100円ライターについている仕切りは、
圧力を分散させるため、
ライター内部にかかるガスの圧力は1平方センチメートルあたり、
「13kg」にもなるから、仕切りがなければ割れてしまう。

という説明があちこちのサイトでしてあります。
(おそらくどこかの本から拾った?)

ところが、20℃での蒸気圧は
ブタン   :3~4kg/cm^2
プロパン :8kg/cm^2

どういうことでしょう?
単にもっと高温を想定したものだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ブタンの蒸気圧は90℃で、約9443mmHg=12.8kgw/cm^2と


なります。炎天下の車内なども考慮すれば、これに耐えられる
構造が必要ということになります。
 ただ、仕切を入れても内部の「圧力を分散」させることは
できないはずです。気体の圧力は常に蒸気圧のはずなので・・
 仕切は容器の強度を増すためにあるのだと思いますが。
    • good
    • 0

踏んだとき割れないように、だと思ってましたよ。



高温になったとき、プラスチック容器だけで圧力に耐えようというのはあまり旨い方法とは思えません。
高温の環境(夏の自動車のダッシュボード上など)に放置すると、破裂するまえに、弁からガスが漏れて空っぽになってしまいます。それでいいのだと思うけど。
    • good
    • 0

質問者の最後のパラグラフが解答だと思います。



ライターを使えば,当然,熱が発生します。
ライターの金属部分は相当熱くなりますし,ライターを持ている手の熱でも内部は暖められます。
多分,50度以上の温度は想定していると思います。
また,市販の製品ですから,「安全率」を上積みしているはず。
従って,13という数字は妥当なのでは・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーライター フリーライターとして働けたいと思ってはいますが、右も左も分からない状態です フリ

フリーライター

フリーライターとして働けたいと思ってはいますが、右も左も分からない状態です

フリーライターとして生計を立てている方々、仕事を取る過程、
仕事の内容、
1ヶ月、半年、1年間の仕事内容、仕事のやり方、仕事とプライベートの割合などを、教えていただけると幸いです

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

多分、硬く考えすぎです。
の割には「フリーライター」とだけで、ザックリしすぎです。
どんな仕事があって、フリーライターとしてどんな事をしたいのかを言えたら仕事は取っていけると思います。

Q圧力(g/cm^2)=密度×高さの圧力について

(1)圧力(g/cm^2)=密度(g/cm^3)×高さ(cm)の圧力は

1cm^2に1gの物体があるということでしょうか?

それとも1cm^2に0.01gの物体が 1cm^2あたり0.98Nの力を及ぼしているってことですか?

前者なら
単位面積あたりにはたらく力の大きさが圧力なので
1gの物体があるだけでは力は及ばさないと思うので違うと思うのですが(9.8をかけないと力を及ばさないので)

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>1cm^2に1gの物体があるということでしょうか?

はい。1cm^2当たりに1gの物体が乗っかっている圧力です。
1グラム重毎平方センチメートル。

パスカルに直してみますね。

1g重/cm^2 = 1g/cm^2 × 9.8m/s^2
 = 1×10^(-3)kg/cm^2 × 9.8m/s^2
 = 9.8×10^(-3) N/cm^2
 = 9.8×10^(-2) N/(10^(-2)m)^2
 = 9.8×10^(-2) N/(10^(-4)m^2)
 = 9.8×10^2 N/m^2
 = 9.8×10^2 Pa
 = 980 Pa
 = (9.8ヘクトパスカル)

1気圧の100分の1ぐらいです。

Qフリーライターの仕事

もう新しい仕事をする年齢でもなく、文章の書き方がうまいわけでもありません。
しかし、昔から憧れているライター(フリーライター)という仕事に興味があります。
ライターを仕事としている人は最初はどのように仕事を探してくるのでしょうか?
友達も少なくそういった仕事をしている人もまわりにはいません。
フリーライターという仕事に大変興味があります。

Aベストアンサー

どんなテーマであっても、まずは自分で情報を探してくる、必要な人に取材を申し込むなど、自分から自主的に情報を探す意欲(周りの人が驚くくらいのレベル)がまずフリーライターには必要な資質ではないでしょうか。フリーライターの”業界”は参入しやすいとは思いますが、競争相手は沢山いるので生き残っていくのは至難の業だと思います。フリーライターは執筆”力”も必要ですが、情報収集力も桁外れにないと難しい仕事だと思います。さらに、今後はある分野における専門性も必要じゃないかと感じます。この人に聞けば「なるほど!」というくらいの”その道の権威”ぐらいの専門性です。
あとはビジネスとして展開していくためには、ひとつに、専門ライターとしての契約やフリーライター同士でアライアンスを組むということも必要かもしれません。単純に、フリーライターですと言っても、だれも仕事はくれません。
何年もの実績の積み重ねで要約食えるレベルの収入が可能かもしれないというのがフリーライターの仕事です。その間は貯金やアルバイトなどで食いつなぐという意欲も必要かと思います。

Q7kg重/cm2の圧力がかかっている時の流量は毎分何リットル?

 全くの素人で単位が合っているかどうかもわかりませんがガスボンベの圧力が7Kg表示されているボンベを配管の断面積が1平方センチメートルであった場合、このボンベからガスを放出した場合の流出量は毎分何リットルになるのでしょうか?
 配管の断面積が影響するかどうかも良くはわかりませんが、何となく必要なパラメータの様な気がしたので、書いて見ました。計算方法等わかりましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

NO.2の回答者ですが、次の式が抜けてました。

(一分間のガス体積)=60*(貴方のガス速度)*(ガス管断面積)

公式どおり,単位に注意して計算すると速度の単位は[m/s]なので断面積[m^2]を掛けて1秒間の体積[m^3]してから60を掛けます

Qフリーライターの方からイラストのお仕事の依頼を頂いたのですが・・・

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(?)からではないようなのです。

依頼内容と、版元の出版社、入稿時期、ギャランティの金額など詳しく書かれてはいたのですが
どうしても、その“フリーライター”というところが気になります・・・。
イラストレーターとしての経験もまだ浅く、周りに相談出来る人もおりません。
(以前お受けした1社としかお仕事したことがないのです・・・)

そこで質問です。
“フリーライター”の方のお仕事をよく知らないのですが、
フリーライターの方がイラストレーターをご自分で探して、
仕事の依頼をすることというのはあるのでしょうか?

フリーライターの方や、ご経験のあるイラストレーターの方など、
何かおわかりの方がおられましたら、ご協力頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(...続きを読む

Aベストアンサー

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかなか作りづらいです。
もしその会社の方針が変わってフリーの人に仕事を渡さなくなることとかも多々あります。

今回のフリーライターとの仕事がうまく進行して、
お互いの能力を理解したのであれば、
お互いの人脈を期待することができます。
今後もしそのライターさんがどこかの出版社とかでイラストレータを紹介して欲しいと言われれば、
もしかしたら質問者様を紹介してくれるかもしれませんし、
質問者様がどこかの会社でライターを探していると言われたら、
今回のフリーライターを紹介してあげれるかもしれません。
そうなると自ずと人脈が広がる可能性があります。

無数に存在するフリーやアマチュアのイラストレータの中から
運良く貴方を探して指名してくれたのだから、
多少心配しつつも、今回の仕事をやってみた方が今後にプラスになるような気がします。
もしトラブルが発生しても、一時的な損で勉強にはなると思いますよ。

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかな...続きを読む

Qバンド理論で、E(k)=E(k+G)?

バンド分散(E-K図)を描くとき周期ゾーン形式で書くことが多々あります。でも自分にはまったく理解できません。なぜE(k)=E(k+G)が成り立つのでしょうか?Eはkに対してGだけの周期性をもつのでしょうか?自由電子的なイメージしか持っていない自分からすると波数kが増えるのにエネルギーが増えないってのが納得いかないんです…というか、周期ゾーン形式と拡張ゾーン形式とは明らかに矛盾しませんか?同じものを表すんですか?

