女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

恒星、惑星などの性質から、「自ら発光する星」は「動かない星」、「自ら発光しない星」は「動く星」と考えるのは正しいでしょうか。(動かない、というのは、ほとんど相対的に動かないことだと理解しています)

正しいとすれば、その理由が知りたいです。

なぜ発光する星は動かない(動かない星は発光する)のでしょうか。
同様に、なぜ発光しない星は動く(動く星は発光しない)のでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

必ずしもそうではなくて、


たとえば、「連星」というのがあります。
二つの恒星(光る星)が近くに存在していて、
おたがいに回っているのです。
このように、光る星でも動くことがあります。

ただし、一般的には、質問のような傾向があります。
理由はなぜかというと、つまり
「光る星は重い」
「光らない星は軽い」
からです。

「光る星は重い」というより、
「重い星が光るようになる」
とも言えます。
宇宙で一番多い元素は水素ですが、
軽い星は重力が足りなくて、水素を引きつけておくことができません。
土星や木犀ぐらいの大きさになって、水素を引きつけられます。
さらに重くなると、水素の圧縮によって、核融合反応が起きます。
重い星は恒星(光る星)になり、
軽い星は光らないままです。

重い星と軽い星が近くに存在する場合、
軽い星の方が、重い星の周りを回ります。
たとえば、地球と太陽では、地球が太陽の周りを回ることになります。
(本当は太陽の方もわずかに回っているのだけど、
ほんのわずかなので見てもよくわかりません)

ただし、ブラックホールとか中性子星は重いけれど、光りません。
また、太陽も、銀河系の中を回っています。
いろいろ例外はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「重い星が光るようになる」

このあたりから始まる一連の説明が、一番知りたかったことでした。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:09

no1です。

皆さんが、まじめに答えられているのに本当に失礼だと感じます。
あまり議論はしたくないので簡潔に
1.>ほとんど相対的に動かないことだと
  非常に遠くから見ているので地球からみて短期的には
  天空の同一地点にとどまっており動いてない様に見えるだけです。

2.>、「自ら発光する星」は「動かない星」、「自ら発光しない星」は「動く星」と考えるのは正しいでしょうか
  no6の方が丁寧に答えられていますよね。
  発光する星は、地球から遠くにあっても見えるのです
  逆に発光しない星は、地球から遠くにあったら直接は見えません。
  従って皆さんがおっしゃられている”遠くにあるものは止まってみえる”
  すなわち、”見える”だけで、”止まっている”わけではありません。

3.>広辞苑に「恒星」は「天球上で相互の位置をほとんど変えない」
  >天球上の互いの位置をほとんど変えず
  どちらも”動かない”とは書いておりません。
  (すなわち動くということです)
  これを、「動かない星」と定義することは出来ません。
  
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼だと感じられたにもかかわらず、回答してくださってありがとうございます。おっしゃるように、他の皆さんのまじめな回答で、とてもよくわかるようになりました。

お礼日時:2005/05/21 16:57

原因と結果が逆なんです。


これらの言葉が作られたころの感じかたの問題でしょうね。
つまり「地球から見て星座の形は人間の一生やそこらではほとんど変化しないので」星座を作っている星は恒星。
実際は遠くにあるので動いていないように感じるだけ。遠いから強い光を出していないと見えない、というのもあります。発光しない星もそのあたりにあるかもしれませんが、反射光だけではとても地球では見えないほど弱くなっていてあるかどうか確認できません。
惑星は「星座の中を動いていく星」です。地球からの距離が近いのでその変化がわかりやすいだけのことです。
その後発光するメカニズムがわかって(核融合の発見は20世紀です)核融合で発光する星を恒星とよぶ、と定義が変わったわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>発光しない星もそのあたりにあるかもしれませんが、反射光だけではとても地球では見えないほど弱くなっていてあるかどうか確認できません。

このことは知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:51

恒星も動いているというのはその通りなのですが、


これは、比較対象と、基準点の問題だと思います。

たとえば、地球とか火星とかは、
数ヶ月単位ではっきり位置を変えます。
土星、木星などになると、もっとゆっくりですが、
数年かければ、特に厳密な測定をしなくても、
はっきり位置が変わることがわかります。

それに比べて、恒星の位置は、そんなに急激に変わりません。
実際に動いている速度を考えると、
地球が太陽の周りを回っている速度が秒速30kmぐらいであるのに対し、
太陽系が銀河系の中心を回っている速度が秒速220kmぐらいで、
この方がよっぽど速いのですが、
銀河系の大きさは太陽系よりはるかに大きいので、
相対的にほとんど動いていないように見えるのです。

