経理ソフトを買いましたが
粗利の出し方が解りません。
何から何を引くと粗利が出てくるのですか?

例えば月の売り上げが 20万円で
家賃とか光熱費、商品の費用諸々が18万円だとすると
2万円とかが粗利ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

粗利とは、正しくは「売上総利益」のことを云います。


計算方法は、次の通りです。

売上-売上原価=売上総利益
 
期首棚卸高(在庫)+当期仕入高-期末棚卸し高 (在庫)

更に、売上総利益から経費を引いたものが、「営業利益」と云います。

ご質問の、売上が20万円で、18万円の内訳が、売上原価が15万円、経費が3万円とした場合、売上総利益(粗利)が5万円(25%)で、営業利益」が2万円(10%)になります。

ついでに、銀行の受取利息や、その他の雑収入を「営業外収益」と云い、支払利息を「営業外費用」と云います。
そして、営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益
と、云います。
一般的には、この経常利益の多寡で、業績が良いとか悪いとか云います。

経理ソフトだと、自動的に、これらの項目を計算してくれるはずです。
説明書を良く読まれるか、サポートセンターにお聞きになってください。
    • good
    • 1

粗利益=売上-売上原価


 
売上原価=期首在庫高+当期仕入高-期末在庫高

大雑把に言うとこんな感じです。
経理ソフトですから損益計算書(P/L)などを表示させると自動的に出てくると思いますが...。

粗利益=荒利益=売上総利益
表記が違う場合もありますので、他の言葉でもヘルプを見てみてください。
    • good
    • 0

こんにちは。


粗利といっても様々な種類があります。正確には粗利益といいます。
もっと広い意味では利益の一種です。
通常、粗利益とは売上高ー売上原価=粗利益(1次粗利)で算出されます。
売上原価とは商品の在庫や仕入の値段のことで、商品にかかる費用のことです。
この粗利益から、家賃・光熱費(これらを一般管理費といいます)や販売費(商品を運ぶ費用など)を差し引いたものが営業利益(2次粗利)となります。
本社勤務の人の給料も一般管理費となります。
この営業利益に支払利息・受取利息などの金融費用を加減した結果、経常利益が出ます。
ご質問の件ですと、2万円は粗利益ではなく、営業利益となります。
うまく説明できなくて申し訳ないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上総利益率の計算

経理の勉強中につまづいてしまいました。
ある例で、「売上が100万円で売上原価が79万円だったとすると
売上原価率は79%となります。(ここまでは解りました)
ちょっと横道にそれますが、売上総利益率は売上総利益を売上高で割り算したものですから、売上高売上原価率が79%であった場合は、売上総利益率は21(100-79)%となります。利益に主眼をおくのか、原価に主眼をおくのかで、表現が変わります。」という説明になっていました。売上総利益の式がなんでこうなるのか、さっぱり解りません。どこから21というのが出てくるのか?そして答えは?
どなたかわかりやすく解説していただけませんか?

Aベストアンサー

もう、学習上の簿記はすっかり忘れてしまいましたが・・・

売上総利益とは、売上から売上原価をマイナスしたものでは無かったでしたっけ?

貴方が書き込みされているテキスト?の文面によると。
売上原価率が79%なら、当然、売上総利益率が100-79で21%になると思うのですが・・・
ただ、売上に対して何%になるのかを、算出しているのだと思います。

わかりにくかったら、また質問してください。

Q3万円の会計で、2万円と1万円の領収書

5人でレストランに行き、一人6千円のコース料理を食べたとします。
全部で3万円になりますが、この時に支払う側の都合で、2万円の領収書と1万円の領収書に分けて発行してもらうことは可能でしょうか?

