先日のことですが、
当社のA(当社とは無関係)と言う人間から
「以前努めていたBさん(名字のみ)のフルネームを教えて欲しい」
という内容の電話が来ました。
対応した社員はAが第3者なことを考慮し、
「教えることは出来ません」
と対応していたのですが、何度も何度も同じ電話をかけて来るので困ってしまい、対応を私に引き継ぎました。
そこでAの話を聞くと、
「Bが当社を辞めてからの付き合い」
「今現在のAとBのビジネスの為にどうしても知りたい」
ということは言ってきたものの自分のことはA(名字)のみで話して来ません。
私が「今、当社はそういった内容に関して返答は一切お断りしておりますのでお教えすることは出来ません」
と答えたところ
「何なんだお前ら!いい加減にしろ!」
と逆ギレ
それでも「申し訳ありませんが・・」
と対応していたところ「もういい!」と電話は切れました。

Q:果たして当社の対応はこれでよかったのでしょうか?

それともう一つなんですが。
当社では
「○○(得意先)のAですがBさん(当社営業マン)の携帯番号教えてください」
と聞かれたときは正直に教えていますが、第3者が当社の得意先を名乗って同じことを聞いてきた場合、電話の対応者は答えてしまうものと思われます。

Q:これに関してBに何らかの不利益が生まれ、訴訟を起こした場合、当社はどうなるのでしょうか?
責任はうそをついたAのみということにはならないのでしょうか?

どなたかご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

電話 対応」に関するQ&A: 会社の電話対応

A 回答 (4件)

仕事上、個人情報保護が必須であることから、


説明会などで何度も聞かされた内容から
書き込みをいたします。ご参考ください。

下記に、個人情報の定義を載せます。 

定義(2条)

「個人情報」…生存する個人に関する情報(識別可能情報)
「個人情報データベース等」…個人情報を含む情報の集合物(検索が可能なもの。一定のマニュアル処理情報を含む)
「個人情報取扱事業者」…個人情報データベース等を事業の用に供している者(国、地方公共団体等のほか、取り扱う個人情報が少ない等の一定の者を除く)
「個人データ」…個人情報データベース等を構成する個人情報
「保有個人データ」…個人情報取扱事業者が開示、訂正等の権限を有する個人データ

以上のことから、お名前だけでは、
個人情報とは、いえないことも分かります。
問題は、識別可能情報かどうかです。
今回の場合、○○会社のBさんのフルネームということで、識別可能情報となってしまうので、
個人情報といえるでしょう。


第三者提供の制限(23条)
本人の同意を得ない個人データの第三者提供の原則禁止
本人の求めに応じて第三者提供を停止することとしており、その旨その他一定の事項を通知等しているときは、第三者提供が可能

本人の同意を得ていない第三者提供の
原則禁止から、教えないと言う対応でよかったのだと考えます。
それに、ビジネスのために知りたいのであれば、
直接「失礼ですが…」とAがBに尋ねることが出来る
でしょう。

それと、第三者が不当な方法で、個人情報を聞いて、答えてしまった場合。
(当事者は出来るだけ慎重に行動すべきですが)

以下の内容に触れることとなってしまいます。


適正な取得、取得に際しての利用目的の通知等(17条、18条)
偽りその他不正の手段による個人情報の取得の禁止
個人情報を取得した際の利用目的の通知又は公表
本人から直接個人情報を取得する場合の利用目的の明示


得意先のAに対してBの携帯番号を教えることは、
業務上必要なことである可能性が高くなります。

それを利用した不当な個人情報の取得は許されておらず、
不当な事由により個人情報を取得したAが罰せられるものと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。

Aが罰せられる対象になるんですね。安心しました。(対応は慎重にしなければいけませんが)
詳しいご説明をいただいたので、当社の電話応対に関しても参考にしていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 13:25

> Q:果たして当社の対応はこれでよかったのでしょうか?



#3の方が詳しく書いてらっしゃっていますが、私も問題なかったと思います。

> Q:これに関してBに何らかの不利益が生まれ、訴訟を起こした場合、当社はどうなるのでしょうか?
> 責任はうそをついたAのみということにはならないのでしょうか?

