小5の男の子母です。
先日何気に子供の描いていた漫画を見たら,宿題を忘れたのび太をしかる先生を銃で撃ち殺し,警察を殺したりして最後はどらえもんと相討ちになって互いに死んでしまうという残酷な内容のものでした。
何か心に問題があるのでしょうか?
子供は今最難関中学の入学を志して,日に4時間ほど勉強しています。塾は週1日だけですが家庭学習がメインで遊ぶ時間も減っています。学業面では問題ありませんが社会性が少し未熟なようにも思えます。
中学入試は子供の意志ですがそれが後々問題になるような大きなプレッシャーになっているようなら受験を断念させてもとも思っています。
この時期によくあることなのでしょうかそれとも何か問題なことでしょうか?何かアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

臨床の場では、言語能力のまだ発達していない子供に対して「プレイセラピー」をします。

自由に遊ばせる中で、どのように遊ぶか、対象(玩具、カウンセラーなど)との関わり方によって、分析家はその子供の無意識に表現している気持ちなどを読み取ります。

実際のケースですが、問題のある子供の場合、たとえば人形を確執の相手とみなし、ボールをぶつけることで葛藤や嫌悪感を表す、つまり「物」に気持ちを投影させることで内面の問題を具体的に表します。

箱庭療法というセラピーもそのひとつです。箱で作った風景の中に人形や動物などの模型を自由に表現していきます。「絵」も言語を介さない表現方法のひとつです。これらは本人も意識していない「無意識」を探る心理療法のひとつです。

私は学生であるだけで専門家ではないのですが、お子さんはちょっと今の現状にストレスを感じているのではないだろうかと思いました。
絵の状態から

「のび太」=自分、
「宿題を忘れることを叱る先生」=受験を期待する親、
「警察」=「権威」「脅威」の象徴、
「どらえもんと相討ちになって互いに死んでしまう」=未来からやってくる可能性(ドラえもん)と心中するしかない自分。

ということを連想しました。

さしでがましいのですが、一度お子様とひざを突き合わせて受験のことをお話されてはいかがでしょうか。
詳細はわからず勝手な想像で申し訳ないですが、本人が望んでいないことであれば、やはりプレッシャーとなっていて、セラピーの場ならずとも、日頃の遊びのひとつの「絵」という表現方法でその本音をこのようにご両親に訴えかけていると思われます。ましてや小学校5年生なら遊び盛りです。抵抗できない親の期待を背負って後々苦しむこととなるいわゆる「アダルトチルドレン」の背景のひとつにこのようなケースもあります(私自身も進学に関しては両親から過剰なプレッシャーをかけられて苦しんできましたので・・・)。

しかし、「絵」の残虐性そのものについてはそれが真性の残虐性に繋がるとも考えられません。今の環境を考えると、今自分が置かれている現状に対するひとつの気持ちの表れ、つまり一過性のものであると思います。

ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスあるように少しひざを突きつめて話あってみました。やはり本人の受験意思は固かったのですが勉強量の軽減,志望校の再選定などしてみるとのことで落ち着きました。もう少し様子を見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/24 12:27

私は中学2年生です。


そこまで悩む必要はナイと思います。
私は友達4~5人で『残酷な絵』とよばれるイラストをかいてますけど、そんな深く考えてかいてませんしみんなに聞いても『別におもしろいから書いてるだけ』だそですよ!
でも。小学生でその勉強量はきついかもです(苦笑

普通の生活をおくっているうえで『SOS』のサインをだしていないか気を配ってあげてください!

生意気なアドバイスお許しを┏(I:)ペコリン
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供と年代の近い方からのアドバイスありがとうございます。ちょっと安心しました。あんまり過剰に反応しないでもう少し様子をみてみようと思います

お礼日時:2005/05/24 12:24

 殺していると言うよりは「勝って」いるのでは?


