申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが、
20万円を超えた場合
例えば、申告分離を選択した年間利益が50万円の場合
50万円-20万円=30万円なので
30万円の26%が税金として課せられるのでしょうか?
それとも50万円の26%なのでしょうか?
宜しくお願いします。

それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合
税金は、払う必要があるのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが



これは株式の利益だけの話ではなく、給与・退職金以外の
所得の合計に関するもので、給与所得者に適用されます。

20万円を超えた場合は全額(質問文の例では50万円)
申告する必要があります。なお、20万円以下でも住民税
の申告は行わなくてはいけません。していない人が多い
ような気もしますが。


>それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合

この場合は「給与所得者」ではないので、自分で税額を
計算して(各種控除も計算し)ゼロにならなければ申告、
納税する必要があります。

なお、この10月から長期所有株式の100万円特別控除
が始まりますが、これは確定申告の手続きを行った上での
話です。
    • good
    • 0

>申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが、



これは、給与所得者が、株式の売買益を含めて、その他の所得が20万円以下なら、申告が不要ということです。
誰でもが、株式会社の売買益が20万円以下なら、申告が不要ということでは有りません。

申告分離を選択した年間利益が50万円の場合は、50万円に対して26%の課税がされます。

>年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合税金は、払う必要があるのでしょうか?

当然、100万円以下でも申告が必要になります。
100万円から、各種の所得控除を引いた残りが、課税所得となりま、これに税率を掛けたものが納付する所得税です。
    • good
    • 0

申告課税は利益に対する課税ですので


この場合 利益の30万円×26%ですよ

また 年間の給与所得がない場合でも
課税されると思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株利益20万以下、特定口座源泉徴収なしの場合、税金は払わないといけない?

株で利益がでましたが、20万以下でした。
・利益年内20万以下
・特定口座源泉徴収なし
にしていた場合、税金は払わなくていいのでしょうか?私はサラリーマンで、会社から給料をもらっており、副収入は他にはありません。

Aベストアンサー

利益が20万以下の場合は確定申告は不要だが、申告したなら納税の義務は発生しますよ。
株の場合は今10%ですから20万までなら申告によって20000円の納税です。
支払うべき税金は発生しますのでお間違えのないよう。

利益20万以下なら確定申告そのものをしなくてもよい・・・という選択肢があることから、万一しなくて放置した場合、税務署からお尋ねが来る場合があるんです。
来ない場合もあるんです。

このお尋ねが来た際に20万以下の利益だけだったので申告の義務がなかったのでしませんでした・・と主張(証明)できれば問題ないんです。
もちろん口頭ではダメなので証券会社から届く年間の取引明細などをお尋ねがくるまで(だいたい向こう3年くらい可能性がある)保管しておきます。

税務署は一定の詳細は手に入れてますから(証券会社に提出の義務があるので)隠し通せるものではありません。
20万以下の利益しかなく、やましいところがなければ確定申告そのものをしなくて大丈夫です。申告漏れ、脱税ではありません。

もちろん申告しても大丈夫で、申告すれば前述のように多くて20000円の納税が発生します。

利益が20万以下の場合は確定申告は不要だが、申告したなら納税の義務は発生しますよ。
株の場合は今10%ですから20万までなら申告によって20000円の納税です。
支払うべき税金は発生しますのでお間違えのないよう。

利益20万以下なら確定申告そのものをしなくてもよい・・・という選択肢があることから、万一しなくて放置した場合、税務署からお尋ねが来る場合があるんです。
来ない場合もあるんです。

このお尋ねが来た際に20万以下の利益だけだったので申告の義務がなかったのでしませんでした・・と主...続きを読む

Q一般口座での利益が20万円以上の場合

年収約300万円の給与所得者です。
一般口座で年間の利益が20万円以下の場合、原則確定申告不要ですが、
今回初めて20万円以上になってしまいそうで悩んでいます。

確定申告をすると、総所得に含まれる為、
住民税等に影響が出ると聞いております。

利益を何としても年間20万円以内で納めた方がよいのか、それとも
20万円以上で利益確定する場合、大体幾らくらいの利益以上であれば、
確定申告をしてもあまり損をせずに済むのか‥。
どなたかご存じの方がいらっしゃればご教示お願い致します。