Aベストアンサー

#5の書き込みの意図が分りづらかったようですので、一次元で簡単に説明します。またq=(n/N)*bで一次元なのでb=2πです。またG=m*b=2πm (m=整数)です。
いかN=100として話をすすめます。式が長くなるのを防ぐために

C(q)e^{iq.x}
=C(n/N*b)e^{in/N*b.x}
≡f(n)

と書かせてください。するとq+Gで関係づくのは

C(q)e^{iq.x}=f(n)とC(q+G)e^{i(q+G).x}=f(n+N*m)

の成分です。ここでmod(G)で関係づく振幅をならべてみます。

F(n)={...,f(n-N),f(n),f(n+N),f(n+2N),....}

はGで関係づく振幅の集まりです。F(n)の意味はf(n)から出発して±N毎の間隔で振幅を集めたものです。
よってF(n)=F(n+N)は同じものです。F(0)=F(100)です。0から出発して±100毎にfを集めたものは100から出発して±100毎にfを集めたものに等しいですから。

ここまでが準備です。
=======================
Ψ = Σ_{q}C(q)e^{iq.x}

=....+f(0)+f(1)+f(2)+f(3)+......

=
(....+f(0)+f(0+N)+f(0+2N)+....)
+(....+f(1)+f(1+N)+f(1+2N)+....)
+(....+f(2)+f(2+N)+f(2+2N)+....)
+(....+f(3)+f(3+N)+f(3+2N)+....)
+........

とqの和はF(n)の集まりごとにまとめられますよね。
一行目はF(0),二行目はF(1)、三行目はF(3)の仲間に対する和です。そこで波動関数の各F(n)の集まりに対する和を

φ(n)≡Σ_{m=整数}f(n+m*N)≡Σ_{G}f(n+G)

と定義すると、

Ψ(x)=φ(0)+φ(1)+φ(2)+....+φ(99)

=Σ_{n=0,99}φ(n) (nがB-Zoneに制限された和)

B-Zoneからはみだすnの和はφ(n)の定義の中に隠れています。

さて長くなりましたが、シュレディンガー方程式はGだけずれた波数ベクトルに対する方程式ですから、例えばφ(0)とφ(1)には全く関係を与えません。つまり、最初から

Ψ(x)=φ(0)=Σ_{G}f(G)

としてもシュレディンガー方程式を満足します。または

Ψ(x)=φ(1)=Σ_{G}f(1+G)

でも良いのです。一般に

Ψ(x)=φ(n)=Σ_{G}f(q+G)

が解です。n=0~99まで100個の解があります。
それならφ(0)+φ(1)も解かというと、それは違います。

シュレディンガー方程式を立てるとEがnごとに異なることが分りますから、その重ねあわせは許されません。

>> 自分が一番ひっかかってるところは
>> >ふつうに計算するとC(G+q)ではなくC(G)となる
>> はずなのですが、ここでなぜC(G)がC(G+q)に取っ
>> て代わってるんでしょうか?

少し言葉足らずでした。今の説明で分ったと思いますが、

Σ_{q} = Σ_{q=Bzoen}*Σ_{G}

と一般のqの和はGだけずれたqを集める和と、B-Zone内のqを集める和に分解できますね。これが出発点の波動関数にあった和です。そしてシュレディンガー方程式を立てると、C(q+G)とC(q)の関係がつくわけでした。関係がつく振幅は一つでも欠けるとシュレディンガー方程式を満たさないので、C(q)があるとC(q±G),C(q±2G),.....と全て必要です。
しかしC(q)とC(q+1)はGで関係付かないのでC(q+1)は必要ありません。一方でC(q+1)に対するシュレディンガー方程式はC(q)とEが異なることが分りますから、必要ないだけではなく、C(q)とC(q+1)を同時に含む和はシュレディンガー方程式を満たしません。どちらか一方だけ含むべし。