可能かどうかというのは、法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税法>
消費税法第30条第9項
 イ 書類の作成者の氏名又は名称
 ロ 課税資産の譲渡等を行った年月日
 ハ 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容
 ニ 課税資産の譲渡等の対価の額
 ホ 書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称
ただし、金額が3万円以下の場合は、「ホ」は無くてもよい。

この規程は、領収書を受領(支払側)が消費税の仕入れ控除を受ける為に
必要な条項です。よってレストラン側に対しての規程ではありませんから
どのように分割しても不利益はありません。

但し、レストランは領収書を分割しない権利も有しています。
(領収書を分割しなければならない分けではありません)
よって、レストランが分割に応ずれば、何も問題はありません。

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税...続きを読む

Q売上総利益について

こんにちは。
経理を担当するようになって1年近く経ちます。
先日、会社の勉強会で「財務諸表を見るときに最初見る利益は売上総利益と経常利益だ」といわれました。経常利益はわかる気がするんですが、売上総利益が重要なのはなぜですか?仕入調達力を見られるからですか?一番最初に計算される利益であり、全ての経費をまかなえるかどうかの元になるからですか?
売上総利益が重要でないとは思わないのですが、まだ自分の中でぴんとこないものがあり、会社の人があまりにも強調するのでそこまで強調されると、重要だといわれる理由が他にもあるのかなと考えたのです。

あまりにも初心者な質問ですみませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

皆さんの回答の通りですが、もう少し補足しますと、売上総利益からさし引かれるのは、一般管理費や営業外損益など、第一線の営業部門の努力とは関係ないところで発生するものです。
最終的な会社の業績は、経常利益と税引後利益(当期利益)ということになりますが、普通、一般管理費や営業外損益は営業活動の状況によって大きく変動することはありませんから、売上総利益をどれくらい確保すれば、経常利益がどの程度達成できるかということを常に念頭に置きながら、月次などで管理しています。 そしてこれら一般管理費などは、営業部門の人数などで自動的に配賦されてくるものですから、各部門において、自部門の営業活動の成果を評価するときは、まずもって売上総利益を意識し、なおかつ全社の経常利益に貢献できたかどうかをみることになります。
したがって、特に営業部門はまずは売上総利益をしっかり稼ぐことに注力し、予算編成でもそこから積み上げていくことになります。

Q売り上げそこそこで、粗利がマイナス。総資産額アップ、債務&負債が大幅減の解釈

税金対策で、何かしらして純利がマイナスなのか、それとも一万円で仕入れたものを千円で売るようなバカな真似をして、マイナスにしたのか? 決算書から読み解く場合はどうすればよいでしょうか?

例えば、売り上げはそこそこあるものの、粗利益がマイナス、キャッシュフローもマイナスなのに、毎年少しずつ現金資産&総資産が増えて、負債額も減っている会社があります。 これは、税金対策のために何かしらしたって事ですよね?(もう、魔法としか思えませんが。)

一万円で仕入れたものを千円で売ってるような会社ではこんなこと起き得ませんよね?

当たり前の事かと思うのですが、ちょっと不安になって質問しました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

キャッシュフローがマイナスというのは、借入金の返済があるから。
そして、負債は減っていきます。
という説明をつけることが可能です。

当初借金をして減価償却資産の購入をしたので、その返済でキャッシュフローはマイナスになってる。
現金が足りないぜって毎月言ってるわけです。
しかし、売上があれば、とりあえずは借入金の返済資金が手元にありますので、支払いはできます。

決算では減価償却費という「実際には今季支払をしてない費用」を損金経理しますので、同額以上の利益(正確にはこの用語は使い方が違いますが。わかりやすくするために使ってます。この筋の専門家の方、突っ込まないでください)がないと「赤字決算」になります。

決算書のマイナス額に減価償却費を加えてみてください。
それでもマイナスであって、負債が減っていて、資産が増えてるというならば、貸倒損失を加えてみます。
無論、もっと別の要因も絡みますので、決算書を見るだけで、税金対策でなにかしてるとかなどは、なかなかわかるものではありません。

そもそも、決算書が人目に触れるような企業は「鑑賞に耐える決算書」「審理に耐える決算書」を専門家を交えて作成してるものですから、素人や少々会計や財務諸表を勉強したことがある程度ですと、おかしな点を具体的に見つけることは至難です。

キャッシュフローがマイナスというのは、借入金の返済があるから。
そして、負債は減っていきます。
という説明をつけることが可能です。

当初借金をして減価償却資産の購入をしたので、その返済でキャッシュフローはマイナスになってる。
現金が足りないぜって毎月言ってるわけです。
しかし、売上があれば、とりあえずは借入金の返済資金が手元にありますので、支払いはできます。

決算では減価償却費という「実際には今季支払をしてない費用」を損金経理しますので、同額以上の利益(正確にはこの用語は使い...続きを読む

Q売上総利益と粗利益は同じ意味ですよね?