Aベストアンサー

まずは現在の税制についてです。

年間1円~20万円までの利益について
確定申告の義務は有りませんが、確定申告をしない場合は住民税申告の義務が発生するので住民税のみ支払います。
これは確定申告の義務が無く、かつ確定申告をしない場合に限り住民税申告をする事で住民税の支払いだけで良い。
税率は3%ですね。

20万1円以上の利益については
確定申告の義務が有り、住民税の他、所得税も支払う必要が出てきます。
税率は10%ですね。

その差は7%の差でしか有りませんから、できればたくさん稼いでください。

ちなみに、「給与以外の所得が20万円以下では確定申告の必要はなく税金はかかりません」なんて言っている奴は税金には全くの超ど素人としか言いようが有りません。
例えば、上記の住民税の件も有りますが医療費控除を受けたい時には確定申告をしなくてはならず、その場合は住民税の他に所得税の支払いも有りますから、税金がかかる場合がほとんどでしょう。
勿論、一般口座での売買益が1円の場合は住民税申告の義務が有る場合でも端数の関係で税金が上がらない計算例も有ります。

結論、稼いで稼いで稼ぎまくれ!

まずは現在の税制についてです。

年間1円~20万円までの利益について
確定申告の義務は有りませんが、確定申告をしない場合は住民税申告の義務が発生するので住民税のみ支払います。
これは確定申告の義務が無く、かつ確定申告をしない場合に限り住民税申告をする事で住民税の支払いだけで良い。
税率は3%ですね。

20万1円以上の利益については
確定申告の義務が有り、住民税の他、所得税も支払う必要が出てきます。
税率は10%ですね。

その差は7%の差でしか有りませんから、できればたくさん稼いでください...続きを読む

Qサラリーマンの場合、株式取引での利益20万円までは申告不要とは?

株を売却したときの税金についての質問ですが、
「サラリーマンの場合、株式取引での利益20万円までは申告不要」というのがありますが、
この適用を受ける場合、
「一般口座」取引にして、20万円の利益が出ていない場合は申告せずに放っておけばいいのでしょうか?
現在、一般口座で取引中です。


また、同様に去年取引をして利益20万円未満で、
申告をしてない方はおられますか?
もし、おられましたら、税務署から連絡は来ないのでしょうか?
お手数ですがご教授願いします。

Aベストアンサー

所得税法第121条に規定されています。
株以外でも20万円の所得がある場合は申告が必要です。
詳しくはタックスアンサー
http://www.taxanser.nta.go.jp/1900.htm
を参照下さい。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1900.htm

Q株の利益分の 10%の税金を 払わなかった場合

 http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1924826

↑もし 10万円利益が出て

証券会社を通じて10%の税金を払わなくて。

確定申告のときも税金を払わないとどうなるのでしょうか?

やはり督促状が来て やかましいんでしょうか?

Aベストアンサー

例えば、年間で10万円の儲けであれば、
・専業主婦なら非課税(年間38万円)の範囲です。
・サラリーマンなら、年間20万円まで所得税は確定申告しなくて良いです。


特定口座・源泉徴収なしの場合、年間取引報告書が税務署に行きます。それは知っておいて下さい。
あと、税金は後から払うと延滞金や利息がついて損します。

これは、参考ですので、判断は自己責任でお願いします。

Q¥50万円以上の配当金は確定申告必要?

1銘柄で、¥50万円以上の配当金を得た場合は確定申告必要ですか?その場合、税金はどうなりますか?詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

かつては年間5万円のルールがありましたが、50万円以上というルールは聞いたことがありません。
現在も5万円のルールが一部にありますが、それは非上場会社に関するルールです。

現在のルールを整理すると、

上場株式については、住民税部分と合わせて20%(平成20年3月31日までは10%)の源泉徴収が既に行われており、配当金の額に関係なく、申告しても申告しなくても、どちらでも良いというルールになっています。

非上場株式については、国税だけで20%の源泉徴収が行われており、1回の配当金が5万円(年1回の場合は10万円)までは申告してもしなくても良く、それを超えると、申告の義務が生じます。
#2さんの回答は、非上場会社の株式の配当金に関するルールです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報