 宿題をさぼってしまいたいと、負担に感じていて、それを叱る先生も倒す。(時代劇もアニメも「敵を倒す=殺す」ですから)
 人を倒したら(殺したら)警察に追いかけるけど捕まったりはしない。でも、そのまま世界中を敵に回したりしないで、友達(どらえもん)が自分を止めてくれる。ここで自分がいない世界に、ドラえもん一人が生き残る結末を選ばなかった事は、むしろ良い傾向だと思います。両方生き残れなかったのは現実性か…あるいは「理由は何であれ人を殺したら裁かれなければいけない」と言う正義感かな? 

 勉強にプレッシャーを感じているにせよ、事の善悪は判断できており、夢想に自分で歯止めを掛ける事のできる良い心を持っていると思いますよ。
 確かに社交性として、そういった絵を人が見たらどう思うかの想像力が欠けた行いですが、教えられれば身に付く事なのでいろいろ教えてあげてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。「勉強にプレッシャーを感じているにせよ、事の善悪は判断できており、夢想に自分で歯止めを掛ける事のできる良い心を持っていると思いますよ。」そうおっしゃっていただいて少し安心しました。私もそう願いたいと思います。もう少し子供を信じて様子を見守りたいと思います。

お礼日時:2005/05/24 12:33

お子さんに少しでも心に闇があるのは確かだと思います。


子供の精神は絵に表れるといいます。
ちょっとだけ将来が心配です。

また、インターネットの影響かもしれません。
よくギャグですがドラエモンの残虐イラストや
gifアニメも出回ってますから。
携帯でもダウンロードできると思います。

今ならまだ間に合います!!
お子さんの心の負担をかるくしてあげてください!
とにかく笑顔を増やしてあげることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インターネットの影響,確かにそんなサイトを見てたような。そういったことも考慮してもう少し余裕をもって接するよう心がけたいと思います。ありがとうございました

お礼日時:2005/05/24 12:29

専門的なことは分かりませんが、そういう絵を描くことで発散しているという面もあるのではないでしょうか?


私も子供のころ、西部劇風の血がドバドバ飛ぶ漫画を落書きしてましたが、その後、残虐な事件も起こさずこうしてパソコンに向かってます(しかも会社で!仕事中に!)。
娘がいまして、お子さんと同じ小学5年ですが、残虐漫画こそ描きませんが、女の子同士のイジワルやねたみがテーマになったものを描いたりしてます。
ちと心配になったりもしましたが、それで発散しているのだ、と考えることにしてます。
まあ娘が、血しぶきの飛ぶような漫画を描いたら、確かにご質問者さま同様に心配すると思います。
でも、それをやめさせたり、押さえつけたりすれば、よけいにストレスがたまると思います。描くことでストレス発散出来ない以上に、自分が親に押さえつけられているというストレスを受けたら、そっちの方が深刻ではないかと存じます。
想像したり創造する自由を奪われるのは、辛いです。
そういえば自分自身、中学生のころ描いたイラストもどきに「死にそう(もちろんジョークで)」と書き添えたら、「自殺のサインではないか?」と勘ぐられて、非常に不愉快な思いをしました。

どうしてもご心配でしたら、信頼できる専門家にご相談された方がよいかと存じます。
学校の先生は、よい先生ならいいのですが、トンマな教師だと、「そういう漫画を描いてはイケナイ、将来が心配だ」などと子供を押さえつけるだけ、ということもありえますので、充分にお気をつけ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
ストレスの発散・・・確かにそのように思います。
それが何かのSOSのサインなのかボーダーラインなのか等の見極めは難しいですが,もう少し他の行動も観察して様子をみてみようと思います。
私も小さいころ夢想家でしたので子供の想像・創造する世界は大切にしていきたいと思っています。
貴重なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/05/19 13:38

 俺としては、それは日本という国が性善説であるために起こる錯覚だと思います。


 そもそも、人間の子供は道徳的なことを生まれつき知識として知っているわけではありません。
 「人を殺してはいけない」「他人の不幸を笑ってはいけない」「人をナイフで刺してはいけない」
 そんな簡単なことすら、親に教えられないと分からないんです。