簿記の問題で損益計算書の穴埋めで

   売上高    100
 売上原価    40
-----------------------
《 粗利益 》   60

というように売上総利益ではなく粗利益と書いたら不正解ですか?

Aベストアンサー

損益計算書上、
売上高-売上原価は売上総利益ですが、それが粗利とまったく同じかといったら、そうでもない気がします。
売上総利益は、決算期毎でしか使われません。

一方、粗利については、売上総利益と内容・意味合いは同じなんですが、
粗利の場合、ひとつの商品や製品ないし、ひとつのグルーピングの商品や製品が生み出す売価-原価で使われるケースが多い気がします。
どちらかといえば、企業内部(経営者、財務部、コンサル)で使うイメージですね。

Q粗利の話。みなさん色々な業種で働かれていると思いますが、粗利の利率はどの商品も同じにしていますか

粗利の話。

みなさん色々な業種で働かれていると思いますが、粗利の利率はどの商品も同じにしていますか?

安い商品と高い商品があるとします。

安い商品の粗利率が10%だとします。高い商品の粗利率も10%ですか?

それとも高額商品の粗利率は高く設定して売っていますか?

それとももともと高い商品は儲けが多いので粗利率を下げて売っていますか?

金持ちからお金を多くとっても良いという心理で高額商品には高い粗利率。安い商品は貧しい人が買うかもしれないので安い粗利率にしている?

どういう粗利率設定にしているのか教えてください。


私のところは安い商品、高い商品の粗利率は同じで、オプションを高粗利率にして商売をしています。

みなさんのとこはどうですか?

業種も教えて貰えると嬉しいです

Aベストアンサー

決めて決まるものなら企業はありがたいですが、
すべて結果で決まります。
一応実績からそれなりの目標値を決めますけどね。

Q売上総利益の算出について

仮に期末在庫が100 期首在庫+期中仕入高が0、売上高が0のとき、売上総利益は100ですか それとも 0でしょうか?

Aベストアンサー

少し補足すれば、期首の在庫と期中の仕入の合計が0なら「最初は何も無かったし何も入ってこなかった」ことを意味します。そのため、期末の在庫はどうしても0になります。

また、期首の在庫と期中の仕入の合計が100なら「最初からあったものと手に入ったものとで合わせて100である」ことを意味します。そのため、期末の在庫は100を超えることはありません。

期首在庫+期中仕入=当期払出+期末在庫という等式と、これらの値はいずれも負数であってはいけないという前提とを思い出してみてください。

Q10万円以上20万円未満の減価償却資産で、年の途中の購入?

すぐ下の原付バイクのノ科目は?
で質問した続きなのですが、

http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM
にて、
「その業務の用に供した年以後3年間の各年分において合計額の
3分の1に相当する金額を必要経費に算入することができることとされている」
となっているのですが

10万円以上20万円未満の減価償却資産を
年の途中(2月でも12月でも)で購入した場合も、
関係ないんでしょうか?
購入年は、月割りで計算しなくてもいいんでしょうか?

たとえば、3月に購入した場合10ヶ月分とか・・・?

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=257173

Aベストアンサー

先の質問でも回答しましたが、10万円以上20万円未満の減価償却資産をについては、年の途中(2月でも12月でも)で買った場合でも月割り計算の必要は有りません。

20万円以上の減価償却資産をについては、年の途中で購入した場合は、月割り計算をします。

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。

Q10万円以上20万円未満の減価償却について

いろいろ調べましたが分りませんでしたので質問させていただきます。

10万円以上20万円未満の物は、『購入費用 / 3 = 一年間の減価償却費』となり、3年にわたって減価償却していくことになっていますが、3で割り切れない場合(0.333・・・の様に小数点以下になる場合)、端数は初年度に含めれば良いのでしょうか?

例えば、購入費用150,001円の場合、
1年目 50,001円
2年目 50,000円
3年目 50,000円
といった感じです。

白色申告なので、30万円以下の一括償却はできません。
回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

会計ソフトを使うと、最後の年に端数をもっていってます。

1年目 50,000円
2年目 50,000円
3年目 50,001円 ですね。

でも、税金には影響しない数字ですから、どこにもっていっても大丈夫だと思いますけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング