就職活動も近づいてきて、日経新聞を読もうとしたんですが記事の内容を全く理解できません。
そこで、経済について勉強しようと思ったのですが何から手をつければいいのか分からなくて、とりあえず「ミクロ経済学」について入門とかかれている本を読んだのですが、私の知りたいことと違う気がしてなりません。
経済と経済学はどこがどう違うのでしょうか?
経済とは何なのでしょうか?
また、経済について勉強しようと思ったら何から始めればいいのでしょうか?
工学部の私は経済、政治、法律の知識は皆無です。
そんな私に経済の勉強の仕方を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ミクロ経済学は経済学の本です。

工学にたとえると、機械工学とか、電子工学とかいった、学問の専門書みたいなものです。その本を読んでも、日経を読みこなすのにはあまり役には立ちません。電子工学の専門書を読んでも、日刊工業新聞が読めないのと同じです。
お勧めは「経済」の本です。今手元に2冊良い本がありますので、紹介しますが、これに限らず、「学」の字が題名に載っていない「経済」の本、しかも分かりやすそうで印刷の色が気に入ったものを選んでください。この辺の要領はアプリケーションソフトの操作方法についての本を選ぶのと似ています。

お勧めの本(例)
「経済のニュースが面白いほどわかる本(日本経済編)」細野真宏著 中経出版
「竹中教授のみんなの経済学」竹中平蔵 幻冬舎
            ↑この本には「学」の字が入ってるけどお勧めです。

経済学と経済の違いについて書きます。経済は身の回りにおきる現象です。物価が上がったり、雇用が厳しくなったりするのは経済的な現象です。この経済的な現象はなぜ起こるのか、どうすれば問題を解決できるのかを調べる学問が経済学だと私は認識しています。個人的な意見ですが、経済学が経済的現象を分析する学問である以上、経済学部に分系の人が行くのは間違いだと思います。

経済学部出身なので「経験者」ということにしときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「経済」と「経済学」の違いがなんとなく分かったような気がします。
私が知りたいのは、「経済学」ではなく「経済」だったのかなと思います。
まずは「経済」の入門書から始めようかと思います。それから「経済学」へ移っていこうかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 13:08

そもそものご質問に戻りますと、要するに、就職活動に必要だと思うから、日経を読もうとされたわけですよね。



まあ、世間的には一般的な考え方かもしれないし、恐らく、小雪ちゃんのCM見ていると、日経読んでないとバカみたいな気がされてるのでしょうね。

以上のことはすべて誤解です。日経など読んでも決して商売はとれないし、お茶飲み話のネタになるのがせきのやまです。だいたい、日経の記事の裏をとったら嘘だったなんかしょっちゅうです。そもそも新聞はそんな上等なソースではないのです。

まあ、どうしてもということなら、経済雑誌、例えば週刊ダイヤモンドとか、日経ビジネスとか読まれたらいかがでしょう。当然、新聞より頻度が少ないので解説も丁寧だし、情報もある程度新しいし、裏も新聞よりはとってるし、大体おおきなテーマしかとりあげないので、なにが現在のポイントかということが分かりやすいと思います。それに何より、新聞よりはおもしろいし。

それより、就職活動はあくまでもこれまで学んでこられた工学部の知識とあなたの人間性で攻めましょう。面接相手はそれこそ、何年も日経を読んできた人たちなので、生半可なことを言うとかえって逆効果ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。
質問では確かに就職活動に必要だからみたいなことを書いてしまいましたが、単に経済に興味を持った部分が大きくて、それなら就職活動がてらに勉強をしようかと思い、まず日経新聞に手を伸ばしたりしてみたんです。
確かに就職活動でそんな中途半端な知識は通用しないとは思っています。
でも、知識が0よりは1でも2でもあったほうがいいと思うのです。
経済雑誌のほうにも目を通して見ようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/18 14:21

No3のものです。

補足します。
お勧めの本は「日経 経済記事の読み方」です。今は2000年版が出ております。
この本は実際の日経新聞の記事を題材に重要ポイントを約50に分けて解説されています。
興味のあるところから読めばわかると思います。
またわからない言葉などが出てくると思うので、そのときには「経済新語辞典」(日本経済新聞社)やイミダスを引けば理解が深まるでしょう。
ご参考まで。
    • good
    • 0

