私は今乗っている車を、錆が発生しないように末永く大事に乗りたいと考えています。
そこで質問ですが、電子防錆装置は本当に効くのでしょうか?
ぜひ実体験まじえて教えていただきたいとおもいます。
また、ご使用になられた商品名などもご教授いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 これは電子を供給して、鉄が酸素と仲良くなるのを防ぐ装置の事ですね。

それなら、ディーラーオプションとしている自動車メーカーもかつてはありました。

 厳密に申しますと、どこもかしこもさびなくなるワケではありません。鉄が酸化鉄となるのを防ぐ代わりに、車体に電流を流す部分(=端子)がモーレツに腐食します(これを犠牲電極と言います)。
 船舶では結構常識的に使用されており、また、プラント(石油や水などのパイプライン)でも利用されています。

 現在のクルマは例外なく亜鉛メッキ鋼板が広範囲に使われており、電子防錆装置が必要なほどさびませんが、この亜鉛メッキ鋼板も考え方としましては同じです(亜鉛の層が犠牲電極となり、鋼板が酸化鉄となるのを防ぎます)。
 電気を流さず犠牲電極とは?と不思議に思われるかもしれませんが、実は種類の違う金属をピッタリ密着させると、電位差が発生して電位差腐食が起こります。かつてイタリア製スポーツカーの車体として有名だったスーパーレジェッラボディ=鋼管にアルミパネルを直接リベット止めした車体では、当時のまま残っているモノは現在では極めて稀です。これは、アルミと鉄で電位差腐食が起こり、アルミが犠牲電極となってボディだけがボロボロに崩壊したからです。

 いすゞ自動車でかつてアクセサリ扱いだった電子防錆装置は、乗用車なら上流1コ/下流1コ、大型車なら各2コ以上使う事になっていました。一応個数を増やして長いクルマにも対応していた様で、逆に考えますと、これから乗用車は1組で隅々まで届いた、と言えるでしょう。

 また、電極は両面テープで貼る様になっていましたが(接着面に穴があり、そこから細い電極がボディに接触する様に出ていました)、施工説明書によると「電極を接着する箇所のボディの塗膜及び下塗り膜は、完全に剥離せよ」と書かれていました。さすがにブ厚い自動車の塗膜は、微弱電流など流す余地はないのでしょう。

 さて、いすゞ自動車がオプション設定していた電子防錆装置は、『ラストアレスター』とゆぅ商品名だったと思います。確か北米製で、プラントの防錆などに既に実績のあるメーカーのモノでした(乗用車用で¥5万ほどと、結構高価でした)。

 アノード(電極)はブ厚いアルミの板で、腐食してもカンタンにはなくならない容量を持っていました。そしてこの板の中心をクリ抜いて湿度センサを組み込み、雨天などでぬれている時にはバッテリから流している電流値を下げ(雨水が電解液として働きます)、乾燥すると電解液が不足するのでバッテリからの電流を増やすとゆぅ制御をしていました。また、バッテリ電圧が11.8Vを切ると、バッテリ保護の為湿度とは関係なく電流を切ります(これらの制御の為、バッテリ~アノード間にコントローラがありました)。
 アノードは車体の代わりに腐食するモノなので、アノードだけのスペアも販売されていました。ただ、実験した結果を伺ったところ、走行5万kmぐらいではアノードはまだまだ使えるほど残っていたそぅです。

 現在ではこの商品は廃止となっている様ですが、それはアルミ板の代わりの犠牲電極が標準装備となり(=亜鉛メッキ鋼板が当たり前になり)、サビのクレームが極端に少なくなったからの様です。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

なんか、だんだん専門的な回答になってきて、私の頭はフル回転状態です。
端子部が錆び易いというのは、聞いたことがありました。あと「ラストアレスター」という商品広告は「オートメカニック」という雑誌で最近見かけたので、細々と流通しているようです。
本当に自動車を錆びさせたくないなら、屋外を走行させないことが一番なのでしょうが、実用となると厳しいみたいですね。
考え方の一つとして、自動車は消耗品と割り切れればいいんでしょうけど。なかなか高価なものでもありますし、結構気になります。
あと最近の車は、昔の車に比べて錆びにくいということは、知り合いの自動車屋も言ってました。外板の錆は今やクレーム対応してくれるみたいですし。
貴重な回答に感謝いたします
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 10:11

 みなさんとてもお詳しくて、私なんぞ恐縮してしまうのですが…。



 私はこのテの装置の取り付けを見送った者です。
 去年、車をレストア(資金の関係で前半分だけ(涙))しました。
 その際に前から気になっていたこの装置を付けようと、いろいろと旧車関係で調べたのですが、結論は「新車を買ってすぐに取り付けないとあまり意味がない。」ということでした。

 ネジを1度でもバラしたり、増してや既に少しでもサビが出ている状況では化学的に効果が期待できないそうです。

 私は化学の専門知識がないので詳しい理屈は分かりませんでしたが、結局あきらめました。

 その代わり「ノックスドール」というスウェーデンの防錆剤で車の隅から隅まで徹底的に処置してもらいました。費用は7万ぐらいでした。

 車の下回りにねばねばした真っ黒のタール状のモノが塗られ、また、ありとあらゆる「穴」にもドロッとした薬品が吹き付けられています。

 これが効果があるかどうかは何年か待たないといけないと思います。また、防錆効果を持続させるには、定期的に処置し続けなければいけないらしいです。
 でも、私は今の車にきれいに乗っていられるのでしたら、それぐらいの出費はしかたないと思っています。

 1年経った現在のところ、何の変化もありません。まあ1年程度なら、例え何も施していなくてもそんなに変わりはないでしょうけど。

 今の車をずっとお乗りになりたいのでしたら、少しでも早くサビ対策をなさった方がいいと思いますよ。

 それから蛇足ですが、長く乗るほど「部品」の確保が難しくなってきますので、対策を練られるとよいかと思います。
 私は部品取り車として同型の車を数台確保しています…(フツーはここまでしなくてもいいと思いますが。)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
この手の物は新車時に取り付けないと意味が無いということですが、錆びの進行をある程度防ぐことも期待できないのでしょうか?
ちょっと疑問におもいました。
「ノックスドール」については類似品を私も使用しています。イエローハットに売っていたホルツの物です。本当は業者さんに頼みたいのですけど、いかんせん値段が高くて手が出ません。ただ自分で処理したので車の構造についてはよく理解することが出来ました。
同じ車を大事にする方のアドバイスはうれしかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 12:20

電気を流して防錆するという技術はタンカーなどの大型船の船体 防錆など広く実用化されています。



私は使用したこともなく、ちらりと見た車体電子防錆装置HPの知識だけでの疑問点をいくつか…。

◇錆の出やすい場所
水が溜まりやすいところが一番錆が出やすいです。車体でいうとフェンダー部のボルト止めしてある場所とかです。他にも色々あるとは思いますが、ボルトと車体の隙間に水が入り込み、他の大部分が乾いていたとしてもその部分はなかなか乾燥しません。車体の錆は目に見えるところではなく、見えないところで進行していると思って下さい。こういう錆の要注意箇所にまでこの電子防錆装置が行き届くのかどうか。

◇電極の位置
電極を張り付ける位置が非常に重要になってくると思います。二つの電極の間では、ある程度効くのかもしれませんが、それ以外のところまで行き届くかどうか。

◇抵抗の高さ
実用化されている大型船では、塗装面の外側は海水(≒塩水)です。海水は非常に抵抗が低く、一方で車体の場合は雨水です。こちらの方が抵抗が高いと思います。
また、錆がでるには酸素供給がなされる環境でなければなりません(FeにOがくっついてFe2O3などの錆が生成される)。車体全面が水に覆われている状態では錆は出にくく、乾く過程で車体と空気が触れることによって錆が生成されます。ということは電極間の抵抗は雨水ではなく、塗装の抵抗が重要になってくると思います。雨水より圧倒的に塗装の方が抵抗が高いのはいうまでもありません。…となると効果の方は???かな?

ということで、余り期待されない方が良いかと思います。

参考URL:http://www.mitsui-kinzoku.co.jp/project/atsuen/t …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんです。rczdさんのおっしゃるとおり、目の見えない場所の錆に対して心配だったんです。外板は比較的簡単に予防や補修ができますからね。
錆の要注意箇所までの性能があるかどうかは、やはり実際に使用したことのある方に聞くのがいいようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 09:51

省庁再編でよく判らなくなりましたが、


昔の運輸省 港湾技術研究所では、
湾岸の工作物の腐食対策に電子防錆装置を
実際に、設置してデーターを取っております。
さびについて詳しく?書かれたページは
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/yokohamagicho/hello …
に有ります。
さびとは、電気の仕業だとか、
だから100%の鉄が存在すればさびは発生しないとか
以前聞いた事があります。^^

参考URL:http://www.2ken.motnet.go.jp/yokocho/hello11/tal …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。官公庁で使用されているというのは聞いたことがありました。教えていただいたURLをさっそく覗いてみます。

お礼日時:2001/10/12 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素系漂白剤について

サーモスのマグが汚れてきたので、漂白剤で綺麗にしようと思ったのですが、取扱説明書には酸素系漂白剤を使ってくださいと書いてありました。
近くのドラッグストアで探してみたのですが、いまいちどれが酸素系漂白剤なのか分からず困っています。
何か有名な酸素系漂白剤はありますでしょうか?(例えば塩素系だとカビキラーなどの比較的有名なもの)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キッチン泡ハイタ―が便利ですよ!!さっとひと吹きで綺麗になります。泡なのでゆっくり汚れを落としながら綺麗になります!是非お試しあれ~~!!手もぬるぬるしませんよ!

