染物をしようと思ったのですが、「ソーダ灰」というものを使うと効果的だというのですが、それってなに?薬局などで買うことはできるのでしょうか?どうしたら手に入るのか教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソーダ灰は、炭酸ナトリウムの無水物のことです(洗濯ソーダは炭酸ナトリウムの10水和物の結晶です)。



東急ハンズの染色用品売場にあったと思います。その他染色用品を扱う店にあるかもしれません。薬局にはあるかわかりませんが、もしなかったら次のようにして作れます。

重曹(炭酸水素ナトリウム)をフライパンに入れて、弱火から中火で加熱するとだんだん重曹の外観が変わって、灰のような感じになってくると思います。完全に変わったと思ったら、これでソーダ灰のできあがりです。加熱によって炭酸水素ナトリウムから二酸化炭素が出て、炭酸ナトリウムに変化したのです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。どうしてこんな事を知ってるのかと、感心してしてしまいました。私は何でも自分で作ってみるのが好きなので、万が一購入できなくても、これで確実に手に入るってわけですね。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/10/05 18:05

回答は出ているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「草木染め掲示板:2001年8月8日<水>22時41分」

ご参考まで。

参考URL:http://fb1.webmasters.jp/bbs.cgi?katz
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざご親切にありがとうございました。早速Checkしてみました。

お礼日時:2001/10/05 18:12

薬局では「洗濯ソーダ」と言ったほうが理解されやすいかもしれません。

純粋な炭酸ナトリウムではなく.多少の不純物を含んでいます。
それから.釉薬を取り扱っている陶磁器材料店(マルニ・シンポ・伊勢きゅう)等では.ソータ灰を陶磁器原料として販売しています。昔は.染め物屋に「アク」(ソータ灰等がなかった昔は灰からアルカリ分をとり使用していた)残りを陶磁器材料として使用していました。だから.陶磁器材料を探すと染め物材料が見つかります。「ソータ灰」といって通じるはずです。

どうしてもみつからない場合には.関東化学・和光純薬という試薬屋をお知らせします。検索して該当会社のサイトを見つけて.近所の代理店を探してください。
試薬ですから.炭酸ナトリウムそのものを販売しています。もっとも低価格な(不純物の多い)試薬2級程度で.十分に使用に耐えます。ただ在庫がなかった場合など.試薬特急(化学分析に使用するために重金属含有量を低くしている。染め物には不必要な程度の高純度な商品です)になったりしますので.高価になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうしてこの回答が「自信:なし」なのか不思議なくらい専門的な回答、ありがとうございます。「試薬2級程度で十分」という部分が特に参考になりました。ではまず、検索してみます。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/10/05 18:19

 ソーダ灰とは,炭酸ナトリウム(Na2CO3)の事ですので,薬局で購入できます。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速薬局に行ってみます。

お礼日時:2001/10/05 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソーダ灰ってなに?

染物をしようと思ったのですが、「ソーダ灰」というものを使うと効果的だというのですが、それってなに?薬局などで買うことはできるのでしょうか?どうしたら手に入るのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ソーダ灰は、炭酸ナトリウムの無水物のことです(洗濯ソーダは炭酸ナトリウムの10水和物の結晶です)。

東急ハンズの染色用品売場にあったと思います。その他染色用品を扱う店にあるかもしれません。薬局にはあるかわかりませんが、もしなかったら次のようにして作れます。

重曹(炭酸水素ナトリウム)をフライパンに入れて、弱火から中火で加熱するとだんだん重曹の外観が変わって、灰のような感じになってくると思います。完全に変わったと思ったら、これでソーダ灰のできあがりです。加熱によって炭酸水素ナトリウムから二酸化炭素が出て、炭酸ナトリウムに変化したのです。

Q【市販のソーダ生成器、ソーダ製造器は二酸化炭素ボンベをセットして使うものが多いですがこれって健康に良

【市販のソーダ生成器、ソーダ製造器は二酸化炭素ボンベをセットして使うものが多いですがこれって健康に良いのでしょうか?】


二酸化炭素カートリッジに入っている二酸化炭素は人体に問題はないですか?


大手飲料メーカーの炭酸水は飲めますが、知らないメーカーの銀色の金属の小さなCO2カートリッジの中身がどんな二酸化炭素が入っているのか怖くて本当に身体に害がない二酸化炭素なのか不安です。

二酸化炭素は産業用二酸化炭素とかないんですか?

全て同じ二酸化炭素は二酸化炭素?