営業の方Bの電話番号を得意先(と名乗る)のAに教えたケースについては、そもそも個人情報保護法は特定の個人Bに対する企業の責任を規定するものではないので、どういうケースであれ個人情報保護法違反を理由にBが企業を訴えることは出来ません。この場合、Bが企業を訴えるとしたら民法上の不法行為に対する損害賠償請求と言うことになると思います。結論としては#3の方のおっしゃるのと同じで、得意先A(を名乗る相手)にBの携帯番号を教えることでBに損害が生じたとしても、得意先Aを名乗る相手を疑う高い蓋然性が存在した場合を除き、特に企業の行動に過失はないと思われますので、不法行為は成立せず損害賠償は認められない可能性が高いと思います。

なお、どういった場合でも企業が自己防衛するのであれば、そういった問い合わせに対し「それではBの方からお客様にご連絡をさせますので、ご連絡先をちょうだいできますでしょうか」が正しい応答だと思います。その客の連絡番号が顧客台帳(データベース)に載っているのと同じ番号であればBが連絡を取っても問題は少ないと考えられますし、番号が異なる場合は、念のためBが184を頭に付けて(番号非通知で)かけてみれば良い訳ですので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。
賠償の件のご説明、大変良くわかりました。
携帯番号の件に関しては、当社の今の状態は改めなければいけませんね。今度ミーティングでもしようかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 14:04

先日うちの会社にも同じように退職者の電話番号・住所について問い合わせがありました。

どうやら以前担当していた仕事について知りたいことがあるから直接連絡したい、とのことでした。質問者さまとちょっと違うのはその問い合わせてきたのがよく知っている業者だったということです。なので、教えても問題ないと思ったのですが、退職者といえども個人情報ですので、その旨を話してお断りしました。少し納得がいかないようでしたが、話はそのまま終わりました。ですので、今回の質問者さまの対応は問題ないと思います。

得意先の方からの電話でしたら大概個人の携帯番号も知っている方が多いので、不在を告げると個人の携帯へ連絡がいくようです。もし「携帯を教えて欲しい」と言われたら「こちらから○○様へ連絡差し上げるように○○へ申し伝えますので、お電話番号を教えて頂けますでしょうか」と相手方の電話番号を聞きます。掛け直すという手段を使えば、個人情報を漏らす事はないと思います。

個人情報に関する責任問題に関してはよくわからないのですが、要は漏らさないように厳重な注意を払うことが大事だと思います。あと単純に個人情報が欲しいだけで取引先でも何でもない会社の場合、質問内容のように逆ギレしたりガチャ切りしたり、自分の名前や電話番号や会社名を名乗らない、などなど怪しいものが多いです。そこら辺を見極められるようになれば個人情報を漏らすことも防げると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。

おっしゃる通りですね、ご回答を読んで改めて気が引き締まりました。
携帯の件に関しては、今の当社の対応は改めるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 13:20

退職した人の名前等を教える義務はないですから良いのでは?


おまけに退職後のつきあいならあなたの会社には関係ないです。
はっきり断りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。

そうですよね、これでいいですよね。なんだか不安になってしまい質問した次第です。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯債務に係る個人情報の同意書について

 住宅ローンで銀行にお世話になり、融資を受けました。

 名義は妻との連帯債務で、
 建築業者への資金支払いは、
 住宅ローン実行前に私の単独名義でつなぎ資金を利用しました。
 すでに、妻と私は、それぞれ個人情報の同意書を提出しており
 ましたが、いざ連帯債務での住宅ローン実行の際に、
 「連帯債務」での個人情報の同意書を求められました。
 すでに、それぞれ同意書を提出したのにかかわらず、
 なぜ連帯債務名義での同意が必要なのでしょうか。
 重複での同意書にしか思えません。
 銀行に聞いても「規則ですから・・」と、
 具体的な根拠は示してくれません。
 説明責任の欠如ではないかと・・
 
