はじめまして。財務諸表の見方について勉強している者です。財務諸表を見ながら、売上高売上総利益率や総資本経常利益率といった財務指標を計算することはできるのですが、計算された数値が世間一般と比べてどうなのか判断できません。例えば売上高売上総利益率が12%と出た場合、これが高いのか低いものなのかが分からないのです。これらは業種業界や経年で変ってくるものだと思いますので、なるだけ細かいセグメントがされており、かつ最新のデータが得られるようなWebサイトや情報源をご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

 中小企業庁監修で次の本があります。

官報販売所、書店などで確認願います。

99014971 5か年版; 中小企業の経営指標; 平成6年版~10年度調査 中小企業庁監修;中小企業診断協会 3,000 同友館 4-496-02978-2 A5 2000/03

99014921 平成11年度調査; 中小企業の経営指標 中小企業庁 4,000 同友館 4-496-02974-x A5 2000/03

参考URL:http://www.gov-book.or.jp/seifu/seifu-howtoget.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無線LANの接続で、AP検索すると、自分のAP以外のAPが出てきます。

無線LANの接続で、AP検索すると、自分のAP以外のAPが出てきます。 つながるAPもありますが、それはいったい何なのでしょうか? 無料のAPみたいなものでしょうか? よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>公衆無線LANの場合は、それとわかるようになっているものなのでしょうか?

SSIDがソレと判るような名前になっている…ハズです。

ちなみに、ハニーポットしかけるのにそういうSSIDを使用するのは、威力業務妨害…だったかな?
# ハッカージャパン9月号辺りに載っていた…かなぁ。
# http://www.amazon.co.jp/dp/B003WY60T6

Q財務諸表の分析

ある企業の03年度の財務指標を、その業界の平均値と比較したいのですが、業界平均のデータをどうやって調べたらいいのかわかりません。データを掲載しているHPなど、ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

簡単なものでしたら、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/chousa/#keiei


書籍では下記のものが有ります。
中小企業庁【監修】・中小企業診断協会【編】
[A5 判] NDC分類:330.59 販売価:\3,000(税別)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976858698

参考URL:http://www.tkcnf.or.jp/04bast/

Q財務諸表の監査と四半期レビューについて

財務諸表監査は保証水準が高く監査基準が適用されるため、
公認会計士又は監査法人が行わなければならないとされておりますが、
四半期レビューについては、「監査」ではないため公認会計士や監査法人ではなくても
実施することは可能ということになるのでしょうか?

(年度の監査は公認会計士が行うためそのようなことは事実上ありえないのは承知してます)

Aベストアンサー

四半期レビューも公認会計士又は監査法人により行われる必要があります。

公認会計士又は監査法人の監査証明が必要な書類は、財務諸表等の監査証明に関する内閣府令第1条に列挙されており、同条第2号に四半期財務諸表が、同条第5号に四半期連結財務諸表がそれぞれ掲げられています。

さらに、この内閣府令第3条第1項において、四半期財務諸表又は四半期連結財務諸表の監査証明を「四半期レビュー」と規定しています。

以上から、四半期レビューも公認会計士又は監査法人により行われる必要があります。

Q京都銀行の決算の財務諸表分析

これは京都銀行の24/3/31の決算ですが、不良債権になりそうな負債はどこでみわければよいのですか?
http://www.fukuibank.co.jp/ir/financial/financial_data/pdf/final_accounts/201203_tanshin.pdf

お手数ですが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 不良債権になりそうな負債はどこでみわければよいのですか?

負債ではなく資産だと思いますが、個別の、ということであれば分かりません。

不良債権になるかもしれない総額は、貸倒引当金を見るのが一般的です。
また、不良債権について法律で開示すべきとされている項目については、p33に記載があります。

Q財務会計の概念フレームワークについて

財務会計の概念フレームワークについて

今、会計学の勉強をしているのですが、
財務会計の概念フレームワークといわれているものは、

具体的には、企業会計基準委員会が出している
討議資料 「財務会計の概念フレームワーク」
のことでしょうか?