Aベストアンサー

>二酸化炭素は産業用二酸化炭素とかないんですか?
ありますよ、でも通常150Lのドデカい奴しか使いません。
生ビールなどに使う小さいボンベは厚生労働省の基準を満たしています。

Qハイドロサルファイトコンクとソーダ灰の安全性について

こんにちは。よろしくお願いします。
この度、「藍の生葉染め」を各学童クラブで実施する事になったのですが、子供に関する事で、万が一という事があってはいけませんので、安全性についてご質問致します。
 (1)藍の絞り汁500ccにティースプーン2杯程のハイドロとソーダ灰を加えますが、それに直接触れても大丈夫でしょうか?
 (2)分かればお答えいただきたいのですが、「つめについた藍色は、どのようにして落とすことができますでしょうか?」又、どの程度落ちますでしょうか?

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。いいですね、子どもたちが化学に興味を持ってくれたらと思います。

(1)について
ハイドロサルファイトについて:
これはかなりきつい還元剤です。実験で扱ったことがありますが、一気にいれたり量が多いと発泡するときもあります。また蒸気は強い刺激があるのでなるべく吸わないようにしたほうがいいです。粉末状のものを小学生が扱うのはお奨めできません。

ソーダ灰について:
これは弱アルカリですので一般的性質から言って肌を痛めます。神経質になる必要は無いと思いますけど、自信は無いです。

どちらにしろ両方を溶かしておいた水溶液をあらかじめ作成して、藍の絞り汁に加える、扱う時は手袋をするといった安全策を取った方がいいですね。

(2)について
脱色した液が衣服や皮膚についた場合、取るのは非常に困難です。そりゃ染色するための液ですからね。
ですから『つかないようにする』ことに重点をおきます。エプロンや手袋で保護しましょう。ついた場合はすぐに石鹸で水洗しましょう。早ければ早いほど落ちますが、あとは皮膚の代謝で染まった部分が無くなるのを待つしかないです。
また小学校5・6年くらいでないと危険かもしれませんね。

こんばんは。いいですね、子どもたちが化学に興味を持ってくれたらと思います。

(1)について
ハイドロサルファイトについて:
これはかなりきつい還元剤です。実験で扱ったことがありますが、一気にいれたり量が多いと発泡するときもあります。また蒸気は強い刺激があるのでなるべく吸わないようにしたほうがいいです。粉末状のものを小学生が扱うのはお奨めできません。

ソーダ灰について:
これは弱アルカリですので一般的性質から言って肌を痛めます。神経質になる必要は無いと思いますけど、自信...続きを読む

Q硫化ソーダと次亜塩素酸ソーダの反応

硫化ソーダ(Na2S)水溶液と次亜塩素酸ソーダ(NaClO)の反応式を教えていただけないでしょうか。この反応に関する情報のあるサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

#1ですが多分そういう事になると思います。
ただし過剰にNaClOを加えて加熱したりすると、生じたSが更に酸化されて、
最終的にはSO4^2-(硫酸イオン)が生じるかも知れません。

Q藍染につかう薬品。ハイドロサルファイトコンクとソーダ灰について

 タイトルの薬品の危険性についてお教えください。
 夏休み期間中に、数箇所で小学生向けに藍染を行いたいと思っています。
 特に、(1)素手で使用してもよいか(素手でそめてもよいか)(2)使用するに当たって気をつけるべきことについて(口に入った場合、目に入った場合、衣服についた場合等)についてお教えください。

Aベストアンサー

こんばんは

ハイドロサルファイトは、吸い込むと喉に強い刺激がありますから、粉末の状態での扱いに特に注意してください。また、湿気を吸いますから、使用後はすぐ蓋をしておいてください。
染液になれば、素手で触っても、皮膚の弱い人でない限りはさほど心配はいりませんが、藍染めの色が皮膚に付くとなかなか取れません。できれば手袋の着用をお勧めします。

ソーダ灰はアルカリ性ですから、皮膚を痛めます。(タンパク質を分解します)水酸化ナトリウムほどではありませんが、やはり皮膚の弱い人は素手は避けた方が無難でしょう。

藍染めの染液が衣服に付くと、そのまま染まってしまいます。真っ白い服なら塩素系漂白剤で消せますが、色柄ものはそうはいきません。(いっそのこと全身藍色の服で作業すれば大丈夫?)

