あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

中学生の子供のテスト問題です。
「幸い」の対義語をいくつかの選択肢の中から選ぶ問題なのですが、対義語の選択肢の中に「不幸」と「災い」があります。国語辞典で意味などを調べてみたのですが、どちらかよくわかりませんでした。言葉の感じからすると「幸い」、「災い」が対義語のように思えますし、また、意味を考えると「幸い」、「不幸」が対義語に思えます。ただ、「不幸」の反対は「幸福」だと思うので、対義語が二通りあるというのも、おかしいような気がします。
どなたか「幸い」の対義語がどちらか、そしてその根拠がわかれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

手持ちの「反対語辞典」(中田武司 監修)には



幸い ⇔ 災い 

とあります。

参考までね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「反対語辞典」に書いてあるということで、かなり信頼性がある答えだと思います。参考になりました。

お礼日時:2005/06/13 22:13

#6です。

調べてみました。この辞書も幸いの反対語は災いらしいですね。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%BA%D2%A4%A …

そもそも辞書に幸いの意味は幸福って書いてあって、幸福の対義語が不幸なんだから、幸いの対義語は不幸だって考えるのは当たり前です。
日ごろから辞書を引いて勉強する人の努力を無視するような問題です。対義語は一つでないのです。

結論:こんな問題を作った先生が一番悪いし、馬鹿だ。
で、どうでしょう^^
#1さんの回答が正しいようですね。
わたしは、まとめ屋さんみたいですね^^

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%BA%D2%A4%A …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たくさんの方の回答をいただきましたが、No.10さんにまとめていただいたように、
・「幸い」の回答は「不幸」「災い」どちらでもOK
・テストでこんな問題を出すのは不適切
・反対語辞典では「幸い」の反対は「災い」
ということで、一応納得しました。

お礼日時:2005/06/13 22:26

不幸せ では?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「不幸せ」はテストの選択肢にありませんでした。「不幸せ」の対義語は「幸せ」ではないかと思います。

お礼日時:2005/06/13 22:21

聖書ではこう言う使いわけしてますでしょ?


「幸いあれ」
「災いあれ」
答えは身の回りにあるものですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
聖書に載っているのですか。反対語辞典にしても聖書にしても印刷物に載っているとなんとなくそれが正しいような気がします。参考になりました。

お礼日時:2005/06/13 22:20

「幸い」の対義語が「災い」である根拠はゴロあわせです。


こういう面はけっこうみつかりますね。
さいわい⇔わざわい="わい"のゴロあわせ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言葉のゴロを考えると「幸い」、「災い」が対義語のような気がしていました。ただ、意味を考えると「幸い」、「不幸」も対義語でよいのではないかと思います。

お礼日時:2005/06/13 22:18

普通に考えれば「幸い」⇔「不幸」かなぁ。


根拠は、常⇔非常や安定⇔不安定。

#2の回答にも納得できるし、#4の回答にも納得できます。
>手錠をハメた様子を絵描いた文字(似てる)ですので、それを免れて
って漢字源にも書いてました。

辞書が災いということなのでそうかもしれないですが、辞書もイマイチ信じられないものが多いし、特に反対語は論争が絶えないですよね。自分の感覚では不幸です。(感覚はいらないですね^^)

#1さんの言うとおり言語学者でも意見が分かれるようなものは良い問題ではないですね。
お子さんの先生の意見も聞いてみたいです。

こんな論争があるから言葉が好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
軽い気持ちで質問したのですが、いろいろ意見が出ておもしろいです。私の場合、回答者の方と違い感覚的には「災い」です。(ゴロが「幸い」に似ているので)

お礼日時:2005/06/13 22:16

回答No.2で普通に考えれば不幸とありますが普通に考えれば「災」でしょう。


漢字の成立を想えば幸=ラッキーで良いと思います。
しあわせ~♪はラッキーの転だと思いますが現代では、そんな事を想う人は居ないでしょう。
幸は手に手錠をハメた様子を絵描いた文字(似てる)ですので、
それを免れてラッキーって意味が正しいです。
よって正解を一つに絞れば「災」だと推測します。
私は漢字はよく解りませんが中学生に出す問題ではないと思います。
解字についてのウンチクはとても面白い事だとは思いますが、
問題にする事ではないと思います。
まぁ頭の良い人程、説いたり諭したりする事が下手なので、
この問題作った人は漢字が大好きなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