また、この最新版は、2006年12月
であっているでしょうか?

Aベストアンサー

財務会計の概念フレームワークは、国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)においてそれぞれ策定され、その後共通化に向けての協同作業が行われているらしいのですが、これに追随して我が国の企業会計基準委員会から出されたのが、討議資料 「財務会計の概念フレームワーク」だと思います。

単に「財務会計の概念フレームワーク」という場合は厳密にはどれを指すのか特定できませんが、「討議資料 「財務会計の概念フレームワーク」」という場合は、我が国の企業会計基準委員会から出されたものを指すことになると思います。

なお、この最新版はお書きのとおり2006年12月のようです。

Q財務諸表について

財務諸表に関して分からないことがあります。まず、のれんの償却というのは実際にお金の動きはなく見かけだけのものでしょうか?のれん以外で同じように見かけだけの償却の項目を教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 のれんというのは簡単にいうと、連結上で子会社と合算したときや会社合併の時に現れます。例えば純資産1億の会社を1億2千万円で買ったときに、2千万円ののれんが発生します。実際にお金の動きは買ったときに終了しますが、合併した効果は数年にわたって継続するので2千万円分は各期に分けて償却します。
 これと同じように建物などの有形固定資産も買ったときに建物購入費などにはせず、減価償却して各期に分けて償却しています。
 一括で買おうが分割で買おうが償却については実際のお金の動きとは関係ありません。

Q■直間比率って?

企業における直間比率とはどういったものなのでしょうか?
直接、間接税でのことではないのですが・・・
販売管理費と労務費?
ちがうような・・・

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直接費 と 間接費 の比率です。

http://www.ccsjp.com/kaikei/kaikei208-1.htm

Qトヨタの財務諸表について

トヨタの単独の財務諸表はどこにのっているでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

トヨタのサイトで公表されている有価証券報告書に記載されています。
平成16年3月期分だと、168ページ以降になります。

参考URL:http://www.toyota.co.jp/jp/pdf/negotiable/h16_09_yukasyoken.pdf

QAP通信とはなんですか?

よく新聞とか、インターネットに出てくる「AP通信」とは何ですか?

記事もしくは画像に「AP」とか「AP通信」とか付いています。
このAP通信の画像、記事は誰でも転載していいのですか?
それともAP通信に登録とかしているマスコミとかが利用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

AP通信社 AP=Associated Press の略で、UPIと並びアメリカの2大通信社の1社です。
海外でAP通信社と契約している新聞社・放送局などの報道機関は7000社を超えて、AP通信はそれらの報道機関にニュースを配信しています。
通信社を通してのニュースは、その通信社名と記事の発信地が記載されます。

この記事の利用は、制限されていて勝手には使えません。
ご参考urlをご覧ください。

参考URL:http://msnbc.ilanguage.com/jp/terms_of_service.asp

Q日本のプライマリーバランスと企業の財務諸表の概念

ただ今僕は中学生なのですが、日本の将来に不安を持っています。
いろいろ本をよんでますが、むずかしくて理解できないこともあるので、
質問しました。まだまだ未熟なのですが、ご指導お願いします。

質問内容

企業の貸借対照表と政府のプライマリーバランスの概念を比べました。
企業や銀行などなら、自己資本率が大切なように、

国としたら、自己資本率のような概念はあるのでしょうか?

疑問に思うのは、国の借金と資本が貸借対照表の借り方の部分なら、
貸方の部分は、国の不動産や税収などになると思うのですが、

そうすると、自己資本率で考えると、マイナス%になるのではないかと思いました。

企業の財務の概念を政府に当てはめるのもちがうようなきがしますが…


そして2011年のプライマリーバランスを見ましたが、
http://www.sumai-fun.com/l-hikaku/010/post-32.html

その年だけの歳出・歳入だけしかわからず、
過去からの負債の額等も含めた判断ができないので、国全体の累積収支・支出
が判断ができません。
翌年度に負債額を繰越しているようにも見えないので、分からなくなりました。


企業の運営実績は財務諸表で判断しますが、

国を企業のように比べる時に使う、財務諸表なものは、プライマリーバランスしかないのでしょうか?
(例えば、アメリカと日本やオーストラリアなどを比べるときに…)

よろしくお願いします。 参考になる書籍などもありましたら教えてください。

ただ今僕は中学生なのですが、日本の将来に不安を持っています。
いろいろ本をよんでますが、むずかしくて理解できないこともあるので、
質問しました。まだまだ未熟なのですが、ご指導お願いします。

質問内容

企業の貸借対照表と政府のプライマリーバランスの概念を比べました。
企業や銀行などなら、自己資本率が大切なように、

国としたら、自己資本率のような概念はあるのでしょうか?

疑問に思うのは、国の借金と資本が貸借対照表の借り方の部分なら、
貸方の部分は、国の不動産や税収などになると思うの...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、一次資料、この問題だったら財務省のデータをまずは見ることをお勧めします。

> 国としたら、自己資本率のような概念はあるのでしょうか?

ありません。
自己資本比率が大切なのは、何らかのショックがあっても資産が目減りしたとしても債務超過にならないようにするためです。
特に銀行などでは、多くの資産は貸付金や出資金などの形をとるため、一定程度の自己資本規制がなければ、預金すら守られないような事態になります(実際にイギリスの大手銀行が、一支店の出した損失のために倒産したことがあります)。

一方で国の場合には、何らかのショックがあった場合でも債務を即座に清算することはないため、債務超過であっても利払いと債務返済が滞りなく行われていれば特に問題ありません。


> 国の借金と資本が貸借対照表の借り方の部分なら、貸方の部分は、国の不動産や税収などになると思うのですが、
> そうすると、自己資本率で考えると、マイナス%になるのではないかと思いました。

まずは日本政府の貸借対照表を見てみましょう。
http://www.mof.go.jp/budget/report/public_finance_fact_sheet/index.htm
ここにあります。

政府の会計(サイフだと思って下さい)には一般会計・特別会計の区別があります。また子会社も多いです。平成22年度はまだ一般会計分しか作られていないので、平成21年度の連結財務諸表を見てみましょう。
資産が772兆円に対して負債が1086兆円なので、自己資本比率を計算すれば-40%程度になります。


> 企業の運営実績は財務諸表で判断しますが、
> 国を企業のように比べる時に使う、財務諸表なものは、プライマリーバランスしかないのでしょうか?

国家観の問題になりますね。国は儲けるべきでしょうか?
儲けるべきであれば、自己資本比率がマイナスなんてあり得ません。1円でも多く税を上げ、1円でも少なく支出して、1円でも多くの利益を計上するべきですからね。企業はそれで良いんです。

さて、国家はどうでしょうか。
国家は、財政破綻しない範囲で、国民の幸福のために(建前上は、ですよ)税を少なくし支出を多くすべきです。
この財政破綻しない範囲の一つの指標として用いられるのがプライマリーバランスです。


> (例えば、アメリカと日本やオーストラリアなどを比べるときに…)

例えば日本は国民皆保険ですが、アメリカには国民健康保険なんてものはありません。アメリカの州ごとの違いもあります。
したがって、制度が違い過ぎ、国が提供している行政サービスが違い過ぎるので、一律にどうというのは難しいです。

しかし、例えば国民負担率という指標があります。これは、一定のサービスに対して国民がどのくらい支出しているかの指標です。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/020.htm

まずは、一次資料、この問題だったら財務省のデータをまずは見ることをお勧めします。

> 国としたら、自己資本率のような概念はあるのでしょうか?

ありません。
自己資本比率が大切なのは、何らかのショックがあっても資産が目減りしたとしても債務超過にならないようにするためです。
特に銀行などでは、多くの資産は貸付金や出資金などの形をとるため、一定程度の自己資本規制がなければ、預金すら守られないような事態になります(実際にイギリスの大手銀行が、一支店の出した損失のために倒産したことがあり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報