叙述トリックを用いた作品を探しています。ミステリであるか否かは問いません。また、学校で叙述トリックをテーマにいろいろと研究するために探しているので、叙述トリックがあるとわかった上でも楽しめる作品(折原一さんのものとか)だけでなく、叙述トリックがあるとわかっていたらつまらない作品でも教えていただきたいです。できればどちらか書いてください。ただ、何も知らない状態で読んでもつまらないような作品は遠慮してください。さすがに読む気がしませんので(笑)。新しい作品に限定はしません。
 あと、叙述トリックがいつごろから用いられているものなのか知っている方がいれば教えていただきたいです。
 今まで叙述トリックで読んだことがあるのは乙一の「GOTH」のみです。かなり有名な作品でも知らないと思うので、かなり有名な作品でも出してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

NO.2の方が「フランスのミステリ作家たちが最初に使い始めたようです」と仰ってますが、その代表作が『殺人交叉点』(フレッド・カサック/創元推理文庫)でしょう。

一般的には、これが最初の叙述トリックのミステリってことになってると思います。

他に印象に残ってる作品でまだ挙げられてないものとして、『華歌』(『きみにしか聞こえない』[乙一/角川スニーカー文庫]所収の短編)や、『アヒルと鴨のコインロッカー』(伊坂幸太郎/東京創元社)なんかが面白かったです。
特に、『アヒルと鴨~』は叙述トリックとは何かについてとても考えさせられました。
『華歌』は叙述トリックを意識して読むと少し損だと思いますが、なかなか衝撃的でした。『アヒルと鴨~』は最初からある程度意識されることを覚悟して書かれていると思います。

ちなみに、名前の挙がっている作品の中に、私の考えでは叙述トリックとは言えないものも混じっているようにも思うのですが…(『アクロイド』は微妙。森博嗣のS&Mだと叙述トリックは9作目じゃなくて8作目。しかもシリーズを通して読まないと感動できません。宮部みゆきの『R・P・G』は、私は違うと思います)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。叙述トリックの歴史についての回答が少なかったので結構貴重な意見です。叙述トリックかどうかって結構微妙な話ですよね。自分この前「倒錯の帰結」を読んだんですけど、「倒錯の死角」をあらかじめ読んでいたんですが、「死角」と同じような仕掛けのところ以外にどこら辺が叙述トリックなのかよくわかりませんでしたし。

お礼日時:2005/06/27 17:27

No.2,No.6の回答でも紹介されていますが、我孫子武丸氏の「殺戮に至る病」が


今まで読んだ中では最高です。叙述トリックで真っ先に思い浮かぶのがこの作品でした。
叙述トリックがあると分かっていても非常に衝撃を受けると思います。
ただどんな小説でも当然、トリックを知らない状態で読む方が面白いですけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。それはここでも何回かでてるのでついこの間買って読みました。結構良かったです。というか気持ち悪かった・・・。でも最後はかなりびっくりしました。

お礼日時:2005/06/19 21:41

綾辻行人「十角館」は有名かと思います。


あと同著者の「どんどん橋、落ちた」も
叙述トリックの方向性が広がるもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。関係ないですが「どんどん橋」って変換しようとするとなぜか何度やっても「どんどんバ視」が最初に出てきます(笑)。不思議だ。

お礼日時:2005/06/16 23:08

森博嗣さんをお薦めしますよ。

あんまり言うとネタバレになっちゃうんですけど、大概どのシリーズにも一作くらい混じっています。良質なのはS&Mシリーズの9作目。それに、女王シリーズ。女王のシリーズは世界観の構築がまとまってるので、SFミステリにもかかわらず、きちんと納得できます。それから、単発ですけど「そして二人だけになった」この作品は二重に叙述トリックが仕掛けてあり、読み応えがあります。視点の変化が目まぐるしいのもそれを気づかせない要因でしょうね。もし、研究題材にするのでしたらこれがお勧めですよ。
恋愛小説ならば山本文緒の恋愛中毒がありますよ。あまり真剣に叙述であることを隠すつもりがないようなんですけど、その、トリックがばれた辺りの主人公の内面が素晴らしくうまく書けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。恋愛小説はそもそもあんまり読んだことがないんですが、多少興味があるのでそれも読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/06/16 23:06