だから、日常的な感覚では、
「恒星は動かない。惑星は動く」
でまちがいではないと思います。
(天文学的に厳密な話をしようとするときはまた別です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
辞書の意味は、日常的な感覚にちかく、厳密な天文学の話とはすこしちがうのだろうと理解しました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:35

誤りです。



自ら発光する星(通常は恒星と言われますね)は、太陽を除き地球から見ると非常に遠くにあります。太陽を除く最も近い恒星はアルファ・ケンタウリ星ですが、太陽系からの距離は4.35光年、光が4.35年かかって到達する距離ですが、惑星の中で最も遠い海王星ですら、地球からの光は4時間ちょっとで到着しますから、アルファ・ケンタウリまでの距離の長さは惑星とは桁違い、まして他の恒星は遙かに遠方にあるとわかります。

で、全ての恒星は、それら同士で相対的に動いています。しかも、その相対速度は時に秒速数百キロ以上、惑星が太陽の周りを回る速度の数百倍にも上ることがあります。よって、地球から見れば恒星も動いているのです。ただ、地球からの距離が遠いので、一見止まっているように見えるだけです(遙か上空を飛ぶ飛行機はゆっくり移動しているように見えますが、その速度は高速道路をすれ違う対向車との相対速度の数倍にも上ります。距離が遠いと、ものの動きはゆっくり見えるのです)。

数千万年、数億年の後には、天空をゆっくりと移動していく恒星の運動によって、星座はその姿をがらっと変えるでしょうね。しかし、それは非常に遠い未来のことで、今夜見える星座は明日も同じに見えるし、来年もほぼ同じ形に見えるでしょう。その中で、地球に比較的近いが故に速く移動しているように感じる星(太陽系の惑星)は、一見すると固定されているように見える星座の中を日に日に移動していくように見えるという訳です。

宇宙という規模で見れば、相対的に運動していない星はないと言っていいでしょう。つまり、全ての星は動いているのです。ただ、自ら光る星は(太陽を除き)遠くにあるため動いていることを感じられないだけなのです。

この回答への補足

広辞苑に「恒星」は「天球上で相互の位置をほとんど変えない」とありました。No2さんの回答にも似たような記述があります。これらの辞書の説明とくいちがっているように思いますが、どうなのでしょう?(すみません。議論したいのではなく、純粋に疑問に思って質問していますので、どうか失礼があればお許しください)

補足日時:2005/05/21 10:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辞書の説明と厳密な天文学の話ではもともとちがいがあることがNo7さんの回答によりわかりました。だから補足欄で書いた私の疑問も氷解しました。そのうえでsinobu_wednesdayさんの回答を読むと、私にはとても役に立つことが多く、感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:32

要は恒星は重力バランスによって留まっているのですが、その為に十分な質量と核融合が必要になるわけです。

(だから光る。)
つまり惑星は質量がないから恒星に引っ張られるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恒星は質量があるから光る。惑星はその逆ということで理解しました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:21

光を発する星は、恒星と言いますが、一番近い太陽は、動いて見えますよね。


太陽以外の恒星は、とても遠くに在る為、動いて見えません。
(実際は、長い年月たてば動いて見えますが、人間の生きている位の時間では、動いて見えません)

車などに乗っていて、近くの物はすぐに見えなくなりますが、遠くの山などは、あまり動いて見えません。
それと同じ事です。

光を発しない星を、惑星といいます。
火星や木星、土星などです。
これらの星は、太陽の周りを回っているので、地球から見た場合、その位置が常に変わって見えます。
木の回りを、二人で回ってみてください。
見える方向が変わってみえますよね。

じつは、光を発しない星で、動いて見えない星も有ります。
この場合、星自身がとても遠くに在り、光を出していないため、人間の目では見ることができません。
ブラックホールと言われる星などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>(実際は、長い年月たてば動いて見えますが、人間の生きている位の時間では、動いて見えません)

このことをはっきりと理解していませんでしたが、今ではよくわかります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 16:04

Gooの国語辞典を見ると参考になるかな。




わくせい 0 【惑星】

(1)太陽の周囲を主に太陽の重力の影響を受けて公転し、自らは発光しない天体。普通、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星を指し、小惑星やその他の塵状物質を含めない。遊星。

こうせい 0 【恒星】

天球上の互いの位置をほとんど変えず、それ自体の重力により一塊となり、光や熱などを放射している星。星座をつくっている星や太陽はこれに当たる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても参考にさせていただきました。

お礼日時:2005/05/21 15:56

>発光する星は動かない


どこからそんな話があるのでしょうか?
動いていますよ。
例えば太陽は太陽系の中では中心にあり地球からみれば
動いていない様に見える(描かれて)いるだけで、
太陽系全体は銀河系の中で動いているし、その銀河系も
全宇宙に中で動いています。

この回答への補足

>どこからそんな話があるのでしょうか?