そんなわけでΣ_{q=Bzone}に関する和はとってはいけません。つまりf(n=0)を取るとf(n=1,2,3....,99)の振幅は全てゼロです。シュレディンガー方程式はn=1,2,3...に対するC(q)がゼロであることに抵触しませんから、振幅=ゼロはいつでもとれる一つの答えなわけです。

これは非常に長い書き込みになったので、もうやめます。これ以上の説明は無理だと思われますので、文章を何度も読んでよく考えてみてください。少なくとも2日は考えて、何度も読んでやはり納得がいかない場合は再度質問してください。質問事態は常に歓迎です。私も色々と勉強になりましたし。再度に、顔を向かい合わせて議論できる友人や先生を見つけてください。掲示板以上に得るものがあるはずです。

#5の書き込みの意図が分りづらかったようですので、一次元で簡単に説明します。またq=(n/N)*bで一次元なのでb=2πです。またG=m*b=2πm (m=整数)です。
いかN=100として話をすすめます。式が長くなるのを防ぐために

C(q)e^{iq.x}
=C(n/N*b)e^{in/N*b.x}
≡f(n)

と書かせてください。するとq+Gで関係づくのは

C(q)e^{iq.x}=f(n)とC(q+G)e^{i(q+G).x}=f(n+N*m)

の成分です。ここでmod(G)で関係づく振幅をならべてみます。

F(n)={...,f(n-N),f(n),f(n+N),f(n+2N),....}

はGで関係づく振幅の集...続きを読む

Qフリーライター選び方のポイントありますか?

ネットビジネスにおいてある情報商材を販売しようと思っています。
コンテンツを書くにしても全くの素人なんで到底ビジネスとして使えるものは書けません。
そこでフリーライターの方に外注しようと思い、ネットでそういうフリーライターの方が求人しているサイトを見ました。
ものすごい数のライターの方がおられるのですが、プロフを見ると実際に書いたことはないが○○の事に関しては書くのが得意だとありました。
色々見てみるとそういう実際に書いたことはないが書けますといった求人が多数見受けられました。
しかし、私としてはやはりお金を払う限りは実績がある方に依頼したい
と考えています。
こういう方に依頼した経験が全然ないのでライターの選び方がどうも
わかりません。
数いるライターの中から自分に合ったライターを見つけるポイントあればぜひ教えていただけないでしょうか?
あと少し気になることがあるのですが、やはり依頼するなら自分が住んでいる近所のライターさんに依頼するほうが何かといいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

情報商材を売るならば、
価値があるのか無いのかわからないような品物を、
いかにも価値があるように見せかける必要があるのでしょう。

だとすれば、
自分はいかにすごいライターであるかを、
ハッタリかましつつ、
上手に宣伝している人にお願いすればいいと思いますよ。

「やったことはないけど得意」というのは、
ありえる話だと思いますし、
情報商材のライター実績がある人はそう多くないでしょうから、
必要以上に気にする必要は無いと思います。

書いた文章のチェックはメールやファックスでできますので、
近所であるかどうかは関係無いでしょうね。

Q50kgの軟鋼を地上800kmから自然落下させると?

直径23cmの軟鋼(比重7.85g/cm3)約50キロ(0.5233 * 23cm^3 * 7.85 = 49980g)を熱圏(80km-800km)から自然落下させたとき「終端速度」はどの位になりますか?

Aベストアンサー

この種の問題は、複雑であり、いくつかの仮定を設けなければ求めることができません。一般的に、空気抵抗が速度に比例するか、速度の2乗に比例するかは、レイノルズ数Re=ρva/ηの大小によって判断します。Reが1より小の場合は粘性抵抗で、空気抵抗は速度に比例します。Reが1より大きいが場合は、慣性抵抗が卓越し、空気抵抗は速度の2乗に比例します。普通、自由落下では、慣性抵抗を考えます。(粘性抵抗は微粒子が粘性の高い流体中を落下する特殊な場合だけであり、ストークスの法則が適用できます。)

ご質問の場合ですと、Reは大きな値になり、慣性抵抗で考えます。抵抗係数の具体的な数値については下記サイトのグラフを参考にして下さい。終端速度はご自分で微分方程式を解いて、公式を導いて下さい。

参考URL:http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/itou/ce/termvel.html

Qフリーライターとは?