 海外のニュースで、4歳の兄が弟の頭を拳銃で撃った挙句、「なんで弟はいなくなったの?」と母親に訊ねるという記事がありました。
 そのニュースの子と asa_you さんのお子さんとでは年齢がかなり違いますから単純比較はできませんが、しかし1つだけ言えることは、『子供ってそういうもの』なんです。
 「おまえの母ちゃんデベソ!」という言葉に罪悪感を覚えないのも、『他人の不幸を楽しんではいけない』という道徳観念が、生まれつきのものではない証拠です。

 特に現代人は、核家族化が進んだせいか、それとも教育を学校に依存する傾向が強くなったせいでしょうか。『子供は勝手に大人になっていく』という意識が強いようです。
 町を歩くだけで「なんでそんなことも分からないの!」とか「なんで言うことがきけないの!」とか怒鳴る母親(時として父親)を頻繁に見かけます。
 「あんたが教えなかったからだよ」とツッコミ入れたくなります。(もっとも、その子の特質によって教育に苦労する可能性は否定しませんが)

 もし仮にあなたのお子さんが、「残虐な絵を描くのはあまりよくないことだ」ということをいつの間にか覚えたとしても、それはあなたの代わりに誰かが教えてくれたからです。
 勝手に覚えたわけではないんです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

『子供ってそういうもの』という言葉で少し安心しました。主人も小学生のときは蛙や亀などの小動物を殺したそうです。子供の残酷さイコール問題行動と過剰に反応しすぎてるのかなと少し反省しました。もう少し様子を見ることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/19 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼少期のトラウマ:同性愛それとも母性への憧れ? 教えてください。 

25歳、女性です。私はずっと自分が同性愛者だと信じていました。昔からカッコイイお兄さんよりも綺麗なお姉さんが好きでした。でも決して私はボーイッシュではなく、見た目は髪も長所謂女の子です。今まで二人、本当に好きになった女の子が二人居ます。二人に共通しているのは二人共私と毎晩電話するような「親密」な関係になった時お互い留学しており、私達の間には必ず飛行機で移動せねば会えぬ程の距離がありました。私は男性を好きなった事は何度かあります。ただ実際にお付き合いにいたった事はありません。それにはまず私がとても太っている事、(ほぼ3桁)化粧など一切していないことなどが原因で異性から見て魅力がない事や、自分自身「女」という自覚が普段はほぼゼロな事があると思います。 ただ、男性に関してはワリカシ冷静にみれるのですが、自我が崩壊してしまう程好きになってしまった彼女達二人はもう自らの生活や精神の軸が自分にはありませんでした。異常なまでに尽くしてしまうのです。 男性に元カノの話をされても冷静に受け止められるのですが、彼女達に元カレ話をされた日にはなんというか、彼女は自分の物だけではないという意識や、ふさぎ込んでしまって自ら連絡を切ったりしてしまうのです。何か昔付き合っていたというだけで、彼女達が遠くの存在に行ってしまう、と寂しくなってしまうのです。その理由は自分が同性愛者で女性のほうが男性よりも好きだから、ずっとそう考えていたのですが、最近色々と自分と向き合って考えているウチに自分は彼女達に「母性」「母親」をみているのではないのだろうか・・そういう思いが出てきました。
私の父は全盲で母は父に付きっ切りでした。父は暴力的で支配的な人間でした。そんな父は母と結婚した折、既に3人の子持ちでした。その家族を捨て、一緒になった二人でした。小さい頃から父には絶対服従、そんな生活でした。また母親の異常なまでの折檻もありました。私の中での小さい頃の母親のイメージはいつも怒っており、いつも何故怒られているのか分かりませんでした。叩かれ、投げ飛ばされ、ハンガーに手を後ろ向きにして縛られた事もありました。大好きな本を破られたり宝物を捨てられたり。ただ私の母は非常に献身的な人です。はたから見たら良い母ですし、私もそれは分かっています。でも私はある時からか母親を「お母さん」と呼べません。「ねぇ」とかそんな感じでどうしても「お母さん」という単語を口にだせないのです。 今まで余りに父の問題が大きすぎて、母親に目が行かなかった。母親は父親の支配下を生き抜く戦友でもあったのです。 
私が16歳の頃我が家は本格的に狂いだしました。家の経済が破綻し、お金で隠されていた物も隠す為のベールを賄う資金がなくなった為に明るみになり、父の女問題が母を狂わせ、私は異常なまでに食べだしました。父は同じマンション内に所有していた事務所を愛人に売り、愛人をそこに住まわせ始めました。今まで「外」でならと父の浮気に寛容になっていた母親は怒り狂い、父を尾行したり、父のかばんをあさりだしたり。学校から帰ると家は戦場で家具が壊れていたり大声で怒鳴りあっていたり、父が母に暴力を振っていたり。いつからか自分を他人化しだし(これはもっと前からし始めていたのかも)ただただ安心感と満足感を得る為に食べた。結局、我が家はそのマンションをも売る状態となり、県営住宅に移りました。相変わらずの悲惨な日々は続き、私は高校を卒業と同時に留学しました。留学して「彼女達」に出会いました。こう書き出してみると自分の人生、一体何なのだろうと思ってしまいます。ただ、もうこれ以上両親に振り回されたくありません。小さい頃から母が「変」や「やめなさい」と言ったものは何か絶対的な権力がありました。私は自分で「選ぶ」事が苦手です。人からの評価が異常に気になるのです。だから25年間同じ髪型です。髪型や服装を変えて「え? そんな風になりたかったんだ」とか「そういうのがすきなんだ」など自分の選んだ結果を人に見せるのが怖いのです。車の中で聞くCDすら人に言えず、同乗者がいるときはCDを隠してラジオを聴いていました。今、25歳になって初めて自分と向き合おうと思い出しました。 自分は何故相手が女性だと自分を軸に生きれず、自分の趣向を世間に出す事ができず、何が好きで、嫌いで。将来にむけまず自分を知らなくてはできない、それは自分の過去から紐解いていかなくては・・幸せになりたい、自分を受け止め、成長していかなくては・・そんな思いです。 ただどうしたらいいのか分からなくて、自分は本当に同性愛者なのかそれともただそこに母性を求めているのか・・分からない事だらけです。どなたかアドバイスを下さい、お勧めの書籍などもありましたら教えてください。