違う切り口からの回答ありがとうございました。
いろいろな見方があるものですね。なかなか奥が深い問題です。

お礼日時:2005/06/13 22:11

広辞苑(広辞苑がすべてではないんですが)によると、


「幸い」運が良く恵まれた状態にあること。幸福。
「幸福」心が満ち足りていること。
「不幸」幸福でないこと。
「禍・災い」傷害・疾病・天変地異・難儀などをこうむること。悪い出来事。不幸な出来事。

選択肢を切るテクニックとしては、状態≠出来事だと思えたか。ということでしょう。

訂正あります。
「幸い(副詞的)」の対義語なら「不幸」ではなく「不幸にも」でないといけませんね。そんな問題だったら先生が悪いですよね。

答えが災いだったら私は先生に文句言えないですから、子どもさんに私の回答を持たせてやってください。なんて...

連続投稿すみませんでした。
    • good
    • 0

普通に考えると「不幸」でしょう。



幸い(名詞)=幸福⇔不幸≠災い
ex.不幸中の幸い。

「幸い」(副詞的に用いて)=幸いにも≒運良く⇔不幸にも≒運悪く≠災いにも(こんな言い方しませんが)
ex.幸い、私は電車に間に合った。

名詞と考えても副詞的に考えても対義語は「不幸」が適切。問題は名詞の場合じゃないですか。明記されていなかったら名詞でしょう。

ちなみに災い(禍)は、思わぬ不幸な出来事という意味ですから良い選択肢であり、個人的にはむしろ悪問ではなく良く練られた良問だと思わないこともないです。

状態≠出来事です。
答えが「災い」なら私が先生に文句言いますから、教えてくださいね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
なんとなく「幸せな状態」と「幸せな出来事」の意味の違いということはわかるのですが、「不幸」、「幸福」、「幸い」は「状態」の意味でも「出来事」の意味でも使えるような気がします。「災い」は「出来事」だと思います。
ということで根拠としてはちょっと納得できないところです。

お礼日時:2005/06/13 22:08

 ここでこんなこと言っても意味がないんですが、その問題を考えた人は、自分がせっせと国語嫌いの子供を量産してることに気づいてないんでしょうかね。



 その問題はどっちも正解です。
 でも、なんだかんだ解釈をつけて、どっちか片方だけを正解にしてしまうんでしょうね。(厳密にいえばどーたらとか言って)

 模範解答としては「災い」が正解です。
 「不幸」の反対はおっしゃるとおり「幸福」で、厳密には「幸いのある状態」であって「幸い」そのものの対義語ではないからです。

 しかしこの解釈は人それぞれで、全ての言語学者が「災い」を選ぶかというと、そういうわけでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「幸福」は「幸いのある状態」なので「不幸」の対義語ということですが、「幸い」を辞書で調べると「苦しみや悩みがなく自分にとって望ましい状態であること。しあわせ。幸福。」と書いてあり、「幸い」と「幸福」はほとんど同じ意味ではないかと思いました。
結局、ご説明いただいたように「どっちも正解」ということなんでしょうね。

お礼日時:2005/06/13 11:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q煩悩ってどういう意味ですか?

煩悩(ぼんのう)ってどういう意味ですか?
辞書で調べても難しくて理解できません。
具体的に、わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
 
  煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。
 
  仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。
 
  しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。別に和服でなく、洋装でも構わないのです。また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。
 
  あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。極楽じゃ。しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。
 
  また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。
 
  大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。
 
  仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。
 
  もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。これも煩悩か」などとなります。
 
  「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。
 
  これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。
 
  煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。(ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。
 
  煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。
 
  肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。
 
  人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。
 
  「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。
 
  世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。
 

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング