Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

近い将来、北海道と沖縄は日本ではなくなる?

いろいろと、工作が激しい様ですが??


A 回答 (4件)

外国人の土地取得を制限しない限り十分ありえます。


ウクライナがまさにその典型ですね。ロシアからの入植者が住み着いた土地を独立させてロシアに編入するという非常にわかりやすい図式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/05 15:33



今一度この意味を噛みしめてほしい。
戦後はただの卒業式やパチンコ屋などが追い出しソングに使うだけ、本当の意味がわからない歌に化けた。教育できちんと教えるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/06 10:32

工作は色々あるのが事実だと思いますが「北海道と沖縄は日本ではなくなる」かというと、そんなことはないです。



もちろん武力で占領する、クリミア半島のような事態が起きるなら《自衛隊が負ければ占領される》といえますがい、今の国際情勢と積み重ねてきた歴史的事実からいえば、ハッキリ言って「無理」です。

まず北海道のほうですが、北海道はたしかに明治になる直前までロシアと徳川幕府が領土を争っていました。以外に知られていない事実ですが、間宮林蔵が北海道全土や樺太・千島を測量して回ったのは「ロシアに北海道などを取られないようにするため」です。

当時の国際常識として「政府がない地域を発見したときに、測量してヨーロッパの学会に初めて発表した国がその土地の持ち主」になっていたからです。

幕府はヨーロッパの学会には出ませんでしたが、しかしロシアなどが発表しても「え?徳川幕府はもっと前にちゃんと地図も作ってあるし、地名の標識も建てましたよ」と主張するためだったわけです。

これらの努力が実って、日露通好条約の時から日本は「北海道・千島・樺太は日本の領土」という主張でき、結果的に樺太が日本、千島がロシアという帰属になり、その後千島樺太交換条約で、今の領土の原型ができています。

つまり「ロシアがいくらアイヌをロシアの原住民族と認めたとしても、北海道が日本の領土であることをロシアが認めている」のです。

だから北海道が「ロシアに帰属する」のは占領しないと無理です。

それに対して沖縄はちょっと問題があります。なぜなら琉球王国がかつてあったという事実があり、中国に朝貢して冊封を受けていた時代があったからです。

琉球は日本にも朝貢していたので「どっちもどっち」なのですが、沖縄が独立した国家を確立できないなら、日本か中国のどちらかに帰属することになり「日本じゃなければならない」という理由はないのです。

そもそも、一度米軍政下に入った沖縄が、日本に復帰したこと自体「沖縄の人たちが日本に戻りたいと言ったから」で、その希望を元に日本政府とアメリカ政府が協議して、沖縄返還、日本国復帰になったわけです。

もし今の沖縄県民が「中国のほうがいい」というなら、北海道と異なり中国の行政区になっても国際法上は問題ないです。
 でも、沖縄の人たちが本気で「中国に入りたい」と思っているとは考えにくいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/05 15:34

いいなぁ、ニートは・・・思いついた事なんでも投稿できるんだものw

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/05 14:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A