辻真先氏の作品(主に初期)は、叙述トリックを扱ったものが多くあります。



長編デビューの『仮題・中学殺人事件』は、まえがきに「犯人は読者」と書かれています。
続く『盗作・高校殺人事件』や『改訂・受験殺人事件』なども、同様な叙述トリックで読者を騙してくれます。

『殺人小説大募集』という作品では、短編を集める際に加筆訂正して、
叙述トリックを盛り込むと言うサービスぶりを発揮しています。

他には、安孫子竹丸氏の『探偵映画』と『殺戮にいたる病』が、最後の最後まで見事に読者を騙してくれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。読者が犯人って言うのはちょっとどんな感じかわからなくて楽しそうです。

お礼日時:2005/06/16 23:05

 最近「叙述トリック」もので活躍している作家といえば、貫井徳郎(ぬくい とくろう)でしょうか・・・。


 デビュー作『慟哭』、『修羅の終わり』など・・。

 しかし・・究極のフーダニットはやはり、クリスティーの『アクロイド・・』だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。アクロイドってそんなにいいんですか?叙述トリックで検索したときはでてきまさせんでした。質問してよかったです。いろんな人の回答を読んでたらはやく読みたくなったのでとりあえず明日どれか買ってきます。

お礼日時:2005/06/11 23:38

やはり、クリスティの「アクロイド殺害事件 」は外せないのでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。Google等で検索しても海外のものはあまり出てこなかったので貴重な回答です。読んでみようと思います。

お礼日時:2005/06/11 23:27

NO.2です。

折原一は叙述トリックの代名詞といってもいいというほど叙述トリックばかり使う人です。自分の読んでいる本が叙述トリックを使っているということをばらされることを嫌ったりする人もいっぱい居るはずですが、折原作品を読む人はそれに当てはまりません。読者ははじめから叙述トリックがあることを知った上で自分がどうやってだまされるのかを楽しみに、あるいはだまされまいとして読んでいくことを楽しみにしているのです。トリックをあらかじめばらした上で作品を読んでもらうことが許されている、珍しい作家さんですね。
私のお勧め作品は
「倒錯のロンド」・「倒錯の死角」・「倒錯の帰結」
の倒錯シリーズです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2度も回答いただき有難うございます。自分も検索したときにそのような解説のところを読んだんですが、どれから読めばいいのかわからなくて。じゃあ最初はそれから読んでみましょうかね。とりあえず引き続き回答を募ります。

お礼日時:2005/06/11 21:00

「ネタばれ注意」!!!!



な質問ですね。





叙述トリックを使っている作品を僕の知っている限りで紹介します。読む前から分かっていたらどんな作品でもやや魅力減な気もしますが・・・。

「殺戮に至る病」安孫子武丸
サスペンスホラーです。すごい有名な作品ではないでしょうか。グロテスクだし読後感も後味悪いですが、見事な叙述トリックです。
「R.P.G」宮部みゆき
これも叙述トリックに入ると思います。
「フリークス」綾辻行人
中篇が三つ入ってます。
「ハサミ男」殊能 将之
これは傑作でしょう。
「ロートレック荘殺人事件」筒井康孝
文学的。
「誘拐作戦」都築道夫
特になし。まあまあでしょうか。
「殺人鬼」綾辻行人
スプラッターホラ-とでもいうのでしょうか。きちんと叙述トリックです。綾辻作品はこのトリック多いらしいです。

いつからは良く知らないのですが、何かフランスのミステリ作家たちが最初に使い始めたようです。でも、なんだかんだで日本で一番叙述トリックが発展したようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。たしかに自分も叙述トリックが用いられていると知らない状態で叙述トリックが用いられている本を読めたらいいんですが、学校で総合学習のテーマを選ぶときにそこらへんを考慮に入れないでテーマを選んでしまったので(笑)。最初はフランスの作家なんですか。有難うございます。

お礼日時:2005/06/11 19:31

東野圭吾 『仮面山荘殺人事件』


       『ある閉ざされた雪の山荘で』

↑2冊とも楽しいです。でも似ていますw 



歌野晶午 『葉桜の季節に君を想うということ』

このミステリがすごい!2004年第1位の作品です。
叙述だとわかっていたらおもしろ味が半減すると思います。でも私はこりゃないだろって思いました。


筒井康隆 『ロートレック荘事件』

叙述作品で言えばこれが一番衝撃度が高かったです!あいた口がふさがりませんでした!

あと折原一作品を読んでいるんでしたら、『倒錯のロンド』(だったかなぁ?)の文庫版の解説に、主な叙述作品のリストと歴史が書いてあったような気がしました。
是非、ご覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。いや別に折原一作品を読んだことがあるわけではないんですよ。折原一という名前は、叙述トリックで検索して、叙述トリックの代表的な人だと知ったんです。ですので折原一という人の作品もどれがいいのかまったくわからないのでわかる方は教えていただきたいです。

お礼日時:2005/06/11 19:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTRICK(トリック)劇場版の動員人数

私は今までのドラマの中で一番好きなのが「TRICK」です。
劇場版も数回観に行き何度見ても面白くDVDも買ったほどはまりました。
さて、TRICK劇場版の動員はどんな感じだったのかが気になりました。
映画は大成功だったのでしょうか??
内容的には申し分なく私的には満足なのですが、
やはり今後シリーズ化を考えると内容だけの問題ではなく、
興行成績って大事だと思いますので・・・

宜しくお願いいたします!!

Aベストアンサー

観客動員数ではないのですが、興行収入は12.9億とまずまずの出来ではなかったかと思います。基準は色々とあるのですが、興行収入が10億以上あれば成功していると言えると思います。話題作の洋画に比べたら、劣ってしまいますが…。
これに、DVD等のメディアも加わるので成功していると思います。
実際、私も映画を見に行きDVDを買いました(笑)

yahooでですが、「劇場版 トリック 興収決定」と入力すると論文が出ますので、そちらを見てください。

Q叙述ミステリを「叙述ミステリです」と紹介することのタブーについて

読書を趣味とする方の多くがなさっていることだとは思いますが、私もブログで読書日記(感想文)を書いています。
先日読んだミステリが所謂「叙述ミステリ」で、本当に最後の最後まで騙されておりラスト数行で「ええっ?」となりました。
(質問の特性上、タイトルはご紹介いたしません)
この快感を述べるためには、それが叙述ミステリであったことにも触れなければならない(あるいは、文面でそれと分かってしまうような書き方をしざるを得ない)と思うのですが、皆様は、叙述ミステリを「叙述ミステリです」と言ってしまうことをどう思われますか?

叙述ミステリは、読み終えてみて初めて「(読者を欺くための)叙述によるトリックだったのか!」と気付くわけですよね。
未読の方に対して「叙述ミステリですよ~」と言ってしまうことは、トリックの種明かしになってはしまわないのかという懸念があるのです。
その物語がミステリとして上質であればあるほど(叙述トリックが巧みであるほど)その気持ちは強くなります。

あらかじめネタバレを含むことを書き添えたり、改行と矢印をならべたり、あるいはフォントカラーの操作が可能なら背景と同色の文字にして閲覧者に反転させたりと「不本意に読ませない」ための対策はいくらでもできると思います。
それでも不特定多数に対して発信していることには変わりがないですよね。
もしかしたら、その本をこれから読もうとして情報を集めている人が、うっかり検索サイトから辿り着いてしまうかもしれないですし。
私がお伺いしたいのは、この点についてです。

【ブログなどの不特定多数に対する発信ツールで、叙述ミステリを「叙述ミステリです」と紹介することはタブーに当たらないか】

もちろん、タイミングの問題もあるとおもいます。
例えば、掲載雑誌の発売直後にやるのであればNGだが、単行本(あるいは文庫本)が刊行されてからならセーフだ、など。
その点についてもご意見があればお聞かせくださると嬉しいです。

やはりタブーだ!(あるいは、タブーとなる虞がある)ということであるのなら、この作品について書くのは止めておこうと思っております。

ご回答をお待ちしております。

読書を趣味とする方の多くがなさっていることだとは思いますが、私もブログで読書日記(感想文)を書いています。
先日読んだミステリが所謂「叙述ミステリ」で、本当に最後の最後まで騙されておりラスト数行で「ええっ?」となりました。
(質問の特性上、タイトルはご紹介いたしません)
この快感を述べるためには、それが叙述ミステリであったことにも触れなければならない(あるいは、文面でそれと分かってしまうような書き方をしざるを得ない)と思うのですが、皆様は、叙述ミステリを「叙述ミステリです...続きを読む

Aベストアンサー

公式、個人を問わず紹介文というのは大なり小なりネタバレを含む物であり、
それが嫌なら、店頭で手にとって少し読んで買うかどうかを考えろという価値観をもつ者です。(というか、私がそうしています)
帯と本についてる位は…まぁ我慢します。
ビニールかかってる場合は…ハズレだったとしても泣きを見ない値段かどうかお財布と良く相談します。

私の価値観、極論だと思われますか?
質問者様は「叙述トリックであること」に拘っており、その拘りは一ミステリー好きとしては確かに重要だと思います。
ですが、突き詰めると「●●ってミステリーの犯人は××だ」って紹介したり、
「▲▲って恋愛小説は□□ってライバルが邪魔に入るけど、最新刊では無事に結ばれたよ」ってのと同じではないでしょうか?

そしてこれらが「マナー違反」なのは、「望まない人の目に触れること」だからであり、
ネタバレありの注意書きや、反転等の「不本意に読ませない」為の工夫を無視している段階で「望まない人」じゃなくなってるんですよ。
「望んでネタバレを読んでいる人」ですから、マナー違反でもなんでもないと思います。

情報を集めて買うという買い方はした事がないので、うっかりネタバレ読んじゃった!という経験自体ないのですが、
お気になさるのでしたら、確信に触れない部分を最初に書き、
確信に触れる部分を注意書きをした上で反転させる等の工夫部分に書くのはいかがでしょうか。
本によってはあとがきやらでネタバレ注意を喚起したうえで書いてませんか?
あれと同じですよ。

ちなみに、普段は既読の本に対しての感想を知りたい(このトリックは上出来だったとか、ここがイマイチだ)とかを知りたく、紹介サイトを巡っております。

公式、個人を問わず紹介文というのは大なり小なりネタバレを含む物であり、
それが嫌なら、店頭で手にとって少し読んで買うかどうかを考えろという価値観をもつ者です。(というか、私がそうしています)
帯と本についてる位は…まぁ我慢します。
ビニールかかってる場合は…ハズレだったとしても泣きを見ない値段かどうかお財布と良く相談します。

私の価値観、極論だと思われますか?
質問者様は「叙述トリックであること」に拘っており、その拘りは一ミステリー好きとしては確かに重要だと思います。
で...続きを読む

QTRICKの第一話「母之泉」で、地震で部屋の蛍光灯が落ちてきて死んでしまった男のトリックは?

TRICKの1話目「母之泉」で、最初の方で、

教団から逃げ出してきた男が

部屋で寝ている時に、地震の勢いで蛍光灯の落下で

頭を打って死ぬところがあります。

あれは、結局たまたまの事故なんでしょうか?

それとも、教団の団長(菅井きん)が仕組んだトリックなんでしょうか?

後者なら、どんなトリックなんでしょうか?

Aベストアンサー

僕も同じ質問をしたことがあります。
やはりただの偶然だったようです。あのドラマには矛盾が沢山あるので、
あまり気にしないほうがいい、何も考えず見るのが一番、という感じですね。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2211359

Q叙述トリックの出来れば短編

ファンの方は「いきなり叙述って、お前、読んでいきなりそれってわかるのが叙述の醍醐味だろう」とお怒りになるかもしれませんが、叙述トリックの出来れば短編をGWにイッキ読みしたいので、おススメをお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1でGOTHがもう挙げられてしまっているので‥

まどろみ消去(著:森博嗣 講談社文庫)
工夫を凝らした叙述とトリックが上手い、短編集です。ミステリィとしての手法は乙一によく似ています。むしろ、乙一が森ミステリィの手法を受け継いだと言った方が正しいのかもしれません。

耳すます部屋(著:折原一 講談社文庫)
日本ミステリ界における叙述トリックの名手にして第一人者、折原一の短編集です。10作からなっています。叙述ミステリィの魅力が、この本には詰まっています。

Qトリック (テレビドラマ)のTRICKの「K」の裏返しを、WordやE

トリック (テレビドラマ)のTRICKの「K」の裏返しを、WordやExcelで、画像(Bmp、Jepg)を
使わずに、特定のフォントを裏返しにする方法は、ありますか?
いちいち検索で、コピー&ペーストするのも面倒で、辞書に入れるのも面倒です。
何かいい方法はありますか?

