Na2HPO4・12H2Oと、NaH2PO4・2H2Oから0.1Mのリン酸緩衝液を250ml作れ。という問題の解き方が分かりません。リン酸二水素ナトリウム・12水和物を何グラム・・・という答え方を教えて下さい。低レベルな質問で申し訳ないのですが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

kexeさん、sonorinさんが御忙しいみたいなので。



>クエン酸 + NaOH  (Asp + HCl)
>のように還元剤(酸化剤)を使ったやり方しか習ってなくて、
が解れば、考え方は一緒です。(各H+の解離定数が違うだけです。)
1.先ず0.1Mのリン酸溶液を考えます。
2.NaOHを添加した場合、pH=7.0になる時の添加量は算出できるんですよね。
Na2HPO4・12H2O及びNaH2PO4・2H2OのNa+は完全解離であると考えられますから、この時のNa+の濃度がこの2つの試薬から遊離したと考えれば値が得られます。
また、[HPO42-]と[H2PO4-]の合計は当然0.1Mです。

補足しておくますが、この反応は酸-塩基の中和反応であり、酸化還元反応ではありません。
    • good
    • 2

「問題」ということなので、そのままの解答を全て書くのはどうかと思いますので、他の回答者の方々の付け足しで少し。



各種緩衝液の調製方法は、生化学や病理組織染色等のテキストに大抵は掲載されています。各pHにおける両者の混合の比率ももちろんあります。しかし理論的には#1の回答者の方の通りで、普通にモル計算をして(もちろん分子量はお分かりなんですよね)両試薬共に0.1Mになるようにグラム数を算出し、bufferを1リットル作製する目安で考え、あとはそれを基準に250mlになるように全体を1/4にすれば良いのでは?

ちなみに、pHを上げる場合は、Na2HPO4/12H2Oの分量を増やし、逆にpHを下げる場合は、NaH2PO4/2H2Oの分量を増やします。このリン酸bufferはpH5.7~8.0辺りであれば作製可能です。
    • good
    • 0

>Na2HPO4・12H2Oと、NaH2PO4・2H2Oから0.1Mのリン酸緩衝液を250ml作れ。

という問題の解き方が分かりません。
と言うことですが、レポートかなにかでしょうか?
リン酸の解離定数から算出できなくもなさそうですが、もし「pH??の0.1Mリン酸緩衝液が必要」程度であればkexeさんのやり方が適切だと思います。(正確に250mlというわけには行きませんが、多めに調製しても問題なのでは?濃度は変わりませんよ。)
私も各緩衝液の理論pHを計算したことがありますが、あまり当てにはなりませんでした。

一応補足しておきますが、0.1Mの各溶液の調製は、式量の1/10のグラム数を溶解して、1リットルに(メスフラスコで)メスアップすれば得られます。必要量が少ない場合は同様の比率で減らしても構いませんし、厳密な濃度が必要でない場合は、メスシリンダー等を用いても良いと思います。
    • good
    • 1

リン酸緩衝液は使った事ありますが


というより今よく使っています。
0.1Mのならば、それぞれの試薬から0.1Mの濃度の水溶液を作り
混ぜ合わせpHをそろえるのですが・・・

pHの指定はないんですかね(^_^;)

この回答への補足

すみません、書き忘れです。
pH7.0です。
で、理論なんですが、
クエン酸 + NaOH  (Asp + HCl)
のように還元剤(酸化剤)を使ったやり方しか習ってなくて、
この場合はどっちが還元剤(酸化剤)的に働くのかが分かりません。

もしかしてとても見当違いなことを言っているかも・・・ごめんなさい。
もし、またご覧になることがあればお願いします!

補足日時:2001/10/02 00:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPBSとリン酸緩衝液

赤血球を固定するまでの操作で、PBSにて洗浄すると書いていたのですが、PBSでなく、リン酸緩衝液を使用すると問題が生じるでしょうか?

Aベストアンサー

PBS(phosphate-buffered saline, リン酸緩衝生理食塩水)は、生体内と浸透圧が同じになるよう塩濃度を調整してあります。リン酸緩衝液とだけ書かれたものは、細胞と浸透圧が異なる可能性があり、浸透圧が低ければ細胞が破裂し、高ければ細胞の水分が奪われてしぼんでしまいます。

Qリン酸緩衝希釈液 無菌検査 

食品会社で品管を担当しております。
今回の相談したい対象製品は乳製品を使用した洋風デザートなのですが、取り引き会社との間で「無菌試験」をすることになっております。恒温器で増菌後、検査をする際に、希釈液をリン酸緩衝希釈水の代わりにリン酸緩衝生理食塩水を使用してしまいました。
生理食塩水、ペプトン加生理食塩水、リン酸緩衝生理食塩水については過去の質問等を拝見したところ、この3つは大きな差はないとの認識ですが、今回の間違いについては大きな違いは発生するでしょうか?レトルト殺菌を行っているため、菌の検出はないでしょうが、再検査には時間がかかるため教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
高濃度食塩水ならば、ビブリオ属以外の抑制が考えられますが、生理食塩水レベルではまず問題はないと考えられます。

但し、こういう取り違えは行政上、問題になりますので、今回の結果は速報として但し書き付きで報告し、本来の方法を行って確定して再度報告しておく事をお勧めします。

何かあった時、報道に導かれる世論は容赦してくれませんよ。

Q酸化的リン酸化において、3分子のATPを合成するために必要なH+の数について

酸化的リン酸化について理解できないことがあります。同じ本の中で、「複合体I,III,IVで合計10個のH+が複合体の隙間を通ってマトリクスから膜間スペースへ運ばれる。そして、3個のH+が複合体Vをマトリックス側に移動する時,浸透圧的エネルギーが化学的エネルギーに変換され,ADPとリン酸から1分子のATPが合成される。」とあり、後半には「ATP合成酵素が10個のプロトンの移動で一回転すると,これに連結されているF1のg鎖が回転し3分子のATPがつくられることになる」とありました。ATP3分子を生成するためにH+は9個か10個いくつ必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

3個のプロトンで1個のATPが作られる。と思います。

ATP合成酵素が10個のプロトンの移動
と、
F1のg鎖が一回転すると3分子のATPがつくられることになる

は別々のことと考えていいと思います。

実際、マトリックス内にリン酸を輸送する際にプロトンが必要だし他にも別のところでプロトンが使われますよ。

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub2-respiratory-chain.htm

QERK1/2のリン酸化

MEK1/2以外に、ERK1/2をリン酸化する経路はありますでしょうか。MEK阻害剤であるPD098059を添加しても、westernでphospho-ERKが検出されてしまいます。ということは、MEK以外にも、ERK1/2をリン酸化している経路があるのでは、と思いました物で。あるいは、PD098059を添加しても阻害されない、ということはあり得ないことなのでしょうか。ちなみに、stripping後のpan-ERKは同等に検出されていました。

Aベストアンサー

PD098059の特異性を思い出せませんのではっきりしたことはいえませんがMEK1/2以外のMEKが可能性としてあるのではないでしょうか。in vitro ではMEK->MAPKあたりの基質特性はあまり認められなかったと思いますが。すなわち、両者が細胞内でフリーの状態でいるか、何らかの原因で接近して存在すればMEK1/2以外のMEKでもりん酸化されうるということです。少し記憶があいまいですが、、、、

Qd H2O について

d H2Oとは何のことなのでしょうか?
試薬の説明書にd H2Oに溶かすと書いてあるのですがd H2Oが何なのかわからなくて困っています。脱イオン水のことなのでしょうか?それとも蒸留水のことなのでしょうか?
もし脱イオン水の場合、ミリQを代用しようと思っているのですが大丈夫でしょうか?
ご存知の方、解答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

dH2O = distilled H2O のことです。蒸留水です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報