Q新車を末永く乗るための、乗り方、メンテナンスについて

このたび、新車ヴォクシーを購入しました。
末永く10年以上は乗りたいと思います。
注意することなど、ありましたら教えて下さい。
例えば、以前は新車は、ならし運転とかいって、3000キロ未満の時は、あまり回転数をあげたらいけないとかありましたけど、最近の車もそうでしょうか?
高速道路などは、時速何キロぐらいで走行したらいいのでしょうか?
また、ほかに注意する点がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

そうですね、やはり慣らしは必要です。
エンジン、バルブ、ベアリング、ギヤが噛み合っている所などなど
常に摩擦する個所に、いきなり高回転を与えると具合が悪くなります。
通常は1000kmまで慣らせばよいでしょう、その頃にはディーラーでの
無料1000km点検を受けオイルとオイルエレメントを交換しましょう。
そして5000kmまでは徐々に回転数を上げていきます。
気分的にはギヤオイルとデフオイルを交換したいですね。
ヴォクシーの場合はATF&デフオイルでしょうか。
お金に余裕が無ければしなくてもいいのでしょうが。(^^;

乗り潰すことをお考えなら消耗系の部品を定期的に交換しましょう。
オイル類は距離をひっぱりすぎると故障の原因になりかねません。
電気系の部品も気をつけてください。いくらエンジンが元気でも
電気がダメだったら動きません。電気系は突然逝ってしまいます。
できれば予備部品を搭載しておきましょう。

Q白Tシャツの脇の黄ばみ、酸素系漂白剤を使っても落ちません

よろしくお願いします。
黄ばんだ部分に直接酸素系漂白剤(液体)をつけ、
粉洗剤、酸素系漂白剤が入ったお湯に半日近くつけ置きしてから
洗濯機で洗ったんですが、においは取れたものの
黄ばみは落ちませんでした。
もう黄ばみを落とす事はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もいちばん簡単手軽な方法として、塩素系のブリーチで落としていますが、下記のところの方法が本当なら、すごいと思いませんか?
http://www.kbc.co.jp/an-room/diary/okuda/diary.html?slt_year=2008&slt_month=5&slt_day=00

(1)酸素系漂白剤と重曹を同量混ぜてつける。(重曹はアルカリ度を増す)
(2)それでもだめならそのままヤカンの口に持っていき
 泡が出るまで温める。(温度を上げることで活性度がますという)

Q車の錆なのですが、無数に点状の錆があります。 業者に頼んでポリッシュで

車の錆なのですが、無数に点状の錆があります。 業者に頼んでポリッシュでだいぶ落としてもらったのですが、落ちない錆がありこれ以上ポリッシュでは出来ないと言われました。 外からの錆なのでボディー(鉄)までは達していないと願いたいのですが、何か個人で落とす方法はないでしょうか?
全塗装で錆を無くすしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

鉄粉が 塗装膜表面に刺さってるので 表面上の問題でしょう
研磨は 塗装を削ってるので やりすぎると 塗装がなくなっちゃいます。 業者さんもコレを警戒してるのでしょう。

パープルマッジクという 溶剤が 鉄粉に反応し 紫色になります コレを 部分的に試してみては?

後は シュアラスターのスピリットという WAX成分のみを 溶かす クリーナーでひたすら磨く
研磨剤は入っていないので 塗装膜を侵すことはありません
但し WAX成分を取っちゃうので 必ず最後に WAX掛けをして終わらせて下さい。
全体や 広い面積をやろうとせず 30cm角の範囲とか 徹底的に磨くを心がけると ムラ無く仕上がると思います。 
スポンジ ウエス(拭き取りペーパー)を沢山用意して やってみてください。

また 鉄粉が何処で付着したかを 特定し 再度付着させないような対策も必要です。
工事現場や 鉄工所などの近くでは 研磨粉(鉄粉)が飛散してきます。

Q酸素系漂白剤の危険性は?

塩素系漂白剤は混ぜなくても危険だし、酸素けいと混ぜると死ぬほど危険なのはわかったんですが、
酸素系漂白剤の危険性はないんですか?寝る前にバケツにフキンを入れて、酸素系漂白剤につけて寝ようと思いますが、6畳ほどの狭い部屋で換気をしないで寝るので毒性があると不安です。
大丈夫でしょうか?
酸素が発生するとした場合、酸素もオゾンみたいに酸素が強すぎると肺がくさったり、気管支がやられたり危険ですよね?

Aベストアンサー

酸素系漂白剤も「過炭酸ナトリウム(弱アルカリ性)」と「過酸化水素水(弱酸性)」がありますから、どちらの酸素系漂白剤か不明な質問には回答しにくいですが、塩素系漂白剤のような危険性はありません。

恐らく、液体漂白剤なら過酸化水素水と思いますが、以前は「オキシドール」の品名で医療消毒液として利用されてました。
傷口に塗ると泡が出るのが特徴で、髪の毛のメラニン色素を分解する性質もあるので、昔はオキシドールを使って茶髪にしてた時代があるぐらいですが、過酸化水素水ではオゾンは発生しません。

私は、仕事でコロナ放電を実験したりしてましたが、このような電気火花でオゾンは発生します。
ですから、実際のオゾン臭を知ってますが、極めて生臭く呼吸するのが堪えられないほど臭いです。
このような強いオゾン濃度でなければ、呼吸器系統に影響を及ぼしません。

Q同一車種を長く大事に乗ってらっしゃる方、コツを教えてください。

私は今乗っている車を末永く(20年以上)乗りたいと考えています。

そこで、古い車を今でも大事に乗っておられる方に、ぜひ、お聞きしたいんですが、長持ちさせるコツを教えてください。

どんな具体例(例えば錆予防法や洗車の仕方など・・・)でもかまいません。
皆さんに教えていただいたことをぜひ参考にしたいと思います。

なお、恐縮なのですが、乗っておられる車の年式等も教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 再びkimgwaです。

 な~んだ10年式なんて、私に言わせればピッカピッカの新車じゃないですか!(笑)

 私の車はサビのためエンジンルームにバレーボール大の大穴が開いてしまい、去年の夏に前半分だけレストアしました。ホントは丸ごとレストアするのがいいのですが、何せおカネがなくて…(涙)。

 その時、仕上がりと同時に、スウェーデン(だったかな?)の「ノックスドール」という、確かボルボも使っている防錆剤を何種類も、ありとあらゆる「穴」やボルト部、下回りなどにてってー的に吹いてもらいました。

 頼んだのはこの処置が専門にできる車屋さんで、当時は全国で3箇所ぐらいしかなかったように聞いています。

 たまたま私の自宅から30kmぐらいの長野県上田市にそのうちの1軒があったので、「最高コース」でお願いしました。
 金額は7万円ぐらいだったと記憶しています。

 今後も長く乗る決意でしたので、これぐらいの出費は何でもありませんでした。
 ただ、理想は今後も車検毎に処置することだそうで、それはさすがに懐に響くため、どうしようかと考えているところです。

 最近の車はサビ対策がよく施されているとはいえ、長く乗るためにはきちんとした処置をしておいた方がいいと思います。
 確かによっぽどのサビでもない限り、車の性能「そのもの」には影響しませんが、やはり気分がいいものではありません。

 reisonさんの車は、年式からしてこれから解体屋にたくさん出始める時期ですね。早めに手を打っておけば、状態のいい部品がたくさんGETできますよ。

 私も、以前の彼女が新車で買った車と同型車で、1000kmぐらいの走行で事故廃車になったのが解体屋にあったのを見つけたときは、部品を剥がしまくりました。

 時が経ちすぎると私の車のように解体屋にもない状態になって、部品の確保が大変になってしまいます。

 どうぞ、末永く今の車を可愛がってやってください。くれぐれも事故で潰してしまうことのないようお祈りしています。

 ご参考までにどうぞ。

 再びkimgwaです。

 な~んだ10年式なんて、私に言わせればピッカピッカの新車じゃないですか!(笑)

 私の車はサビのためエンジンルームにバレーボール大の大穴が開いてしまい、去年の夏に前半分だけレストアしました。ホントは丸ごとレストアするのがいいのですが、何せおカネがなくて…(涙)。

 その時、仕上がりと同時に、スウェーデン(だったかな?)の「ノックスドール」という、確かボルボも使っている防錆剤を何種類も、ありとあらゆる「穴」やボルト部、下回りなどにてってー的に吹いても...続きを読む

