紹介会社ですよ。
彼らも給与が高くなるほうが報酬が上がりますから、紹介会社に交渉させるべきです。

違法かどうかは専門家じゃないから分かりませんが、
掲載している給与は大体の目安で100%要件に合う人ならそのくらい出しますよってことだと思います。
ちょっと条件が足りないけど雇ってもいいなって人なら年収を下げて提示すると言う事も良くあります。

また、給与は前職の給与を基にすることが多いです。
前職の給与は、その人の仕事に対する評価ととってしまうので、年収80...続きを読む

Q質的データの中央値の求め方

質的データの中央値の求め方を教えてください。
例えば、[2,4,3,2,2,1,3,5]の中央値は[2.5]ということはわかるのですが
[b,d,c,b,b,a,c,e]の中央値だと何になるのでしょうか。
統計学はまったくの初心者です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[b,d,c,b,b,a,c,e]

このデータは、名義尺度、つまり、順序づけができないカテゴリカリーデータであるので、分布の代表値としては、中央値ではなく、最頻値(モード、mode)を使用します。

最頻値は、文字通り、最も頻度の高い値です。

したがって、[b,d,c,b,b,a,c,e]の最頻値は、bとなります。

中央値は、データを昇順に並べたときに、ちょうど真ん中の位置にあるデータです。したがって、中央値を算出するためには、順序づけできるデータでないといけません。[順序尺度以上:順序尺度、間隔尺度、比例尺度]

まずは、名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比例尺度の4つの尺度の意味を理解するようにしましょう。

Q採用通知書にある賃金と入社後の実質給与の違い

採用通知書にある賃金と入社後の実質給与の違いについて伺いたく思います。
最近、小さな商社に入社しました。

面接の際、社長に希望年収を聞かれ、
X00万円と答えました。
年齢的に少ない額を希望したため、
その社長には
「それだけでいいのか?」
と驚かれました。

その後、採用通知書が送られてきて、

『賃金 X00万円(最低)
その他、残業手当あり』

とありました。

入社後、しばらくして総務部長から、
月額給と賞与の通知がありました。

月額給が約Y3万円で、12倍するとZ00万円になります。
賞与は業務上の目標を達成した場合、最大70万円でした。

また、残業をつけるという文化もありません。

すなわち、採用通知書に
『賃金 X00万円(最低)
その他、残業手当あり』
とあったにもかかわらず、
最高で470万円の年収になります。

小職は自営業も経験しており、
固定給のある、ありがたさを知っているので、
年収Z00万円でも生活できるのですが、
質問だけさせていただきたく思います。

このようなケースは違法になりうるのでしょうか?

ご教授いただければ幸いです。

採用通知書にある賃金と入社後の実質給与の違いについて伺いたく思います。
最近、小さな商社に入社しました。

面接の際、社長に希望年収を聞かれ、
X00万円と答えました。
年齢的に少ない額を希望したため、
その社長には
「それだけでいいのか?」
と驚かれました。

その後、採用通知書が送られてきて、

『賃金 X00万円(最低)
その他、残業手当あり』

とありました。

入社後、しばらくして総務部長から、
月額給と賞与の通知がありました。

月額給が約Y3万円で、12倍するとZ00万円になります。
賞与...続きを読む

Aベストアンサー

書面通知があるのは運がよかったですね。
総務部長と交渉し、決裂したら社長と交渉です。


それでもダメだった場合は、簡易裁判所に労働調停(民事調停の1つ)を
申し立ててれば安価で弁護しなしで解決できる場合があります。
この解決できる場合とは、会社が本格的に戦う準備をして通常訴訟でよろしく!
と言った場合、本訴訟になるからです。

労働基準監督署は昔何度か利用したことがありますが、役に立った試しがありません。
労働基準監督署は、大人数で同じ会社のトラブルでおしよせたりすると役に立つことがあります。
だけど強制力はありません。

たとえば、3ヶ月も給料が未払いだ。
別に会社の経営が危ないわけでもなく、大儲けしている。支払い能力もばっちりだ!
という場合ですら、労働基準監督署は払ってくださいね。払わないと違法ですよ。・・・
なんて言うだけで、強制力がありません。
無視しても問題ないんです。
労働基準法に罰則もありますが、これはあくまで訴訟に持ち込まないとダメです。
ましてや、懲役などの罰則は告訴、告発し勝利しないとなることはありません。
麻薬事件ですら初犯は執行猶予になるような甘い国ですからね。
期待できないでしょう。


あと、わかってますよね?
結局のところ違法かどうかといえば違法でしょう。
裁判すれば書面通知があり、かつ残業でない。とかであれば勝てると思います。
だけど勝ったとしてもその会社に居続けることはできないでしょう。
小さな会社であればなおさらです。

会社としても形勢が悪くなったら、和解してくるでしょうね。
総務の○○が勘違いをして不快な思いをさせてしまったね。騙したりするつもりはなかったんだ。
とか言って終わりですよ。


そもそもそんな労力、時間、金を使うならとっとと転職、起業したほうがいい。
という話になります。


若くして裁判所に行ったり、いろいろな経験しましたが、倒せたとしても時間かかりますよ。

書面通知があるのは運がよかったですね。
総務部長と交渉し、決裂したら社長と交渉です。


それでもダメだった場合は、簡易裁判所に労働調停(民事調停の1つ)を
申し立ててれば安価で弁護しなしで解決できる場合があります。
この解決できる場合とは、会社が本格的に戦う準備をして通常訴訟でよろしく!
と言った場合、本訴訟になるからです。

労働基準監督署は昔何度か利用したことがありますが、役に立った試しがありません。
労働基準監督署は、大人数で同じ会社のトラブルでおしよせたりすると役に立つこと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報