広辞苑に「恒星」は「天球上で相互の位置をほとんど変えない」とありました。No2さんの回答にも似たような記述があります。だから私の「ほとんど相対的に動かない」という表現もそれほどおかしいとは思えないのですが……。

補足日時:2005/05/21 09:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽も公転してるの?

ものには重力があり、地球は太陽に、月は地球に引き尽きられているということはよく聞きます。

では太陽も公転しているのでしょうか?何かの重力によって決まった軌道があるんでしょうか?
まさか宇宙の中を浮遊しているわけじゃあないでしょうし。(もしそうなら太陽のそばを離れられない地球も、漂流してることになるし)
どの星もどこかの星の重力を受けているとは思うのですが、太陽系自体もどこかの星の周りをまわっているのですか?それともじっとしてるのでしょうか?
恒星は、重力同士がつりあってバランスよくいつも同じような配置になっているのでしょうか?

考えてるとわけがわからなくなってしまいます。

また、彗星ってありますが、あればどうして独自の決まった軌道なのですか?

wかりやすく教えていただくとありがたいです。

Aベストアンサー

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより、太陽に近いものは、太陽系
誕生の時か誕生から今までに構成物質がほとんど大きな惑星に吸収されたの
ではないでしょうか。太陽系のはずれにあるものが重力のバランスを崩し太陽に
落ちてきたものでしょう。その中ではずれに戻るときに木星や海王星に捕まり
数十年の周期の軌道になったものがよく知られています。有名なハレー彗星は、
ニュートンに教えられたハレーが軌道計算して、周期76年とわかった海王星族
です。

参考URL:http://www2.synapse.ne.jp/haya/cosmsurf/

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより...続きを読む

Q【宇宙の誕生】【ビッグバン】「無」から物質が何故発生するのでしょうか?

宇宙が誕生する前、つまり、この世界が誕生する前というのは「無」であったという説がありますが、「無」から何故物質が誕生しうるのでしょうか?
それを考えるとやはり「神」という存在が浮かび上がってしまうのですが、ではその「神」というものはどこから誕生したのか、哲学の域に達してしまいもう何がなんだか分からなくなってしまいます。
すいません、おかしな方向に行ってしまいましたが、質問の要点は「無」という状態から物質が発生することはありえるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者さんはマウスに置いた手とマウスがどうして融合してしまわないかご存知ですか? それはモノとモノはぶつかりあっているからですよね。でも、実は厳密にいうとちょっと違うのです。
手とマウスをどこまでも細かく砕いていくと原子レベルまで細かくなります。しかし、この原子の並びは実はとてもスカスカに空いています。野球場のピッチャマウンドを原子核だとすると、ちょうど野球ボールくらいの大きさ電子は観客席のあたりをグルグル飛び回っているようなくらいです。その間には何にもありません。本当の意味で真空なんです。
となると、手の原子たちとマウスの原子たちがぶつかりあっ ているというのはちょっと考えられませんよね。では、なぜ混じりあわないのでしょう? それは、互いに反発する「力」があるため手とマウスが溶け合うなんてことにならないのですね。というように、本や机などこの世界は「力」で満ちていることがわかります。これは「力(エネルギー)」というものが「有」るということを実感してもらうための説明です。

ここで「力」が有るということはわかりました。一方、「モノ」の方はどうなんでしょうか? そもそもマウスというものはあるんでしょうか? はい、もちろんあります。哲学ではなんやかやといいますが、科学的には存在しています。
さて、そこで科学でいう「存在」です。この世に手やマウスが有るのはわかります。さらに私たちの知識ではそれらが原子で構成されていることも知っています。さらに素粒子というものに分かれるということを知っている人もいるでしょう。

素粒子というと、なんかすっごく細かいツブツブのようなイメージですよね。この世のすべてのモノはこのツブからできていると。しかし、実際はそんなツブツブは存在していないのです。科学のことばでいえばツブが有るのですが、日常の私たちのことばでいえば、そんなものは無いのです。ただ「力」が影響しあっているだけだといえるでしょう。