QSBS(重亜硫酸ソーダ)と次亜塩素酸ソーダの反応式

SBS(重亜硫酸ソーダ)と次亜塩素酸ソーダの反応式が知りたいのです。
水に次亜塩素酸ソーダを入れると酸化作用(殺菌作用)が発生しますが、
SBSを加えることにより還元され、酸化作用がなくなります。
それを化学式で表すと、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

重亜硫酸ソーダは NaHSO3 で,還元剤として次式に従って反応します。
NaHSO3 + H2O → Na+ + 3H+ + SO4(2-) + 2e-

次亜塩素酸ソーダは NaClO で,酸化剤として次式に従った反応をします。
NaClO + 2H+ + 2e- → NaCl + H2O

両者を混ぜた時の反応は,両式を足し合わせて次式となります。
NaHSO3 + NaClO → NaHSO4 + NaCl

いかがでしょうか。

Q定量方法(重曹+ソーダ灰)

乾燥炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムと乾燥硫酸ナトリウムの混ざった粉があります。この中の炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムを定量したいのですが。できれば、すぐ測定できる滴定方法がありがたい。

Aベストアンサー

補足です。第2段階目では第1段階で、Na2CO3から生じたNaHCO3もあります。
したがって、第2段階で消費した20.4mlのうちの10.4ml分は、第1段階のNa2CO3から生じたNaHCO3に相当する分です。
したがって、残りの10mlがはじめに混ぜたときのNaHCO3に相当する分です。

したがって、少し誤差はあるようですが、無茶苦茶な数字にはならないと思います。

一般に、メチルオレンジの変色の終点が少しわかりにくいのではないかと思いますので、色見本用に適当なサンプルを作って比較されるのがよいと思います。

それと、確認ですが、第2段階目の終点の付近で、溶液の煮沸をなさっていますよね?これを行わないと、誤差が出るようです。

Qヨウ素液とスクロース溶液は薬局で手に入りますか?

こんにちは。
理科の自由研究で葉緑体を顕微鏡で観察しようとおもいます。
インターネットで調べてみると、葉緑体をプレパラートにする際は水ではなくスクロース溶液がいい、と分かりました。

薬局で買いたいのですが、買えるでしょうか?
親と買うので「子供じゃダメでしょう・・・」ってことはないと思います^^

また、光合成をしているかどうかの確認のためにヨウ素液も必要なのですが、薬局に売っているでしょうか?
ヨードチンキやうがい薬でも代用は出来るようですが、本当に反応はでますか?

たくさんの質問で申し訳ありません・・・。
ぜひご回答お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素でんぷん反応のためのヨウ素液である場合は、
ポビドンヨードのうがい液なら代用できるかと思います。
イソジンうがいですね。
ヨードチンキの場合は、アルコール溶液なので、アルコールが多い場合は、ヨウ素でんぷん反応が起こらなくなるので、精製水で薄めるほうが良いでしょう。
手に入りやすさから言っても、うがい薬ですね。
スクロース溶液はすでに回答が出ているので省略します。

Qパケットし放題とパケット定額ライトの違い

現在 オレンジプラン(WX)に入ってまして パケットし放題又はパケット定額ライトの付加サービスを付けようと思ってるのですが、この二つの割引サービスの違いがパンフレットを見てもわかりません。
下限が1029円か1050円かの違い以外、サービス内容は同じです。
一体何故同じサービスが二つ存在するのでしょうか?
ハケットし放題だとこうで、パケット定額ライトだとこう、という違いの説明をどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

平たく言えば、オレンジプランはauの料金プランのコピーです。
パケット定額ライトはauのダブル定額ライトのコピーであり、オレンジプランにのみ付けることができます。
(パケットし放題はソフトバンクオリジナルのサービスで他の料金プランでも使えます)
両者の違いは下限金額だけです。

ソフトバンクがauと同じような料金プランを用意しているのは、MNPでソフトバンクに来た人が、前の会社と同じ料金で利用できるように、という配慮だと思われます。
他にdocomoの料金体系をまねたブループランというのもあります。
(docomoのコーポレートロゴが赤になってもブルーのままです^^)

Q灰化装置とはなぜ必要なのですか?原子吸光・ICPにはなぜ灰化しないとい

灰化装置とはなぜ必要なのですか?原子吸光・ICPにはなぜ灰化しないといけないのですか?

Aベストアンサー

質問が具体的でないのですが、多分、原子吸光,ICP等の検液作製の前処理
  に使う「低温灰化装置」のことだと思います。

  簡単な原理:減圧下で高周波エネルギーによって原子状酸素を発生させ
        これと試料を接触させることにより、低温下で試料を酸化
        し、灰化することが出来る。
        灰化試料を測定目的に合わせた溶媒(酸等)で溶解し検液とする。
        揮散しやすい元素(例えば水銀)は回収装置が必要。
 
  この装置を使うことにより試料の前処理の迅速化および溶媒への溶解性が向上する。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング