ブレイドという映画では、ヴァンパイアは銀の銃弾とにんにくと太陽光線に弱いという設定です。
これは昔の吸血鬼や狼男の映画の影響だと思います。
そもそもどうしてにんにくや銀の銃弾に弱いとされているのでしょうか?
にんにくは強壮剤だし、銀の弾と鉛の玉もさほど違いはないように思えます。
なにか文化的、伝統的な背景があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 自称“妖怪研究家”です。

まず、一般に吸血鬼と狼男は別種と考えがちですが、人狼も吸血鬼の一種と見なす、または人狼が死ぬと吸血鬼になるという考え方があります。

 さて、現在の吸血鬼のイメージは、東欧のスラブ地域などの吸血鬼伝承に基づくものが大きいでしょうが、(ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』もそうですね)そこには、キリスト教以前の民間信仰に基づく概念が大きく影響します。“香草・香木は邪気を祓う”という考えは洋の東西をかかわらずに存在します。そして、東欧ではニンニクもそのひとつとされ、悪魔・吸血鬼・亡霊を祓うとています。その民間伝承に基づいて、ブラム・ストーカーが吸血鬼の弱点と大きく取り上げたので、本来は香草全般が魔除けだあったにもかかわらず、現在ではニンニクのみが弱点と思われがちです。香草は悪臭を消すために咒力があると思われたのでしょう。
 銀も同様で魔除けの力が広く信じられています。 東欧では、塩、イバラ、豆、馬蹄なども魔除けとされました。
 もともと、吸血鬼というのは単体ではなく、性質に共通点は持ちながらも、その地域地域によって特性があったわけです。ところが小説『吸血鬼ドラキュラ』に取り上げられたことによって、知名度は大きくなりましたが、逆に地域の独自性が消されていった観もあります。
 また、十字架・聖水などのキリスト教関係のものが弱点とされるのは、この地方にキリスト教が広まるにつれ、“いかなる魔物も「創造主(唯一にして絶対なる神)」には無力である”という思想からです。

 なお、吸血鬼が太陽で灰になるというのは、映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』によって初めてなされた演出であり、まったく新しい概念です。
    • good
    • 0

狼男や吸血鬼は昔の伝染病からきていると聞いたことがあります。


狼男=狂犬病、吸血鬼=ペスト?

そこで昔のヒトはそのような病気の概念がなく、霊の仕業とか考えたのでしょう。
そこで強い匂いで寄せ付けないようにしたり、銀(銀食器)には殺菌効果があるので食中毒を起こしにくいなど
経験をいかし病気にならないようにしたのだと、私は思います。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヴァンパイアがにんにくを嫌うわけ

 一体どのカテゴリーで質問するか迷いましたが 一応伝承について質問なので
こちらにさせて頂きました。
 
ヴァンパイアの弱点って色々在りますよね
太陽とか紫外線とか十字架、杭、銀、海や川は渡れない...etc
 
そのなかでメジャーな物の一つににんにくってありますが
他のは宗教とかの関係なのかなぁ・・と思うのですが 
 
にんにくだけが なんでか良く解りません 
 
こうなると 口が臭くなるから? とか 変な事を考えてしまいます。 
 
其処で質問です 
 ヴァンパイアがにんにくを嫌うのは何故? 
  にんにくに宗教的な意味合いがあったからそう言われて来たとか・・・ 
 
 あと、他の弱点にも嫌う訳があれば教えていただければ幸いです
 
 
変な質問かもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 こんばんは、twelveさん。
 最近読んだ、まったく違うジャンルの本のなかにご質問に答えるような内容がありました。
 吸血鬼の弱点とは、信仰のよりどころとなるものと、もう一つ、細菌が弱いものです。信仰のよりどころになるもの、とは十字架と、心臓(に杭を打ち込むこと)です。
 火葬の習慣のないところでは、多かれ少なかれ、形は違っても「甦り」の伝説があるそうですね。そういった伝説本来の吸血鬼は、現代人が映画で馴染んだ長身のやせこけた姿ではなく、赤ら顔の丸々とした体型をしていたようです。つまり、腐敗が進んで爛熟した赤い皮膚と、ガスによって膨れた体です。
 他の国でもそうですが、ヨーロッパは特に衛生と医学については立ち遅れた地域です。12世紀、足に膿腫のできた患者を、アラビアの医者は細かい道具で切り開いて膿を出していた頃、ヨーロッパでは足を切り落としていました。
 日常的に窓の下に糞尿を捨てるような国も多かった一方、土着の信仰を貶めることで追い払い、自らの権威の確立へつなげたキリスト教が普及していました。「吸血鬼になる」行為の一部は、キリスト教が禁じるような行為です。自殺や、洗礼前に死ぬこと、罪深い生活、魔法術など。
 人々は「悪いことをしたから(神が罰を下した、悪魔がとりついた等)」あるいは「悪い空気に触れたから」病気になると信じていました。
 病気をもたらすものは、今でこそ細菌やウィルスだと知られていますが、19世紀の半ばまで、そんなものは存在しないものです。
 では、災厄はどこから湧いてくるか。死と暗闇への恐れを持ち、キリスト教が躍起になって死後の世界の恐ろしさを宣伝するほど、こっそり土着風俗にしがみつく人々。超自然的なものへの恐怖は、今よりずっと人の根底を大きく占めていたのではないでしょうか。
 大抵の細菌は加熱によって「死」にますし、流れる水(=川や海)の向こうには渡りにくかったはずです。温かいと繁殖しますが、紫外線や銀、にんにくには強力な殺菌作用があります。
 銀が魔よけと信じられたわけは、化学反応を起こしやすい金属だったこと、高価な金属でありながら同時に金よりは安価であること、などもあったのでしょうね。
 そういった弱点が、「先人の知恵」として恐れを追い払うものと結びついたのではないかと私は思います。だって、人間にはどうしようもないほど強力な抗うことのできない超自然的なものが化け物の姿で目の前に現れた時、何も弱点がないとやられっぱなしです。希望をもてません。だから、夢の中で化け物に追われたとき、都合よくロケットランチャーが目の前に落ちているように、人には何か「対抗できる」と信じるに足るよりどころが欲しかったんだと思います。
 ついでに言えば、吸血鬼が下僕にするとか変身するとかいう(どちらなのか私は存じませんが)狼やネズミ、コウモリですが。これらは狂犬病の伝播者として最大の3種です。過去、ヨーロッパで人を襲った狼の殆どは狂犬病にかかっていたらしいといわれるぐらいですので、暗い森からこだまする不気味な害動物の存在は人は強く意識していたでしょうし、(森が切り開かれた16,7世紀になっても)ネズミやコウモリは大変たくさんいます。実は東京でもこの2種は人間とペット・家畜を除けばもっともたくさんいる哺乳類です。余談ながら。
 また、ヨーロッパの人口の3分の1を奪ったペストも、主な伝播者はネズミです。これはペストについての本をご覧下さい。現代新書に大変面白い本がありました・・けど、これは吸血鬼とは関係ないですね。
 なんだか取り留めのない回答になりましたが、何かありましたら補足ください。

 こんばんは、twelveさん。
 最近読んだ、まったく違うジャンルの本のなかにご質問に答えるような内容がありました。
 吸血鬼の弱点とは、信仰のよりどころとなるものと、もう一つ、細菌が弱いものです。信仰のよりどころになるもの、とは十字架と、心臓(に杭を打ち込むこと)です。
 火葬の習慣のないところでは、多かれ少なかれ、形は違っても「甦り」の伝説があるそうですね。そういった伝説本来の吸血鬼は、現代人が映画で馴染んだ長身のやせこけた姿ではなく、赤ら顔の丸々とした体型をしていたよう...続きを読む

Q吸血鬼と人狼の仲について

初めてでカテゴリーがよくわからないのでこのカテゴリーに質問させていただきます。
たまに吸血鬼と人狼の仲や相性が悪いなどの設定のある作品が
あるので気になって調べてみたのですがそういう伝承は見つけられませんでした。
まだ調べ足りないのか、それとも何か創作作品がもとになっているのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

再びNO.4です。

「吸血鬼」や「吸血鬼 民俗学 フォークロア」で検索をかけるだけでもいろいろと面白いサイトは見つかりますが、まずはウィキペディアを読めばだいたいの概要は理解できると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC
関連書や外部リンクの項目も参考になります。
書籍をあたる場合は関連書に書かれているものの書名で検索して、それぞれ大雑把な内容と書評やユーザーレビューなんかを参考にして選ぶのがいいかと思います。
個人的におすすめなのは、NO.4にて紹介した「吸血鬼伝承-生ける死体の民俗学」平賀英一郎 中央公論新社 中公新書、です。

サイトもいくつか紹介しておきますね。

吸血鬼の物語
http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~morita/Culture/fantastique/vampire.html

本朝人狼考
http://www.h2.dion.ne.jp/~dogdom/jinrouko.html
(ブラウザによっては正常に表示されないようです、IEなら大丈夫、おいらはFirefoxにIE Tabを入れてIE表示で正常に見れます)

再びNO.4です。

「吸血鬼」や「吸血鬼 民俗学 フォークロア」で検索をかけるだけでもいろいろと面白いサイトは見つかりますが、まずはウィキペディアを読めばだいたいの概要は理解できると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC
関連書や外部リンクの項目も参考になります。
書籍をあたる場合は関連書に書かれているものの書名で検索して、それぞれ大雑把な内容と書評やユーザーレビューなんかを参考にして選ぶのがいいかと思います。
個人的におすすめなのは、NO.4にて紹...続きを読む

Q剣を鉄以外の材料で作ることは可能ですか? 小説で銀の剣がでてきたのですが、現実的に作れるものなのでし

剣を鉄以外の材料で作ることは可能ですか?
小説で銀の剣がでてきたのですが、現実的に作れるものなのでしょうか?
他にも、もし鉄以外で剣の材料に使える素材があれば、教えてほしいです。

Aベストアンサー

作れますが、なぜ、そういうものがないのか、と言う話。
理由は簡単、武器として役に立たないからです。

人類の歴史というのは、鉄を精錬できるようになって、ずいぶんと進みました。鉄はとても強度があり、しなやかで、小さい釘なども作れるため、非常に便利だったからです。木材を切って作る「板」すら鉄の鋸ができるまで作ることはできなかったので、伊勢神宮の遷宮にたくさん使われる杉板は神宮ができた当時は「超ハイテク素材」だったわけです。

人類が鉄を扱えるようになる前に、青銅の時代があります。いわゆるブロンズです。これもそこそこ強度があり武器特に剣や槍に出来るだけの強度があり、しかも精錬するのが鉄よりも楽だったので時代的には早く普及しました。世界4大文明と呼ばれるのは大体青銅器文明です。

しかし、鉄器が生まれると青銅器は衰退します。鉄器と青銅器では強度がまったく違うため鉄製の武器に青銅製の武器はまったく勝てなかったからです。

これらのことから、人類にとって「剣」というのは「鉄で作るもの」だったのです。

ですので、武器として使わない特別な用途であればほかの素材で作ることもあったかもしれませんが、日本刀を見ても分かると通り「剣」や「刀」が神聖であるのは「武器として使う」からであって、鉄製以外の武器として利用できないものは「まがいもの」とされたでしょう。

ところで、小説などで「銀の剣」はよく出てきます。魔力を持った特別な剣として扱われることがほとんどですが、これには理由があります。
銀というのは、ある種類の毒を判別することが出来、そのために魔力ある、お守りになる、と考えられたからです。ドラキュラなども銀を恐れる、と言われていました。銀のカトラリーがいまでも高級品として扱われるのは、毒を見抜けたからです。

これらのことから銀には特別な力があり、魔よけのための特別な道具、たとえば剣、と言う発想が生まれました。ドラキュラ用には「銀の弾」もありますね。実際には銀の弾丸は打ち出す衝撃に耐えられないでしょうけどね。

作れますが、なぜ、そういうものがないのか、と言う話。
理由は簡単、武器として役に立たないからです。

人類の歴史というのは、鉄を精錬できるようになって、ずいぶんと進みました。鉄はとても強度があり、しなやかで、小さい釘なども作れるため、非常に便利だったからです。木材を切って作る「板」すら鉄の鋸ができるまで作ることはできなかったので、伊勢神宮の遷宮にたくさん使われる杉板は神宮ができた当時は「超ハイテク素材」だったわけです。

人類が鉄を扱えるようになる前に、青銅の時代があります。い...続きを読む

Qヴァンパイアが太陽に弱いわけ

生物学とか科学系かとも思ったんですが・・実在しないので。

昔からヴァンパイアは太陽の光で灰になるとか言われていますが、なぜ太陽の光なのでしょう?

自分は夜の生き物だから、とか考えていますが、よくわかりません。

今は蛍光灯などの人工の光などもありますが、それでは駄目で、太陽の光ではなくてはいけない理由、人工の光にはなくて太陽の光にあるものを教えてください。

Aベストアンサー

やっぱり夜の生き物だからじゃないですかねw
陰(月)と陽(太陽)、死者と生者・・・

一説にはゾンビや吸血鬼って土葬の時代に掘り返してみたら
爪や髪が伸びていたり、妊婦だと子供が生まれていたとか(死後の生理現象)
その時代ではわからない不可解な現象を生き返ったとして作り上げられた存在ですよね
死んでるんだから当然動くはずはない→なのに動いた(生きてる)形跡がある→じゃぁ、いつ動いているんだ→皆が見ていない時間→夜

太陽の光には赤外線、可視光線、紫外線、ガンマ線、エックス線、と色々あるようですが、その作用も様々
月は太陽の光を受けて光っていますがその明るさは太陽の465000分の1なんだそうですよ
蛍光灯からも紫外線など出ていますが、太陽が放つ強さにはかなわない・・・ということじゃないですかね(^^;)

Q黒髪、焦げ茶髪のbrunet(ブルネット)って日本人でも使いますか?

私はよく黒髪のことをカタカナ言葉のようにbrunetと読んでいます。

金髪はblondで黒髪はbrunetですよね。東洋人はbrunetですが、東洋人でもbrunetというカタカナ言葉として使えますか?

例えば

「私は(日本人)ブルネットなの。」

といった感じです。

それともbrunetとは欧米人の黒髪だけを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マリリン/モンローは後者になります)

ただ、こちらでは、髪毛の色の名前はたくさんありますので、それによって、「いつも」同じ色の髪の毛の色を言います. dark blonde, light brown, brown, brunet等のように、色が濃くなります.

また、burnetといって、dark brownからbrownish blackまで含めた色合いもまとめていってしまう事があります. (このときは、髪の毛の色は4種となります、 blonde, brunet/brown, red, black)

こちらでは、この地毛と染めた色の事が普通に分かっていますので、運転免許書、ないし、パスポートでも、地毛ではなく、いつもの髪の毛、と言う事で、表記しています.

また、最近では、東洋人も染めますので、brunetと言う言い方で、ダークブラウンに染めていれば、その色の髪の毛をしている、と言うようになってきています. (I'm a brunet but the real hair color is black、と言う具合ですね)

よって、日本では既に髪の毛を染める、と言う事が普通になってきていますので、いつもの自分の髪の毛の色(地毛とは限らず)を言ってもいいと思いますよ. つまり、I'm a brunet. My hair color is brunet. I dye my hair brunet.と言うような感じですね.

また、日本女性の染めているダークブラウンはblack hairとはいえませんね. ですから、brunetのほうが自然なかんじです。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マ...続きを読む

Q狼男と吸血鬼。

洋画ではときどき狼男と吸血鬼の対立が描かれています。
たとえば『アンダーワールド』(2003年)とか、
『ヴァン・ヘルシング』(2004)などですが、
そういう対立を示唆する伝説・伝承の類は存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

もともとそういう伝承や伝説は無いはずです、
もともと森が身近であったヨーロッパでは狼は敵対者であり、
そのモンスターとして獣人化現象を起こす狼男(女版もあり)の方がメジャーで(男が狼男で女は魔女になる)、
吸血鬼は18世紀ごろからの流行、
狼男伝承の中には血を飲むというのもあり、
後には狼男と吸血鬼が混同されてた伝承も東ヨーロッパにはあったようです、

特に狼男と吸血鬼の対立を物語化するのには、
ドラキュラを代表とした貴族的な吸血鬼と、
荒々しく野蛮な狼男との対比がビジュアル化しやすいためでは?

Q通りゃんせの歌・・・帰りの何が怖い?