25歳、女性です。私はずっと自分が同性愛者だと信じていました。昔からカッコイイお兄さんよりも綺麗なお姉さんが好きでした。でも決して私はボーイッシュではなく、見た目は髪も長所謂女の子です。今まで二人、本当に好きになった女の子が二人居ます。二人に共通しているのは二人共私と毎晩電話するような「親密」な関係になった時お互い留学しており、私達の間には必ず飛行機で移動せねば会えぬ程の距離がありました。私は男性を好きなった事は何度かあります。ただ実際にお付き合いにいたった事はありません...続きを読む

Aベストアンサー

長文で切々と書かれていて、その事からもあなたの悩みの深さがはかりしれます。

質問文を読んで感じたことを、順に書いていきたいと思います。まず同性愛者ということですが、「男性を好きになった事があります。」と書かれていました。性同一障害の場合は、体が女性でも精神は男性(その逆もあります。)ですが、それはそれはホルモンの関係でそうなるときもあります。ある説によると胎内で成長するときに、胎児の脳は女脳として発達するそうです。あるとき、ある種のホルモンが分泌されます。
そのホルモンが分泌されると男脳になり、されないと女脳になるそうです。あなたの場合、男性を好きになったことがあるということから、ホルモン的な問題ではないと思います。
元々男性を好きになっても、容姿の問題でなかなか一歩を踏み出せないのではないでしょうか。「嫌われたらどうしよう。」「こんな体型では好きになってくれるかな。」と思わないでしょうか。その点、女性の場合は、同性なので相手の気持ちがよく分かるということで、安心感があって交際できるのかなと思います。

次に、あなたの心の中に「男性像」「女性像」というのがしっかりと確立されていないのではないかと思います。男の子の場合、母親に異性に近い感情を抱きます。しかし、母親には自分の父親である夫がいます。同じ同性でライバル視して、力の弱い男の子は父親によって去勢されてしまうのではないかという不安を抱きます。しかし、それを乗り越え成長し父親と同一視して父親のようになろうとして、その子の男性性が発達します。これがエディプスコンプレックスです。
女の子の場合も、同じようなことが起こります。しかし、男のように強いとは言われています。そのような変動の時に、両親は愛情を持って接することによってその激しい揺れを押さえることが出来ます。あなたの場合その時代に不幸な事態でそれを獲得できなかったのではないでしょうか。