 もし同意書が必要とあれば、その具体的な根拠を教えてください。
 

Aベストアンサー

銀行でお金を借りまくている者です

最近は個人情報の取扱について各企業ともかなり神経質ですね

>つなぎ資金を利用しました。
>それぞれ個人情報の同意書を提出しており

その融資の審査にだけ使う事を限定しているはずです

最近は大抵の「同意書」の場合、「他の用途に使用しません」と謳っていると思いますよ

重複しているのではなく「個々の案件毎に同意書を書かされる」のは一般的です

「一般貸し付け」「アパートローン」「住宅ローン」「カードローン」...それ毎に同じような書類を求められます

逆に以前のつなぎ融資の時の個人情報を転用すれば「目的外使用」になってしまいます

Q以前付き合っていた元請(A社)の受注先(B社)から当社が直接仕事を請け

以前付き合っていた元請(A社)の受注先(B社)から当社が直接仕事を請け負っています。いわゆるすっ飛ばすというやつでが、A社の社長から電話があり慰謝料を請求するといわれました。
もともとは B社→A社→当社と請け負っていたのですが
B社の担当から書類等の作成が多くなり大変だから直接取引をしようと申し出ていただいたので喜んで直接取引をはじめさせていただきました。

先日A社の社長からこの件について慰謝料を請求すると言われました。
請求するのは勝手だと思うのですが、法律的に当社に慰謝料を支払う義務があるのでしょうか?
宜しくお願いします

Aベストアンサー

1番目の回答者です。

>弁護士から連絡が行くから。いきなり弁護士から連絡がいってもびっくりするだろうからと
言っていました。
その上で自己破産しなきゃいけないくらい請求するからね!もちろん払えればいいんだけど
って言っていた

この社長の発言を読んで、笑っちゃいました。質問を読む限り、引き受けてくれる弁護士がいるとも思えません。
また社長が請求できるのは慰謝料ではなく、損害賠償です。この損害とは、「B社→A社→当社」という契約形態におけるA社の利益です。(売上ではありません。) 通常はこのA社の利益は、「B社→当社」という契約形態における当社の利益以下になるかと思われます。(普通は、A社が入っていない分、利益が増えてもよい。)

上記社長の発言は、弁護士に相談したうえでの発言ではなく、仕事を取られたことの腹立ちまぎれの発言だと思います。


もし弁護士から連絡がきたら(こないと思いますけど)また 教えて!gooで報告を兼ねて質問してください。

Q「個人情報の取扱に関する同意書」 について

人身事故で今、整形外科に通院してます。
こちらは被害者側で相手保険会社から「個人情報の取扱に関する同意書」 を提出するように言われています。

事故の件の話しも進んでませんし、急がなくてもいいものと思い、しばらくそのまま手元においてました。

話しが前後しますが、いろいろ事故の件でもめてまして、こちらの意向を伝え、連絡待ちだったのですが、1ヶ月も連絡がなく、やっと連絡があったと思えば「個人情報の取扱に関する同意書を提出してください。治療費が病院に支払えません。」 とのことでした。

この「個人情報の取扱に関する同意書」 というのは提出しなければ、病院の治療費を支払えないのは決まりごとなのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

決まり事です。
病院は治療費請求のために診断書 レセプトを書いて保険会社に請求しますが、その同意書がなければ個人情報である診断書 レセプトをあなたの了解なしには提出できません。

そうなると病院はあなたに請求することになります。
あなたが治療費を立て替えて、病院で書類を貰い、診断書料を立て替えて保険会社に携行して支払いをたのむことになりますよ。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Q就活中の応募先の個人情報取扱に関する同意書について

現在首都圏で就活中の夜学に通うフリーターです。

5社中2社が個人情報提供の同意書を応募時と最終選考時で提出をそれぞれ求められています。

就活や生活費でお金がかかり、キャッシングを半年前からしており(完済は来年の春の入社日にはできます)、また学生時代に喧嘩で補導された経験もございます。

そこでお聞きしたいのですが、個人情報の同意書ではどこまで調べられるのかといった点と同意書を求められなかった会社も身辺調査をするのかといった点があります。

銀行系のフリーローンで事故歴もなく返済も滞りなくしており、過去の補導も注意喚起で終わり被害届はお互い出しておりません。

やはり上場企業のグループ会社や中小企業でも就職は難しいでしょうか?

