Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

社会学がクソ左翼の巣窟となっている理由は何故でしょうか?

A 回答 (3件)

左翼の思考が社会学にこじつけやすいからではないでしょうか。

    • good
    • 1

あなたが無知蒙昧の徒だからそう思うのでしょう。

    • good
    • 0

クソ左翼というのがどういう定義なのかにもよりますが、社会学は調査データに基づいて社会を分析し、意見を表明する学問です。


つまり、社会の様々な事象を感覚的に論じるのではなく、データに基づいて論理的に社会を様々な事象を分析し、論じる学問です。
つまり、一見もっともらしく見える意見に対し、データに基づき客観的に検証する学問です。
かつてアメリカで、「黒人の多い町は犯罪率が高い」という記事が新聞に掲載されたときにある社会学者が黒人と白人の犯罪率を調査しました。すると、何と黒人の犯罪率の方が低いというデータが出たそうです。
今回の質問でも「社会学がクソ左翼の巣窟になっている理由はなぜ」と尋ねることで、根拠なく「社会学はクソ左翼の巣窟」ということがすでに事実であるかのように印象付けられていますが、社会学ではそうした表現自体を真に受けないで「本当にそれは事実なのか」と疑ってかかる学問です。

論理的に社会を分析するからこそ、現在日本社会の矛盾や問題点にも触れることになるのかもしれませんね。それが右翼の人からすれば「左翼的」に見えるのかもしれません。
しかし、現代社会において、もはや「右翼」「左翼」という仕分け自体が古いのではないでしょうか。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A