最後に質問文の後半を読んで、アダルトチルドレンの事を思い出しました。アルコール依存症の子供で、親がそのように暴れるのは自分が悪いと思い良い子になろうとして、親のことを何でも聞こうとします。
それと、「異常なほど尽くしてしまう」というのは、共依存に当てはまるかなと思いました。これもアルコール依存症の過程で見られるものです。時間がないので詳しく書けませんが、ちょっと調べて見てください。

以上が私が思ったことです。しかし、あなたにはパワーがあるとおもいます。高卒で留学、更に古い自己との決別を自分で必死にしようとしています。このまま自分一人で、できると思います。しかし、行き詰まった時には、カウンセリングを受けるのも一つの手だと思います。がんばってください。

長文で切々と書かれていて、その事からもあなたの悩みの深さがはかりしれます。

質問文を読んで感じたことを、順に書いていきたいと思います。まず同性愛者ということですが、「男性を好きになった事があります。」と書かれていました。性同一障害の場合は、体が女性でも精神は男性(その逆もあります。)ですが、それはそれはホルモンの関係でそうなるときもあります。ある説によると胎内で成長するときに、胎児の脳は女脳として発達するそうです。あるとき、ある種のホルモンが分泌されます。
そのホルモン...続きを読む

Q残酷なシーンを見る人の心理

少し前まで、イラクでの人質事件で多数の外国人の方がネット上で殺される場面だとか、死体が吊るされる映像がテレビで流れたりしていましたよね?
また、一昔前のニュースでも、某カルト教団の方がインタビュー中に刺される事件とかがありました。

私はそんな内容をテレビで見ると怖くて怖くて、できるなら見ないですみたい気持ちがあります。
人が傷つけられる場面、人の命の消えて行く瞬間なんて、見るだけで辛いし、「衝撃の瞬間」といったような番組でで車が爆破する瞬間でも心臓がドキドキして苦しくなってしまいます。

でも一緒に住んでいる彼は、アルジャジーラで流された殺される場面、ネットで見てみたくね?とか言い出して、正直引いてしまいました。
私にはまったくその心理がわかりません。
彼には私が子供過ぎると言っています。

好奇心旺盛ということの違いなんでしょうか?
彼の心理が理解できません。

Aベストアンサー

簡単な事です、『好奇心』なのですよ。

あなたが「子供」である訳でもないですし。
彼が「普通」でもありません。
どちらかと言うと彼の方が「子供」ですよ。

人は隠されたものに興味を示します。
例えば、ワイドショー、ドキュメンタリー、ジェットコースター、それらで得られる感情は娯楽になりえます。
しかして、それらを不快だと感じるのもまた、不思議ではありません。
あなたの「共感」し「恐怖」する感情も当たり前の事なのです。

世の「グロ好き」にとっては、奥様方がワイドショーで芸能人のプライベートにきゃあきゃあ言ってるのと同じレベルで「グロ」を見れるにすぎません。

彼も実物は見たいと思わないでしょう?
ネットだから、TV映像だから見たいのでしょう?
彼は身近に「死」が無いから、体験した事も無いから見たいのでしょう。
人の痛みや悲しみを想像できない時点で、彼の方が「子供」ですよ。

残念ながら今の日本、清潔すぎて「死」の実感が希薄です。だから彼のような「好奇心」の感情も生まれます。(その辺りは養老先生に賛成。)
ここがもし・・、日常茶飯事に死体が道端に転がってるお国だったら、誰も「見たい」なんて思わないのですから。

「見たい」という好奇心は罪ではないですが、時にそうした現実から剥離した感覚は犯罪を招きます。もちろん、彼がそうではないですけどね。彼のはもっと単純な好奇心に過ぎません。

