忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

電話を掛けることを「架電」 電話を切ることを「切電」 電話を終わることを「終話」 といいますか?
今の職場でみなさん使うのですが、初めて見ましたししっくりきませんでした。

パソコンで変換しても出てこないですし、電話をすることは「架ける」ではなく「掛ける」という漢字だと思うのですが。。
正しい日本語なのか気になります。
ご存知の方教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

電気通信業界関係者(技術系)です。


「架電」ということばは電話屋は使いませんが、法曹関係では昔から使われていたことばのようです。
こちらの回答を参照してください。→http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3794400.html

電話を「かける」はふつうに「掛ける」を使っています。「架」の字は「(回線の)架設」とか「架空(がくう)配線」などの場合に使います。
なので、「架電」「電話を架ける」という表現には違和感がありましたが、いつ頃からか、コールセンターシステムでは「架電」という言葉が一般的に使われるようになりました。

「架電」は、『三省堂 デイリー新語辞典』に載っています。『広辞苑 第六版』にも追加されました。世の中的には新語扱いなのかもしれません。
『広辞苑 第六版』
 か‐でん【架電】
  電話をかけること。「―禁止」


電話を切ることは「切断」と言っています。「終話」は「終話信号」などの用語に出てきます。「終話信号」を検出したら「(通話路を)切断」するしくみです。
http://www.kurejbc.com/technical/technical-7.htm
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「架電」に関する質問、いくつかあったんですね。
みなさんの回答のおかげで「架電」という言葉への不信感のようなものは取り除くことが出来ました。

“新語扱い”ということについて考えてみました。
職場で使う人は年配の方と長く勤めている方で、若い人は使いません。
私のようにただその言葉を知らないだけなのか、知っていても私の職場では必要性が低いのか。

昔から使われていて、最近新語として認められてきた一方、死語になりかけているのかも!?

お礼日時:2008/02/28 15:07

特定の業界用語や個々の組織の内部用語には、一般の辞書に掲載されていないものも多数存在します。


このようなものは一種の専門用語ですから、「日本語として正しい」、「正しくない」という捉え方は、適切でないと思います ( ^^

<例>
・単名(単名手形)
手形貸付のこと。手形債務者が常に1名だから。これに対して一般商業手形を「複名手形」とも呼ぶ(金融用語)

・滌除(てきじょ)
抵当不動産の第三取得者が自己の評価による不動産の価格を抵当権者に提供して、抵当権を消滅させること(不動産用語)

・巻き直し
売れ残った商品を新しく包装しなおすこと(赤福)

・ポア(ポワ)
意識を高い世界へと移し替えること(オウム真理教)

なお、「切電」、「終話」は初めて聞く言葉ですが、「架電」は業界を問わず、かなり広い範囲で今なお通用していると思います。ちなみに私も普通に使用していますが、お客様相手の会話や文書では先ず使いません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
<例>はとても参考になりました。
お客様相手に使うような言葉ではないですよね。

ふと思い出しましたが、携帯電話の電話を切る時に使うボタンを“携帯電話の「終話」ボタン”といいますよね。
違和感がなくなってきました!

お礼日時:2008/02/28 15:15

業界によって使いますね。

コールセンターでしょうか?であればごく一般的です。

「業界用語」だと考えれば良いのではないでしょうか。
今のシステムだと何でもできるのでしょうが、10年ほど前までけっこうあった、MS-DOSベースの古いシステムですと、顧客データベースに通話履歴として入力できる文字数は64文字以内!とか結構あったんです。なので短縮した用語が結構飛び交っています。

確かに電話は「掛ける」ものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
64文字以内は大変ですね。短縮したくもなります。

初めに使った方が、電話を「掛ける」ではなく「架ける」だと間違えてしまったのでしょうか。
そして誰も気づかずそのまま常用されたのでしょうか。

正しい言葉を使いたいのですが、ここは“「業界用語」としては「架電」は正しい言葉”と考えるべきのようですね。

お礼日時:2008/02/27 16:56

使いはしませんが、そういう用語があることは知っています。



で、「架電」なんですが。

電線や橋を架けるときに使う「架設」ってコトバがありますよね。
アレと同じニュアンスなのかな、と。
架設(goo辞書)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B2%CD …

電話でも、こちらから相手に対して「かけ渡す」というイメージがなくもないような。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日常使う言葉ではないですよね。
go_to_bedさんに回答をいただき、ニュアンスで考えてみると「架電」という言葉を使うことへの抵抗が少なくなりました。

「掛電」ならまだしも「架電」って漢字を間違えてるのでは?
と思っていましたが、そうではないんですね。

お礼日時:2008/02/27 16:41

「架電」「終話」 は昔一部の役所で使用されていました



その役所に関係の業界でも使用されましたが 現在は死語でしょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
役所で使われていたんですね。
電話を頻繁に使い、それを書く(入力)する必要がある職場では使われていたということかなと思いました。

お礼日時:2008/02/27 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q架電の件です、について

こんばんは。
皆さんは、ビジネス上のやりとりで「架電の件です。」という
表現を使いますか?

10年間OLをしていましたが、
そのとき他社の担当者と電話で話した件について、
その後資料を郵便・ファックスで送るときなどに
「いつもお世話になっております。
架電の件です。宜しくご査収ください。」などという表現を
ほぼ毎日のように使っていました。 
他社の社員(一社だけではなく、複数)も同じように
その文言を決まりごとのように使っていました。

そのご10年のブランクを経て、最近また社会に復帰しましたが
そのとき同じ文言を使おうとしたら「何ですか、それ?」と
聞かれました。 説明しようと辞書やビジネス関係の本等で
調べてみましたが、どこにも載っていません。
私はOL時代の10年間ずっと間違った日本語、というか
ありもしない日本語を使っていたのでしょうか? 
周りもみな使っていたとはいえ、急に自分のビジネス能力(?)に
自信がなくなってしまいました。

皆さんのご意見、お聞かせください。 

Aベストアンサー

 私は、日頃良く使っています。

 今でこそ電子メールの普及により通信費用は安価になっていますが、昔(FAX、TELXが主流の時代)は通信費用を出来るだけ掛けずに、完結で無駄の無い(だらだらと同じ文節を何度も使わない)連絡方法が良いとされておりました。

 80年代~90年代後半まで良く使われていたと思います。

過去ログもご参照下さい。
↓↓↓
http://okwave.jp/qa13083.html

Q電話をかけるのは荷電?架電?

お世話になります。

情けない話ですが、どっちか分からなくなったので教えてください。
電話をかけることを「かでんする」と言いますよね。

この漢字ですが、「架電」で間違いなかったでしょうか?
ネットで検索すると「荷電」でも多くヒットするので、「あれ、どっちだったかな」と(汗)

中々人に聞きづらいことなので、こちらに書き込みしました。
ご回答いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

架電
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B2%CD%C5%C5&kind=jn&mode=0&kwassist=0

荷電
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B2%D9%C5%C5&kind=jn&mode=0&kwassist=0
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%C5%B2%D9&kind=jn&mode=0&kwassist=0
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C2%D3%C5%C5&kind=jn&mode=0&kwassist=0

です。


「中々人に聞きづらいことなので」とのことですが、
「架電」なんていう言葉を知っている人は、ほとんどいないですよ。
大丈夫です。恥ずかしくないです。

あと、
「荷電」は、もっぱら物理学だけで使う言葉だと思っておいてよいです。
(「荷電粒子」など)

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング