購入予定の土地について、法務局の登記簿謄本と公図を閲覧しました。

公図が現状の土地の形と相当違いがあり、隣接地との関係もちぐはぐです。

こんな、土地を購入しても将来に向けて困ることはないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あ、念のため追加です



>公図を訂正せず購入を検討します。

 あ、公図は法務局のものですので、個人では訂正できません。
 また、訂正依頼もまず聞かないでしょう。

 あと、地積測量図の話ですが、昭和50年以前の分筆ですと地積測量図そのものが
ない場合がありますので、ちゃんと売主さんから契約前に測量図を見せてもらった
ほうがいいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
売り主側の不動産会社に隣地境界確認書を引き継ぎ
地積測量後、地積更正してもらうよう伝えました。

お礼日時:2001/09/17 10:15

 はっきり言います。

公図は非常にいいかげんです。
 大まかな位置関係さえわかればそれで…くらいの考えでいたほうがいいです。

 私が扱った物件で、もともと2つの公図に分かれてた地域を1つの公図にまとめた際に、
間に挟まっている公道部分をふさいでくっつけた、なんてのもありましたし…
 しかも,交差点の位置関係もめちゃくちゃ

 しっかり「公図混乱地域」なんてのも存在してますので、土地の形との食い違いくらいでしたら大丈夫です。
 気にするべきは地積測量図ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公図を訂正せず購入を検討します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登記簿謄本。

質問失礼します。
仕事上である建物の敷地面積・延べ面積・床面積を調べなきゃなのですが,登記簿謄本で全て記入があるものでしょうか??
もし分かるようならば,その建物のオーナーさんに言って,登記簿謄本を取得しようと思っていますが,多少金額がかかるようなので,分かる方に回答いただいてからと考えております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>仕事上である建物の敷地面積・延べ面積・床面積を調べる場合登記簿謄本で全て記入があるものでしょうか??
登記簿謄本では、細部の建物の各階床面積が分かりません。
敷地面積と建物の構造、階数、延床面積は分かります。
建物のオーナーさんに、建物が建てられた時の「建築確認申請確認済証」が有るのかを聞いて、もし有る場合には見せて貰いましょう。
建物に関する情報の全てがこの書類で分かります。
図面も添付されているので、建物の概要も分かります。
書類を借りたら必ず建物のオーナーさんに返しましょう。
一応、建物のオーナーさんに問い合わせてみて下さい。
法務局に行くのは、私のアドバイスを実行してから行くと良いでしょう。
ご参考まで

Q会社の登記簿謄本の住所変更

会社の登記簿謄本に書かれてある住所を、

(1)東京の同じ区内の住所に変更

(2)東京の違う区の住所に変更

(3)東京以外の都道府県の住所に変更


する場合、それぞれ単純に変更する手続きにかかる費用は
いくらかかるのでしょうか?


ご存じの方、お教えくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311205998
「管轄外移転」ですので、登録免許税は3万円+3万円の6万円


上のサイトでは管轄が違うと金額が違うと書かれています。
ここは下記の法務局に確認されてはいかがですか。


http://www.moj.go.jp/MINJI/minji16.html
03-3519-4755 

Q法人の登記簿謄本

今から法人の登記簿謄本を取りに行かなければならないのですが、必要なものはなんでしょうか。
社判などは必要ですか?身分証明書とか?
また金額はどのくらいかかるのでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

印鑑はいっさい必要ありません。

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q登記簿謄本にあげられていない仕事

いつもお世話になっています。小さな会社で事務をしています。

登記簿謄本には会社設立の目的として16項目ほどの仕事内容をあげているのですが、もしそれ以外の仕事が入ったときに、それを行うことには何か問題があるのでしょうか。16項目に「付帯する一切の事業」とは書いてあるのですが。
まったく関係のない仕事では駄目なのでしょうか……。
どうぞよろしくお願いします。m(__)m。

Aベストアンサー

登記簿と書かれていますが、定款なのではないかなあと思うのですが、・・・いかがなものでしょう。

それはさておき、定款には会社設立の目的が記されており、これを登記することにより、その範囲で会社に人格を与えられることになります。つまり、範囲外のことをするとなると、人格を認められないと言うことになります。
ただ、「付帯する一切の事業」という文言があれば、一見全く関係のない仕事でも関係のある仕事として扱われることが多いようです。

できれば定款を変更し、新たな仕事も範囲内だとして登記し直しておいた方が無難だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報