ですから、あなたが悩む必要はありません。

もちろん、嫌なら嫌と意思表示して、
「見るならどうぞご勝手に・・」
というスタンスで十分かと思います。

・・じゃあ、彼に言ってみたらどうでしょう。
「そんなに死体が見たいの?だったら湯潅のバイトすれば?」
なんてね(笑
もちろん、彼にそんな勇気はないですよ。
そんなものです。

簡単な事です、『好奇心』なのですよ。

あなたが「子供」である訳でもないですし。
彼が「普通」でもありません。
どちらかと言うと彼の方が「子供」ですよ。

人は隠されたものに興味を示します。
例えば、ワイドショー、ドキュメンタリー、ジェットコースター、それらで得られる感情は娯楽になりえます。
しかして、それらを不快だと感じるのもまた、不思議ではありません。
あなたの「共感」し「恐怖」する感情も当たり前の事なのです。

世の「グロ好き」にとっては、奥様方がワイドショーで芸能...続きを読む

Qショック・・・!!残酷すぎる内容の夢

現在早朝6時です、おはようございます・・・
とても残酷な内容の夢で目覚めてしまい、胸ぐそ悪く、嫌な気分です。助けていただきたいです。

夢の内容は、中国の三国志時代?戦国時代が舞台で、女性を男たちが縄で縛って嬲りながら引きずってゆき、恋人の男性の舌を女性に食べさせたり耳を切り取ったり・・・嫌な気分になった方、すみません。

夢は、脳の意識や記憶の整理作業や深層願望の現われである、と聞いたことがあります。

深夜におよぶバイトの翌朝(現在です)早起きして本業に出社せねばならないというストレスを抱えて眠りについたので、疲れてはいると思います。

しかし、近日中にそのような映像を観たわけではありません。夢では、見たことのない影像でも作り出すことがありますよね、おそらく。しかし、自分で胸ぐそ悪くなる映像を自分で作り出すなんて、あるんですか?変態的行為、暴力的行為が自分の深層願望なのでしょうか、少しショックです・・・


「夢」についての知識をお持ちの方、コメントをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

深層心理、、

私の解釈だと、人間はスリープモードになっている間は、パソコンでいくなら、デフラグ状態だと思うんですね。

人は短期記憶と長期記憶があり、よく使う記憶はすばやくアクセスしなすいように浅いところに、あまり呼び出されない記憶は深いところに移動される。
そのデフラグでいろんなものが一瞬メモリーにスワップするわけで、それと関連した芋ズル式になっている記憶も一緒に一旦メモリに乗せられる。


あなたの見た夢ってのは、実は遠い昔 もしかしたら子供の頃に見た映画の一シーンだったのかもしれない。
あなたが意識して記憶としていなくても、記憶の中に入っているのかもしれない。

実は人は毎日寝ている間に夢(デフラグ処理)を見ているのですが、ほとんど記憶として残っていないですよね。
だけど、デフラグ中にたまたまメモリに乗ったのだがあまりにも衝撃的だと、「なんだこりゃ」と驚くわけです。
しかも 朝方は身体も起き始めているので、ノンレム睡眠とレム睡眠の間隔が短く、衝撃で体が覚醒できてしまう。
今見た夢なので、記憶に鮮明に残り、「なんだこりゃ」となったのではないかと。

それでデフラグ中に見た夢には意味があると思った。
現実の何かと関連づけようとした。寝る間も惜しんで働いているせいか と身近なことと関連づけた。
人間は近い方に関連づけたがるので。


夢で起こったことと、現実は関係が無い というのが私の解釈です。

そりゃあ 夢を現実に何かと関連づけようとすれば、力ワザでどれだけでも関連づけられますよ。

人間はドラマや映画を現実に関連づけて生かそうとしますから。
そうやって体験していないことも、話を聞いたり映画を観ることで、疑似体験したものとして、経験値を増やすので。

その特性があるが、夢やドラマはあくまで二次体験。


ある人は、突然子供の頃に親によって悪魔儀式に参加させられた記憶が蘇ったんですね。
その儀式で子供の頃悪魔儀式に参加させられ、その中で父親に犯され妊娠し儀式で胎児をハンガーでひっぱりだされた ということを思い出した。
裁判で父親を訴えました。
訴えられた父親は「無実だ そんな悪魔崇拝の儀式など一度もやったことが無い」と主張。