実際にそういう経験者や人事担当者の方、法律に詳しい方、御教授お願いいたします。

Aベストアンサー

その会社のCSRやプライバシーポリシー上、あなたに無断で個人情報を使えないので、就活に必要な範囲の採用関係者に氏名住所履歴書などを開示してもいいですか・いいですよ、というための同意書であって、信用情報照会の許諾書とは違います。

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

Q個人情報の同意書

この間会社から、「個人情報の取扱に関する同意書」が渡され、たいした説明もなく「これに名前書いて印鑑押して提出して!」といわれました。
よーく内容を見てみたら「当社は、以下の範囲で個人情報を収集します・・・」とあり、その内容には、趣味や嗜好、成績証明情報や入籍日、自動車登録番号などとても詳細にわたっており、どういった時にこれらが必要なのかわからず(もし必要なら自分でその機関に出向いて行きたいくらいです)、どうしても同意できません。
任意とあり絶対ではないので、提出しなくてはいけないわけではないのですが、他社でもこんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>趣味や嗜好、成績証明情報や入籍日、自動車登録番号などとても詳細にわたっており、

趣味や自動車登録などは収集しませんよ、不要な個人情報は収集しないのが鉄則です。 そうしないと保護すべき情報が増えてしまい会社のリスクを増やすことになります。
それと収拾するのに同意書は必ずしも必要ではありません、目的外利用をする場合には(第三者提供を含め)同意を得る必要があります。 同意しないことで担当者に正しい理解を求める方法もありますが、単におかしな部分を注意して様子をみればその人も思い直すかもしれませんね。
軽く考えてやってる可能性がありますから。

Q原告A県在住、被告B県在住の場合、A県で調停

全くの素人です。知識として教えてください。
原告A県在住、被告B県在住の場合、A件で調停、裁判する方法はありますか。
私が調べたところ、被告の在住地の裁判所でないと原則、訴訟は行えないと。
ただし、相手の承諾を得れば、原告在住地の裁判所で訴訟可能だとか。

Aベストアンサー

調停に、原告、被告はありません。申立人、相手方ですね。
許可されるかどうか分かりませんが、自庁処理の上申書を提出するといいかも。
(病気などで、どうしても遠隔地に行けない場合などは可能性あり)

Q個人情報の同意書?

今人権作文を書いています。中学生です。
他でも質問したんですが、ここのカテゴリかなぁ・・とおもい締め切ってこちらに質問させていただきます。
私はいろいろ考えた結果プライバシーについて書こうと思っています。
それでなんですが、最近ここ数年で(?)学年が上がるごとに学校で
「個人情報についての同意書」(でしたっけ?あってますか?)をもらうようになりました。
内容は写真を載せたり、名前を載せたりするのに同意しますか?みたいなことです。
これって個人情報保護法が制定されたから、しなければならなくなったんですか?

Aベストアンサー

いいえ、そんな法律が出来る前から、本人の承諾を得るのは常識です。
非常識な人も増え、泣き寝入りしないで人権を守る行動の取れる人も増えたので
裁判沙汰になる事態も増えました。
手間隙を省略する為にも法律化した方が良いと思いますが、
善悪のわからない非常識な人に対して幼児教育のやり直しをするかのように
明文化したのだと、私は思います。

QA事業主の敷地内でB店経営者が不謹慎な行動をした場合、B店経営者に慰謝

A事業主の敷地内でB店経営者が不謹慎な行動をした場合、B店経営者に慰謝料などの請求は出来ますか。

某大型ショッピングセンター(以下A)に経緯は不明ですが、Bが「ここに店をおかしてくれ」と言います。
Bは法人ではなく、個人です。
契約が成立し、BはAの敷地内で商売を始めました。
しかし、Bが従業員又はお客さんに対し不謹慎な行動をし、民事裁判まで発展し、敗訴しました。
内容は、よくあるセクハラなど、それが知れ渡る事により、明らかに店及びショッピングセンターのイメージダウンに繋がる物とします。

これにより、AはBに対して契約を破棄して追い出したり慰謝料を請求する事はできますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

裁判が確定しているのなら損害との因果関係を証明できれば、
慰謝料はともかく損害賠償請求と契約解除は可能でしょうね。

通常契約書にも、背信的行為や反社会的行為があった場合解除可能と記載されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報