通りゃんせの歌で
「行きは良い良い 帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ 通りゃんせ」
と歌いますよね。

私はむかしこの歌について「7歳のお祝いに札を収めて成長をお祝いする」ために天神様へのお参りをするということで聞いたことがあるんですが、めでたい席の帰りでなぜ帰りが怖いんでしょうか?お払いとか受けた後のはずなのに。
むしろ細道の行きの方が感覚的に怖く感じます。子供の成長についても7歳までのほうが7歳からよりも危ないような気がしますし。

なにか魔物の伝承でもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。
 
  散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。
 
  「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。
 
  諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。
 
  行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。
 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s683.htm

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じ...続きを読む

Qヨーロッパの国の長さの単位について

このカテゴリーであっているかどうか不安なのですが・・
他に思いつかなかったので、質問させていただきます。
日本でしたら、mm、cm、m
ヨーロッパの主要国の長さの単位は何になるのでしょうか?
マイル、ヤード、フィート、インチは主にどの辺の国で使用しますか?
たぶん、どちらでも通じるんでしょうけれど、その国にあった適切な単位が知りたいです。
(インターネットですが)検索してもよくわかりません。
特に知りたいのは、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
公式的に長さの単位は、米国以外の主要国はm、cm、mmです。(メートル条約を遵守している関係で)
特にEU(ヨーロッパ)は真の統合に向けて基準、規格、通貨等の共通化に努力していますので、mが通用しています。ローカル的に距離のマイル等の従来単位は慣習的に使用されています。
主要国で米国のみ、根強くヤード、フィート、インチ(おまけに重さはポンド)が一般庶民に染み付いていて、これらが普通ですが、m(kg)も公式的には使用されています(一般の人にも多少は感覚的に理解されているようです)
※計量関係者より

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q一般人に、自動車のナンバーから、その自動車の所有者の住所と車庫の場所(いわゆる車庫証明)を照会する事はできるでしょうか?

自動車のナンバーから、その自動車の所有者の住所と車庫の場所
(いわゆる車庫証明)を照会する事はできるでしょうか?

例えば、当て逃げされた場合に、
ナンバーだけはなんとか確認して記録する事ができた。
車の色、形状等も記憶できた。(メーカー、車種までは不明確)
などといったときに、
当て逃げの相手を住所が特定できて、かつ車庫の位置がわかれば
現物の自動車までも確認できるで、確実に被害届けがだせると
思います。

今の警察はナンバー程度の証言では動いてくれないという噂で
警察を効率的に動かすためには、自分でそれなりの証拠を収集
したほうがいいといわれています。

まさにいまそんな状況に陥っています。
損なわけなんですが、
一般人に、自動車のナンバーから、その自動車の所有者の住所と
車庫の場所(いわゆる車庫証明)を照会する事はできるでしょうか?

Aベストアンサー

こないだ「車のナンバーから所有者の住所を探し出して」と仕事で命令され、OKWebで調べたら陸運局に行けば簡単だということがわかりました。

実際自分が行きやすい陸運局に行ってみました。
「登録事項等証明書交付請求書」を自動販売機で買いました。 申請書代と交付手数料を合わせて340円を自販機で払いました。
記入はその場で、車のナンバーや自分の名前や住所を書きました。
あと、申請理由! 「違法駐車の為」と書くとすんなり申請できるようです。 「当て逃げされたので」という申請理由が問題なく受け入れられるのかどうかは、事前に電話で確認するとよいでしょう。
その場で確認すると、理由を変更しにくくなりますからね。

身分証明書と印鑑を持っていきました。 印鑑は使いましたが、身分証明書の提示を請求されたかどうかは忘れてしまいました。

申請して5分後くらいに「登録事項等証明書」があっさり交付され、車の所有者の住所と名前がわかりました。

車庫証明に関しては実行してないのでわかりません。

参考URL:http://www.din.or.jp/~ninegate/Sinfo/Htms/Carno/Carno.htm

こないだ「車のナンバーから所有者の住所を探し出して」と仕事で命令され、OKWebで調べたら陸運局に行けば簡単だということがわかりました。

実際自分が行きやすい陸運局に行ってみました。
「登録事項等証明書交付請求書」を自動販売機で買いました。 申請書代と交付手数料を合わせて340円を自販機で払いました。
記入はその場で、車のナンバーや自分の名前や住所を書きました。
あと、申請理由! 「違法駐車の為」と書くとすんなり申請できるようです。 「当て逃げされたので」という申請理由...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報