つまり、この世界に「モノ」なんていうものは 無 い のです。

じゃ、何があるんだ? といえば「力」だけが有るんですね。宇宙には何も無い、有るのはエネルギーだけといってもいいでしょう。はい、これが「有」ということ(状態)です。

では「無」とはなんでしょう? 無は通常0ですから、あらゆるものを宇宙全体から引き算していけばいいわけですよね。つまり、この世のエネルギーをどんどん取り払って引き算していきます。計算の途中経過は私にその知識も能力もありませんので、割愛しますが、科学者は、その結果が完全に「無=0」になることはない、と言っています。チラチラ振動している状態、つまり「ゆらぎ」の状態こそが「無」だというのです。科学でいう「無」というのは、私たちのことばでいう「何も無い」ということではなくて、エネルギーのゆらぎというのは絶えず存在している状態ということをさしています。
じゃ、力・エネルギーってなんだよ? その「ゆらぎ」を取り払ったらどうなるんだよ? という疑問がわきますね。しかし、その答えは分からない、科学では分かりようがない、ということになるそうです。科学で突き止めようのないことをいくら考えても、それは竜宮城と同じレベルのオハナシにしかなりません。ここまでなのです。

ここからあとが、#2さんのご説明に続きます。

※これはインフレーション宇宙論という仮説に基づいたものです。現在、最も信頼性が高く、今後ノーベル賞が続出であろうといわれる説です。
        --大急ぎでかいているため乱文すみません。

質問者さんはマウスに置いた手とマウスがどうして融合してしまわないかご存知ですか? それはモノとモノはぶつかりあっているからですよね。でも、実は厳密にいうとちょっと違うのです。
手とマウスをどこまでも細かく砕いていくと原子レベルまで細かくなります。しかし、この原子の並びは実はとてもスカスカに空いています。野球場のピッチャマウンドを原子核だとすると、ちょうど野球ボールくらいの大きさ電子は観客席のあたりをグルグル飛び回っているようなくらいです。その間には何にもありません。本当の...続きを読む

Q星が光るのは太陽のおかげ?

星が光るのは全て太陽の光おかげなのですか?
それとも太陽以外にも光を発する星はあるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「星」の定義は?
太陽系の惑星や衛星、小惑星なら太陽の光によって、
それ以外の一般に「星」といわれているものは宇宙空間に偏在する恒星の光になりますが?

Q星は移動する?

星が綺麗なので 夜空を眺めていたんですが、見ていると星が1つだけ動いているのを発見しました!錯覚ではありません 4回確認しました 1つは凄い速度で移動し始め他の星の横でピタリと止まりました 他の3つは動きが止まらず地球の反対側まで移動していきました…以前から何度も見ています 。他に見ている方もいると思いますが 星が個体で移動することってあるんですか?上記にも書きましたが 移動してピタリと止まるってあるんですかね?

Aベストアンサー

流れ星や彗星以外では、人工衛星の可能性も濃厚ですね。

人工衛星といえば、星ではないので星と間違うはずがない、
と思うかもしれませんが、人工衛星も地上から見れば星のように光って見れるので、
パッと見は流れ星や星のように見えます。

また、停止して光って見える一般的な星は、
どれもこれも尋常じゃない程遠い距離にある物なので、
仮に動いたとしても、遠ければ遠いほど動きは小さくゆっくりになり、
その動きを確認する事は難しくなります。

なので、普通の星はその様な動きをするとは考えられません。

人工衛星も普通は一定のスピードで流れるように移動している物なので、
ピタリと止まる事は無いのではないかと思うのですが、
上空で何が行われているのかは不明とも言えるので、
全否定する事も出来ません。

目の錯覚じゃなければ、人工衛星が濃厚、という感じで受け取ってみてください。

Q星の位置はなぜ変わらないのですか?

例えば、太陽系では、地球や火星は太陽の周りをそれぞれ回るので、観測する位置で星の並び方が変わると思います。

それぞれの銀河も回転していたと思います。

そこで、、

夜の空を見ていると、様々な星座(星々の位置)がありますが、例えば夏の大三角形の3つの星たちの位置は変わらないのはなぜですか?(直角三角形になってみたり、二等辺三角形になってみたり?)

地球からただ三角形に見えるだけで、それらの星々がご近所さんであるわけではなく、距離も奥行きもいろいろあると思うのですが・・・。

へんな質問でごめんなさい。素人にわかるように教えてくださいませんか?

田舎の綺麗な空気の中で、空をみていてふと感じた疑問です。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/seiza/seiza07.html

すごーく遠くにあるので、数年や数十年程度では変わりません。何万年とか何十万年もたつと変わります。


人気Q&Aランキング