クダラナイ質問になってしまいますが「フリーライター」って何の職業でしょうか?質問の場所が違うかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

私はフリーライターです。

一般的には、ほかの方が書かれているように、フリーランスのライターのことです。フリーランスとは、特定の会社に属さない個人営業で、ライターとは、仕事として文章を書く人です。ライターを主な収入源として生活している人もいますが、お小遣い程度の収入しかなくても、原稿を書いてお金をもらっていれば、ライターと呼ばれています。ちなみに、所得が一定額以上に達しなければ、確定申告の必要はありません。バイトのかたらわらライターというのではなく、専業主婦のかたわらライターという人は、けっこう多いと思いますけど。

具体的な仕事は、雑誌の記事、書籍、会社案内などのパンフレット、メルマガ、ウェブの記事、機械のマニュアルなど、あらゆる分野に渡ります。ただ、日本でいう「ライター」の仕事は一般的にノンフィクションです。フィクションを書く人は、小説家や作家と名乗ることが多いでしょう。ちなみに、広告文を考える人は、コピーライターと呼ばれます。

最終的に文章という形で納品するのが通常のライターの仕事ですが、雑誌記事や書籍の企画、ネタ集め、資料提供なども仕事の一部です。

一般的の人はライターというと文章が上手で文章力で食べているという誤解があるようですが、実際には企画力や情報収集力のほうが重視されます。もちろん、文章力も必要ですが、文章力というものは、仕事として書いていれば、一定レベルまでは上達できるものですから。

なお、小説家は机に座ってライターは取材にでかけるというのは、誤解です。ライターでも、インターネット、書籍、電話などだけで情報収集することはできますし、小説家も取材に行きますよ。その人のやり方や仕事の内容によって、それぞれです。ただ、一般にライターはフットワークのよさが求められることは覆いようですね。

私はフリーライターです。

一般的には、ほかの方が書かれているように、フリーランスのライターのことです。フリーランスとは、特定の会社に属さない個人営業で、ライターとは、仕事として文章を書く人です。ライターを主な収入源として生活している人もいますが、お小遣い程度の収入しかなくても、原稿を書いてお金をもらっていれば、ライターと呼ばれています。ちなみに、所得が一定額以上に達しなければ、確定申告の必要はありません。バイトのかたらわらライターというのではなく、専業主婦のかたわらライ...続きを読む

Q加速度αの単位は(m/s^2)ですが重力加速度gとの関係はα=gでいいのでしょうか? ある問題の解

加速度αの単位は(m/s^2)ですが重力加速度gとの関係はα=gでいいのでしょうか?

ある問題の解説でmg=Nより、となっていたのでα=gなのかなと

Aベストアンサー

物体に働く力が F (N)、そのときの質量 m (kg) の物体の運動の加速度が a (m/s²) のとき、運動方程式は
  F = ma
と書けます。力の単位「ニュートン:N」が「 kg・m/s² 」と等価であることが分かります。

 働く力が「下向きの重力:mg」だけのときには、「上」を正として
  F = -mg (これは運動方程式ではなく「力が下向きに mg である」という式)
であり、運動方程式は
 -mg = ma
となるので、
 a = -g
ということが、運動方程式から導き出されます。

 重力以外に、たとえば「ロケットの上昇推進力」が働くような場合では、「上昇推進力」を Fs とすれば
  F = -mg + Fs (これも運動方程式ではなく「力が上向きに -mg + Fs である」という式)
ですから、運動方程式は
 -mg + Fs = ma
となります。左辺が「働く力」、右辺が「ロケットの運動」です。
 これより、ロケットの加速度は
  a = -g + Fs/m
ということが導き出されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報