 生きた経済を速攻で学ぼうと思うなら、実戦をお勧めします。


 まず10万程度でよいからとにかく無視はできないが無くなっても倒れない程度の金を用意し、ネット証券の口座を開いて、直感でコレ!と思った株を買ってみます。
 そしてそれを必ず1週間以内に売ってまた別の株を買うことを繰り返します。

 まずまちがいなく半年後にはいっぱしの経済通となっていることでしょう。 勉強なんてそんなもんです。

「物事が巧くなりたければ、まずその道具を買え」といいます。
 先行投資して自分の生活に影響が出れば、自然と技術は身に付くものです。
 経済の本を沢山買い込むのも手ではありますが、やはりリアルタイムで損得がないとだれてしまうので。 ツン読にならない自信が有れば、それで良いですが。

 実戦に勝る練習無しデスヨ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな方法もあるんですね。
でも今の私にはどうすれば株を購入でき、どこで買うのかもわからりません。
お金に余裕もないので、もう少し経済のことを理解してからにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 13:20

こんにちは。



私も最初、日本経済新聞は非常に苦痛でした。
が、こういう勉強法もあります。

経済は方程式でなくあくまでもマインド(心理)です。つまり人間が動かしているものであるという事が大原則だと思います。

そこで私は、まず分らなくても読むということを始めました。
その後、テーマを決めて(もちろん日経新聞の記事について)色々な人と議論をする事です。為替の展望などなど・・・

自分一人であれこれ考えるのもいい方法ですが、
多数の人の意見を参考にするのも重要な勉強方法だと感じます。

また、議論の中に色々な専門用語などが出るはずです。このチャンスを逃さず確実にものにして下さい。

また議論は聞くだけではダメですよ。
発言もちゃんとして下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
本で読んで覚えたり理解したりするのは難しいことですし、いまいち自分で本当に理解できているか疑問に思うことが多々あります。
人と議論すると理解できていないところが浮き彫りになるので効果的な勉強方法かもしれませんね。
これから、できるだけ人と議論するようにしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 13:16

私からのお勧めの本は「Q&A 日本経済100の常識 2002年版」(日本経済新聞社/1400円税抜き)です。


ほんのちょっと前に出たばかりの本です。
この本は項目ごとに見開きの2ページ建て100項目読みきりスタイルです。
章ごとに読み進める必要はなく興味のあるところから読めばいいと思います。
第一章の「日本経済の10大トピックス」はとてもわかりやすく参考になります。

是非一読をお勧め致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一度読んでみようかと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 13:10

かなり前に発行された本ですが、「日経を読むための経済学の基礎知識」という本があります。


私が、経済学部の学生だった10年前にこの本を読みましたが、それ以降、日経新聞の経済欄が手に取るようにわかるようになりました。
未だに改訂されて、売っているようです(最終改訂は1994年のようですが)。

また、日経の経済欄を理解するために学ぶには「ミクロ経済学」より「マクロ経済学」の方が適当かと思います。
ミクロ経済学は、その実態は殆ど数学理論で、工学部の学生でいらっしゃるなら入りやすいかとは思いますが、「私の知りたいことと違う」と思われて当然だと思います。

また、「経済学」だけでなく、企業欄等のを理解するためにも、企業の実学である「経営学」や「マーケティング」の基礎も学ばれることもお勧めします。

頑張って下さいね。

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18992286
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の違いも分からずに適当に本を選んでいた自分が少し恥ずかしく思えます。
まずは、マクロ経済学の方から取り掛かろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 13:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済ニュースのHP

経済ニュースについて詳しく書いてあるHPを探してます。
それと経済データも探しているんですけど、いいHPありませんか?
英語のHPでも大丈夫です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のものはいかがでしょうか。

経済ニュースです。http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/

http://www.nikkei.co.jp/

http://www.sankei.co.jp/news/keizai.htm

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/ynews/

http://www.odn.ne.jp/odnnews/eclist.html

http://www3.aol.co.jp/headline/business.html


経済データSITE
http://www.econ-jp.com/

http://www.rcn.or.jp/data/default.html

Qミクロ経済学生産者均衡

生産者の均衡ってなんですか?消費者の均衡は理解できたのですがこっちのほうはうまく理解できません・・

Aベストアンサー

「生産者の均衡」の考え方は、「消費者の均衡」と同じです。

消費者の均衡は、消費する財の相対価格=自分の限界代替率、になるように各財の需要量を決めるということでしたよね。
生産者の均衡は、生産に利用する財(投入要素)の相対価格=自分の限界変形率(技術的限界代替率)になるように各投入要素の需要量を決めるということですね。
要するに、所与の相対価格に対して最適な投入要素比率になっている状態、なわけです。

うろ覚えですので教科書でご確認を。なんとなく公務員試験とか資格試験の本の方でこの言葉をよく見かけるような気がします。

Q韓国造船受注相次ぐというニュースがありましたが、韓国経済は良くなっているのですか?経済状況に詳しい方

韓国造船受注相次ぐというニュースがありましたが、韓国経済は良くなっているのですか?経済状況に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

>韓国経済は良くなっているのですか?

家計部門、企業部門、政府部門ともに借り入れを増やして経済が回ってる状態の様です。
いわゆる借金による”自転車操業”ということで、借入(海外からの資本流入)が止まると自転車が倒れる危険がありますが、自転車は止めると倒れるので走り続けているということでしょう。

船舶や大型海洋構造物の受注は、2-3年後に納入時点で損益がはっきりすることが多いので、「受注が多い」としても「安値受注」であれば、倒産を未来に先送りしただけという可能性も排除できません。

Qミクロ経済学のオススメの教科書教えて下さい

教科書のみで勉強していますが、難しくてわかりません。噛み砕いて書いてある教科書があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミクロ経済学の入門テキストです。

わかる!ミクロ経済学 レクチャーとエクササイズ / 篠原総一/著
有斐閣  2002年8月発行  320P 22cm
ISBN: 4-641-16142-9  価格: 3,200円(税別)
http://shopping.yahoo.co.jp/books/business_and_economics_and_law/economy/economics/321004/


スタンダード経済学シリーズ
ミクロ経済学<スタンダード経済学>
林 敏彦 著  A5判  並製  252頁  本体1,900円 
ISBN 4-492-81239-3  C3333
http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?key=book&isbn=81239-3

入門ミクロ経済学
著 者 石橋 春男・関谷 喜三郎著
http://www.zeikei.co.jp/ec/isbn.asp?isbn=3738

その他には、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.toyokeizai.co.jp/pub/mori/04mikuro.html

ミクロ経済学の入門テキストです。

わかる!ミクロ経済学 レクチャーとエクササイズ / 篠原総一/著
有斐閣  2002年8月発行  320P 22cm
ISBN: 4-641-16142-9  価格: 3,200円(税別)
http://shopping.yahoo.co.jp/books/business_and_economics_and_law/economy/economics/321004/


スタンダード経済学シリーズ
ミクロ経済学<スタンダード経済学>
林 敏彦 著  A5判  並製  252頁  本体1,900円 
ISBN 4-492-81239-3  C3333
http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?ke...続きを読む

Q経済のニュース

経済のニュースについて簡単に説明してくれるサイト、もしくはメールマガジンなんてありませんか?

Aベストアンサー

サイトではなく書籍なのですが、中経出版から出ている「経済のニュースが面白いほどわかる本」という本があります。
とてもわかりやすく説明されていますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

Qミクロ経済学の完全市場競争に関する事

ミクロ経済学の完全市場競争に関する事について質問させてください。 完全市場競争下では、需要曲線と供給曲線が交差するところで価格が決定されるということについてのメカニズム自体は理解できていると思うのですが、具体的な例を知りたいです。
供給者はプライステーカーであるため、価格の決定はしないということですが、では、「00は00円」とだれが、いつ、どこで、どのように決めているのでしょうか?

勘違いしている点もあれば、併せてご説明いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし経済学を勉強し始めたばかりで、こういう本質的な質問ができたとするなら、経済学にたいして非常にいいセンスをもっているいえるでしょう。
完全競争市場とは、市場に参加するすべての主体(買い手、売り手)がプライステイカーとして行動する市場をいいます。しかし、すべての市場参加者が価格を所与として行動するとすれば、その価格はいったい誰が設定しているのかという疑問が残る。実は、この問題は一般均衡の創始者であるレオン・ワルラス以来経済学者を悩ましてきた問題なのです。ワルラス(およびそれを彫琢した現代の経済学者)はこの問題を解決するために、つぎのようなフィクションを考えました。すなわち、市場には売り手(生産者)と買い手(消費者)以外に、競売人(auctioneer)が存在して、競売人が価格を設定し、市場参加者に提示するとした。競売人が任意の値に価格を設定し、市場参加者はこの提示された価格のもとで自分の売買しようとする量を競売人に報告する。競売人は需要量と供給量を集計し、両者が等しければ、市場を閉じ、各主体は自分の売買を実行することになる。しかし、需要が供給を超過しているなら、売買(取引)は実行されず、競売人は価格を引き上げ(供給が需要を超過しているなら、価格を引き下げ)、その新しい価格を市場参加者に再提示し、前のプロセスを繰り返す。提示された価格のもとで需要と供給が等しくなるまでこのプロセスが繰り返される。このプロセスをワルラスの模索過程(tatonnenment)といいます。この模索過程のもとでは、需要と供給の等しくなる均衡が成立するまでは、実際の取引(したがって生産、消費)は行われない、したがって誤った価格(需要と供給が均衡しない価格)のもとで取引が行われることはない、ということです。
このように完全競争市場というのは現実の経済を抽象化したフィクションですから、厳密な意味でこれが成立する市場は存在しないといってよいのですが、ある種のオークションタイプの市場--原油等のコモディティマーケット、株式・国債と金融資産の取引される市場はこれに近い市場だといっていいかもしれません。

この問題の参考文献(インターネット)を2つほどあげておきます。
Perfect Competition
Walrasian auction
というタイトルのWikipedia(いずれも英語)がありますので、googleで検索してみてください。

もし経済学を勉強し始めたばかりで、こういう本質的な質問ができたとするなら、経済学にたいして非常にいいセンスをもっているいえるでしょう。
完全競争市場とは、市場に参加するすべての主体(買い手、売り手)がプライステイカーとして行動する市場をいいます。しかし、すべての市場参加者が価格を所与として行動するとすれば、その価格はいったい誰が設定しているのかという疑問が残る。実は、この問題は一般均衡の創始者であるレオン・ワルラス以来経済学者を悩ましてきた問題なのです。ワルラス(およびそれ...続きを読む

Q中国の経済危機ってニュースにならなくなりましたが今はどうなったんですか?もう回避したんですか?

中国の経済危機ってニュースにならなくなりましたが今はどうなったんですか?

もう回避したんですか?

上海株暴落とかもうニュースになってないですよね。

Aベストアンサー

ちゃんと新聞載ってます。
輸出入が前年比二ケタ減。国有企業無理やり倒産させ過剰設備の廃棄。金融緩和の成果は都市部の不動産高騰(これが一番危ないことを示す)。腐敗防止運動が利きすぎて金を供給しても使う企業や地方政府がない。
ボックネと言い習近平と言い唯我独尊誇大妄想で自分は完璧と思い込み日本を軽くみて貶め支配しようとしたら巨大ブーメランでそっ首が落ちそう。自縄自縛の間抜け、100年は苦しむだろう。奴らは恩を仇で返すロクデナシ。日本は助けない。
>上海株暴落とかもうニュースになってないですよね。
今度下がったらクラッシュの号砲です。つまり政府に支える金がなくなった。革命起こるかな。100年内戦。小国に分割。
台湾が大陸を支配するかも。その前にジョンウンを始末しておかないと厄介。統一した朝鮮は危険なので日本が叩く。

Qマルクス経済学と近代経済学

今はマルクス経済学を教えている大学はとても少なくなっているのかもしれませんが、一昔前の大学の経済学部では、有名大学でもマルクス経済学派の大学と近代経済学派の大学に二分されていたと聞きました。
マルクス経済学が主流だった有名大学にはどんなところがあったのでしょうか?
具体的な大学名をお聞きしたいのですが・・・。やはり国立大学にマルクス経済学派が少なからず多かったのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルクス経済学派が多数派を占めていた大学といえば、
やはり東大と京大の経済学部でしょう。

ただ、
>マルクス経済学派の大学と近代経済学派の大学に二分
というのは、不正確な表現です。

ほとんどの有名大学(国私立)経済学部は、一つの大学・学部の中に、マルクス経済学派と近代経済学派の両者の教授が混在していました。
そして多くの大学では、マル経・近経、双方が必修科目とされていました。

その教授の比率が、
「マル経が多数派の大学」 → 東大・京大・法政など
「近経が多数派の大学」 → 一橋・阪大・慶応義塾など
と分かれていました。早稲田は中間ですかね。

東大の経済学部では、1980年代や90年代、近経の教官のゼミは志望者が多くてセレクションがあるが、マル経の教官のゼミはフリーパス、という状態でした。

バブルがどうこうよりも、現実の社会主義国の経済が行き詰まり、ソ連・東欧が崩壊し、中国は社会主義経済でなくなる → マルクス主義の影響力が無くなる ことの影響が大きいでしょう。

Qネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

みなさんはネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

個人的には朝日や読売のwebサイトがコンテンツが見易く、記事も公正で広範な感じを受けます。

asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト http://www.asahi.com/
毎日jp - 毎日新聞のニュース・情報サイト http://mainichi.jp/
ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/index.htm

MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/
日本経済新聞   http://www.nikkei.com/

ネット系はポータルや検索系も情報量では豊富な感じですが、やや娯楽との分別が無いのが不便。
livedoor ニュース    http://news.livedoor.com/
Yahoo!ニュース - トップ http://headlines.yahoo.co.jp/hl

47NEWS   http://www.47news.jp/
共同通信社 http://www.kyodo.co.jp/

CNN.co.jp      http://www.cnn.co.jp/
BBC NEWS England  http://www.bbc.co.uk/news/england/
中国情報局-HOME   http://searchina.ne.jp/

みなさんはネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

個人的には朝日や読売のwebサイトがコンテンツが見易く、記事も公正で広範な感じを受けます。

asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト http://www.asahi.com/
毎日jp - 毎日新聞のニュース・情報サイト http://mainichi.jp/
ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/index.htm

MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/
日本経済新聞   http://www.nikkei.com/

ネット系はポータルや検索系も情報...続きを読む

Aベストアンサー

>新聞が有用なのは、むしろそうして多くの書き手の大なり小なりの意図が知れることでしょう。
>新聞一つで多くのものが知れる訳です。
>それを偏向だとか言って非難して読まないのは、特定の作者の著作に拘って、多くの作品が掲載される雑誌を嫌う様なものでしょう。

私は別に新聞社各社が偏向的だから読まない、などとどこにも書いていませんが。
せっかくネットで新聞社の報道を見るのであれば、わざわざ偏向的な新聞社のホームページからしか記事を閲覧しようとしないのはおかしいのではないか、と書いています。

Yahooだって、Gooだって、Googleだって、discast2氏が記しているライブドアのサイトだって、またSNSのツールだって、その最大の魅力は、数多くの新聞社が出している記事を一つのサイトの中で、比較して読むことが出来るところにあるんです。さらにSNSに至っては、サイト上で紹介されていない関連記事までもサイト利用者が任意で紹介してくれているような場合すらあるのです。

新聞ひとつで知れることなどたかが知れています。
しかもそこに記者や編集者のフィルターがかかっているわけですから、その価値など推して知るべしです。

ですが、そんな新聞でも、主要5社(もっとも、毎日新聞は既に通信社の記事になっていますから、毎日新聞としてこれを読む価値などさらにありませんが)を全て網羅できるのであれば、少しは価値が生まれます。

大体、新聞ひとつをそこまで重宝するのであれば、わざわざネットで見ようとせず、紙媒体の新聞を選んで読めばよいではありませんか。せっかくネットから情報を仕入れようとするのに、なぜわざわざ特定の新聞社のサイト情報をそこまで重要視するのでしょう。

>新聞が有用なのは、むしろそうして多くの書き手の大なり小なりの意図が知れることでしょう。
>新聞一つで多くのものが知れる訳です。
>それを偏向だとか言って非難して読まないのは、特定の作者の著作に拘って、多くの作品が掲載される雑誌を嫌う様なものでしょう。

私は別に新聞社各社が偏向的だから読まない、などとどこにも書いていませんが。
せっかくネットで新聞社の報道を見るのであれば、わざわざ偏向的な新聞社のホームページからしか記事を閲覧しようとしないのはおかしいのではないか、と書いてい...続きを読む

Q経済学のお勉強

インターネットで経済学(基礎知識)の論文や勉強ができるサイトどなたかご存知ないでしょうか?ありましたら教えてください。。

Aベストアンサー

ここはどうでしょう。

参考URL:http://www.findai.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報