ところが、その原告のお兄さんは、妹の証言を聞いているうちに記憶が蘇り、自分も悪魔崇拝の儀式に子供の頃に参加していたことを思い出したと言い出した。
そして、告訴された父親もついに思い出したと出だし、罪を認め服役しました。

3者の話した悪魔儀式の内容が一致した。
一致したので、事実起こったことだと認められ、噂にはあるが実体はつかめていない悪魔崇拝集団は実在していたとなった。


さて、これは本当の体験だったのでしょうか?
この胸糞悪い3者が一致した内容は、実体験だったのでしょうか?

スターウオーズ。

3人が同じ映画を観ていて、その中で出てきたシーンを、実体験した悪魔崇拝儀式だと認識を変えてしまっていた。

3人でテレビか映画観でスターウオーズを観たから、内容が一致したわけです。
ただ、3人とも悪魔崇拝という刷り込みが最初に行われたので、スターウオーズの内容だったと、記憶を蘇らせることはできなかった。
父親は無罪と立証したのは、父親を昔から知っている友人でした。
彼は悪魔崇拝者では決して無いと知っていたので、刷り込みが起こらず、惑わされる真実をつきとめられた。


すごい冤罪事件ですが、実話です。


というわけで、夢の中で見たものと、現実のあなたの心は関係が無い と私は思います。
ほっとしたでしょ?

オカルティズム・夢占い そのようなものは迷信です。学問じゃあない。宇宙人を信じて活動している趣味団体と同じジャンル。

まどわされないで。
どうせ惑わされるとしたら、いい解釈をして。

深層心理、、

私の解釈だと、人間はスリープモードになっている間は、パソコンでいくなら、デフラグ状態だと思うんですね。

人は短期記憶と長期記憶があり、よく使う記憶はすばやくアクセスしなすいように浅いところに、あまり呼び出されない記憶は深いところに移動される。
そのデフラグでいろんなものが一瞬メモリーにスワップするわけで、それと関連した芋ズル式になっている記憶も一緒に一旦メモリに乗せられる。


あなたの見た夢ってのは、実は遠い昔 もしかしたら子供の頃に見た映画の一シーンだったの...続きを読む

Q「何かを得たなら、必ず何かを失う。」とこれを今更分からない人はいない筈ですが……………………。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まなかった。不真面目で字も下手。
なので、親や先生から「もっと本をしっかり読め。知恵が付かないぞ。」とか「もっと性根に入れて勉強しよう。」
等と、何度も何度も言われて、諭された。

そして。
高校へ入って、S氏はまるで180度変わったかのように、勉強と読書を好きになり、真面目になって字も上手。大学に入って読書家になったのだが、
その分、まるで代金を支払ったかのように、かなりの人見知りになってしまった。
偶に喋るかと思ってもボソボソとしか言わない。
すると今度は「もっと人とのコミュニケーションを大事にしなさい。」とか「もっと喋らないとやって行けないよ。」
なんて言われて諭されている。
しかし傍らではよく「真面目だねえ。」と褒められる事も屡。

そして就職活動の時も困った。でも消去法で介護施設へ入って黙々と頑張っているので、偶に「もうちょっと声出そうよ。その方が良いよ。」と時々言われる事はあるも、「真面目だねえ。」とよく褒められたりもする。
優しい人が多い職場だし、彼は寧ろ慕われてはいるが。そして今は彼は作家志望。元々は内向的な芸術肌。


如何でしょうか?

・明るくて元気が良かった頃は、反面本とかを全く読まなかった。ゲームと漫画しか能が無かった。怠け者でチャランポランだったので、勉強も運動も嫌いだった。

・そして思慮深くなり、勉強と読書を好きになったかと思えば、今度は無口で非社交的に。
でも、オマケに合間で筋トレも頑張るようになった。
勉強が嫌いだった頃は、ダラダラとしていた為筋トレもしなかった。



彼の場合はこれです。


「社交性を犠牲に、向学心(好学心)を手に入れた。」と。


しかも満更"言い訳"ではなく、"正当な理由"に値すると、確信している模様です。


「明るくて元気よくて、且つ勉強や本が好き」なんて人は、いたとしても少ないですよね??

彼の場合は、

「明朗快活で勉強嫌い」か、
「非社交的で勉強家」

のどちらかでないと無理だそうです。

致し方無い事なんでしょうか?如何ですか?


そもそも、親や先生が子供達に言う
「本をしっかり読みましょう。」と
「人とのコミュニケーションを大事にしましょう。」は
本来、この2つは矛盾しますよね。相対していると捉えられがちですね。
ですが、一概には言えず、必ずそうとも限りませんが、人によりけりです。

漫画やドラマの世界ではよく、まあキャラの分担が解り易いようにステレオタイプ化されている場合が多いですよね。
「内気な分、本をよく読んでいる。」
「本は読まない分、明るく活発で話し上手。」

「バランス型はいても、片方を極めたら、もう片方を極める時間は無い!!だから、大読書家と、超話上手の両立は無理。」


ですが、彼の場合は、盥回しの渦だったようです。

A.元気が良かったその頃は本を読まなかった。

B.「本をもっと読もうよ。」と、鬱陶しいぐらいよく言われて諭された。

C.やがて本を読むようになった。(しかし、オマケにしなかった筋トレ、水泳、ジョギングまでつられて頑張るようになった。それまでは運動もてんで駄目だった。根気が付いたからだろうか。)

D.人と話す事を忘れ、知らずのうちに引っ込み思案に。

E.「もっと友達作りなよ。もっと喋ろうよ。本ばかり読んでるでしょ。」と親や先生、周囲の人から言われて諭される。

F.「何て我儘なんだ!身勝手な!あの時、ああ言われたから、ちゃんとやったのに!!」とイライラ病、躁鬱病状態に。

G.現在に至る。
相変わらず、彼の趣味・特技は、文科系の学問(政治、歴史を除く)と読書と、筋トレと水泳。
理系の学問と球技は相変わらず苦手なままだけれど。

文武を頑張った分、社交性が失われた。
こんなもんですかね?
でも基本的な彼の性格は、真面目で几帳面で優しいと、
昔からそのままです。ただ尚且つ頑固、虚勢張りに、神経質~神経過敏になりましたね。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まな...続きを読む

Aベストアンサー

>何かを得たなら、必ず何かを失う。
「必ず」ということではないと思います。自分が進みたい方向が2つあって、どちらかを選べねばならないという場合、そういうことがいえると思いますが、質問者様の仰る「Sさんの場合」がこれに当たるとは思いませんね。単に成長の途中で性格が変ったという例だと思います。
社交性が失われたということは残念ですが、それ以上に得たものも大きかったのではありませんか。私は彼のためには良かったと思います。
社交性はそのうちに過不足ない程度に良くなるだろうことは間違いないだろうと私は思います。
友人のことを心配しておられる質問者様のお気持ちは素晴らしいと思いますが、ご心配は無用だと私は思います。

ご参考まで。

Qお礼 何かしてもらっとき、 何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、 中にはお礼を言われたい人

お礼

何かしてもらっとき、
何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、
中にはお礼を言われたい人がいるようで。。。

これまたややこしいこともあるんだけど、
相手に何かしたとき、お礼を言われないと、

あの人はお礼を言わない。
普通はお礼を言うものだ。
失礼な人だ

と思う人もいるらしい。

お礼は、してもらいたいから何かをするのではないと思っていた。

なんにでも、ありがとうございますと言う人が多くなったからでしょうか。

お礼を言われたい心理は、どこから来るのでしょうか??

Aベストアンサー

お礼を言われたい心理はかんたんです
・私ってよく気が付くでしょ(気が利く)
・あなたの分もやっておいてあげたわ ありがたいでしょ
と思われたい そしてお礼を言われて満足する
「私ってなんて世のため人のために役立っているんだろう」
自己満足に浸る

人それぞれ考え方はありますので お礼はした方がいいですね(とりあえずでも)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報