トリック (テレビドラマ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)#TRICK_.E6.96.B0.E4.BD.9C.E3.82.B9.E3.83.9A.E3.82.B7.E3.83.A3.E3.83.AB2

トイザらス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%82%89%E3%82%B9

Aベストアンサー

トイザらスだと、キリル文字の「Я」(ヤー)で代用できそうです。

Q乙一さんの本に詳しい方、回答お願いします

乙一さんの本でドラえもんの道具が出てくるものがあると耳にしましたが、タイトルが分かりません。
乙一さんの本に詳しい方、回答お願いします!

Aベストアンサー

「F先生のポケット」だと思います。
4次元ポケットを女子高生が拾う話。

ただ、この短編は単行本未収録ですので、掲載雑誌を手に入れるしか
読む方法はなさそうです。
下記URLは発行元のものです。

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc/magazines/faust2/

Qサッカーのハットトリック のことで

サッカーでの「hat trick」について、その言葉の意味や由来については分ってるんですが、
ここでの"trick" というのは、どういう意味に理解しておけばいいでしょうか?

trick には、トランプゲームなんかでの「一回の得点」という意味もあるようで、
それと同じように、「一試合での得点」という意味でしょうか?

一方で、「巧みな芸当」という意味もあるようですが。

Aベストアンサー

trickは「手品・早業」ということみたいですね。信じられない、とか、あっという間の、とかいう意味が含まれている感じがします。

http://www2.airnet.ne.jp/novnov/zatsu/za20.html

参考URL:http://www2.airnet.ne.jp/novnov/zatsu/za20.html

Q乙一サン・伊坂サン・・・

私は本を読むのが大好きなのですが、乙一さんや伊坂幸太郎さんの書く様な独特なミステリーが好きなんです!!乙一さん・伊坂さんが書く小説同様に面白いモノを知っている方、ゼヒ教えてくださいm(_ _*)m

Aベストアンサー

私も乙一さん伊坂さん好きです。
ミステリーやホラー系だと、椙本 孝思さんのCHATと、
大石圭が面白いと思います。

Q仲間由紀恵さん出演 「トリック」の小説本について

仲間由紀恵さん主演のドラマ「トリック」の小説本は、単行本版と文庫本版の2種類ありますよね?(http://www.tv-asahi.co.jp/trick/06goods/book.html)あれは、中身はどう違うのでしょうか?写真つきとかでしょうか・・・。どちらかを買おうと思っているんですけど、お勧めはどちらですか?教えてください★

Aベストアンサー

中身は同じですよ。
普通の本でも、はじめはハードカバー(大きい本、1000円以上します。大体)で出て、売れるようならそれを文庫本にします。
だから値段が違うだけかと思いますが?
中身が違うといえば、あとがきと解説があれば「文庫版あとがき」になってる可能性があります。しかし、この本はドラマのノベライズなので作者あとがきはないでしょうねえ。もしかすると上田のあとがきなんかあるかもしれませんが(笑)。だから安い方を買ってはいかがでしょ?

ただ、何か「オマケ」があるとしたら単行本の方ですね。あるのかどうか分かりませんが・・・。本を読むだけでいいのであれば「文庫版」にしては?

Q有名推理作家の最後の作品は?

松本清張氏、横溝正史氏、高木彬光氏、山村美紗女史などなどの有名推理作家の最後の作品を知りたいのですが、そのようなことを調べるサイトをご存知ないでしょうか。

また、それらの作品名をご存知の方、教えてくださると助かります。

最後の作品というと「絶筆」とか「遺稿」と言うのか(?)未完成のものだったりするようですが、未完成ではなく完成して最後に発表された作品が知りたいので、よろしくお願いします。

山村女史の場合、確か西村京太郎さんが続きを補足して完成させた、というのを聞いたことがありますが、出来ればその前の作品が知りたいと思います。

Aベストアンサー

ミステリー・推理作家の経歴や著作リストが載っているサイトです。
それによると、横溝正史は『悪霊島』
高木彬光は『仮面よ、さらば』みたいです。
残りのふたりは載ってないですね・・・山村美紗は「キャサリン・ターナー・シリーズ」の最後の作品なら調べられるみたいですが。

一応調べてみたところ、松本清張は『直弧文の一解釈』というものが最後の完成作品みたいですが、
色々書いてる作家ですし、タイトルからして推理小説じゃなさそうですね。
ちなみにこちらは下のサイトの「発表年代別目録」で調べました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~drkmytms/index.html

参考URL:http://www.aga-search.com/


人気Q&Aランキング