Q過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤

ワイドハイター等ではなくて
過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤で色物や柄物にも使用できる漂白剤を教えてください。

Aベストアンサー

合成界面活性剤が添加されていない商品がほしいということですね。でしたらせっけんメーカー、たとえばシャボン玉や太陽油脂やエスケーの製品がそれに該当します。3社とも過炭酸ナトリウム100%の合成界面活性剤の入っていない酸素系粉末漂白剤を出しています。

 過炭酸ナトリウム主体の酸素系漂白剤はウール・絹を除く水洗い可能な色柄物に使用できます。ただし極端な高温処理(煮洗い)や長時間のつけおきは色柄物には避けてください。

Q私はプリウス30系に乗っているのですが、サイドミラーカバーを他色に変えたいと思っています‼︎ そこで

私はプリウス30系に乗っているのですが、サイドミラーカバーを他色に変えたいと思っています‼︎
そこで質問なんですがカバー自体は簡単に外すことができるのでしょうか?どなたかお詳しい方回答どうぞよろしくお願い致します‼︎

Aベストアンサー

>カバーが通販で売ってますよね?

それはたぶん純正部品を複製したコピー品だと思います。
マフラーやスポイラー、スモークレンズなどといったファッションアイテムの類でしょう。
カバーのはずし方は知りませんけど、衝突実験映像をみるとカバーがよくはずれています。
https://www.youtube.com/watch?v=2BkXCSsKQJw
はめこんでいるだけならば簡単にはずせるんじゃないでしょうか。

Q異なるメーカーの「酸素系漂白剤」を混ぜて使用しても良い? Aの容器に詰め替え用のBを使用してもOK?

Aメーカーの「酸素系漂白剤」容器に、Bメーカーの詰め替え用の「酸素系漂白剤」を入れ、使用しても大丈夫でしょうか?

・最寄のお店では、Bメーカーの「酸素系漂白剤・詰め替え用」のみ店頭に並んでいて、本体容器を販売していません
・どうしてこんな売り方をしているのでしょうか?
・たまたま品切れしているのかと思いきや、もう一年近くこの店頭ラインナップです…

Aベストアンサー

酸素系同士なら大丈夫です。

混ぜてはいけないのは、

塩素「系」 と 酸「性」は危険なガスが発生します。

塩素「系」+酸素「系」=空気になりますから危険ではありません。


ご心配なら、容器を何度も洗ってご使用ください。

さらに心配ならAmazonなどでAメーカーの詰め替え用を購入して見られたら?

Q負荷電圧と回復電圧についてご教授お願いします。

13年式ワゴンに乗ってます。
昨日車検に出したんですが、バッテリーの放電テスト?の結果で

・負荷電圧9、94V
・回復電圧12、65V

・劣化しているから早めの交換をおすすめします。

ということだったのですが
負荷電圧と回復電圧ってなんですか?
この言葉と数値について詳しく教えて欲しいです。


早めの交換って言われても基準が分からないし表現がアバウトな気が…

ちなみに乗り方は
・基本、毎日乗る。
・『平均すると』、1回エンジン始動したら信号待ち抜きで『最低20分くらい』走ってると思います。
・朝と夜の割合は半々くらいです。
・オーディオ、LEDデイライト、その他LEDイルミネーションを常に使用してます。(イルミネーションは光量調整出来るもので最大光量の20~30%くらいでしか使用してません)


あと
エンジン始動にかなり大きな電力を消費するといいますが、
1回のエンジン始動に対して
だいたい少なくともどのくらい実走行すれば
ほぼ確実に電力を回復させられますか?

Aベストアンサー

>負荷電圧と回復電圧ってなんですか?

負荷電圧 
 始動時のセルモーター回転時に相当する大電流を流している時のバッテリー電圧です。
 当然高いほどバッテリーの余力があります。この暑い時期は10Vほどあれば充分ですが、真冬寒冷時は始動困難となる可能性があります。

回復電圧
 負荷電圧試験後の電流を流さない(無負荷)時のバッテリー電圧です。12.65Vに戻ればokです。
 無負荷の電圧はバッテリーの新旧、充電状態で大きく変わりますので参考程度です。

>1回のエンジン始動に対してだいたい少なくともどのくらい実走行すれば

 前の車にバッテリーの充、放電を見る電流計をつけていました。セル1回でエンジンがかかり、昼間でライトを付けない、エアコンなどの電装品もoffならば5分も走れば始動時に使った電力は充電完了でした。エアコン、ヘッドライトはもちろんですがナビ、オーディオは意外と大きな電気を使いますのでご注意を。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報